William McKinley "Red" Garland  1923. 5.13. 〜 1984. 4.23.

ディスコグラフィー

セッション・インデックス (Index)  レッド・ガーランド全演奏曲 (Index)  レッド・ガーランド共演者一覧 (Index)  
ディスコグラフィー更新履歴

Last Update (2013. 3.17.)
* Miles Davis “The Unissued Café Bohemia Broadcasts” (Domino Records, 891221),


♪ Eddie Lockjaw Davis “TENOR WILD AND MILD” (Lennox, 515)

持ってません

(?)Ravin' At The Heaven
1947 or 1948, NYC
Eddie Lockjaw Davis(ts), Red Garland(p), Gene Ramey(b), Butch Ballard(ds) .

 この演奏が初録音だと考えられています。私は未聴です。初録音は,このアルバムでなくとも,当時の Lockjaw Davis のアルバムだと思われます。聴いてみて判断(私にできるかな?)したいと思います。もし,音源をお持ちの方がありましたら,ご教示のほどお願います。


♪ Charlie Parker “CHARLIE PARKER AT STORYVILLE”(BlueNote, BT-85108)

CHARLIE PARKER AT STORYVILLE

(A-1)Moose The Mooche (A-2)I'll Walk Alone (A-3)Ornithology (A-4)Out Of Nowhere
Mar. 10, 1953, <Storyville>, Boston
Charlie Parker(as), Red Garland(p), Bernie Griggs(b), Roy Haynes(ds).
Announcer: John McLellan.

 Charlie Parker との共演セッションで,ラジオ放送されたもの。私の持っているのはLPですので,A面だけの紹介ですが,B面には,Charlie Parker(as), Herb Pomeroy(tp), Sir Charles Thompsom(p), Jimmy Woode(b), Kenny Clarke(ds) というメンバーでの,1953年9月22日録音の次の5曲が収録されています。
(B-1)Now's The Time (B-2)Don't Blame Me (B-3)Dancing On The Cwiling (B-4)Cool Blues (B-5)Groovin' High


♪ Miles Davis “THE MUSINGS OF MILES” (Prestige, P-7007)

The Musings Of Miles

(A-1)Will You Still Be Mine (A-2)I See Your Face Before Me (A-3)I Didn't
(B-1)A Gal In Calico (B-2)A Night In Tunisia (B-3)Green Haze
1955-06-07, N.J.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Philly Joe Jones(ds).

 Miles Davis との初共演盤。黄金のクインテット前夜というところか。


♪ Miles Davis “'ROUND ABOUT MIDNIGHT” (Columbia, CL-949)

'Round About Midnight

(A-1)Round Midnight (A-2)Ah Leu Cha (A-3)All Of You
(B-1)Bye Bye Blackbird (B-2)Tadd's Delight (B-3)Dear Old Stockholm
(A-2): 1955-10-27, NYC
(B-1)(B-2)(B-3): 1956-06-05, NYC
(A-1)(A-3): 1956-09-10, NYC

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 Prestige との4枚分の契約を残しながら,コロンビアへひそかに録音された。この後,有名なマラソン・セッションが録音され,Prestige への契約を2日間で果たして,晴れてこのアルバムが陽の目を見ることになる。
 ちなみに,“THE MAKING OF 'ROUND ABOUT MIDNIGHT”“'ROUND ABOUT MIDNIGHT - Legacy Edition” には,この時の未発表演奏が含まれている貴重な音源だ。


♪ Miles Davis “CIRCLE IN THE ROUND” (Columbia, KC2-36278)

CIRCLE IN THE ROUND

(A-1)Two Bass Hit
1955-10-27, NYC
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 上の“ROUND ABOUT MIDNIGHT”収録の第1回目の録音時の残りのテイク。
 このほど中古LPを手に入れました。日本盤とは若干,収録曲に違いはあるようだが,Red Garland の関係では,同じ。《Two Bass Hit》 のみ。
 アメリカ盤に入っている 《Love For Sale》 (Bill Evans 在籍時の 1958 年 5 月 26 日録音) が日本盤には入っていない。そのかわりに,“1958Miles” に収録された。


♪ Miles Davis “BASIC MILES” (Columbia, PC-32025)

BASIC MILES

(A-1)Budo (A-3*)Sweet Sue, Just You (A-4)Little Melonae
(B-2)'Round Midnight
(A-1), (A-4) : 1955-10-27, NYC
(A-3), (B-2) : 1956-09-10, NYC

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 “'ROUND ABOUT MIDNIGHT”に収録された2回のセッションの残りのテイクをまとめられたアメリカ盤。上記以外は,次の “1958Miles” にも収められた Bill Evans 時代の録音や,“Miles Ahead” の時の録音,また,Wayne Shorter 在籍時の録音。


♪ Miles Davis “1958MILES” (CBS-SONY, 20AP-1401)

1958MILES

(B-2)Little Melonae
1955-10-27, NYC
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 日本で編集された Miles の未発表録音を集めたアルバム。Bill Evans 参加時の録音が中心で,この1曲のみ Red Garland 在籍時のもの。

参考 「モダン・ジャズの世界」 Bill Evans 参加時データあり。


♪ Miles Davis “THE MAKING OF "'ROUND ABOUT MIDNIGHT"” (Kind Of Blue, 004)

The Making of Round About Midnight

(1)Session of Round About Midnight (2)Session of Ah-Leu-Cha (3)The First Session of Billy Boy (4)Session of Dear Old Stockholm
(2), (3) : 1955-10-27, NYC
(4) : 1956-06-05
(1) : 1956-09-10

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(3) : Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 ブートレグ盤です。パソコンで作ったようなアルバム。
 (1)の冒頭,Miles の声が入っている。「ジョージ」と呼びかけているから,相手は,プロデューサーの George Avakian だろうか。例の有名なイントロを始めたところで,いったん切れ,再度,やり直している。それが,アルバムに収録されているもの。
 (2) は,全部で5テイク。テイク・1は,アルバム収録の演奏より少し,テンポが遅い。テイク2,少しテンポを速めて,イントロを演奏。途中で中断。テイク3,同じくらいのテンポで演奏を始め,マイルスのソロが始まったところで,中止。テイク4,明らかに最初とはまったく違う。コルトレーン,ガーランドのソロは,こちらがアルバム収録テイク。ところが,マイルスのソロの前半は少し違う。テイク5,演奏を始める。テーマからマイルスのソロの前半にかけては,こちらがアルバム収録されている。とうことは,テイク5の前半とテイク4の後半とを編集しているということですね。
 (3)は,Red Garland トリオで《Billy Boy》 を演奏しており,これまで未発表。ただ,演奏が始まって,すぐのところで,録音が変。まるで,キズのあるレコードを再生して,音が飛んだような具合になっています。しかし,その後の演奏は,リラックスしていて悪くない。惜しい!
 (4)のテイク1はいきなりテーマが始まり,ピアノのブレイクから Paul Chambers のソロが始まるところでストップ。テイク2,アルバムに収録された演奏。さらに,テイク3。テンポは,ほんの少し速くなっている。Chambers のソロが始まったところでストップ。テイク4,テーマの途中でストップ。さらに,テイク5,Miles のテーマの処理など,少し違う。もちろん,その後の各人のソロも違う。テイク6,これまた違う。テイク2,5,6は,いずれも完奏されているわけです。確かに,収録されているのが,一番いいかな。


♪ Miles Davis “'ROUND ABOUT MIDNIGHT - Legacy Edition” (Columbia/Legacy, C2K 94750)

'ROUND ABOUT MIDNIGHT - Legacy Edition

(Disc 1)
(1)'Round About Midnight (2)Ah-Leu-Cha (3)All Of You (4)Bye Bye Blackbird (5)Tadd's Delight (6)Dear Old Stockholm (7)Two Bass Hit (8)Little Melonae (9)Budo (10)Sweet Sue, Just You
(Disc 2)
(2)Introduction by Gene Norman (3)Chance It (aka Max Is Making Wax) (4)Walkin' (5)Gene Norman & Miles Davis (6)It Never Entered My Mind (7)Woody'N You (8)Salt Peanuts (9)The Theme
(Disc 1) : (2), (7), (8), (9) : 1955-10-27, NYC
      (4),(5), (6) : 1956-06-05
      (1), (3), (10) : 1956-09-10
(Disc 2) : (2) - (9) : 1956-02-18, live at <The Pasadena Civic Auditorium>, Cal.

