FUKUSHI Plaza ザ・20世紀年表2009年 2010年 <--・--> 2012年 2013年

2011年

平成23年 辛卯〔う〕
政治 司法・裁判 国際 経済 社会・暮らしの項目へ 人 テレビの項目へ スポーツの項目へ 囲碁・将棋の項目へ 出来事
最終更新日:2013年3月13日

重大ニュース

東日本大震災、福島原発事故
詳細
「ペテン師」菅首相退陣、野田内閣発足
6月2日、内閣不信任議案が可決されそうな状況のもと、菅首相は鳩山前首相と会談し早期退陣を約束し、直後の民主党代議士会で退陣をほのめかした。 しかし、不信任案が否決されると早期の辞任を否定して続投に意欲を示した。 鳩山前首相は「ペテン師だ」と激怒、菅首相は与野党を問わず周囲を敵に回した。 「死に体」のまま3か月近く居座ったが退陣に追い込まれた。

[政治の100年へ]政治[ページの先頭へ]

国会

内閣・行政

菅第2次改造内閣(1月14日〜)
自民党の比例区枠で議席を得た与謝野馨を入閣させた。新入閣は、枝野幸男幹事長代理、江田五月前参院議長とあわせて3人。 「従米・従財務省・従マスコミ」路線がより明確になった。 震災後は対策本部や会議を乱立させ、官僚を敵視し個人的な思いつきによる指示を乱発した。 原発事故では何でも東電のせいにし、過小評価を繰り返して多くの住民を被曝させた。 「最悪事態下で最低最悪の内閣」「菅災」といわれ、朝日新聞・毎日新聞などが擁護したが支持率は低迷した。
野田内閣(9月2日〜)
財務省の勝栄二郎事務次官に支配される「直勝内閣」と呼ばれ、不況下で増税を目指した。
[総理]野田佳彦、[経産]鉢呂吉雄

外交

地方

司法・裁判[ページの先頭へ]

  • 国際[ページの先頭へ]

    先進国首脳会議(サミット)(5月26日〜27日)
    【開催地】ドービル[仏]
    菅首相は原子力の非常事態についての情報公開を首脳宣言で約束させられた。

    経済・産業[ページの先頭へ]

    社会[ページの先頭へ]

    交通・運輸

    [テレビ史へ]テレビ[ページの先頭へ]

    [スポーツ]スポーツ[ページの先頭へ]

    大相撲

    サッカー

    囲碁囲碁・将棋

    囲碁

    第35期棋聖戦
    張栩九段 4(●○●○○○)2 井山裕太九段
    第66期本因坊戦
    山下敬吾九段(本因坊道吾) 4(○○○●●●○)3 羽根直樹九段
    <初防衛>
    第36期囲碁名人戦
    井山裕太九段山下敬吾九段(本因坊道吾)

    主な出来事[ページの先頭へ]