FUKUSHI Plaza ザ・20世紀年表2005年 2006年 <--・--> 2008年 2009年

2007年

平成19年 丁亥〔い〕
与野党逆転
政治の項目へ 法律・裁判の項目へ 国際の項目へ 経済の項目へ 社会・暮らしの項目へ ことばの項目へ 人の項目へ テレビの項目へ 出版の項目へ 音楽の項目へ スポーツの項目へ 囲碁・将棋の項目へ 科学の項目へ 出来事の項目へ
最終更新日:2013年4月13日
参院選 民主が大勝し与野党逆転、政権交代へ
詳細
安倍首相、政権投げ出し 福田内閣発足
 詳細
農水相が自殺、相次ぐ閣僚交代
松岡農水相が自殺した。  詳細
10カ月あまりで4人の閣僚が交代し、安倍首相の任命責任が問われた。  行革相辞任(2006年)  産む機械発言、架空事務所疑惑
長崎市長銃撃事件
詳細
「消えた年金」で国民の怒り爆発
社会保険庁のずさんな記録管理で持ち主の分からない「宙に浮いた年金記録」が約5000万件にのぼることが2月に判明。社会保険庁に記録のない「消えた年金」の存在も発覚し、大問題となった。政府は「宙に浮いた年金記録」の名寄せ作業を2008年3月までに完了すると約束したが、撤回した。  詳細
能登沖、中越沖で地震
詳細
食品偽装問題
食品偽装問題が次々と発覚し、健康被害はなかったがマスコミが大きく取り上げた。  詳細

[政治の100年へ]政治[ページの先頭へ]

国会

第21回参議院議員選挙(7月29日)
安倍首相は首相選択の選挙と位置付けた。 民主党は初めて参院第1党に躍進して与野党が逆転、政権交代へ大きく前進した。 自民党は改選64議席が37に激減、第15回参議院(1989年)に次ぐ惨敗。29の一人区は6議席だけで、大物議員も次々と落選した。  政権交代(2009年)
[民主]60、[自民]37、[公明]9、[共産]3、[社民]2、[国民]2、[日本]1、[無所属]7
投票率59%

立法

内閣・行政

安倍改造内閣(8月27日〜9月26日)
[総理]安倍晋三、[総務]増田寛也、[法務]鳩山邦夫、[外務]町村信孝、[財務]額賀福志郎、[文部科学]伊吹文明、[厚生労働]舛添要一、[農林水産]遠藤武彦、[経済産業]甘利明、[国土交通]冬柴鐵三
福田内閣(9月26日〜)
安倍改造内閣の17閣僚のうち13人を再任し2人を横滑りさせた。新入閣は2人。 福田首相は自らの内閣を「背水の陣内閣」と名付けた。
「他人事内閣」「官僚お友だち内閣」。自民党最後の内閣か。 [総理]福田康夫、[総務]増田寛也(再任)、[法務]鳩山邦夫(再任)、[外務] 高村正彦、[財務]額賀福志郎(再任)、[文部科学]渡海紀三朗、[厚生労働]舛添要一(再任)、[農林水産]若林正俊 (再任)、[経済産業]甘利明(再任)、[国土交通]冬柴鐵三(再任)

外交・防衛

地方

司法・裁判[ページの先頭へ]

国際[ページの先頭へ]

第33回主要国首脳会議(サミット)(6月6日〜8日)
【開催地】ハイリゲンダム[独]

経済[ページの先頭へ]

社会[ページの先頭へ]

交通・運輸

通信

教育

[20世紀の流行語へ]ことば(流行語・話題の発言)[ページの先頭へ]

「美しい国」(安倍首相)
安倍内閣のスローガンにした意味不明のことば。評判が悪く、参院選で惨敗したあとはあまり使わなくなった。

政治家の放言・失言・迷言

[ページの先頭へ]

受賞

物故

城山三郎[作家](79歳、3.22)、 植木等[俳優](80歳、3.27) プロフィール横山ノック[漫画トリオ](75歳、5.3)、 石立鉄男[俳優](6.1)、 横山泰三[漫画家](90歳、6.10)、 宮沢喜一[元首相](87歳、6.28)、 宮本顕治[元共産党議長](98歳、7.18)、 小田実[作家](75歳、7.30)、 阿久悠[作詞家](70歳、8.1)、 黒川紀章[建築家](73歳、10.12)、 木原光知子[水泳](59歳、10.18)、 オスカー・ピーターソン[加、ジャズ](82歳、12.23)

[テレビ史へ]テレビ[ページの先頭へ]

出版・文学[ページの先頭へ]

話題の本

文化・芸能[ページの先頭へ]

美術

音楽[ページの先頭へ]

[スポーツの100年へ]スポーツ[ページの先頭へ]

大相撲

囲碁囲碁・将棋

囲碁

第31期棋聖戦
山下敬吾九段 4(○○○○)0 小林 覚九段
第62期本因坊戦
高尾紳路九段 4(○●○○○)1 依田紀基九段
第32期名人戦
張 栩九段 4(●○○○●●○)3 高尾紳路九段

将棋

第65期名人戦
森内俊之 4−3 郷田真隆
<4連覇>

科学・技術[ページの先頭へ]

宇宙・天文

医療・健康

自然・環境

主な出来事[ページの先頭へ]

事件・事故

災害