〜特別企画〜

ジャズ入門・最初の10枚


 ジャズを聴きはじめる人へのお勧めアルバムを10枚限定で選んでみました。

 この企画は,Miss Ann さんの「Miss Ann's Homepage」の掲示板「South Street Exit」でのある方の投稿がきっかけになりました。

 基本的には,現在我が国で,比較的簡単に入手できるCDであること,トランペット,アルト・サックス,テナー・サックス,ピアノ,ギター,ドラムスなど,リーダーの楽器が偏らないように,またメンバーもできるだけバラエティーに富んでいること,などを選考の基準にしました。
 もっとも,これが難しくて,結局は,ご覧の通りです。(笑)

 バリトン・サックスやボーカル,ビッグ・バンドも入れたかったのですが,入りきりませんでした。

 そういったその他のアルバムやもっとこのミュージシャンのものを聴いてみたい,という方は,当方の「モダンジャズの世界」 や,「リンク集」を参考にして他のジャズ関係のHPをご覧になると,さらなるジャズの世界を楽しめると思います。

 


Cookin'

♪ Miles Davis  “Cookin'” (Prestige)

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. Oct. 26, 1956

(A-1)My Funny Valentine  (A-2)Blues By Five
(B-1)Airegin  (B-2)Medley: Tune Up 〜 When Lights Are Low

「ジャズの帝王」と呼ばれた,マイルス・デイビス の50年代の「黄金のクインテット」のアルバム。このクインテットには,私の大好きな レッド・ガーランドも参加しています。聴きものは,《マイ・ファニー・バレンタイン》。


Study In Brown

♪ Clifford Brown  “Study In Brown” (EmArcy)

Clifford Brown(tp), Harold Land(ts), Richie Powell(p), George Morrow(b), Max Roach(ds).
Rec. Feb. 23, Feb. 24, Feb. 25, 1955.

(A-1)Cherokee (A-2)Jacqui (A-3)Swingin' (A-4)Land's End 
(B-1)George's Dilemma (B-2)Sandu (B-3)Gerkin For Perkin (B-4)If I Love Again (B-5)Take The "A" Train

クリフォード・ブラウン の輝かしい,溢れ出るようなアドリブの素晴らしさを聴いてください。


The Marty Paich Quartet

♪ Marty Paich  “The Marty Paich Quartet featuring Art Pepper” (Tampa)

Art Pepper(as), Marty Paich(p), Buddy Clark(b), Frank Capp(ds).
Rec. Aug. 〜 Sep. 1956.

(A-1)What's Right For You  (A-2)You And The Night And The Music (A-3)Sidewinder (A-4)Abstract Art (A-5)Over The Rainbow
(B-1)All The Things You Are (B-2)Pitfall  (B-3)Melancholy Madeline (B-4)Marty's Blues

アルバム・リーダーの マーティー・ペイチ は,ピアニストですが,このアルバムでは,アルト・サックスの アート・ペッパー を聴いてください。《あなたと夜と音楽と》や《虹の彼方に》など,有名スタンダードをまずはお楽しみください。


Nature Boy

♪ Jackie McLean  “Nature Boy” (Blue Note)

Jackie McLean(as), Cedar Walton(p), David Williams(b), Billy Higgins(ds).
Rec. Jun. 12 & 13, 1999.

(1)You Don't Know What Love Is (2)Nature Boy (3)I Can't Get Started With You (4)What Is This Thing Called Love (5)I Fall In Love Too Easily (6)Smoke Gets In Your Eyes (7)Star Eyes (8)A Nightingale Sang In Berkeley Square

1950年代から活躍しているアルト奏者 ジャッキー・マクリーン の,これは比較的新しいアルバムで,ピアニストには,シダー・ウォルトンが参加しています。ペッパーとは一味違ったアルトを楽しみましょう。


Ballads

♪ John Coltrane  “Ballads” (Impulse)

John Coltrane(ts), McCoy Tyner(p), Jimmy Garrison(b), Elvin Jones(ds).
Rec. (B-3)Dec. 21, 1961.   (B-2),(B-4):Sep. 18, 1962   (Side 1),(B-1):Nov, 13, 1962

