FUKUSHI Plazaザ・20世紀Tokyo Now and Then

20世紀事件現場

20世紀に発生した東京都内の事件現場の案内。ザ・20世紀と連動していて事件の詳細や時代背景もわかる。
最終更新日:2007年11月12日

目次

23区

市部

世田谷区

東宝砧撮影所

東宝争議(1948年)でアメリカ軍が出動した。当時は「青い山脈」(1949年)などが撮影されていた。

駒沢総合運動場

駒沢体育館

1958年にアジア競技大会の会場として使用された。 アジア競技大会(1958年)

また、東京オリンピックの第2会場として使用され、サッカー、レスリング、ホッケーやバレーボールの熱戦がくりひろげられた。女子バレーボールの決勝もここで行われた。  東京オリンピック(1964年)

現在、一帯は駒沢オリンピック公園になっていて、屋内球技場の玄関をはいったつきあたりの壁に女子日本チームの名前をきざんだプレートがある。

大田区

下山総裁邸跡

下山事件(1949年)が発生した日、 下山総裁車は自宅を出て右に曲がり、淡谷のり子邸の前を進んだ。

「下山国鉄総裁追憶碑」がたっている。

豊島区

巣鴨プリズン跡

占領時代に「戦争犯罪人」が収容されていた。戦犯に対する一部の刑が執行された。  監獄設置(1895年)  改称(1937年)  巣鴨プリズン設置(1945年)  返還(1958年)  サンシャイン60竣工(1978年)

1978年、跡地にサンシャインシティーが建設された。

区立東池袋中央公園の一隅に御影石の碑がある。

椎名町

かつて帝国銀行椎名町支店があり、帝銀事件(1948年)が発生した。

文京区

安田講堂

東大紛争で攻防戦(1969年)が行われた。

台東区

不忍池

1917年に行われた最初の駅伝のゴールとなった。 最初の駅伝(1917年)

現在、池のほとりに茶色の「駅伝の碑」が建っている。 なお全く同じ形の碑が駅伝の出発地である京都にも建てられている。

天王寺

五重塔が全焼(1957年)
現在は礎石のみが残っている。

墨田区

陸軍被服本廠跡

関東大震災(1923年)で多くの犠牲者がでた。震災直後ここに仮納骨堂が置かれた。1930年に本格的な東京慰霊堂が完成。 東京大空襲(1945年)での引き取り手のない遺骨もここに合祀されている。
現在は横網町公園になっていて、慰霊堂では毎年3月10日と9月1日に追悼式が行われる。

足立区

五反野

下山事件(1949年)で轢死体が発見された。五反野駅改札付近や駅前にあった末広旅館で謎の男が目撃されている。

JR常磐線・親水緑道ガード下に「下山総裁追憶碑」がある。

荒川区

三河島駅

列車事故(1962年)が発生した。

浄正寺(荒川3丁目53−1)に「国鉄三河島事故」の供養塔がある

安部定事件発生現場

安部定事件(1936年)が発生した「待合・満佐喜」があった。

今は住宅街になっている。