FUKUSHI Plaza20世紀の切手と美術

北海道

最終更新日:2012年5月15日

札幌市

旧札幌農学校演武場(時計台)

札幌市時計台 札幌市時計台

札幌農学校(北海道大学の前身)の演武場として建設され、後に時計が設置された。

現在は札幌市時計台として観光名所になっている北海道のシンボル的建築。

鑑賞メモ

北海道庁旧本庁舎

北海道庁旧本庁舎 北海道庁旧本庁舎

レンガ造2階建てで、通称「赤レンガ庁舎」と呼ばれる。

鑑賞メモ

豊平館

豊平館

開拓使工業局の大作で、北海道初の本格的ホテルであり、現在最古のホテル建築。 開拓使工業局の向かい側に建てられた。木造2階建てで、玄関の車寄せの柱はコリント式だが、木彫である。

1958年に移築されたが、修復の際、落成時にはブルーの塗料が使われていたことが判明し、忠実に再現された。

鑑賞メモ

函館市

函館ハリストス正教会

ハリストス正教会 ハリストス正教会

6つの丸屋根がのったロシア風ビザンチン様式の教会。鐘楼の大小6個の賑やかな鐘の音は、1996年に「日本の音風景百選」に認定された。「ガンガン寺」の愛称でも親しまれ、函館のシンボルとなっている。 日本正教会発祥の地でもある。  ニコライ来日(1861年)  正教会創立(1868年)

もともとは1860年にロシア領事館の復活聖堂として建てられたが、1907年の大火により焼失し、1916年に再建された。1988年の修復により建設当初の姿がよみがえった。

[写真]ロープウェーから見たハリストス正教会(2007年8月撮影)

鑑賞メモ

内部を拝観できる。献金を求められる。