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 エライ物が出た。2枚組みのこのアルバム,Disc 1 は,これまでに出たものと同じ物。Columbia で録音された “'ROUND ABOUT MIDBIGHT” とその同じ日に録音された4曲を収録したものだから,すでにCD化されていた。
 問題は,Disc 2 の方だ。1曲目は,Red Garland が参加していないので,上にはデータを加えなかったが,1955 年 7 月 17 日に,Newport Jazz Festival に出演した時に録音された 《'Round Midnight》。メンバーは,Miles Davis(tp),Zoot Sims(ts), Gerry Mulligan(bs), Thelonious Monk(p), Percy Heath(b), Connie Kay(ds) で,Thelonious Monk と Miles の共演。
 それ以上に,驚いたのが,2曲目以降で,Gene Norman プロデュースのライブだ。これまで,私は知らなかった。
 内容的には,約3ヵ月後のマラソン・セッションの1回目を思い浮かべたらいいだろうか。ただ,John Coltrane に関していえば,こちらの方がいい。


♪ Miles Davis “THE BEST OF MILES DAVIS & JOHN COLTRANE (1955 - 1961)” (Columbia/Legacy, CK 61090)

THE BEST OF MILES DAVIS & JOHN COLTRANE

(1)Two Bass Hit (2)Dear Old Stockholm (3)Bye Bye Blackbird (4)'Round About Midnight (5)Straight No Chaser (alternate take) (6)Milestones
(1) : 1955-10-27, NYC
(2),(3) : 1956-06-05
(4) : 1956-09-10
(5), (6) : 1958-02-04

(1) - (4) : Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(5), (6) : Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 こちらは,録音年月日の一番古いのが,“'ROUND ABOUT MIDNIGHT” の時なので,この位置に配置したが,このアルバムの目玉は,《Straight No Chaser (alternate take)》。“MILESTONES” の時の別テイク。


♪ Miles Davis “MILES 〜 THE NEW MILES DAVIS QUINTET” (Prestige, 7014)

MILES 〜 THE NEW MILES DAVIS QUINTET

(A-1)Just Squeeze Me (A-2)There Is No Greater Love (A-3)How Am I To Know
(B-1)S'Posin' (B-2)The Theme (B-3)Stablemates
1955-11-16, N.J.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 新しいクインテットでの Prestige への初録音。


♪ Miles Davis “Rare Unreleased Broadcasts” (Yadeon, 502)

“Rare Unreleased Broadcasts〜持ってません。

(3)Max Is Making Wax (4)If Never Entered My Mind (5)Tune Up (6)Walkin' (7)Four (8)Bye Bye Blackbird (13)It Never Entered My Mind (14)Walkin'
(3), (4) : 1955-10-18, <Basin Street>, NYC.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(5), (6) : 1956-12-08. <Blue Note Club>, Philadelphia.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(7),(8),(13),(14) : 1957-07-13, <Cafe Bohemia>, NYC.
Miles Davis(tp), Sonny Rollins(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones or Art Taylor(ds).

 残念ながら,持っていないので,コメントのしようがありません。ただ,最近の研究によると,1955 年 10 月 18 日 というのは間違いで,11 月 17 日が正しいようだ。
 このたび,(3) 〜 (6) については,次の “LIVE IN DEN HAAG” で入手しました。


♪ Miles Davis “LIVE IN DEN HAAG” (Lonehill Jazz, LHJ-10206)

LIVE IN DEN HAAG

(7)Max Is Making Wax (8)It Never Entered My Mind (9)Tune Up (10)Walkin'
(7), (8) : 1955-11-17, <The Steve Allen Tonight Show>, <Basin Street>, NYC.
(9), (10) : 1956-12-08, <Blue Note Club>, Philadelphia.

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 (1) 〜 (5) は,オランダの Den Haag でのライブで (6) は,テレビで放送されたもの。この6曲は,Wynton Kelly, Jimmy Cobb をメンバーに加えたクインテットでの演奏。

 Red Garland の入ったオリジナル・クインテットのライブは,(7) 〜 (8) だ。
 そのうち,(7) と (8) は,テレビ番組 <The Steve Allen Tonight Show> で放送されたもので,<Basin Street> でライブ録音された。これまで,1955 年 10 月 18 日録音とされていたものだろう。“Rare Unreleased Broadcasts” に収録されていたもの。
 この 11 月 17 日といえば,オリジナル・クインテットでの初録音である “MILES 〜 THE NEW MILES DAVIS QUINTET” の翌日だ。

 (9) と (10) は,フィラデルフィアの <Blue Note Club> でのライブで,“MILES DAVIS 〜 BUD POWELL 〜 ART TATUM”“Rare Unreleased Broadcasts” に収録されていたもの。

↑TOP



♪ Miles Davis “RELAXIN'” (Prestige, 7129)

Relaxin'

(A-1)If I Were A Bell (A-2)You Are My Everything (A-3)I Could Write A Book
(B-1)Oleo (B-2)It Could Happen To You (B-3)Woody'n You
(B-2)(B-3): 1956-05-11
1956-10-26

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 シングル・トーンでのイントロをマイルスの口笛で止められたが,指示されたブロック・コードでさらに美しいイントロを奏でる《You're Are My Everything》。全体に,タイトル通り,リラックスした雰囲気が伝わってくる演奏です。Miles のしわがれた声(《If I Were A Bell》)や演奏が終わったあと Coltrane が栓抜きを探している声が聞こえたりする(《Woody'n You》)。そうした楽しさもあるが,演奏自体も素晴らしい。特に,10月のセッションは,どれもいい。Red Garland でいえば,《If I Were A Bell》のいかにも Garland らしいよくころがるシングル・トーンのソロとブロック・コードを交えたリラックスした演奏は,後のピアノ・トリオを予感させる。美しいバラードの《You Are My Everything》も彼の演奏する2種類のイントロで(どちらもステキだ)演奏は決まったといってもいいかもしれない。が,中でも,《Oleo》は,グループとしての演奏として出色。Garland のソロも低音を駆使して,ちょっと「凄味」がある。


♪ Miles Davis “WORKIN'” (Prestige, P-7166)

Workin'

(A-1)It Never Entered My Mind (A-2)Four (A-3)In Your Own Sweet Way (A-4)The Theme (take 1)
(B-1)Vierd Blues (Trane's Blues) (B-2)Ahmad's Blues (B-3)Half Nelson (B-4)The Theme (take 2)
1956-05-11
(B-3): 1956-10-26

(A-1): Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(B-2): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 美しい《It Never Entered My Mind 》でスタートするアルバム。この2日間のマラソン・セッションでは,Miles のミュート・トランペットの美しさを最大限にひきだしたバラードが聴かれるが,その中でも最も素晴らしい出来かもしれない。


