FUKUSHI's Web Page英国案内目次へもどるEngland

LONDON

最終更新日: 2004年 12月 24日

基本情報

春や秋の気温は東京や大阪などとあまり変わらないが、夏は東京より平均気温で3〜4度低く、湿度は半分程度である。天気は変わりやすく、1日のうちでも雨が降ったり晴れ上がったりと目まぐるしく変化する。また、北緯51度に位置し、日本付近ではサハリン(樺太)中央部に相当するので、夏の日照時間は長く夜の8時ごろでも明るい。逆に冬は日照時間が短い。

地下鉄(Underground, Tube)とバスを活用すれば行動範囲が広がる。近郊へは British Rail [BR] も便利。

「ロンドンに飽きたとき、その人は人生に飽きたのだ」(サミュエル・ジョンソン)

地域情報

THE CITY

ロンドンの旧市街。詳細

HOLBORN

COVENT GARDEN
映画「マイ・フェア・レディ」で知られるロンドン青果市場があったところだが、現在は再生されショピング・アーケードなどがある。空き地では大道芸人がパントマイムやバンド演奏などの芸を披露している。

SOHO

Regent Street
Regent Street

Piccadilly Circus から東へ延びている Shaftsebury Avenue の一帯。もともと Soho という名前は、狩りをする時の掛け声である。映画館やレストラン、風俗店が集まった歓楽街。

PICCADILLY CIRCUS
ショッピング街の中心にあり、エロスの像が有名で観光客が集まる。
SAVIL ROW
紳士服の一流仕立て屋が並ぶ。通りの名前の由来は、第3代バーリントン伯爵夫人であるドロシー・サヴィルの名にちなんだもの。日本語の「背広」の語源と言われている。 [地図]

WESTMINSTER

No.10 Downing Street(ダウニング街10番地)
首相官邸があるが、警備が厳しくて近づけない。なおブレア現首相は一家は、スペースが手狭ということで隣の11番地の蔵相公邸の最上階に住んでいる。 公式サイト
HOUSE OF PARLIAMENT(国会)
Big Benで有名なWestminster Palace(ウェストミンスター宮殿)にある。IRAのテロを警戒して手荷物検査などを厳しいが、日本と違い予約なしで審議傍聴ができる。外国人なのに簡単な手続きであの有名な議事堂を見ることができたのは感激だった。 公式サイト
Oxford Circus(オックスフォード・サーカス)
Oxford Circus, London NOW!
TRAFALGAR SQUARE(トラファルガー広場)
エドワード1世当時からの王室所有地に、19世紀半ば英雄ネルソンの勝利と死を記念して作られた小公園。ネルソンの記念碑が56メートルの高さにそびえている。東京三越本店のライオンのモデルという4頭のライオン像がある。この広場から Big Ben を見ると、ロンドンに来たなとしみじみ思う。
WESTMINSTER ABBEY(ウェストミンスター寺院)
WESTMINSTER ABBEY王室とゆかりが深い寺院。1066年には征服王ウィリアムが戴冠式を行い、以後すべての戴冠式がここで執り行われ、また王墓のほとんども寺院内にある。  [写真] 公式サイト
WESTMINSTER CATHEDRAL(ウェストミンスター大聖堂)
英国カトリックの総本山。壁から天井にかけて、美しいモザイク画で覆われている。建立は1903年。
【アクセス】地下鉄 Victoria

CHELSEA, KENSINGTON

HYDE PARK
公園は1536年から1637年まで王室の猟場であったが、清教徒革命、王政復古を経て庶民の公園として利用されるようになった1730年、カロライン王妃がサーペンタイン池を掘らせ、鉄とガラスの芸術品と呼ばれたクリスタル・パレスも建設された。北東の角にある Speaker's Corner は有名で、1987年に議会が言論の自由を保証した場所で、誰であろうと自分の所信を表明できる場所となっている。

ST.MARYLEBORNE

LONDON ZOO(ロンドン動物園)
正式には、The Gardens of the Zoological Society of London といい、Regent Park の中にある。1828年にでき、現在は7000匹の動物をかかえる大動物園である。パンダは行列をすることなく見られる。

ISLINGTON

KING CROSS STATION
「ハリーポッター」では、魔法使いの学校へ行くためにこの駅の Platform 9 3/4 から汽車に乗ったことになっている。

ロンドン郊外

GREENWICH
標準時で有名だが、海軍力の中心としても栄えた歴史的にも重要な街でもある。Greenwich Park の丘の The Royal Observertory(旧天文台)には経度0度の子午線があり、これをまたぐと地球の東半球と西半球に同時に立つことができる。なお天文台は1949年にサセックスに移転した。帆船 Cutty Sarkが船着場にあり、中が博物館になっている。National Maritime Museum(海洋博物館)では、7つの海を制覇したころがうかがえる。1988年には1588年英国を襲い敗れたスペインの無敵艦隊を破って400年を記念した The Armada 展が大々的に行われていた。
【アクセス】Charring Cross から British Rail で約15分。Westminster Bridgeのふもとからテムズ川を船で下って行くこともできる。所要時間45分。
HAMPTON COURT
駅のすぐそばに Hampton Court Palace があって、内部を見学できる。また、宮殿の前には、美しく刈り込まれた庭木と花壇の点在する芝生や Maze(迷路)がある。
【アクセス】Waterloo から British Rail で約40分。
KEW
駅のすぐ近くに Kew Gardens がある。正式には、The Royal Botanic Gardens(王立植物園)という。内部にはいくつもの巨大な温室や、花壇、人工湖などがあり、植物は数万種に及ぶ。日本庭園もある。
【リンク】Royal Botanic Gardens(公式サイト)
【アクセス】ロンドンからは地下鉄で約40分。Kew または Richmond 下車。
RICHMOND
閑静な住宅地と商店街がある。駅前の通りを左へ行きテムズ川の手前で左へまがるとやがて Richmon Park の入り口の門の前に来る。この付近からのテムズ川の眺めはすばらしい。公園は面積が900万平方メートルと途方もなく広い。公園内は車道とともに遊歩道が整備されており、ところどころに休憩所などがあって軽食をとれる。徒歩で回るのは、広すぎてかなり大変である。公園内にはたくさんの鹿が放されている。またリスも多くみられ、ピーナッツなどをやると人なつっこく近づいてきて手から受け取り器用に食べる。
【アクセス】ロンドンからは地下鉄で約40分。Waterloo Station から British Rail でも行ける。