2001年12月の診療記録
〜ラーメンを食べて年を越そう!〜

12月10日
いやぁ、10日も更新をサボっておりました。
申し訳ないです。

更新をサボっている間、横浜ベイスターズのニッポン放送による買収が白紙に戻ったり、野村監督が辞任したり、元新日本プロレスのレフリーがプロレス業界の暴露本を出版したりで、世間では激動の10日間でしたが、個人的にも色々ありました。
もう、仕事が連日深夜に及んだり、体調を崩したり、来年のカレンダーを作成していたらカレンダーを作るソフトが破壊してパニックに陥ったり、まあそんなこんなで10日間があっという間でしたね。
とりあえず、明日からぼちぼちと更新していきますんで、見捨てないで下さいませ。

12月13日
先日より、ボクの住んでいる地方でもチョコエッグ・日本の動物第5弾が発売されました。
コンビニで見かけた瞬間にとりあえず30個購入してしまう自分がイヤだなぁ。
そうこうする内に、みるみるタッパーにチョコレート片が溜まっていきます。
もう無茶苦茶です。

そういえば、更新をサボっている間にペット第2弾と日本の動物第4弾のコレクションボックスを入手してしまったのだけども、これも近い内に画像を載せようかと思っております。
はっきり言って、お金の使い方を間違っています。
おかあさんも泣いてます。
朝食は毎日チョコエッグです。
昼食と夕食は、大量の鍋を作って3日連続で食べ続けています。
↑やや脱線気味。

ところで話は変わるけども、クリスマス特別企画はもう覗いていただけましたか?
はっきり言って、今年新たに曲を作る余裕がなかったので去年の使い回しなのであります。
ちなみに、ここに載せてあるのは音色がショボイのだけども、手許の音源で鳴らすとかなりゴージャスです。
これを含めた自作曲をカセットテープに録音して、キリ番を取った人にプレゼントする予定なので、みなさんがんばって狙いましょう。
あと、今年中に間に合えば、毎度おなじみふなふな動物病院カレンダーもお付けします。
っていうか、カレンダーを作るソフトの調子がおかしいので、ひょっとしたら無しになるかもしれないけども。

ではでは。

12月16日
ここ数日、ちらちらと雪が降ったりして、本格的に冬であります。
あまりにも寒いので、ついにストーブに火を入れてしまいました。
するとどうでしょう。
あれほどかたくなにコタツから出てこなかったさちこが、こたつから出てきてストーブの前でかたくなに動かなくなったのでした。
このぐうたら娘が!
でもちょっとうらやましいですな。

ところで、やっとこさでふなふな動物病院オリジナル・2002年カレンダーが完成しました。
あとは印刷するだけです。
なんだか、去年よりややおとなしい感じ。
年々毒気が抜けていくのは、あまり良い徴候とは言えないかもしれないです。
とは言え、ここで紹介するには著作権的に問題がありすぎる画像が多いですので、当たった方だけが御笑納下さい。
って、ここまできて著作権もクソもないかも知れないけども。
さぁ、欲しい人は気合いでキリ番ゲットだ!!!

12月18日
そんなこんなで、例によってチョコエッグ三昧な日々でありますが、ついに大人買いの力を駆使して日本の動物第5弾のノーマル全24種を制覇いたしました。
にも関わらず、未だにシークレット動物は出ていないのであります。
今回のシークレット動物は、イリオモテヤマネコとの噂だけども、これが出るまで買い続けるととんでもないことになるということは、第4弾の時に経験済みなので、おとなしく引き下がることにしました。


とりあえず、みなさんお揃いで記念撮影

とりあえず、大量に溜まったチョコはちびちびと食べておりますが、大量のダブリチョコエッグどもは例によってヤフオクで売りさばくことになるわけです。
案外、これが完売してしまうから凄いなぁ。
みんなバカだねぇ。

12月20日
実は数年前、テレビを付けっぱなしで眠ってしまったことがあって、夢うつつに妙な映画を見たことがあります。
どうやらアニメーション映画だったようです。
で、その映画はどこまでが夢でどこまでがその映画か全然分からなくなってしまうような内容だったのでした。
ただ、妙に印象に残る映像だったようで、未だにその時の映画の夢を見ることもあるのです。

この映画は、いったい何だろう?