♪ Miles Davis “STEAMIN'” (Prestige, P-7200)

STEAMIN'

(A-1)The Surrey With The Fringe On Top (A-2)Salt Peanuts (A-3)Something I Dreamed Last Night
(B-1)Diane (B-2)Well You Needn't (B-3)When I Fall In Love
1956-05-11
(B-2): 56-10-26

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(A-3)(B-3): Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 マラソン・セッション中のアルバムでは,やや地味なアルバムだろうか。いつもひとまとめにされてしまっているような印象がある。5月の録音が中心なので,Coltrane の出来がまだまだ,というあたりもそういう印象になるのかもしれないが,全体的な演奏は素晴らしい内容だ。《Something I Dreamed Last Night》,《When I Fall In Love》が私のお気に入り。
 それにしても,このアルバムが発売されたのは,1961 年のこと。Prestige もやるもんだ。


♪ Sonny Rollins “TENOR MADNESS” (Prestige, P-7074)

Tenor Madness

(A-1)Tenor Madness (A-2)When Your Lover Has Gone
(B-1)Paul's Pal (B-2)My Reverie (B-3)The Most Beautiful Girl In The World
1956-05-24
(A-1): Sonny Rollins(ts), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Sonny Rollins(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 John Coltrane と Sonny Rollins との唯一共演した(《Tenor Madness》のみ)盤として名高いが,Red Garland が Rollins と共演したのもこのアルバムだけ。
 Coltrane のまだ,未完成なソロを聴くよりも,Rollins カルテットでの演奏を楽しみましょう。


♪ Miles Davis “AT PEACOCK ALLEY” (Soulard, VGM-SOU 1997)

AT PEACOCK ALLEY

(1)Intro (2)Ah-Leu-Cha (3)A Foggy Day (4)All Of You (5)Woody'n You (6)Walkin' (7)Two Bass Hit (8)Well You Needn't (9)Billy Boy (10)All Of You (11)Oleo (12)Airegin (Newk #2)/Theme (13)Sign Off/Theme
1956-07-14, 21, <Peacock Alley>, St.Louis
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 黄金のクインテット時代に,セントルイスの<Peacock Alley>に出演した際のエアチェック。私は去年手に入れた。MCは“Spider”Burksで,彼のメンバー紹介で始まる。Milesとのやり取りも少し聞こえるが,ライナーによると「Ah-lue-cha っていうのは外国語かい?」とBurksが訊くとMiles はすかさず「そいつは,Charlie Parker のコトバさ」。録音状態は悪いが,クインテットのライブでの様子がわかる貴重盤。CDには,(11)を《Airegin》,(12)を《Newk #2》とクレジットされているが,(11)は《Oleo》,(12)が《Airegin》である。
 最近の研究によると,(1)〜(6)が「Concert one」,(7)〜(13)が「Concert two」とされ,前者は,7月14日,後者が7月21日ということになる。
 いずれにしても,マラソン・セッションの谷間での貴重なライブのエアチェック盤。このアルバムの録音日は,1957 年 2 月 17 日と 23 日だという。しかしながら,演奏からは,1956 年 7 月説をとりたいところだ。どうなんだろう。


♪ Red Garland “A GARLAND OF RED” (Prestige, P-7064)

A Garland of Red

(A-1)A Foggy Day (A-2)My Romance (A-3)What Is This Thing Called Love (A-4)Makin' Whoopee
(B-1)September In The Rain (B-2)Little Girl Blue (B-3)Constellation (B-4)Blue Red
1956-08-17 N.J.
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 トリオ作品としては,最初にリリースされたアルバム。≪A FOGGY DAY≫で始まる快調な作品。録音は,56年8月17日だから,マイルスとのマラソン・セッションの合間。初めてのリーダー作だからというわけでもないでしょうが,かなり乗っているように思います。トレード・マークのブロック・コードを最初のテーマから存分に使っていて,シングル・トーンでのフレーズも得意技も惜しげもなく,使っています。


♪ Hank Mobley, Al Cohn, John Coltrane, Zoot Sims “TENOR CONCLAVE” (Prestige, 7074)

Tenor Coclave

(A-1)Tenor Conclave (A-2)Just You, Just Me
(B-1)Bob's Boy (B-2)How Deep Is The Ocean
1956-09-09
Hank Mobley(ts), Al Cohn(ts), John Coltrane(ts), Zoot Sims(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 ジャズ・ファンの間では「テナー根くらべ」と称される Hank Mobley, Al Cohn, John Coltrane, Zoot Sims という4人のテナー共演盤。初めて聴いた頃は,やはり Coltrane が勝ちだと思っていたが,いや Hank Mobley がいいじゃないか,と思い始め,Zoot Sims が一番かなとも思ったりする。当たり前だが,聴く側の年齢やその場の雰囲気でも変わってくる。ジャズは奥が深い。バックで,ソロで,Garland もいつもながらの好演を聴かせてくれる。


♪ Miles Davis “The Unissued Café Bohemia Broadcasts” (Domino Records, 891221)

The Unissued Cafe Bohemia Broadcasts

(1)Theme / Announcement (2)Well You Needn't (3)It Never Entered My Mind (4)A Gal In Calico (5)Stablemates (6)How Am I To Know? / Closing Announcements (7)The Theme (8)Woody'n You (9)Walkin' (15)What Is Thing Called Love
(1) - (3) : 1956-09-15, live at Café Bohemia.
(4) - (6) : 1956-09-29, live at Café Bohemia.
(7) - (9) : 1957-04-13, live at Café Bohemia.
(15) : 1958-11-

(1) - (9) : Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(15): Miles Davis(tp), Nat Adderley(cor), Cannonball Adderley(as), Bennie Green(tb), Gerry Mulligan(bs), Red Garland(p), Barry Miles(ds), Chris Nirobe, Candido Camero(perc).

 またまた,こんなのが出てきた。未発表の Cafe Bohemia から放送された音源だ。これまで,ディスコグラフィーにも出ていなかったもの。
 ボーナス・トラックの (15) は,前に Miles Davis “Miles Davis All Stars Live in 1958-1959 featuring John Coltrane” (Jazz Band)に収録されていたものだ。
 なお,(10) 〜 (14) は,Red Garland ではなく,Bill Evans がピアノに座った 1958 年 5 月 11 日録音のもの。また,(16) は,1953 年 2 月 21 日にワシントンの Howard Theatre で録音されたもので,Allen Eager,Max Roach が参加している。


♪ Miles Davis “COOKIN'” (Prestige, P-7094)

Cookin'

(A-1)My Funny Valentine (A-2)Blues By Five
(B-1)Airegin (B-2)Tune Up 〜 When Lights Are Low
1956-10-26
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(A-1): Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 やはり,《My Funny Valentine》を聴かなくちゃ。だけど,この美しいバラードがあのマラソン・セッションの最も最後に録音されたもという。この10月26日だけでも12曲も録音しているのだ。その最後にも緊張感を切れさせずに演奏した彼らが,いかに充実していたか。
 ところで,この “〜ing” シリーズ,最初の “COOKIN'” が 1957 年に発売されたのは良いとして,残りの3枚は,“Relaxin'” が 58 年,“Workin'” が 60 年,最後の “Steamin'” にいたっては,61 年と年に1枚ずつというペースで発売された。


♪ Miles Davis “MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS” (Prestige, P-7150)

