FUKUSHI's Web Page英国案内目次へもどる

英国小事典

イギリスを解くキーワード。このサイトの索引も兼ねている。
最終更新日: 2005年 3月 5日

A

A to Z
通りの名前を索引にした市街図、転じて百科事典。"London A to Z" などがある。英国ではすべての通りに名前がついており、タクシーで行き先を告げるときは通りの名と地区を言えばよい。
Aquascutum
衣料品のブランド。  詳細
Argyle
「ダイヤ柄」とよばれるひし形を連続したニット独特の格子柄で、アーガイル・チェックともいわれ、 セーターやソックスなどに多く用いられる。 アーガイルの名はスコットランド西部のアーガイル州からとったものといわれる。
Automobile Association (AA)
英国自動車協会。会員制の自動車クラブで、日本のJAFに相当する。  公式サイト

B

baked potato
イギリスの代表的な軽食。 詳細
bank holidays(祝日)
詳細
bar
pub などのカウンター。sandwich bar などもある。
BBC, the (the British Broadcasting Corporation)
英国放送協会。  詳細
Beatles, the
英国で最も影響力をもったポピュラー音楽グループの一つ。  詳細
Beafeater
The Tower of London(ロンドン塔)の Yeoman Warder(衛兵)の通称。
bed and breakfast [B&B]
朝食付の簡易旅館。  詳細
beer
詳細
beureaux de change
両替所。  詳細
black pudding
黒ソーセージ。  詳細
Blue Plaque
青い丸い標識板で、建物の由緒を示すもの。各界の有名人が住んでいた家などに、名前や居住年などが白文字で表示されている。1867年に初めて登場し、ロンドンには600以上あるという。
bobby
警官に対する一般的な呼び名。
bookmaker
競馬などの賭け元。
Big Ben
Westminster palace の時計塔。  詳細
British Council, the
詳細
British Embassy(英国大使館)
公式サイト
British Rail [BR]
英国最大の鉄道。  詳細
British Travell Authority [BTA]
英国政府観光庁。  詳細
Burberry's
衣料品のブランド。  詳細
butler(執事)
貴族階級の家で、部下の下男やメイドたちを管理・統括する。

C

"Change given"
地下鉄の切符の自動販売機などで「おつりが出ます」の意。反対は "Exact money" だが、最近はあまり見かけない。
"Cheers."
軽いお礼の意味で使う。
chemist
薬局。  詳細
Chinese takeaway
詳細
chips
フライドポテトのこと。  詳細
city
Cathedral(大聖堂)のある大きな町。St Paul's Cathedral のある The City, Westminster Cathedral のある City of Westminster, Yorkminster のある York など。
City, the
Londonの中心地。  詳細
Club
共通の趣味などで結ばれている人々の集まりで、専用のハウスを所有している。会員 の資格を制限したものが多い。
coach
長距離バス。  詳細
cockney
(1)ロンドンの方言。  詳細
(2)コックニーを話す生っ粋のロンドンっ子。Bow Bells が聞こえる範囲内で生まれた人を指すという習わしがある。
common
町の中に点在する公共の共有地。整地されていない単なる草地で、何の施設や設備もないが、誰でも自由にはいって散歩や日光浴、ピクニックなどに使える。
Commonwealth, the
英連邦。  詳細
criket
サマー・スポーツとして大変な人気がある。競技は野球のように2チームで行い、1チームは11名編成。
"That isn't cricket" というのは、不合理で理屈に合わないことに対して「フェアではない」という場合の表現である。
crisps
ポテトチップのこと。  詳細
curry and rice
詳細

D

Definitive Stamps(通常切手)
詳細
Diana
元皇太子妃。 詳細
doubledeckers
二階建てのバス。  詳細

E

English breakfast
詳細
Eton College(イートン校)
Windsor のテムズ川沿いにある、最も古くて有名な、男子の public school の一つ。ほとんどが貴族階級や上流階級の子弟で、歴代の英国の首相の多くは、ここで教育を受けている。1440年創立。

F

fireplace
暖炉。家庭的なB&Bに泊まってみるとわかるが、大抵の家に設置されてイギリス人の心の故郷のようである。日本でいうと床の間か。暖炉といっても本当に石炭がくべられているわけはなく、飾りに過ぎない場合が多いようだ。ガスや電気のストーブを置いていることもあり、には、石炭が燃えているように見えるものまである。
fish and chips
詳細

G

gents
"gentlemen の意味。男性用トイレの表示としてよく見かける。
guest house
Bed and Breakfastと同様の簡易旅館。

H

haggis
伝統的な Scotland の料理。  詳細
High street
通りの名前につけられるが、大抵はその町で一番の繁華街で商店などが並んでいる。大都会では地下鉄の駅がある地区ごとにあるといっていい。
Holiday
学校の休暇・休み、会社の休暇、観光や遊び目的の旅行など、かなり幅広く使われる。英国旅行中に、よく "Holidays?" と話しかけられる。「これは観光旅行を楽しんでいるのですか?」といった軽い問いかけである。
Holmes, Sherlock
詳細