そう思いながらも、誰に聞いても全然わかりません。
何せ、見ていた本人がはっきり覚えていないのでありますから。
さらに、インターネットで調べようとするものの、タイトルもキーワードの1つもわからないのであって、検索は難航しまくりです。

そうこうする間に、1つ良い方法を思いつきました。

それは、日本のWebサイトの中で最もマニアックな人が集まり最も多くの(ガセ含む)情報が飛び交う所、2ちゃんねる掲示板に書き込むということです。

2ちゃんねる掲示板・・・・・日本のインターネットの恥部とも便所の落書きとも言われる巨大掲示板群であり、総スレッド数は優に1万を超え、1日に延べ800万アクセスがあり、常に何らかの訴訟を抱えているというバケモノサイトであります。
その中では一般的なネチケットなど通用せず、しかし2ちゃんねる内のみで通用する不文律は膨大であるため、普通の人が普通に書き込みすると大抵は酷い目にあうわけで、あちこちで悪く言われがちであります。
ところが何のことはない、独特な空気を読むコツを理解し、真実と偽りの区別がきちんと出来る人ならば、かなり有益なサイトであると個人的には思うのです。
なにせ、飛び交う情報量はハンパではないわけですから。

で、2ちゃんねる掲示板の中にある映画@2ch掲示板の中を眺めていると、映画のタイトル教えてスレッドというのをハケーンしました(ワラ。
って、思わず2ch語だよ。

このスレッド(ようするに、ヤフーのBBSで言う「トピックス」ですな)は、ようするに断片的にしか覚えていない映画のシーンを書き込むと、知ってる人がそのタイトルを書き込むという趣旨のようでありました。
まさにおあつらえむきであります。

で、ボクはそこに、以下のように書き込みました。
「2年ぐらい前、深夜に地上波でやっていたのを夢うつつに見てて、途中で寝てしまって続きが気になる映画です。
北欧(スウェーデン・フィンランド?)のアニメーション映画で、頭の部分が透明で脳味噌(?)が見えてるような巨人っぽいヤツが踊ってたり、それを見ていたちっこい人たちが、巨鳥に喰われたりしてました。
全体は動画というより、切り絵のストップモーション(?)といった印象です。
幻想的だけど、さりげなくグロテスクな感じ。
どうやら、カンヌかベルギー国際映画祭(?)で何らかの賞を取っているようです。」
この書き込みをしてから、ものの数分後、一言だけ、
「ファンタスティック・プラネット」
というレスがありました。
まさか、こんな説明で答えが返って来るとは思っていませんでした。
すげぇな、2ch

タイトルがわかればこっちの物です。
(自慢げに言うことではないが。)
とりあえず、Googleで検索であります。
すると、でるわでるわで、リンダでなくても困っちゃうって具合でした。

いくつかのサイトでは、映画の映像が載せられていましたが、確かに、夢に出てきた映像そのままなのであります。


映画のパンフです
ここで新たに分かった事実としては・・・・・
1・実は25年前のフランス映画である。
2・カンヌ映画祭では、今までに無い「特別賞」をこの映画のために急遽設置して与えた。
3・98年に日本でリバイバル上映された。
4・2001年3月にDVDが発売された。
5・国内版のビデオは廃盤。
ということでした。
どうやら、知る人ぞ知るカルトムービーのようでした。

そんなわけで、今現在の悩みは、DVDプレーヤーもないのにDVDだけ買うかべきかどうかということなのであります。

 12月23日
今日は仕事が休みだったので、ゆったりと有意義に過ごそうと思っておりました。
で、ダラダラと昼過ぎまで寝たり起きたりとしていたのだけども、突然、部屋の掃除をしなくてはと思いついたのでした。
そこから、苦難の道が始まるのです。

とりあえず、コンピューターやらピアノやらコタツがあって、普段ネットしたり飯喰ったり曲書いたりする部屋、ようするにメインで生活する部屋から手をつけることにしました。
この部屋は、ひたすら雑多なモノが多すぎて片づけるに片づけられないので、とにかくコタツやら椅子やらを隣の寝室に移動させて、あちこちに散らばっていたり積み上げられたりしている雑多なモノたちを、部屋の真ん中に集めてみて、それぞれを要るモノ要らないモノとりあえずしまっておくモノとに分類→収納していくことにしました。
で、雑多なモノを全部部屋の真ん中にぶちまけると、ボクの部屋は信じられない姿になってしまいました。
と言うよりは、これが真実の姿なのかもしれません。

人にはみせられぬ凄い部屋
うぎゃぁ!なんでこんなにモノがあるんだ!