And The Modern Jazz Giants

(B-1)Round Midnight
1956-10-26
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 この1曲のみ,Garland を含むクインテットでの,マラソン・セッションで録音された《'Round Midnight》。しかし,内容は,Columbia盤の方が数段いい。
 他の収録曲は,Miles と Monk のケンカ・セッションとして有名な,1954 年のクリスマス・イブの録音で,本来なら,Miles Davis & MJQ となるはずのところ,プロデューサーが大の John Lewis 嫌いだったため,ピアノの席には,Thelonious Monk が座ることになった。そのおかげで,例の 《The Man I Love》 を我々が聴くことができたのだから面白い。


♪ “MILES DAVIS 〜 BUD POWELL 〜 ART TATUM” (Teppa, 76)

持ってません

(?)Tune Up (?)Walkin'
1956-12-08, <Blue Note>, Philadelphia
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 これも未聴です。数年前,買い損ねました。
 この録音は,このほど,“LIVE IN DEN HAAG” に収録され,入手しました。


♪ Jackie McLean “McLEAN'S SCENE” (New Jazz, 8212)

McLean's Scene

(A-1)Gone With The Wind (A-3)Mean To Me
(B-1)McLean' Scene
1956-12-14
Bill Hardman(tp), Jackie McLean(as), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 Mclean との共演は,この時だけ。3曲録音された。この1956年12月14日には,他にピアノ・トリオで4曲録音されたが,他にはないんでしょうかね。

↑TOP



♪ Red Garland “RED GARLAND'S PIANO” (Prestige, P-7086)

Red Garland's Piano

(A-1)Please Send Me Someone To Love  (A-2)Stompin' At The Savoy  (A-3)The Very Thought Of You  (A-4)Almost Like Being In Love  
(B-1)If I Were A Bell  (B-2)I Know Why  (B-3)I Can't Give You Anything But Love  (B-4)But Not For Me
March 22, 1957 Hackensack, N.J. (B-1) and (B-2) Dec. 14, 1956
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 大好きな《Please Send Me Someone To Love》ではじまるアルバム。この曲,レッドの愛奏曲だと思うが,残されたのはこのアルバムと,“I Left My Heart…”だけ。


♪ Red Garland “GROOVY” (Prestige, P-7113)

Groovy

(A-1)C Jam Blues (A-2)Gone Again (A-3)Will You Still Be Mine
(B-1)Willow Weep For Me (B-2)What Can I Say Dear (B-3)Hey Now
1957-08-09, 56-12-14
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 レッドのアルバムの中では名盤の誉れ高い作品で,確かに内容も素晴らしい。ジャケットもいい。が,名盤,名盤と言われすぎると,僕などひねくれてしまって,あんまり聴かなくなってしまった。


♪ Art Pepper “MEETS THE RHYTHM SECTION” (Contemporary, S-7532)

Meets The Rhythm Section

(A-1)You'd Be So Nice To Come Home To (A-2)Red Pepper Blues (A-3)Imagination (A-4)Waltz Me Blues (A-5)Straight Life
(B-1)Jazz Me Blues (B-2)Tin Tin Deo (B-3)Star Eyes (B-4)Birks Works
1957-01-19, L.A.
Art Pepper(as), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 絶不調だった Art Pepper が 「ザ・リズム・セクション」 に刺激されて,素晴らしい演奏をしたという 「伝説」 が残されている。それは,あくまでも 「伝説」 だとしても,確かに,ふだんの Art Pepper とは違ったアグレッシブな演奏を繰り広げる。


♪ Art Pepper “THE WAY IT WAS” (Contemporary, S-7630)

The Way It Was

(B-1)The Man I Love
1957-01-19, L.A.
Art Pepper(as), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 “Art Pepper Meets The Rhythm Section” の時の残りテイク1曲が,このアルバムに収録されました。《The Man I Love》 だから,スロー・バラードかと思ってしまうが,意外に,スピードに乗って躍動感あふれる演奏になっています。
 《The Man I Love》 という名曲だが,Red Garland は,この時と,“Satin Doll” に収録された Doug Watkins らとの演奏しか録音していない。スタンダードをたくさん録音した彼だが,こういう大スタンダードを,案外,取り上げていないのも彼らしいところだ。
 なお,CD盤の“Art Pepper Meets The Rhythm Section”には,この演奏もボーナス・トラックとして収録されているようです。


♪ Red Garland “THE P.C.BLUES” (Prestige, P-7752)

The P.C.Blues

(A-1)Ahmad's Blues (A-2)Lost April (A-3)Why Was I Born
(B-1)Tweedle Dee Dee (B-2)The P.C.Blues
(A-1):56-05-11, (A-3):57-03-22, (A-2)(B1)(B-2)57-08-09
(A-1): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(A-2)(A-3)(B-1)(B-2): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 


♪ Curtis Fuller “WITH RED GARLAND” (New Jazz, NJLP-8277)

WITH RED GARLAND

(1)Seeing Red (2)Stormy Weather (3)Cashmere (4)Slenderella (5)Moonlight Becomes You (6)Roc & Troll
1957-05-14, N.J.
Curtis Fuller(tb), Sonny Red Kyner(as), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Louis Hayes(ds).

 Curtis Fuller と Sonny Red をフロントにすえたハード・バップ・セッション。Fuller の茫洋としたトロンボーン。好みの分かれるところでしょうか。
 Miles Davis や John Coltrane 以外に,ホーン奏者のリーダー・アルバムに参加したものは少ない。先の Sonny Rollins や Art Pepper の他は,この Curtis Fuller,Phil Woods,Eddie Lockjaw Davis,Coleman Howkins,Lou Donaldson などわずかだ。


♪ Red Garland “RED GARLAND REVISITED !” (Prestige, 7658)

Red Garland Revisited!

(A-1)Billy Boy (A-2)Everybody's Somebody's Fool (A-3)Four (A-4)You Keep Coming Back Like A Song
(B-1)Hey Now (B-2)Masquerade Is Over (I'm Afraid The) (B-3)Walkin' (B-4)It Could Happen To You
1957-05-24
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(A-3)(B-3): Red Garland(p), Kenny Burrell(g), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 Kenny Burrell というギタリストとは,晩年にも共演しているが,ここでは,2曲だけいっしょにやっている。で,その2曲,完全にペースは,Kenny Burrrellのもの。ピアノ弾きを食ってしまうだけのギタリストも少ないが,彼は間違いなくその一人だろう。


♪ John Coltrane “COLTRANE” (Prestige, P-7105)

COLTRANE

(A-1)Bakai (A-2)Violets For Your Furs (A-3)Time Was
1957-05-31, N.J.
(A-1): Johnny Splawn(tp), John Coltrane(ts), Sahib Shihab(bs), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Al Heath(ds).
John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Al Heath(ds).

 John Coltrane の初リーダー・アルバム。Mal Waldron がピアノだったセッション (B面にあたる) に,Red Garland も参加して,この日の後半は彼がピアノを弾いた。中でも,《Violets For Your Furs》 は,初期の Coltrane のバラードの中でも出色の出来となった。


♪ John Coltrane “LUSH LIFE” (Prestige, 7188)

LUSH LIFE

(B-1)Lush Life (B-2)I Hear Rhapsody
(B-2): 1957-05-31
(B-1): 1958-01-10

(B-2): John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Al Heath(ds).
(B-1): Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Louis Hayes(ds).

