FUKUSHI Plaza ザ・20世紀年表20世紀1907年 1908年 <--・--> 1910年 1911年年指定

1909年

明治42年 己酉〔とり〕
伊藤博文暗殺
【流行・話題】ロシアパン
政治の項へ移動 司法・裁判の項目へ 国際の項へ移動 経済の項へ移動 社会・暮らしの項へ移動 ことば 人 出版 映画の項目へ 音楽 スポーツ 科学 出来事
最終更新日:2013年1月31日

重大ニュース

伊藤博文、ハルピンで暗殺
10月26日、伊藤博文がロシアの大蔵大臣と会談するために降り立った清国のハルピン駅で韓国人の安重根〔アン・チュングン〕にピストルで暗殺された。安重根はその場で逮捕された。韓国では「義士」とされている。  国葬  死刑判決(1910年)  韓国 Now and Then「安重根義士記念館」
日本政府は7月にすでに韓国併合の方針を閣議決定していたが、この事件を契機に併合を急いだ。
大日本製糖疑獄事件
日露戦争の財政確立のために砂糖消費税引き上げが問題になった時に、議員を買収して引き上げ阻止をはっかったというもの。4月11日から検挙が始まり、逮捕者は日糖の旧重役のほとんどと代議士24人に及んだ。

[政治の100年へ]政治[ページの先頭へ]

立法

内閣・行政

外交・軍事

司法・裁判[ページの先頭へ]

国際[ページの先頭へ]

経済[ページの先頭へ]

会社設立

物価

新商品・ヒット商品

日用品

食品・嗜好品

社会[ページの先頭へ]

暮らし・話題・流行

ロシアパン
ロシア人がパンをつくり人力車を引きながら売り歩いたもの。柔らかくて甘味があって人気がで、店鋪販売も現れた。

建築

表慶館

交通・運輸

通信

[20世紀の流行語へ]ことば(流行語・話題の発言)[ページの先頭へ]

「ハイカラ」【high collar】
西洋風を気どったり、流行を追ったり、新しがったりすること。また、その人。「中流家庭」と呼ばれ余裕のある生活を送っていた者が洋風の襟の高いワイシャツを着ていたことに由来するもの。
「蛮カラ」
風采・言動の粗野なこと。ハイカラをもじって対応させた語。夏目漱石や永井荷風も小説の中で使用した。
「ばかな奴じゃ」(伊藤博文)
ハルピンで撃たれ、犯人が韓国人であることを告げられたとき、一言つぶやいて事切れたという。
「ビリケン人形」「ビリケン頭」
アメリカの女流美術家が夢に見た神の姿をモデルに作った福の神で瞬く間に人気になった。この人形から三角頭を「ビリケン頭」というようになった。

[ページの先頭へ]

誕生

水原茂[プロ野球](1.19)、 木谷實[囲碁棋士](1.25〜1975)、 佐分利信[俳優](2.12)、 淀川長治[映画評論](4.10〜1998)、 横山隆一[漫画家](5.17〜2001)、 太宰治[作家](6.19〜1948)、 益田喜頓〔きいとん〕[俳優](9.11〜1993)、 土門拳[写真家](10.25〜1990)、 上原謙[俳優](11.7〜1991) 切手に描かれた人物小森和子(11.11)、 田中絹代[女優](11.29〜1977) 切手に描かれた人物松本清張[作家](12.21〜1992)

物故

二葉亭四迷(46歳、5.10)、 伊藤博文(68歳、10.26)

出版[ページの先頭へ]

話題の本

作品発表

雑誌創刊

映画[ページの先頭へ]

日本

外国

文化・芸能[ページの先頭へ]

演劇

[流行歌の100年へ]音楽[ページの先頭へ]

日本のヒット曲・流行歌

[スポーツの100年へ]スポーツ[ページの先頭へ]

大相撲

5月場所
高見山[前7]

科学・技術[ページの先頭へ]

医療・健康

主な出来事[ページの先頭へ]

災害