今週のアルバム


これまでのアルバム
「モダン・ジャズの世界」 へ


第1035回 (2020. 9.27. 〜

♪ Lynne Arriale “Chimes Of Freedom” (Challenge, CR 73494)

Chimes Of Freedom

Lynne Arriale(p), Jasper Somsen(b), E.J.Strickland(ds), K.J.Denhert(vo : 9, 10).
Rec. Oct. 10 & 11. 2019.

(1)Sometimes I Feel Like A Motherless Child (2)Journey (3)The Dreamers (4)3 Million Steps (5)Hope (6)The Whole Truth (7)Lady Liberty (8)Reunion (9)Chimes Of Freedom (10)American Tune

 懐かしさを醸し出す 《Sometimes I Feel Like A Motherless Child》 から始まるこのアルバムは,60 年代の McCoy Tyner を感じさせるところなど,60 年代アメリカ・ジャズ・ピアノへのオマージュといっていいかもしれない。甘さのない,ビターな味わいは,忘れがたい印象を残してくれる。ドラムスの E.J.Strickland の好演も聴き逃がせないところだ。
 (9), (10) で聴かれる K.J.Denhert のフォーク調のヴォーカルも悪くはないが,おまけといったところ。


第1034回 (2020. 9.20. 〜 2020.9.27.)

♪ Doug Webb  “Doug Webb In Holland” (DayBreak, DBCHR 75228)

Doug Webb In Holland

Doug Webb(ts), Maurius Beets(b), Eric Ineke(ds).
Rec. Nov 20, 2018.

(1)254W, 82nd Street (2)Subconscious Lee (3)Delilah (4)Invitation  (5)Alexico (6)Ornithology (7)Spring Can Really Hang You Uo The Most (8)These Things (9)Get Out Of Town (10)Lunar Eclipse

 久しぶりに Doug Webb。そうだった,前のアルバムを紹介していなかった。4年ほど前に,“Sets The Standard” (VSOP, #128 CD) というカルテットで,その時のメンバーは,Doug Webb(ts, stritch, ss), Alan Broadbent(p), Putter Smith(b), Paul Kreibich(ds) だったが,今回は,ピアノレスでのアルバム。オランダのザイスト (Zeist) のスタジオで録音されたもの。ベースは John Coltrane から出発したスタイルだが,(2) の Lee Konitz の曲では,Konitz 風でもある。ドラムスの Eric Ineke もさすがのドラミングを聴かせてくれる。


第1033回 (2020. 9.13. 〜 2020. 9.20.)

♪ Giovanni Scasciamacchia  “Oriente” (Abeat, ABJZ 193)

Oriente

Daniele Scannapieco(ts, ss: 1, 9), Dado Moroni(p), Paolo Benedettini(b), Giovanni Scasciamacchia(ds).
Rec. Apr. 20, 2018.

(1)Oriente (2)Ballabile (3)Remembering Art Blakey (4)Via Volta (5)Latin (6)Easy Living (7)I Think (8)Orvieto Blues (9)Salsa (10)A Bernalda

 Daniele Scannapieco をフロントに置いた Giovanni Scasciamacchia カルテットで,ピアノの Dado Moroni より一回りは若いだろうと見えるメンバーだ。リーダーのドラムスを前面に押し出すわけではなく,Daniele Scannapieco のサックス,Moroni のピアノともに,ストレート・アヘッドなグループとしてまとまりのある演奏だ。


第1032回 (2020. 9. 6. 〜 2020. 9.13.)

♪ Valentí Moya “Valentí Moya Meets Brubeck - Jazz Manouche Fusion” (September, S 190)

Valentí Moya Meets Brubeck - Jazz Manouche Fusion

Valentí Moya(Manouche guitar), Oriol Gonzàlez(b), Daniel Levy(ds), Fran Asensio(rhythm Manouche guitar : 4, 8).
Rec. Oct. 22, 2019.