 プレスティッジらしい,寄せ集めアルバムで,A面は,Coltrane,Earl May(b),Art Taylor(ds) というピアノレス・トリオでの録音。
 Red Garland が参加しているのは,B面だけで,それも別々のセッションから選ばれている。ちなみに,57年5月の録音は, “COLTRANE”に収録されているセッション。58年1月は,前に紹介した“THE BELIEVER”に収められている。Prestige らしい落穂拾い的なアルバムなので,アルバム全体としての印象は薄くなってしまっているが,このメンバーの脂の乗り切った時期だけに,忘れられないアルバムだ。


♪ Miles Davis “MAKIN' WAX” (Chakra, MD100)

持ってません

(?)Four (?)Bye Bye Blackbird (?)It Never Entered My Mind (?)Walkin'
1957-07-, <Cafe Bohemia>, NYC
Miles Davis(tp), Sonny Rollins(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 「全録音」に記したように未聴です。


♪ Phil Woods “SUGAN” (Status, 8304)

Sugan

(1)Au Privave (2)Steeplechase (3)Last Fling (4)Sugan (5)Green Pines (6)Scrapple From The Apple
1957-07-19
Ray Copeland(tp), Phil Woods(as), Red Garland(p), Teddy Kotick(b), Nick Stabulas(ds).

 Red Garland の参加したアルバム。その昔,16回転盤で出たそうだが,そんなのは見たこともない。
 こういうバップ・セッションでの Red を聴くと,間違いなく彼もバッパーだったとわかる。
 このアルバムは,やはり Phil Woods のアルバムで,Red Garland が参加したというだけで記憶しておく。ところどころで得意技は,見せるものの印象は薄い。
 ちなみに,私の2歳の誕生日が録音日。アメリカとは,時差があるとしても,“Bright And Breezy” とこのアルバム,年こそ違え,ともに私の誕生日の録音です。縁があるのかなあ。


♪ John Coltrane “TRANEING IN” (Prestige, 7123)

Traneing In

(A-1)Traneing In (A-2)Slow Dance
(B-1)Bass Blues (B-2)You Leave Me Breathless (B-3)Soft Lights And Sweet Music
1957-08-23
John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 Coltrane のワン・ホーンでのアルバム。
 この日の録音は,Prestige には珍しく,この一枚だけ。それだけ充実した演奏だったといえるでしょう。
 (A-1)のブルースはいつもながら Garland,Coltrane ともに素晴らしい出来。(B-2)は Coltrane の味わいあるバラード。タイトルだけみると,これまたバラードかと思わせる(B-3)では,思いがけないほどのスピード感あふれる演奏だ。


♪ The Red Garland Quintet “ALL MORNIN' LONG”(Prestige, P-7130)

All Mornin' Long

(A-1)All Mornin' Long
(B-1)They Can't Take That Away From Me (B-2)Our Delight
1957-11-15
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds).

 


♪ The Red Garland Quintet “SOUL JUNCTION” (Prestige, P-7181)

Soul Junction

(A-1)Soul Junction (A-2)Woody'n You
(B-1)Birks Works (B-2)I Got It Bad (And That Ain't Good) (B-3)Hallelujah
1957-11-15
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds).

 Donald Byrd,John Coltrane をフロント・ラインに据えたアルバムはたくさんあるが,中でも,このアルバムが一番の人気盤だろうか。長尺のタイトル・ナンバーは,リフ的な Red Garland のスロー・ブルース。どこかで聴いたことがあるようなフレーズがバンバン飛び出す。そういう意味では,Red Garland のブルースを楽しむには,ちょうどいいかもしれない。


♪ Red Garland “HIGH PRESSURE” (Prestige, P-7209)

High Pressure

(A-1)Soft Winds (A-2)Solitude
(B-1)Undecided (B-2)What Is There To Say (B-3)Two Base Hit
1957-12-13
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 Coltrane の入ったアルバムでは,“Soul Junction”が有名で,このアルバムは,内容はいいのについ後ろに引っ込んでしまう地味目なアルバムです。
 


♪ Red Garland “DIG IT!”(Prestige, P-7229)

Dig It!

(A-1)Billie's Bounce (A-2)Crazy Rhythm (A-3)C.T.A.
(B-1)Lazy Mae
(A-3): 1957-03-22
(A-1)(B-1): 1957-12-13
(A-2): 1958-02-07

(A-3): John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(A-1): Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).(B-1): John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(A-2): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 

↑TOP



♪ John Coltrane “THE BELIEVER” (Prestige, 7292)

THE BELIEAVER

(A-1)The Believer
(B-1)Nakatini Serenade (B-2)Do I Love You Because You're Beautiful
(A-1)(B-1): 1958-01-10
(B-2): 1958-12-26

(A-1)(B-1): Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Louis Hayes(ds).
(B-2): Freddie Hubbard(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 1958年の1月と12月の録音で,メンバーも若干違う。1月には6曲,12月には5曲録音され,数枚の別タイトルのアルバム(すべて Coltrane 名義)に収録されているのは,Prestige 流。
 A面に収められた 《The Believer》 は,ライナーでは,Trane のオリジナルのような書き方をしているが,センター・レーベルには,McCoy Tyner の名前がクレジットされている。ちょっと異国情緒の曲調で,細かい音を吹き分ける Coltrane のソロと Garland のソロとでは,別の曲のような印象もある。最後のスタンダードは,じっくりかみしめて聴きたい。


♪ John Coltrane “THE LAST TRANE” (Prestige, 7378)

The Last Trane

(A-1)Lover
(B-1)By The Numbers (B-2)Come Rain Or Come Shine
(A-1)(B-2): 1958-01-10
(B-1): 1958-03-26

(A-1)(B-2): Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Louis Hayes(ds).
(B-1): John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 例によって,未収録だった録音の寄せ集めです。(A-2)として,《Slowtrane》 も収録されていますが,これは,Garland 抜きのピアノレスでの演奏。


♪ John Coltrane “SOUL TRANE” (Prestige, 7142)

Soultrane

(A-1)Good Bait (A-2)I Want To Talk About You
(B-1)You Say You Care (B-2)Theme For Ernie (B-3)Russian Lullaby
1958-02-07
John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 印象的な 《Good Bait》,Red Garland の素敵なイントロがいきなりアップ・テンポになる《Russian Lullaby》。しかし,このアルバムでは,《I Want To Talk About You》 を聴こう。そして,この曲を聴く時は,John Coltrane に耳を傾ける。Coltrane は,この後,何度もこの曲を録音しているが,その度に進化した Coltrane になる。


♪ Red Garland “IT'S A BLUE WORLD” (Prestige, P-7838)

It's A Blue World

(A-1)This Can't Be Love (A-2)Since I Feel For You
(B-1)Crazy Rhythm (B-2)Teach Me Tonight (B-3)It's A Blue World
1958-02-07
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 


♪ John Coltrane “SETTIN' THE PACE” (Prestige, 7213)

SETTIN' THE PACE

(A-1)I See Your Face Before Me (A-2)If There Is Someone Lovelier Than You
(B-1)Little Melonae (B-2)Rise And Shine
1958-03-26
John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds).