来年用の「ふなふな動物病院カレンダー」はすでに完成しているけども、差し替えてこの部屋の写真をどこかに使おうかなぁ・・・・・
などと思いつつ、とにかく死にそうになりながら片づけ続けること8時間
途中、古い漫画を発掘して読みふけったり2年前のプロレス雑誌を発見して、時代の流れに涙したり昔書いた曲の楽譜の断片を見つけて、思わず手直ししたり猫の妨害にあったりして、非常に難航したのでありましたが、ようやく片づけ終わるめどがついた頃には、すでに日付が変わっていたのでありました。
っていうか、クリスマスイブってヤツですな。


ガラクタも、残り少し。
さっちゃんも目を光らせています


そんなこんなで、やっとの思いで掃除も終了。
上の写真と同じ部屋とは思えない姿になりました。



しかし、掃除をしていると、次々に色々なモノが出てきます。
我ながらダメだなぁと思うのは、ボールペンとか鋏とかセロテープとかカッターナイフとか爪切りとかが何個も出てきたことです。
ようするに、雑多なモノの中に埋もれて見つからなくなるたびに、新しい物を買っているということですな。
反省しきりであります。

やっと部屋が片づいたと思ったら、既に午前3時であります。
このままでは確実に明日の仕事に差し支えます。
もう寝よう・・・・・
と思って寝室を見たボクは、凄いモノを再び目にするのでした。



そうです。
とりあえず、椅子やらコタツやらは全部寝室に放り込んでいたのでした。
うげぇ。
もう、現実逃避して日記の更新をしてやる!と開き直って、この文を書いているというわけです。

ああ・・・・・。
明日はクリスマスイブだというのに、部屋の掃除の続きだよ・・・・・・・

12月24日
今日はクリスマスイブです。
世間の浮かれ具合とは関係無しに、あくまでマイペースに生きましょう。

アメリカのTIME誌が75年前から続けている企画で、「Person of The Year」ってのがあるんだけども、ようするに今年で一番有名な人を編集部が選んで、最後の号の表紙になるって企画です。
過去の受賞者は、ヒトラーとかレーニンとかケネディとか、まさにそうそうたる面々なのです。
で、今年の受賞者は誰になるか?となると、やはりオサマ・ビン・ラディンではなかろうかとも思うのだけども、そのことに対してアメリカ市民が大反発して一悶着あったわけです。

ちなみに、今年は(去年もやったのかもしれんけども)インターネットでも投票を行い、その結果を参考にするということになったのでした。
で、数日前までは、ラディンとブッシュとニューヨーク市長が争っていたわけです。
しかし、21日の深夜から早朝にかけて、異変が起こったのでした。

もう、ことの顛末を書くのも面倒だから、勝手にニュースサイトのリンクを貼っちゃいます。
こことかここを参照のこと。
まあ、いつNOT FOUNDになるかわからないから、記事の抜粋を無断引用しておきます。

米TIME誌が毎年年末,その年を代表する人物を選ぶ「PERSON OF THE YEAR」のネット投票が極めて不思議な結果になっている。
12月21日時点で,トップはあの日本人なのだ。


 米同時多発テロの首謀者とされる「Osama bin Laden」を抑え,トップに立っているのは「Masashi Tashiro」。
盗撮と風呂のぞき,覚醒剤取締法違反のトリプル役満で世間を騒がせたあのタレントと同じ名前だ。
21日午後8時の時点で6万9831票を得ている。
ビン・ラディンに3万票近い差を付け,全投票数の3割を占める。
そうなのです。
伝統と権威あるTIME誌の「今年の顔」のインターネット投票で、我らが(苦笑)田代まさしがぶっちぎりの首位であったのです。
なんのことはない。
先日話した2ちゃんねる掲示板にて、田代まさしを世界一に運動が起こり、暇そうにしている人たちに投票を呼びかけた結果なのであります。
これを見ていた全世界の人々は「Tashiro? Who?!」とか言っていたのだろうなぁ。
なんちゅうか編集部の人の困惑ぶりが目に浮かびます。

