ケニー・バレル Kenny Burrell  (1931. 7.31. 〜 )

 ミシガン州デトロイト生まれ。ウエイン大学で音楽を専攻した後,地元中心に演奏活動をはじめる。51年に Dizzie Gillespie のバンドでレコード・デビュー。55年3月,Herb Ellis が病気のため,Oscar Peterson 3 に参加。以後,フリーとなり,数々のアルバムを発表している。
 すぐに彼とわかる音色とフレージングは,まさに「ミッドナイト・ブルー」。どんな編成のバンドに入っても,彼がソロをはじめると,とたんにブルーな彼の世界になってしまう。


♪ Kenny Burrell  “BLUE LIGHTS, Vol.1” (Blue Note)

BLUE LIGHTS, Vol.1
Kenny Burrell(g), Louis Smith(tp), Junior Cook(ts), Tina Brooks(ts), Duke Jordan(p), Bobby Timmons(p*), Sam Jones(b), Art Blakey(ds).
Rec. May 14, 1958.

(1)Yes Baby (2)Scotch Blues (3*)Autumn In New York (4*)Caravan

 Kenny Burrell のオリジナル・ブルースでスタートする。いかにも,Burrell らしいソロが素晴らしい。
 2曲のブルースと2曲のスタンダードという構成だが,どちらがいいか。Kenny Burrell のブルージーで叙情的な演奏は,甲乙つけがたい。
 Tina Brooks と Junior Cook のテナーを聴き分けるのも面白い。


♪ Kenny Burrell  “AT THE FIVE SPOT CAFE” (Blue Note)

AT THE FIVE SPOT CAFE
Tina Brooks(ts), Kenny Burrell(g), Bobby Timmons(p), Roland Hanna(p), Ben Tucker(b), Art Blakey(ds).
Rec. Aug. 25, 1959.

(1)Birk's Works (2)Lady Be Good (3)Lover Man (4)Swingin' (5)Hallelujah (6)Beef Stew Blues (7)If You Could See Me Now (8)36-23-36

 テナーの Tina Brooks と Bobby Timmons がピアノに向かう (1) 〜 (4) とピアノが Roland Hanna に変わる (5) 〜 (8)。当初発売されたLPには入っていなかった (4),(6),(7) がCDに加えられた。
 Bobby Timmons に Kenny Burrell とくれば,50 年代半ばのジャズのカッコよさを楽しめる。もちろん,ふたりの音楽の方向性には,ちょっと違いはあるが・・・・


♪ Kenny Burrell  “A Night At The Vanguard with The Kenny Burrell Trio” (Cadet, 655)

A Night At Vanguard
Kenny Burrell(g), Richard Davis(b), Roy Haynes(ds).
Rec. Sep. 16, 17, 1959, live at <The Village Vanguard>, NYC.

(A-1)All Night Long (A-2)Will You Still Be Mine (A-3)I'm A Fool To Want You (A-4)Trio 
(B-1)Broadway (B-2)Soft Winds (B-3)Just A Sittin' And A Rockin' (B-4)Well You Needn't

 確か2枚目に買ったアルバムで,日本フォノグラムから出ていた『スイングジャーナル 5ツ星コレクション』の一枚。表ジャケットは,ご覧の通りオリジナル仕様だが,裏面は,なんと日本語のライナーノーツになっている。昔は,こんなんでした。
 僕の Kenny Burrell へのイメージは,このアルバムで出来あがったといっていいだろう。それくらいハードボイルド・タッチな演奏だと思っている。


♪ Kenny Burrell  “Midnight Blue” (Blue Note)

Midnight Blue
Stanley Turrentine(ts), Kenny Burrell(g), Major Holley Jr.(b), Bill English(ds), Ray Barrette(cong).
Rec. Jan. 7, 1963

(A-1)Chittalins Con Carne (A-2)Mule (A-3)Soul Lament (A-4)Midnight Blue
(B-1)Wavy Gravy (B-2)Gee Baby Ain't I Good To You (B-4)Saturday Night Blues

 タイトルからして,いかにも Kenny Burrell だ。(2000.10.29.)


♪ Kenny Burrell  “HAND CRAFTED” (Muse)

Hand Crafted
Kenny Burrell(g), Reggie Johnson(b), Sherman Ferguson(ds).
Rec. Feb. 28, Mar. 1, 1978

(A-1)You And The Night And The Music (A-2)So Little Time (A-3)I'm Glad There Is You 
(B-1)All Blues (B-2)It Could Happen To You

 (A-2)(B-2) の2曲ではアンプを通さずに生ギターを弾く。これがなかなかいい。もともと彼のギターは,硬質な音色だが,アンプを通ることで少し柔らかくなる。それが生ギターだと金属弦の硬質な音色なのに暖かさが増す。これが楽器の不思議なところだ。 (2000.9.10.)


♪ Kenny Burrell  “When Lights Are Low” (Concord Jazz, CJ-83)

When Lights Are Low
Kenny Burrell(g), Larry Gales(b), Carl Burnett(ds).
Rec. Sep. 1978

(A-1)When Lights Are Low (A-2)Body And Soul (A-3)Li'l Darlin' (A-4)Blue Muse 
(B-1)Ain't Misbehavin' (B-2)It Shouldn't Happen To A Dream (B-3)Blues For Basie

 甘さを抑えたちょっとビターなギタリストというのが,僕の Kenny Burrell のイメージで,デトロイト出身だが,ニューヨークの夜をコートの襟を立ててポケットに手を突っ込んで歩く姿を思い描く。
 とはいえ,このアルバムは,彼にしては甘めの演奏だが,トロトロに溶けてしまうほどではないのはさすが。


♪ Kenny Burrell  “God Bless The Child” (CTI)

God Bless The Child
Kenny Burrell(g), Freddie Hubbard(tp), Hubert Laws(fl), Hugh Lawson(p, el-p), Ron Carter(b), Billy Cobham(ds), Ray Barretto(perc), Airto Moreira(perc) & string section, Don Sebesky(arr).
Rec. Apr. & May, 1971.

(1)Be Yourself (2)Love Is The Answer (3)Do What You Gotta Do (4)A Child Is Born (5)God Bless The Child

 あんまりストリングス入りのアレンジのきいたアルバムは買わないのだが,《A Child Is Born》 を聴きたくて買ったアルバムだ。昔,ジャズ喫茶でかかったことがあって,なんとなく気にはなっていた。ストリングスは,いらない気もするが・・・・