 Coltrane のワン・ホーン・アルバム。ゆったりとしたバラードの 《I See Your Face Before Me》 など,あまり話題にならないが,いいアルバムです。


♪ Miles Davis “MILESTONES” (Columbia, CL-1193)

MILESTONES

(A-1)Dr.Jekyll (A-3)Two Base Hit
(B-1)Milestones (B-2)Billy Boy (B-3)Straight No Chaser
(A-3)(B-1)(B-2)(B-3):1958-02-04
(A-1):1958-03-04

Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(B-2): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 (A-2) は,《Sid's Ahead》 だが,これについては,『マイルス・デイビス自叙伝』 (中山康樹・訳,JICC 出版局) の中に,こんな記述がある。

   「何かをレッドに説明しようとしているうちに,奴が怒って帰ってしまったから,《シッズ・アヘッド》ではオレがピアノを弾いた。」

   58 年 3 月のセッションが,Red Garland と Miles の最後の録音となったわけだ。


♪ Miles Davis “MILESTONES” (Columbia/Legacy, CK-85203)

MILESTONES

(1) Dr.Jekyll (3) Two Base Hit (4) Milestones (5) Billy Boy (6) Straight No Chaser (7) Two Bass Hit (alt. take) (8) Milestones (alt. take) (9) Straight No Chaser (atl. take)
(2), (3), (4), (5) , (6), (7), (8): 1958-02-04
(1) : 1958-03-04

Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(5) : Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 《Two Bass Hit》,《Milestones》,《Straight No Chaser》 の別テイクが収録されたアルバム。


♪ Red Garland “MANTECA” (Prestige, 7139)

Manteca

(A-1)Manteca (A-2)S Wonderful (A-3)Oh Lady Be Good
(B-1)Exactly Like You (B-2)Mort Report
1958-04-11
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds), Ray Barretto(cong).

 


♪  “25 YEARS OF PRESTIGE” (Prestige, P-24046)

25 YEARS OF PRESTIGE

(C-2)A Portrait Of Jennie (C-3)Untitled Blues
(C-2): 1958-04-11
(C-3): 1959-12-11

(C-2): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds), Ray Barretto(cong).
(C-3): Eddie Lackjaw Davis(ts), Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).

 Prestige レーベルが,25周年を記念して発売した2枚組アルバム。Lee Konitz, Stan Gets,Miles Davis など,Prestige でおなじみの名前が並んでいます。20曲,収録されていますが,Red Garland は,上の2曲。(C-2)は,“MANTECA”録音時の残りテイク,(C-3)は“THE RED GARLAND TRIO + EDDIE LOCKJAW DAVIS”の残りテイクで,ともに,当時は,LP初収録だった演奏。


♪ John Coltrane “BLACK PEARLS” (Prestige, 7316)

Black Pearls

(A-1)Black Pearls (A-2)Lover Come Back To Me
(B-1)Sweet Saphire Blues
1958-05-23
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 メンバーは,いつもの通り。ドラムスは,Jimmy Cobb という記載もあるようだが,Art Taylor が正しいといいます。
 演奏の方は,全3曲。Coltrane 以外は,まさにハード・バップ。Coltrane だけが,シーツ・オブ・サウンズも駆使して,ひとり質の違う演奏になっている。


♪ Red Garland “CAN'T SEE FOR LOOKIN'”(Prestige, P-7276)

Can't See For Lookin'

(A-1)I Can't See For Lookin' (A-2)Soon
(B-1)Black Out (B-2)Castle Rock
1958-06-27
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 


♪ Red Garland “REDISCOVERED MASTERS”(Prestige, P-24078)

Rediscovered Masters

(disk 1)
(A-1)Lover (A-2)Five O'clock Whistle (A-3)Blues In Mambo (A-4)A Tisket, A Tasket
(B-1)Estrellita (B-2)It Might As Well Be Spring (B-3)East Of The Sun
(disk 2)
(C-1)Blues In The Closet (C-2)Blue Velvet (C-3)Mr.Wonderful
(D-1)Skinny's Blues (D-2)Soft Winds (D-3)Avalon
(A)(B): 1958-06-27
(C)(D): 1959-08-12

(A-1)(A-2)(A-4)(B-1)(B-3): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds), Ray Barretto(cong).
(A-3)(B-2): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(C): Red Garland(p), Doug Watkins(b), Specs Wright(ds).
(D): Richard Williams(tp), Oliver Nelson(as,ts), Red Garland(p), Peck Morrison(b), Charlie Persip(ds).

 残りテイク集です。A面,B面は,“Can't See For Lookin'”の残りテイク,C面は,“Coleman Hawkins With The Red Garland Trio”の録音時にトリオで演奏されたもの,D面は,“Soul Burnin'”の時の残りテイクです。
 ジャケットの写真,腕を組んで,まっすぐこちらを向いた Red の写真が使われています。これだけ,カメラ目線の写真も少ない。ただ,ちょっと目尻に皺ができ,はにかんでいるような,人のよさも出ているように思います。


♪ John Coltrane “STANDARD COLTRANE” (Prestige, 7243)

STANDARD COLTRANE

(A-1)Don't Take Your Love From Me (A-2)I'll Get By
(B-1)Spring Is Here (B-2)Invitation
1958-07-11
Wilbur Hardin(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds).

 この日,8曲を録音しているが,その中の4曲を収めたアルバム。Coltrane もリラックスしているのか,この当時としては珍しく,シーツ・オブ・サウンズも控え目。1曲目のバラードでは,Coltrane の叙情的な演奏が素晴らしい。


♪ John Coltrane “STARDUST” (Prestige, 7268)

STARDUST

(A-1)Stardust (A-2)Time After Time
(B-1)Love Thy Neighbor (B-2)Then I'll Be Tired f You
(A-1)(B-1): 1958-07-11
(A-2)(B-2): 1958-12-26

(A-1)(B-1): Wilbur Hardin(flh), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds).
(A-2): John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(B-2): Freddie Hubbard(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 2度のセッションを寄せ集めたアルバムで,バラード集といってもいいでしょうか。Coltrane のバラード演奏には,定評がありますが,ここでも彼らしい,甘さに流れすぎない演奏が聴けます。ただ,それでいて,もうひとつ,印象が薄い。メンバーもいつも通りで,ちょっとマンネリか? 


♪ John Coltrane “BAHIA” (Prestige, 7353)

Bahia

(A-1)Bahia (A-3)My Ideal
(B-1)I'm A Dreamer Aren't We All (B-2)Something I Dreamed Last Night
(A-3)(B-1): 58-07-11
(A-1)(B-2): 58-12-26

Wilbur Hardin(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds).

 最初の2曲は,58年12月の録音で,特に,Garland の抜けたトリオでの演奏になっている 《Goldsboro Express》 は,まさに,特急と呼ぶにふさわしい。後の Atlantic 時代を思わせる Coltrane の演奏が聴かれる。
 しかし,ゆったりとしたバラード 《My Ideal》,《Something I Dreamed Last Night》 や典型的なハードバップ・セッションの 《I'm A Dreamer Aren't We All》 に愛着を感じる。
 なお,ジャケット写真では,ソプラノ・サックスを演奏しているが,アルバムの録音には,使われていません。


♪ Red Garland “ROJO”(Prestige, P-7193)

ROJO

(1)Rojo (2)We Kiss In A Shadow (3)Darling Je Vous Aime Beaucoup (4)Ralph J.Gleason Blues (5)You Better Go Now (6)Mr.Wonderful
58-08-22
(1)(3)(4)(5): Red Garland(p), George Joyner(b), Charlie Persip(ds), Ray Barretto(cong).
(2)(6): Red Garland(p), George Joyner(b), Charlie Persip(ds).

 


♪ Miles Davis All Stars “LIVE IN 1958-59 Featuring John Coltrane”(Jazz Band, EBCD-2101-2)

LIVE IN 1958-59 Featuring John Coltrane

(1)Introduction - Bags Groove (2)All Of You (3)Introduction - Sid's Ahead (4)Bye Bye Blackbird (5)Straight No Chaser (6)Introduction - Four (7)Bye Bye Blackbird (8)No Blues (9)Closing Announcement (What Happned) (10)What Is This Thing Called Love
(1)(2): 1959-01-03, <Birdland>, NYC on Bandstand USA.
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(3)(4)(5): 1958-11-01, <The Spotlight>, Washington DC.
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds).
(6)(7)(8)(9): 1958-08-, <Cafe Bohemia>, NYC on Bandstand Mutual Radio.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(10): 1958-11-, Art Ford Jazz Prty TV Show.
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), Gerry Mulligan(bs), Red Garland(p), Horace Silver(p), Barry Miles, Chris Nirobe, Candido(cong).

