FUKUSHI Plazaザ・20世紀Tokyo Now and Then事件現場

新宿区

最終更新日:2010年3月22日

霞ヶ丘陸上競技場(神宮外苑競技場)

国立競技場 国立競技場

出陣学徒壮行会(1943年)が行われた。当時は明治神宮外苑競技場であった。

1958年に明治神宮外苑競技場あとに国立競技場が建設され、アジア競技大会(1958年)のメイン会場となった。

オリンピック東京大会開催決定後に拡張工事が行われ1963年に約72000人収容の大スタジアムとして完成。 東京オリンピック(1964年)のメイン会場となった。

1973年に改修され収容人数が約62000人と減少されたが環境は整備された。

マラソン門からはいってすぐ左側に「出陣学徒壮行の地」の碑が建っている。

国立競技場の中にある「スポーツ博物館」は、 世界でも非常に珍しいスポーツを総合的に展示している博物館で、オリンピックの歴史はもちろん、日本のスポーツの歴史が一目でわかる。競技場西側の明治公園には、近代オリンピアード70周年を記念し建立した「東京オリンピック記念碑碑」がある。

陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地

東京裁判(1946年1948年)が行われた。 法廷として使われた講堂は「市ヶ谷記念館」としてほぼ忠実に再現され、一般に公開されている(要予約)。

三島由紀夫事件(1970年)の現場。

新宿駅西口

フォークゲリラを排除する新宿西口地下広場事件(1969年)が起きた。
当時、広場を「通路」とみなして道路交通法で取り締った名残りで、今でも「西口地下通路上の禁止事項」の掲示がある。

コインロッカーベビー(1972年)が発見された。
当時が京王プラザホテルがオープンしたばかりで西口が若者でにぎわい始めた時期だった。このコインロッカーは百貨店の地下食品売り場とつながっていたが、開店時間以外はまったく人気がなくなった。

京王百貨店西側のバス停留所で、バス放火事件(1980年)が起きた。