(1)Cassandra (2)There's Be No Tomorrow (3)Lost Waltz (4)Here Comes Mcbride (5)Waltz Limp (6)Audrey (7)Take Five (8)Time For You

 ジプシー音楽 (Manouche) とジャズの融合・・・しかも,Dave Brubeck 曲集で。Django Reinhardt の流れを汲むその演奏は,実にスイング感に満ち,かつ,ジプシー音楽そのもの。(5) のソロの中でほんの少し引用され,また,(7) で 《Take Five》 が演奏されるが,そこで初めて Dave Brubeck だと気づくほど,Brubeck 感はまったくしないといっていい。ヨーロッパ・ジャズの懐の深さを改めて思い知るアルバムだ。


第1031回 (2020. 8.30. 〜 2020. 9. 6.)

♪ Jimmy Heath  “Love Letter” (Verve, 00602507126704)

Love Letter

Jimmy Heath(ts, ss : 3), Kenny Barron(p), David Wong(b), Lewis Nash(ds), Monte Croft(vib : 2, 3,6, 7), Russell Malone(g : 2, 3, 6, 7), Wynton Marsalis(tp : 4), Gregory Porter(vo : 5), Cécile McLorin Salvant(vo : 2).
Rec. Oct. 23 & 24, Nov. 21, 22, Dec. 4, 2019.

(1)Ballad From Upper Neighbors Suite (2)Left Alone (3)Inside Your Heart (4)La Mesha (5)Don't Misunderstand (6)Con Alma (7)Fashion Or Passion (8)Don't Explain

 2020 年 1 月 19 日に亡くなった Jimmy Heath。その 1 ヶ月ほど前に行った最後の録音を含むアルバムだ。さすがに,アップ・テンポのものはないが,ミディアムからスロー・バラードでの 93 歳とは思えぬ若々しく,情感のこもった演奏には,聴き惚れてしまう。Kenny Barron 以下の他のメンバーもしっかり Jimmy Heath への敬意を持ってソロにサポートに力を注いでいる。
 参加しているゲストの中では,《Left Alone》 で歌う Cécile McLorin Salvant が素敵な雰囲気を醸し出す。
 タイトルにあるように,まさに,ジャズ・ファンの私たちへの最後の LOVE LETTER だ。


第1030回 (2020. 8.23. 〜 2020. 8.30.)

♪ Grant Stewart “Rise And Shine” (Cellar Music, CM 110419)

Rise And Shine

Grant Stewart(ts), Tardo Hammer(p), Peter Washington(b), Phil Stewart(ds), Lucy Yeghiazaryan(vo : 9).
Rec. Nov. 4, 2019.

(1)Gnid (2)Rise And Shine (3)Welcome To The Club (4)Minor Mishap (5)Like This (6)I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry (7)Off Minor (8)You (9)My Reverie (10)Hallucinations

 2019 年 11 月録音の本アルバムは,前に紹介した “Namely You” と同じく新生 Grant Stewart ともいうべき,リラックスして歌心あふれる演奏を聴かせてくれる。目新しいことをするより,もっと自然体で,歌うように,そういう演奏に自信をもって臨んでいるという感じだ。
 Tadd Dameron の (1) をはじめ,演奏されることが少ない曲が多く,中では,Monk の 《Off Minor》 や 《My Reverie》 などがおなじみの方かな。それに珍しいといっても,Coltrane (1,2),Rollins (8,9),Dexter (6),Houston Person (6) などのテナー奏者が録音している曲も多い。
 1 曲だけ参加する Lucy Yeghiazaryan のヴォーカルもなかなかいいが,そのバックやソロでの Stewart も素晴らしい。


第1029回 (2020. 8.16. 〜 2020. 8.23.)

♪ Don Menza  “Sonny Daze” (Alessa Records, ALR 1054)

Sonny Daze

Don Menza(ts), Oliver Kent(p), Johannes Strasser(b), Bernd Reiter(ds).
Rec. May 10, 11 & 12, 2016, live at The Jazzland, Vienna,Austria.

