FUKUSHI Plaza ザ・20世紀年表20世紀1899年 1900年 <--・--> 1902年 1903年年指定

1901年

明治34年 辛丑〔うし〕
八幡製鉄開業
足尾鉱毒事件
【世相】愛国婦人会
【流行・話題】ミルクホール、言文一致
政治の項へ移動 国際の項へ移動 経済の項へ移動 社会・暮らしの項へ移動 ことば 人 出版の項へ移動 映画の項目へ 音楽 スポーツの項へ移動 科学 出来事
最終更新日:2010年12月20日

重大ニュース

足尾鉱毒事件で天皇に直訴
足尾鉱毒事件を議会で解決することに絶望した田中正造は、衆議院議員を辞職して、議会開院式より帰途についた天皇を待ちうけて直訴を試みたが、警官にとり押えられ果たせなかった。直訴状では鉱毒問題の実状を訴え、被害地を旧態に回復させる措置をとるように嘆願している。この後、鉱毒問題への支援運動は高まりをみせ、政府も翌年鉱毒調査委員全を発足させた。
幸徳秋水らが社会民主党を結成
詳細
八幡製鉄が開業
詳細

国際

マルコーニ、太西洋横断無線通信に成功
詳細
最初のノーベル賞を授与
詳細

政治[ページの先頭へ]

立法

内閣・行政

西園寺臨時兼任内閣(5月10日〜6月2日)
[総理]西園寺公望(枢密院議長が臨時兼任)
第1次桂太郎内閣(6月2日〜1906年1月7日)
[総理]桂 太郎

外交・軍事

国際[ページの先頭へ]

経済[ページの先頭へ]

新商品・ヒット商品

社会[ページの先頭へ]

暮らし・流行・話題

交通・運輸

通信

教育

ことば(流行語・話題の発言)[ページの先頭へ]

「告別式」
この年、初の告別式が行われ、以後流行した。  詳細
「直訴」
足尾鉱毒事件をきっかけに流行した。
「二十世紀」
響きのいい言葉として新知識のシンボルにように用いられた。以後10年間ぐらい流行した。
「鳩ぽっぽ」、「ぽっぽ」
芸者の間で、子どもっぽいことや色気の乏しい女性のことを指して言った。 この年に発表され人気を呼んだ唱歌から派生したことば。
「早くてきれいで、便利」
ガスこんろの宣伝文句として使われ、流行語に。
「美的生活」(高山樗牛、この年に発表した論文から)
「金銭にこだわるにせよ、知識や芸術を愛するにしろ、自分の世界に没頭することが大切だ」という主張が青年の共鳴を得て流行した。学生の間では、金がなくて、下宿にじっと引きこもっている状態を指した。
「ミルクホール」
牛乳やパンとドーナッツを提供した店。次第に新聞や官報の販売もするようになった。1901年には新聞を閲覧させる店も出現し乱立した。

[ページの先頭へ]

受賞

誕生

柳家金語楼[落語家](3.13〜1972)、 佐藤栄作[首相](3.27〜1975)、 羽仁五郎(3.29〜1983)、 クラーク・ゲーブル[米、俳優](3.29〜1960)、 源氏鶏太[作家](4.19)、 昭和天皇(4.29〜1989)、 ゲーリー・クーパー[米、俳優](5.7〜1961)、 円谷英二[映画監督](7.7〜1970)、 中村草田男[俳人](7.24〜1983)、 松前重義(10.24)、 山口誓子[俳人](11.3〜1994)、 海音寺潮五郎[作家](11.5〜1977)、 ウォルト・ディズニー[米](12.5〜1966)、 木村伊兵衛[写真家](12.12〜1974)、 坂東妻三郎(12.13〜1953)、 マリーネ・ディートリヒ[独、女優・歌手](12.27〜1992)

物故

福沢諭吉(68歳、2.3) 切手に描かれた人物ヴィクトリア女王[英](82歳、1.22)、 中江兆民<本名=篤介>(54歳、12.13)

出版[ページの先頭へ]

話題の本

与謝野晶子

作品発表

雑誌創刊

映画[ページの先頭へ]

日本

外国

[流行歌の100年へ]音楽[ページの先頭へ]

日本のヒット曲・流行歌

スポーツ[ページの先頭へ]

大相撲

科学・技術[ページの先頭へ]

医療・健康

主な出来事[ページの先頭へ]

災害