FUKUSHI Plaza ザ・20世紀年表20世紀1958年 1959年 <--・--> 1961年 1962年年指定

1960年

昭和35年 庚子〔ね〕
安保改定
チリ地震津波
【世相】岩戸景気
【流行・話題】ツイスト、ドドンパ、チャールストンスタイル
政治の項目へ移動 司法・裁判の項目へ 国際の項目へ移動 経済の項目へ移動 社会・暮らしの項目へ移動 ことば 人 出版 TV ラジオの項目へ 映画 音楽 囲碁・将棋の項目へ スポーツ 科学 出来事
最終更新日:2011年12月19日

重大ニュース

安保条約反対闘争
国会では2月より日米安保条約の審議が開催されたが、国会内外の反対の激化で難航した。
5月19日に政府自民党は緊急上程し20日未明、衆議院本会議で強行採決された。院外でも社会党、総評、学生などのデモが連日国会を取り巻き、激烈を極めた。
6月10日、米大統領秘書官ハガチーが来日。羽田には抗議のデモ隊が結集していたが、車は猛スピードで走り出し弁天橋と双子橋の先にいたデモ隊の近くに突っ込み、身動きがとれなくなりヘリコプターで脱出した。
6月15日、全国で580万人がデモを行った。この日全学連主流派が国会突入をはかり警察官と衝突、東大生・樺美智子(22)が死亡した。
33万人が徹夜で国会を包囲する中、6月19日午前零時を期して自然承認された。 6月23日、批准書を交換し発効した。
浅沼社会党委員長刺殺
翌月に迫った総選挙のため、日比谷公会堂で10月12日開催された池田勇人・西尾末広・浅沼稲次郎の3党首立ち会い演説会で、演壇の浅沼社会党委員長が、聴衆の面前で17歳の右翼少年に刺殺された。短刀を持った少年に飛びかかられ、浅沼委員長が眼鏡を落としながら崩れるというテロの一瞬は、テレビ中継を通じて全国に流れ、社会を震かんさせた。浅沼氏は安保闘争の高まる中、3月、社会党委員長に就任、闘争の先頭に立った。独特のガラガラ声で全国各地を精力的に遊説する姿が「人間機関車」「ヌマさん」と呼ばれて人気を集めた。
チリ地震津波
詳細
三井三池争議
三井鉱山の三池鉱業所では、1959年から人員整理や業務阻害者の排除をめぐって会社と組合が対立していた。中央労働委員会(中労委)のあっせんにを労使双方が拒否、12月には従業員の中から1471人の指名解雇が通告された。この年1月25日に会社側が指名解雇者の就労阻止のため全山ロックアウトを宣言すると組合側は無期限ストで対抗。3月28日、会社側がロック・アウトを解除し第2組合員による生産再開を強行しようとしたため、新旧組合員の間での大乱闘となった。29日には暴力団員が大挙して第1組合のピケ隊を襲い1人が殺害された。安保闘争のただ中「安保と三池の結合」は革新陣営の合言葉となったが、争議を支えた安保反対運動は条約成立後には急速に衰退。争議は急転直下終結へ向かった。
尾関雅樹ちゃん誘拐事件
5月16日、慶応幼稚舎に通っていた会社社長の長男(7)が、通学途中で誘拐された。犯人は200万円を要求したが果たせなかったので殺害した。7月17日、容疑者を逮捕。
皇太子夫妻に長男誕生
詳細

国際

ローマオリンピック
詳細

[政治の100年へ]政治[ページの先頭へ]

国会

第29回衆議院議員選挙(11月20日)
民社大敗。
[自民]296、[社会]145、[民社]17

立法

内閣・行政

第1次池田内閣(7月19日〜12月8日)
初の女性大臣に中山マサ厚相。
[総理]池田勇人、[法務]小島徹三、[外務]小坂善太郎
第2次池田内閣(12月8日〜1963年12月9日、1961年1962年1963年に改造)
[総理]池田勇人、[法務]植木庚子郎、[外務]小坂善太郎、[大蔵]水田三喜郎

外交

地方自治

司法・裁判[ページの先頭へ]

国際[ページの先頭へ]

経済[ページの先頭へ]

会社創立

物価

観音菩薩像 オシドリ
封書10円はがき5円

新商品・ヒット商品

電気製品

日用品

食料品・嗜好品

社会[ページの先頭へ]

暮らし・流行・話題

交通・運輸

通信

日米修好通商 日米修好通商
大統領の引見、咸臨丸

皇室

ことば(流行語・話題の発言)[ページの先頭へ]

「家つき、カーつき、ババア抜き」
若い女性が希望する結婚相手の男性の条件をいった言葉。
「寛容と忍耐」(池田首相)
「声なき声」(岸首相)
詳細
「所得倍増」(池田首相)
詳細
「トップ屋」
週刊誌のトップ記事を狙って、独自に取材したものを売り込むフリーの記者。
「ナンセンス」
無意味。ばかげた行動や考えのこと。以前 からあった言葉だが、このころから学生集会などで相手の意見を排除するときにさかんに使われるようになった。
「リバイバル」
レコード会社が「リバイバル盤」とした戦前の流行歌を発売。「リバイバル・ブーム」は音楽界だけでなく、出版界、映画界にも及び、日本中に「リバイバル旋風」が巻き起こった。
「私は嘘は申しません」(池田首相)
11月の総選挙にのぞむ自民党のテレビCMで使われた。

[ページの先頭へ]