(A-1)Say It (Over And Over Again) (A-2)You Don't Know What Love Is (A-3)Too Young To Go Steady (A-4)All Or Nothing At All
(B-1)I Wish I Knew (B-2)What's New (B-3)It's Easy To Remember (B-4)Nancy (With The Laughing Face)

もう説明の必要がないくらいの ジョン・コルトレーン の素晴らしいバラード集。また,このマッコイ・タイナーの加わったカルテットは,60年代を代表するグループのひとつです。


Contemporary Leaders

♪ Sonny Rollins  “Contemporary Leaders” (Contemporary)

Sonny Rollins(ts), Hampton Hawes(p), Barney Kessel(g), Leroy Vinnegar(b), Shelly Manne(ds), Victor Feldman(vib).
Rec. Oct. 20, 21, 22, 1958, LA.

(A-1)I've Told Ev'ry Little Star (A-2)Rock-A-Bye Your Baby With A Dixie Melody (A-3)How High The Moon (A-4)You 
(B-1)I've Found A New Baby (B-2)Alone Together (B-3)In The Chapel In The Moonlight (B-4)The Song Is You

ソニー・ロリンズ といえば『サキソフォン・コロッサス』という大名盤がありますが,こちらは,バーニー・ケッセルハンプトン・ホース といった,アメリカ西海岸のジャズ・メンとのアルバム。


Waltz For Debby

♪ Bill Evans  “Waltz For Debby” (Riverside)

Bill Evans(p), Scott LaFaro(b), Poul Motian(ds).
Rec. Jun. 25, 1961. live at <The Village Vanguard>, New York.

(A-1)My Foolish Heart (A-2)Waltz For Debby (A-3)Detour Ahead 
(B-1)My Romance (B-2)Some Other Time (B-3)Milestones

ピアノ・トリオの概念を変えたといってもいい,ビル・エバンス・トリオ。その最高のトリオでのライブ録音です。《マイ・フーリッシュ・ハート》の最初の一音の瞬間に神経を集中させ,あとは,エバンス・トリオに身を任せましょう。


Whisper Not

♪ Keith Jarrett  “Whisper Not” (ECM, 1724/25)

Keith Jarrett(p), Gary Peacock(b), Jake DeJohnette(ds).
Rec. Jul. 5, 1999, Live at Palais des Congres, Paris.

CD1
(1)Bouncing With Bud (2)Whisper Not (3)Groovin' High (4)Chelsea Bridge (5)Wrap Your Troubles In Dreams (6)Round Midnight (7)Sandu
CD2
(1)What Is This Thing Called Love (2)Conception (3)Prelude To A Kiss (4)Hallucinations (5)All My Tomorrows (6)Poinciana (7)When I Fall In Love

現在のピアノ・トリオといえば,キース・ジャレット のこのスタンダーズだろうか。これは,2001年1月現在,最新のアルバムです。


Midnight Blue

♪ Kenny Burrell  “Midnight Blue” (Blue Note)

Stanley Turrentine(ts), Kenny Burrell(g), Major Holley Jr.(b), Bill English(ds), Ray Barrette(cong).
Rec. Jan. 7, 1963.

(A-1)Chittalins Con Carne (A-2)Mule (A-3)Soul Lament (A-4)Midnight Blue
(B-1)Wavy Gravy (B-2)Gee Baby Ain't I Good To You (B-4)Saturday Night Blues

ジャズ・ギターというと,ジャズの中ではややマイナーな楽器。その中で,50年代からずっと第一線で活躍している ケニー・バレル。彼のブルージーな演奏から,ジャズ・ギターの素晴らしい世界へ。


Moanin'

♪ Art Blakey & The Jazz Messengers  “Moanin'” (Blue Note)

Lee Morgan(tp), Benny Golson(ts), Bobby Timmons(p), Jymie Merritt(b), Art Blakey(ds).
Rec. Oct. 30, 1958.

(A-1)Moanin' (A-2)Are You Real (A-3)Along Came Betty 
(B-1)The Drum Thunder Suite (B-2)Blues March (B-3)Come Rain Or Come Shine

アート・ブレイキー とジャズ・メッセンジャーズといえば,50年代を代表するグループ。リー・モーガンベニー・ゴルソンボビー・ティモンズ を擁したこの時代のバイタリティーあふれるファンキーな演奏もジャズの醍醐味でしょう。


♪ TOP PAGE ヘ