FUKUSHI Plaza夏目漱石 Now and Thenゆかりの地東京都

千代田区

最終更新日:2010年11月8日

日比谷

帝国ホテル

『坊ちゃん』に登場する。

二年前ある人の使(つかい)に帝国(ていこく)ホテルへ行った時は錠前(じょうまえ)直しと間違(まちが)えられた事がある。
『坊ちゃん』三

メモ

松本楼

『野分』に「公園の真中の西洋料理屋」として登場する。

「ハハハ遠慮か。まあ来たまえ」と青年は否応(いやおう)なしに高柳君を公園の真中の西洋料理屋へ引っ張り込んで、眺望(ちょうぼう)のいい二階へ陣を取る。
『野分』二

漱石もここの客で、「ビーフステーキ」を好んだという。

メモ

20世紀事件現場「松本楼」

三番町

二松学舎

漱石が1881年春に入学し、1882年春に退学した。

メモ

漢学私塾。今は二松学舎大学になっている。

富士見町

富士見町教会

漱石が上田敏に講演依頼の紹介をしている。

植村正久氏所属教会の婦人を以て組織せられたる家族講話会にて貴兄に一場の御話を願度旨同君より依頼につき御紹介申上候につき可相成は御面会の上御便宣を與へられ度願上候
上田敏宛書簡(1907年11月10日付)

メモ

1887年に創立されたプロテスタントのキリスト教会。 植村正久が創立以来38年間牧師をつとめ基礎を築いた。 はじめ麹町一番町にあり「番町教会」だったが1906年に富士見町に移り名前も変わった。