結婚

誕生

大場久美子[俳優](1.6)、 山田邦子[タレント](6.13)、 香山リカ[精神科医](7.1)、 浅野ゆう子[俳優](7.9)、 船越英一郎[俳優](7.21)、 美保純[俳優](8.4)、 黒木瞳[俳優](10.5)、 石田えり[俳優](11.9) 川島なお美[俳優](11.10)、 植草一秀[経済学者](12.18)、

物故

アルベール・カミュ[仏・作家](46歳、1.4)、 日野葦平[哲学者](52歳、1.24)、 浅沼稲次郎[社会党委員長](61歳、10.12)、 和辻哲郎(71歳、12.26)、 クラーク・ゲーブル[米・俳優]、 火野葦平[作家]

出版・文学[ページの先頭へ]

ベストセラー

  1. 性生活の知恵(謝国権)[池田書店]
    <著者は産婦人科医で、性のタブーをとり払い明るく体系的に性生活の指導を行った。独自の人形を使った態位の解説などで話題を呼んだ>
  2. 私は赤ちゃん(松田道雄)[岩波新書]
  3. どくとるマンボウ航海記(北杜夫)
    <マンボウ・シリーズ第一弾>
  4. 頭のよくなる本[光文社カッパ・ブックス]
  5. トイレット部長(藤島茂)
  6. 敦煌(井上靖)
  7. 鳥葬の国(川喜田二郎)
  8. 河口(井上靖)
  9. 人生は芸術である
  10. 性格(宮城音弥)

その他の話題の本

作品掲載

雑誌創刊

[テレビ史へ]テレビ[ページの先頭へ]

番組

CM

ラジオ[ページの先頭へ]

映画[ページの先頭へ]

日本

外国映画日本公開

外国

音楽・芸能[ページの先頭へ]

日本

アメリカ・トップ10

  1. The Theme From "A Summer Pace"「夏の日の恋」 (Percy Faith)
  2. Are You Lonesome Tonight ?「今夜はひといかい?」 (Elvis Presley)
  3. It's Now Or Never (Elvis Presley)
  4. Cathey's Clowns (The Everly Brothers)
  5. Stuck On You (Elvis Presley)
  6. I'm Sorry 「ごめんなさい(アイム・ソーリー)」(Brenda Lee)
  7. Running Bear (Johnny Preston)
  8. Save The Last Dance For Me 「ラスト・ダンスは私に(今宵の思い出に)」(The Drifters)
  9. Teen Angel (Mark Dinning)
  10. My Heart Has A Mind Of Its Own (Connie Francis)

その他の海外ヒット曲

[ビートルズのページへ]The Beatles

[スポーツの100年へ]スポーツ[ページの先頭へ]

第8回冬季オリンピック

【開催地】スコーバレー(アメリカ合衆国)
【期間】2月18日〜28日
冬季オリンピックが本格的にテレビ中継され、開会式はディズニーが演出。かつて軍隊偵察競技の名で公開競技だったバイアスロンが新採用された。

日本選手

【メダル獲得】なし

第17回オリンピック

【開催地】ローマ(イタリア)
【期間】8月25日〜9月11日
入賞メダルが首掛け式になった。
男子マラソンでアベベ(エチオピア)が裸足で快走して世界記録で優勝し、「裸足の王者」と呼ばれた。

日本選手

【メダル獲得】金4、銀7、銅7
体操男子団体総合で、ソビエトを抜き初優勝した。個人総合では小野喬が2位だったが、跳馬と鉄棒で優勝した。 水泳男子400m自由形で、山中毅が銀メダル、200m平泳ぎで大崎剛彦が銀メダルだった。

野球

セ・リーグ
[優勝]大洋
<前年最下位からの優勝は日本のプロ野球史上初>
パ・リーグ
[優勝]大毎
第11回日本シリーズ
大洋 4(○○○○)0 大毎
<4試合がいずれも1点差で、三原脩監督の指揮が脚光を浴び、三原ブームを起こした>
第32回選抜高等学校野球大会
[決勝戦]高松商(香川) 2−1 米子商(鳥取)
<高松商の山口富士雄が選抜高校野球決勝戦で初のサヨナラ本塁打>
第42回全国高等学校野球選手権大会
[決勝戦]法政二(神奈川) 3−0 静岡(静岡)

大相撲

1月場所
栃錦 清隆〔とちにしき きよたか〕[横綱、春日野]14勝1敗(10回目)
<新入幕の大鵬が11連勝、12勝3敗で敢闘賞>
3月場所
若乃花幹士〔わかのはな かんじ〕[横綱、花籠]15戦全勝(8回目)
<千秋楽に栃錦と史上初の全勝横綱同士の取組>
5月場所
若三杉彰晃〔わかみすぎ あきてる〕[前4、花 籠]14勝1敗
7月場所
若乃花幹士〔わかのはな かんじ〕[横綱、花籠]13勝2敗(9回目)
9月場所
若乃花幹士〔わかのはな かんじ〕[横綱、花籠]13勝2敗(10回目)
<若乃花最後の優勝>
11月場所
大鵬幸喜〔たいほう こうき〕[関脇、二所ノ関]13勝2敗(初)

科学・技術[ページの先頭へ]

宇宙・天文

囲碁囲碁・将棋[ページの先頭へ]

囲碁

第15期本因坊戦
高川秀格九段 4−2 藤沢秀行八段
<9連覇>

将棋

第19期名人戦
大山康晴 4(●○○○千○)1 加藤一二三

主な出来事[ページの先頭へ]

事件・事故

災害