* CD 1
(1)Quasimodo (2)It's April Again (3)Begin The Beguine (4)Golden Earrings (5)Charade
* CD 2
(6)Sonny Daze (7)You, My Love (8)Old Folks (9)Voyage (10)Last Call

 Don Menza とオーストリアのピアノ・トリオとのカルテットによる 2 枚組ライブ。おなじみのスタンダードと Charlie Parker の (1),Kenny Barron の (9),それに Don Menza のオリジナル (2), (6), (10) を配した演奏。実は,このアルバム Sonny Rollins へのトリビュートとも言っていいほどで,オリジナルの (6) などは,《St.Thomas》 を彷彿とさせるし,超特急の 《Charade》 などもまた,Sonny Rollins ばりの豪快かつパワフルな演奏が聴ける。


第1028回 (2020. 8. 9. 〜 2020. 8.16.)

♪ Bobby Watson & New Horizon “Keepin' It Real” (Smoke Sessions, SSR-2004)

Keepin' It Real

Bobby Watson(as), Josh Evans(tp: 1, 3, 6, 7, 8, 9), Giveton Gellin(tp: 2, 4, 5), Victor Gould(p), Curtis Lundy(b), Victor Jones(ds).
Rec. Feb. 20, 2020.

(1)Condition Blue (2)Keepin' It Real (3)Elementary, My Dear Watson 2020 (4)Someday We'll All Be Free (5)Mohawk (6)My Song (7)One For John (747) (8)Flamenco Sketches (9)The Mystery Of Ebop

 New Horizon と名付けたグループ・・・もうずいぶん前に,Bobby Watson は Horizon というグループを率いていた。その後,少々路線変更していた Bobby だが,去年あたりから,あの頃の Bobby Watson が戻ってきたというところ。曲目は,Jackie McLean の (1),Charlie Parker の (5),Miles Davis の (8) の他,Bobby Watson や Curtis Lundy のオリジナルを加えた全 9 曲。Jazz Messengers にいた頃から,伝統と新しさを聴かせてきたが,その素晴らしさを今また耳にすることができるのはうれしい限りだ。


第1027回 (2020. 8. 2. 〜 2020. 8. 9.)

♪ Black Art Jazz Collective “Ascension” (High Note, HCD 7329)

Ascension

Wayne Escoffery(ts), Jeremy Pelt(tp), James Burton V(tb), Victor Gould(p), Richard Carter(b), Mark Whitifield Jr.(ds).
Rec. Jan. 11, 2020.

(1)Ascension (2)Mr.Willis (3)Involuntary Servitude (4)Twin Tower (5)No Words Needed (6)Tulsa (7)Iron Man (8)For The Kids (9)Birdie's Bounce

 Black Art Jazz Collective の 3 枚目のアルバムらしいが,私にとっては,“Armor Of Pride” に次いでの 2 枚目。リズム陣は変わったが,フロントの 3 人は,変わらず。変わったリズムも含め,よりパワフルになったか。
 ここ数年,アメリカのジャズが,全体的に少々ヤワになってると思っているのだが,その中で,頑張ってるミュージシャンもいるわけで,そういう人を紹介するようにはしているが,このグループに関して言えば,もう何も言わなくていい。聴いてもらえれば,それで,アメリカにもジャズは残っていることがわかる。リーダー作では,案外おとなしい Jeremy Pelt も火傷しそうなくらい熱いし,Wayne Escoffery をはじめとする全員が燃えている。


第1026回 (2020. 7.26. 〜 2020. 8. 2.)

♪ Lo Greco Bros Trio A.G.E.  “All That Things” (Irna Records, IRM 1836)

All That Things

Antonio Zambrini(p), Enzo Lo Greco(b), Gianni Lo Greco(ds).
Rec.

(1)Age (2)All That Things (3)Big Love (4)Devotion (5)Keep On Walking (6)Magic Touch (7)My Sweet Way (8)Promise From My Heart (9)The Colour Of Your Smile (10)Through The Window

 LoGreco 兄弟のリズムに Antonio Zambrini のピアノによるトリオ・アルバム。いずれも実力者だけに,全曲 Vincenzo Lo Greco のオリジナルをシリアスに聴かせる。まるでスタンダードを独自の解釈で演奏するように,トリオが緊密に,スムースに,メロディアスに,しかし甘さに流れないで演奏するあたりは,流石だ。


「モダン・ジャズの世界」 へ
TOP ページへ