FUKUSHI Plaza ザ・20世紀年表20世紀1909年 1910年 <--・--> 1912年 1913年年指定

1911年

明治44年 辛亥〔い〕
辛亥革命
【流行・話題】カフェ
政治の項目へ移動 司法・裁判の項目へ 経済の項へ移動 社会・暮らしの項目へ移動 ことばの項目へ 人 出版 映画の項目へ移動 音楽 スポーツ 科学 出来事の項目へ
最終更新日:2011年10月10日

重大ニュース

国際

辛亥革命
10月10日、中国の武昌で軍を離脱して新軍を結成した将兵が兵器庫を抑えたのち、武昌・漢口・漢陽を解放した。これに呼応して周辺に広がり、1ヵ月のうちに12の省都が清朝の支配を離脱した。清朝は袁世凱を起用して討伐に向かわせたが、袁は間もなく革命軍と和平交渉に入った。  清朝滅亡(1912年)
アムンゼン南極点に
8月、ノルウェーのロアルド・アムンゼンが、フラム号でオスロを出発。
12月14日、南極点に一番乗りし、ノルウェー旗を揚げた。

[政治の100年へ]政治[ページの先頭へ]

国会

立法

内閣・行政

第2次西園寺内閣(8月30日〜1912年12月21日)
[総理]西園寺公望、[内務]原敬

外交

司法・裁判[ページの先頭へ]

経済[ページの先頭へ]

新商品・ヒット商品

食品・嗜好品

社会[ページの先頭へ]

暮らし・話題

交通・運輸

通信

[20世紀の流行語へ]ことば(流行語・話題の発言)[ページの先頭へ]

「高等遊民」
高学歴で仕事に就かない者が増加してこう呼ばれた。漱石の小説「それから」の主人公など。
「なんて間がいいんでしょうか」(菅野スガ)
「運がいい」「都合がいい」の意。大逆事件で処刑される前に境利彦夫人にあてた手紙に「堺さんのような方を良人にお持ちになったアナタはまあほんとうになんて間がいいんでしょうか」とあった。  判決

[ページの先頭へ]

誕生

鈴木善幸[首相](1.11〜2004)、 レーガン[米、大統領](2.6〜2004)、 加藤大介[俳優](2.18〜1975)、 岡本太郎[画家](2.26〜1996)、 藤山一郎[歌手](4.8〜1993)、 花沢徳衛[俳優](10.18)、 石津謙介[ファッションデザイナー](10.20)

物故

青木繁[画家](28歳、3.25)、 ジェームズ・ヘプバーン[米、宣教師、ヘボン式ローマ字綴り考案者](9.21)、 川上音次郎[俳優](47歳、11.11)

出版・文学[ページの先頭へ]

話題の本

作品掲載

雑誌創刊

映画[ページの先頭へ]

外国

文化・芸能[ページの先頭へ]

演劇

[流行歌の100年へ]音楽[ページの先頭へ]

日本のヒット曲・流行歌

[スポーツの100年へ]スポーツ[ページの先頭へ]

大相撲

1月場所
太刀山(2回目)
5月場所
太刀山 全勝(3回目)

科学・技術[ページの先頭へ]

医療・健康

主な出来事[ページの先頭へ]

災害