 イギリスの FLYRIGHT RECORD & DIST. CO. LTD から出た1枚。58年から59年にかけてのライブで,Coltrane はもうすっかり演奏が変わっている。Red は相変わらずのスタイル。
 (6)〜(9) は,ピアノが Bill Evans に変わっている。
 (10) は特別編成のバンドでの TV 出演時のジャムセッションでの演奏だが,CD のクレジットには,Horace Silver と Red Garland の名前があり,ピアノの音だけは他の楽器に比べると格段に聴き取りにくいが,確かに,ふたりがいるようだ。短いソロスペースの前半と後半とでタッチが違う。
 ところで,(1),(2) のピアノは,Wynton Kelly かもしれない。ちょっと,Garland とは違うようだ。


♪ Red Garland “THE RED GARLAND TRIO” (Moodsville, MV-6)

The Red Garland Trio

(A-1)I Love You Yes I Do (A-2)Blues For Ann (A-3)I'll Never Stop Loving You
(B-1)And The Angels Sing (B-2)T' Ain't Nobody's Business (B-3)Bass-Ment Blues
1958-11-21
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 


♪ Red Garland “ALL KINDS OF WEATHER”(Prestige, P-7148)

All Kinds Of Weather

(A-1)Rain (A-2)Summertime (A-3)Stormy Weather
(B-1)Spring Will Be A Little Late This Year (B-2)Winter Wonderland (B-3)Tis Autumn
1958-11-27, N.J.
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

 Red Garland のトリオ・アルバムといえば,“Groovy” がきて,“A Garland Of Red” とか “Red Garland's Piano” がくると,その次が出てこない人がほとんどじゃないでしょうか。私,個人的には,この「お天気」アルバムが次のグループに入るのです。
 


♪ “The All Stars “LIVE” EUROPEAN CONCERT” (Unique Jazz, UJ-25)

“LIVE” EUROPEAN CONCERT〜持ってません。

(?)Makin' Whoopee (?)C Jam Blues (?*)Sunday (?*)Willow Weep For Me (?**)Yardbird Suite
late 1958
(?): Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).
(?*): Zoot Sims(ts), Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).
(?**): Lee Konitz(as), Zoot Sims(ts), Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).

 2007 年 10 月に,RLR Records から,J.J.Johnson,Kai Winding All Stars “THE 1958 EUROPEAN TOUR” というアルバムが出た。そこに,このアルバムも含まれるものと思われる。


♪ J.J.Johnson, Kai Winding All Stars “THE 1958 EUROPEAN TOUR” (RLR Records, RLR 88631)

THE 1958 EUROPEAN TOUR
J.J.Johnson(tb), Kai Winding(tb), Lee Konitz(as), Zoot Sims(ts), Phineas Newborn Jr.(p), Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).
Rec. disc 1 (1) - (5) : Sep. 16, 1958, live at Free Trade Hall, Manchester, England.
disc 1 (7) - (15) : Sep. 22, 1958, live at Stockholm, Sweden.
disc 2, disc 3 (1) - (3) : Sep. 28, 1958, live at Berlin, Germany.
disc3 (4) - (11) : Oct. 3, 1958, live at Munich, Germany.

(Disc 1)
(1)Daahoud (2)Star Eyes (3)Sunday (4)This Can't Be Love (5)Bag's Groove (6)Our Delight (7)C Jam Blues (8)Star Eyes (9)Lover Man (10)Sunday (11)Willow Weep For Me (12)Lavrne Walk (13)Stardust (14)All The Things You Are (15)Mad About The Boy

(Disc 2)
(1)Bohemia After Dark (2)Blue Lou (3)Star Eyes (4)Lover Man (5)Sunday (6)Willow Weep For Me (7)Yardbird Suite (8)Lavrne Walk (9)Stardust (10)All The Things You Are (11)This Can't Be Love (12)Bag's Groove

(Disc 3)
(1)Mad About The Boy (2)Bernie's Tune (3)Our Delight (4)Zoot Suite (5)Star Eyes (6)Blue Lou (7)This Can't Be Love (8)Bag's Groove (9)Mad About The Boy (10)Bernie's Tune (11)Blues For Domicile

 JAZZ FROM CARNEGIE HALL として,J.J.Johnson & Kai Winding All Stars が行ったヨーロッパ・ツアー。“The All Stars “LIVE” EUROPEAN CONCERT” (Unique Jazz, UJ-25) として知られていたが,今回,こういう形で出てきた。曲によって,Red Garland と Phineas Newborn Jr. がピアノを弾いているが,録音もあまり良くないので,区別しにくいトラックもあり,今のところ,上のような形で記しておく。ただし,明らかに,ピアノが加わっていないトラックや,Phineas がアナウンスされているものもあるので,そのうちもう少し整理したい。


♪ Zoot Sims “5658” (Marshmallow, MMEX-116-CD)

5658

Zoot Sims(ts), Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).
Rec. Sep. 22, 1958, live at Konserthuset, Stockholm.
(5)Indian Summer (6)The Theme

Zoot Sims(ts), Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).
Rec. Sep. 20, 1958, live at Free Trade Hall, Manchester.
(7)Sunday (8)Willow Weep For Me

 上の J.J.Johnson, Kai Winding All Stars “THE 1958 EUROPEAN TOUR” と同じツアー時のアルバム。Red Garland のソロはない。


♪ Lee Konitz, Zoot Sims, et al. “Star Eyes” (55 Records, FNCJ-5611)

Star Eyes

Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).
Rec. Sep. 27, 1958, live at Concertgebouw, Amsterdam.
(8)C Jam Blues (9)Makin' Woopee

Lee Konits(as), Zoot Sims(ts), Red Garland(p), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(ds).
Rec. Sep. 27, 1958, live at Concertgebouw, Amsterdam.
(10)Yardbird Suite

 上の J.J.Johnson, Kai Winding All Stars “THE 1958 EUROPEAN TOUR” と同じツアー時のアルバム。Red Garland Trio の演奏も含まれる。なお,(1) - (3) は Phineas Newborn Jr. Trio, (4), (5) は Lee Koniz + Phineas Newborn Jr. Trio,(6), (7) は Zoot Sims + Phineas Newborn Jr. Trio, (11), (12) は Occar Pettiford 名義でメンバーは Phineas Newborn Jr. Trio である。

↑TOP



♪ Red Garland “RED IN BLUESVILLE” (Prestige, 7157)

Red In Blues-ville

(A-1)He's A Real Gone Guy (A-2)See See Rider (A-3)M-Squad Theme
(B-1)That's Your Red Wagon (B-2)Trouble In Mind (B-3)St.Louis Blues
1959-04-17
Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).

 快調な (A-1) から,Red の魅力があふれている。スローな (A-2) や (B-2) では,彼のお得意ブルース技もふんだんに盛り込まれていて,ゆったりとした流れに乗って,聴こう。
 このアルバム,彼のベスト5アルバムの中には,必ず入ると思う。いや,私は必ず入れる。
 


♪ “COLEMAN HAWKINS WITH THE RED GARLAND TRIO” (Swingville, SV-2001)

Coleman Hawkins With The Red Garland Trio

(A-1)It's A Blue World (A-2)I Want To Be Loved (A-3)Red Beans
(B-1)Bean's Blues (B-2)Blues For Ron
1959-08-12
Coleman Hawkins(ts), Red Garland(p), Doug Watkins(b), Specks Wright(ds).