I

InterCity
長距離特急。  詳細

J

jacket potato
イギリスの代表的な軽食。  詳細

L

L-Drivers
仮免運転中。イギリスで初めて運転をを習う人は、まず郵便局で仮免許(Provisional Licencd)を取得する。このための試験はない。この仮免を持っていれば、正規の免許証を持っている人が同乗する限り、いきなり路上運転をしてよい。ただし、その際には車両の前と後ろに Learner の意味の、赤い字でLと書かれたプレートを張らなければならない。
left luggage
手荷物一時預かり所。大きな駅などにある。coin locker もある。
"Lovely."
「結構です」「いいです」といった感じで、男女を問わず使われる。

M

"Mind the gap."
地下鉄のアナウンスなどで「電車とホームの間のすき間にご注意下さい」の意。 "Don't mind." は「気にするな」だが mind は「注意する」ということ。 "Mind the door." は「扉にご注意下さい」。 "Mind your head."  は「頭をぶつけないようにご注意下さい」。 "Mind the step." は「足元の段差にご注意下さい」。
malt whiskey
詳細
Motor way
自動車専用高速道路で、無料。M1, M2,... などと表示する。

N

National Trust, the
1895年に設立された自然や文化財を保護する団体。年会費(1997年現在£27)を払って会員になれば入場料が無料になるので、5〜6ヵ所以上回れば元がとれることになる。  公式サイト
newspaper
詳細
news agents
新聞販売店。 詳細
noblesse oblige
高い身分には(道徳上の)義務が伴う、ということ。人民に奉仕したり、ふさわしい振る舞いで常に範を示さなければいけない。中世の騎士道精神のひとつだった。

O

off-licence
酒屋。  詳細
oxfam
Oxford Commitee for Famine Relief(飢餓救済のためのオックスフォード委員会)の略。1942年にオックスフォードに発足し、現在もそこに本部を置いている有名な事前団体で、発展途上国に救援の手を差し伸べている。この団体の経営になる多くの店が英国中の都市に散在し、中古品や発展途上国で特別につくられたものを売って、その活動資金に当てている。

P

peerage(貴族階級)
莫大な財産、特有の育ち、排他的な生活態度を持つ特権階級。身分は世襲制で、貴族院 (House of Lords) に議席権を持つ。位は上から の順となる。
penalty
秩序を乱した場合などに課せられる罰金。駅などで "No smoking. Penalty £50 maximum." などの表示をよく目にする。
Penny Black
世界最初の切手の愛称。  詳細
Post Office(郵便局)
詳細
private
関係者以外立ち入り禁止。反対は public(誰にでも公開している)で public school も public house (pub) も公立ではなく私立である。
pub
詳細
pub lunch
詳細
pudding
デザートのこと。詳細
public footpass
畑などの私有地に設けられた自由に通行できる散策用の小道。
public school
私立のエリート校で、公式には independent school という。Eton College などが有名である。

Q

Queen
女王。王妃。  詳細
Queen Elizabeth II
エリザベス女王。  詳細
Queen's English
一般にEnglandの上流階級で話される英語。  詳細
queue
イギリス人の好む順番待ちの行列。

R

roundabouts
交差点の真中にある円形の島。簡単なルールにより交通信号がなくても混乱しない 独特のシステム。
Royal family(王室)
詳細

S

semi-detached house
一戸建ての家だが、真ん中から完全に二つに分かれていて、二世帯が入居できるようになっている住宅。大抵は左右対称形で玄関も二つあり、完全に仕切られていて中では行き来できない。左右が全く異なる色に塗られているのをよく見かける。
Scotch whiskey
詳細
Shakespeare, William
英国を代表する劇作家。  詳細
Sherlock Holmes
詳細
"Single or return?"
鉄道やバスなどの切符を買うとき single (片道)か return (往復)かをきかれる。一般に return はかなり割安で、single とあまりかわらないか single より安いこともある(?!)。
Sir
ナイトや男爵の名前(フルネーム、またはファースト・ネーム)の前につけて用いる敬称。
"Stand on the right"
エスカレータなどでの表示。右側に立ち、左側は急ぐ人のために空ける。

T

takeaway
軽食などの持ち帰り。  詳細
till
スーパーなどのレジのこと。"Express Till" は買った品目が少ない客のためのレジ。
tip
相手から特別のサービスを受けた場合に渡す心づけ。英国では廃止の方向にあり、必要なケースはタクシーの運転手、ホテル・空港・駅のポーターにサービスを受けたときぐらい。レストランはほとんどの店でサービス料が含まれているのでチップは不要である。
tourist information
旅行案内所。どの町にもあり、のマークが目印。地図やパンフレットの入手や Bed and Breakfast の予約などができる。--->tourist informationの電話番号
traveller's check
詳細
tube(地下鉄)
詳細

U

underground(地下鉄)
詳細
Union Jack
英国国旗の俗称。  詳細
U.K.(英国)
詳細

V

VAT
value added tax (付加価値税、売上税)の略。大部分の商品やサービスを対象としてその売上金に対して課せられる税。割合は15%である。通常はVAT込みの値段 (VAT inclided) が表示されているので、支払いの時に意識することが少ない。

W

way out
出口。反対から見ると No Entry と書いてあり一方通行であることが多い。なお "Exit" は非常口を意味する。

Y

Yorkshire pudding
詳細

Z

zebra crossing
横断歩道のこと。地面にシマウマの模様があることらかこの名前で呼ばれている。この区間は駐車禁止、追い越し禁止にもなっている。歩行者がいたら車は必ず停車しなければならない。  ABBEY ROAD CROSSING