FUKUSHI Plaza20世紀の切手と美術仏像

天部

最終更新日:2011年2月10日

六道最上界の天界およびその上の天上界にすむ神々。釈迦が王子の頃に仕えていた家来がモデルとされる。インドで仏教が興るはるか以前から信仰されていた神々が、仏教に取り入れられたもの。悪神や鬼畜などありとあらゆるものが含まれていて、種類は200以上あるといわれる。

貴顕天部と武人天部に分けられる。 貴顕天部は面相は優しく穏健な一群で。武人天部は仏法の守護神的な役割を持ち、武器を持って戦闘姿勢をとっている場合が多い。

将像、鬼神像、天女像の3つに分けることもある。

梵天〔ぼんてん〕

もとは世界創造神としてヒンドゥー教の最高神だった。諸天の最高位を占める。

帝釈天〔たいしゃくてん〕

もともとは戦士を理想化した戦闘神だった。仏教に取り入れられてからは、釈迦の最強の守護神の地位を得た。 悪神阿修羅と戦い、これを降ろして仏に帰依させた。

吉祥天〔きちじょうてん/きっしょうてん〕

吉祥天像 薬師寺吉祥天 

古代インドの幸福の女神ラクシュミーで、吉祥(めだたいこと)を司る神として信仰されていたが、仏教にはいって鬼子母神の娘で毘沙門天の妃(または妹)とされ、五穀豊穣・財宝充足などを叶える神となった。

一般に唐風の貴婦人の立像で、左手に如意宝珠をのせ、右手は予願印とすることが多い。

弁才天〔べんざいてん〕

インドでは川を神格化したもので、流水の音から連想で音楽の神となった。さらに音楽が言葉・弁舌に通じることから智慧、学問、雄弁、技芸の神として信仰されるようになった。 琵琶を持ち水辺にまつられることが多い。

日本では商売繁盛の神として信仰され、財産を殖やすということから「弁財天」と書かれるようになった。七福神の紅一点として知られる。

技芸天(大自在天女)

大自在天が天界でさまざまな伎楽を行ったとき、髪際から現れたとさる。技能第一ということから福徳技能の神として信仰された。

訶梨帝毋〔かりていも〕(鬼子母神〔きしもじん〕)

もとはインドの悪鬼神で、500人の子をもちながら他人の子供を捕らえて食べていたが、釈迦に諭されて逆に子供の守護神となった。

日本ではとくに、安産・子育ての守護神として尊崇された。

大黒天〔だいこくてん〕

本来はヒンドゥ教のシヴァと同体といわれ、象皮を背負い、焔髪をさかだてた忿怒像で、強暴な戦闘神とされてきた。一方、ビシュヌの化身とも考えられ、厨房神・財神として袋をもって床几に座る象もつくられた。さらに大国主命〔おおくにぬしのみこと〕と同一と考えられた。とくに日本では五穀豊穣・商売繁盛の神となった。

韋駄天〔いだてん〕

シヴァ神とウマー妃の子である。俊足で知られ、伽藍の守護神としてまつられる。

四天王

須弥山〔しゅみせん〕の中腹に住み、帝釈天に従って、須弥山とそれをめぐる四大洲とを守護している。甲冑に身を固め、忿怒の相を示し、足下に邪鬼をふまえるのが多い。

持国天〔じこくてん〕

刀・宝珠などを持ち、東方を守る。

増長天〔ぞうじょうてん〕

鉾〔ほこ〕・刀などを持ち、南方を守る。

多聞天〔たもんてん〕(毘沙門天〔びしゃもんてん〕)

多聞天

インドでは宇宙を維持するヴィシェヌの化身の一つとされるクベラといわれている。宝塔を持ち、北方を守る。

四天王の中でも主導的な役割を果たすため単独でまつられることがあり、その場合は毘沙門天といわれる。 毘沙門天に祈ると富貴を授かると信じられるようになり、後に七福神にも加えられた。

広目天〔こうもくてん〕

広目天

筆と巻子〔かんす〕とを持ち、西方を守る。

執金剛神

執金剛神像

忿怒相で身に甲冑をまとい金剛杵〔こんごうしょ〕を執り仏法を守護する。執金剛夜叉とも呼ばれる。

金剛〔こんごう〕力士(二王)

金剛力士像

執金剛神が口を開いた阿形、閉じた吽形とに二分身したもの。二体並んで偉大な力をもって寺門を守るので二王(仁王)とよぶ。

二十八部衆

千手観音の眷属で、八部衆や弁財天など、さまざまな天を含む。

風神・雷神

風神

八部衆〔はちぶしゅう〕

古代インドの邪神たちが釈迦の教えに感化され、仏法護持につとめるようになったもの。

天部の総称。興福寺では五部浄〔ごぶじょう〕という。

蛇を神格化したもの。興福寺では沙羯羅〔さから〕という。

夜叉

凶暴な鬼。興福寺では鳩槃荼〔くばんだ〕という。

乾闥婆〔げだつば〕

帝釈天に仕え、音楽を奏でる。

阿修羅

阿修羅

須弥山の北に住み、帝釈天と戦った戦闘神。敗れて修羅道の主となった。三面六臂の超人。

迦楼羅〔かるら〕

鷲が神格化されたもので、龍を食べる。

緊那羅〔きんなら〕

帝釈天または毘沙門天に仕え、音楽を奏でる。頭に一角をもつ。

摩(候)羅伽〔まごらか〕

蛇を神格化したもの。帝釈天に仕え、音楽を奏でる。
*(候)には目へんがつく。

十二神将〔しんしょう〕

薬師如来の分身で、薬師如来専属の眷属と考えられている。 薬師如来の12の大願と薬師如来に帰依する者とを守護する神である。 12という数字から、やがて方位や時刻の護法神とされるようになった。

宮毘羅〔くびら〕大将(金毘羅〔こんぴら〕童子、宮比羅)

本地仏は 弥勒菩薩。十二支の子神。

伐折羅〔ばさら〕大将

伐折羅(ばさら)大将

本地仏は勢至菩薩。十二支の丑神。

迷企羅〔めきら〕大将

本地仏は 阿弥陀如来。十二支の寅神。

安底羅〔あんちら、あんていら〕大将

本地仏は 観音菩薩。十二支の卯神。

**羅〔あじら、あにら〕大将

本地仏は如意輪観音。十二支の辰神。

珊底羅〔さんちら、さんていら〕大将

本地仏は 虚空蔵菩薩。十二支の巳神。

因達羅〔いんだら〕大将(帝釈天)

本地仏は地蔵菩薩。十二支の午神。

波夷羅〔はいら〕大将

本地仏は 文殊菩薩。十二支の未神。

摩虎羅〔まこら〕大将

本地仏は大威徳明王。十二支の申神。

真達羅〔しんだら〕大将

本地仏は普賢菩薩。十二支の酉神。

招杜羅〔しゃとら、しょうとら〕大将

本地仏は 大日如来。十二支の戌神。

毘羯羅〔びから〕大将

本地仏は 釈迦如来。十二支の亥神。