このことで、「バカじゃねぇの?」とか「日本の恥」とか言う人がいます。
たしかに、不謹慎極まりないです。
アメリカに対する国辱行為です。
何より、田代まさし氏自身がカワイソウです。
でも正直に言います。
ボクは、不謹慎だとは思いつつも大爆笑してしまいました。
もっと正直に言います。
実は10票ほど投票しちゃいました

で、盛り上がってくるとすぐにこういうモノを作ったりする人が出てきます。

結局、異変を感じた編集部の手により「Masashi Tashiro」の名は削除され、めでたくニューヨーク市長が今年のPerson of The Yearに選ばれました。

でも、ちょっとだけこんな↓TIME誌も見たかったなぁ。



いやぁ、笑っちゃいけないのだろうけども、笑ってしまう自分に、ちょっと反省。

12月27日

今月の20日の記録でファンタスティック・プラネットなんていうカルトムービーを紹介いたしましたね。
そのときはビデオは廃盤でDVD版は発売中だと書いたはずだけども、結局DVD版を購入してしまいました。



さて。
ボクはその昔、LPプレーヤーを持っていないのに、LPレコードだけ買ってしまった前歴があるのですが、今回はDVDプレーヤーを持っていないのに、DVDソフトだけ買ってしまったのであります。
何となく、ジャケット見てるだけでウキウキなのです。
でも、できればジャケットだけでなく、その中身も見てみたいと思うのが人情です、って何のこっちゃだよ。
さぁて、DVDプレーヤーもヤフオクで探すか・・・・・・

12月30日
実は最近、気になるマンガがありまして、例によって週刊少年チャンピオン連載なんだけども、こんな作品です。



タイトルは、ごらんのように虹色ラーメンと申しまして、どんな内容かというと高校生の主人公がひたすらラーメンを作るっていうマンガです。
ちゃんとラーメン博物館館長みたいな人が監修していて、かなりの本格派なのです。
で、このマンガを読んでいたら、急に自分もラーメンが作りたくなったのであります。

折しも、時は年の瀬。

世間では年越しそばに向けてまっしぐらです。
そんなわけで、年越しそばがあるのなら年越しラーメンがあったって構わないのじゃないかという勝手な理屈から、ラーメンを自作することにしました。

ラーメンスープを作るのには何時間もかかるのだけども、幸い年末年始休暇に突入したのでして、時間はあります。
ノウハウはインターネットでゲットすることでばっちりです。

で、最初はラーメン完成までの話を書くつもりだったのだけども、膨大な量になってしまったので、別枠に掲載することにしました。
ああ・・・・・・
また勢いで新コーナーを作ってしまったよぅ。

そんなわけで、渾身の力作、「ふなふな動物病院・栄養科」にレッツゴーなのです。

(註:現在、「栄養科」は存在しません。ラーメンの話は、「内科」に統合されておりますので、よろしくお願いいたします。)

とは言え、とりあえず完成写真だけ載せておこうかなぁ。



どうでしょう?
無茶苦茶うまそうですね!
そして、実際に無茶苦茶美味かったのです。

ふなふな動物病院の年内の更新はこれで終わりです。
旧年中は色々御愛顧ありがとうでした。
来年もよろしくお願いいたします。
なお、新年は4日か5日からスタートする予定です。

それでは皆さん、良いお年を!

11月の記録を読み直す
2002年1月の記録を読んでみる
最新の診療記録を読む
診療記録の表紙に戻る
ふなふな動物病院・玄関に戻る



ご意見、ご感想、ファンレターなどはfunafuna@gf6.so-net.ne.jpまで。 (ポスペも0Kです。)
面白いお便りは、どこかのコーナーで引用されるかもしれません。
リンク先も大募集中!リンクして下さる方は、メール下さい。もれなく相互リンクになります。