 


♪ Red Garland “RED GARLAND AT THE PRELUDE”(Prestige, P-7170)

RED GARLAND AT THE PRELUDE

(A-1)Satin Doll (A-2)Perdido (A-3)There Will Never Be Another You (A-4)Bye Bye Blackbird
(B-1)Let Me See (B-2)Prelude Blues (B-3)Just Squeeze Me (B-4)One O'Clock Jump
1959-10-02, <The Prelude Club>, NYC
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds)

 晩年は,ライブ盤が多い Garland ですが,50年代は,このプレリュード・クラブでのライブだけが正式に発売されたもの。4枚にわけて発表されましたが,どれもリラックスした,Garland らしさを楽しめるアルバムです。


♪ Red Garland “LIVE!”(New Jazz, NJ-8326)

LIVE!

(A-1)Marie (A-2)Bohemian Blues (A-3)One O'Clock Jump
(B-1)A Foggy Day (B-2)Mr.Wonderful
1959-10-02, <The Prelude Club>, NYC
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 上の“At The Prelude”の同日ライブ盤。この <Prelude Club> での演奏は,4枚に分散している。


♪ Red Garland “SATIN DOLL”(Prestige, P-7859)

SATIN DOLL

(A-1)Satin Doll (A-2)The Man I Love
(B-1)A Little Bit Of Basie (B-2)It's A Blue World (B-3)M-Squad Theme
(A-1)(A-2)(B-1): 1959-08-12
(B-2)(B-3): 1959-10-02, <The Prelude Club>, NYC

(A-1)(A-2)(B-1): Red Garland(p), Doug Watkins(b), Specs Wright(ds).
(B-2)(B-3): Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 プレリュード・クラブでのライブと Doug Watkins とのセッションを合わせた未発表演奏アルバム。どちらも好調な演奏で一聴の価値があると思うのは,私だけかな?
 なお,このアルバムは,“At The Prelude” とカップリングされてOJCからCD化されています。そのタイトルは,“At The Prelude,Vol.1”
 それと面白いのは,この“Satin Doll”のプロデューサーは,なんと,オリン・キープニーズ。かっては,Riverside のオーナーだった彼が,ともに買収され,Prestige レーベルのプロデュースをするというのは,マイナー・レーベルの経営の難しさと,しかし,いいものは残したいというジャズ・ファン気質があらわれていて興味深い。


♪ Red Garland “LIL' DARLIN'”(Status, 8314)

LIL' DARLIN'

(A-1)Li'l Darlin' (A-2)We Kiss In A Shadow
(B-1)Blues In The Closet (B-2)Like Someone In Love
1959-10-02, <The Prelude Club>, NYC
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 Prelude Club でのライブ盤です。絶対欲しいのですが,昔,手にとった感触もあるのに財布が言うことをきかなかった。CD化されるのを待っているのですが…

 2005 年 11 月 29 日,ついに中古屋でLP盤を手に入れました。日本で発売されたものですが,それでもいいのだ。
 いっしょに写っている女性は誰だろう? Red Garland の妻,Lillie なのだろうか。だったら,アルバム・タイトルにもピッタリだが・・・
 Esmond Edwards が撮影したとある。


♪ “THE RED GARLAND TRIO + EDDIE LOCKJAW DAVIS” (Moodsville, MV-1)

The Red Garland Trio + Eddie Lockjaw Davis

(A-1)We'll Be Together Again (A-2)Stella By Starlight (A-3)I Heard You Cried Last Night (A-4)Softly Baby
(B-1)When Your Lover Has Gone (B-2)Wonder Why (B-3)The Blue Room (B-4)The Red Blues
1959-12-11
(A-1)(A-4)(B-1): Eddie Lockjaw Davis(ts), Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).
(A-2)(A-3)(B-2)(B-3)(B-4)Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).

 Moodsville 第1番は,Eddie Lockjaw Davis とのアルバム。ハスキーなEddie の艶めかしいテナーと小唄の巧いRed Garland の組み合わせだから,まさにMoodsville にはぴったりだろう。もっとも,テナーは3曲だけ。
 Eddie Lockjaw Davis は,インタビュー記事などによると,Red が初めてのレコード録音した時(1947年か48年)のボスだったようですが,どんな演奏だったのか,今となってはほとんど入手不可能なのではないかと思っています。
 Moodsville のジャケットのデザインは,ほとんどどのアルバムも同じで,“The Red Garland Trio” や Tommy Flanagan の “The Tommy Flanagan Trio” と 色が違うだけと言っていいでしょう。

↑TOP



♪ Red Garland “RED ALONE” (Moodsville, MV-3)

Red Alone

(A-1)When Your Lover Has Gone (A-2)These Foolish Things (A-3)My Last Affair (A-4)You Are Too Beautiful
(B-1)I Got It Bad (And That Ain't Good) (B-2)The Nearness Of You (B-3)Nancy (B-4)When I Fall In Love
1960-04-02
Red Garland(p).

 次の “Alone With The Blues”と同じ日に録音された,ソロ・ピアノ集で,こちらは,スタンダード・ナンバーを集めています。


♪ Red Garland “ALONE WITH THE BLUES” (Moodsville, MV-10)

Alone With The Blues

(A-1)In The Evening (A-2)Blues In The Closet (A-3)Chains Of Love (A-4)Tired
(B-1)Sent For You Yesterday (B-2)Vierd Blues (Trane's Blues) (B-3)Wee Baby Blues (B-4)Cloudy
1960-04-02
Red Garland(p).

 前の "Red Alone" と同日録音のソロ・ピアノでのブルース集。正直なところ,やはり,ベースとドラムスがないと,ちょっと物足りないですね。


♪ Red Garland “HALLELOO-Y'-ALL” (Prestige, 7288)

Hallelloo-Y'-All

(A-1)Revelation Blues (A-2)I'll Never Be Free
(B-1)Everytime I Feel The Spirit (B-2)Halleloo-Y'-All (B-3)Back Slidin'
1960-07-15
Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).
(B-2): Red Garland(org), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).

 1曲だけ,オルガンを弾く。


♪ Red Garland “SOUL BURNIN'” (Prestige, 7307)

Soul Burnin'

(A-1)On Green Dolphin Street (A-2)If You Could See Me Now
(B-1)Rocks In My Bed (B-2)Soul Burnin' (B-3)Blues In The Night
(B-1)(B-2)(B-3): 1960-07-15
(A-1)(A-2): 1961-03-16

(B-1)(B-2)(B-3): Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).
(A-1)(A-2): Richard Williams(tp), Oliver Nelson(as,ts), Red Garland(p), Peck Morrison(b), Charlie Persip(ds).

 Oliver Nelson らとのクインテットでのA面とトリオでのB面。A面の Oliver Nelson らとのセッションは注目。《If You Could See Me Now》は,美しい演奏でオススメ。


♪ Arnett Cobb “SIZZLIN'” (Prestige, 7227)

Sizzlin'

(A-1)Sweet Georgia Brown (A-2)Black Velvet (A-3)Blue Sermon
(B-1)Georgia On My Mind (B-2)Sizzlin' (B-3)The Way You Look Tonight
1960-10-31
Arnett Cobb(ts), Red Garland(p), George Tucker(b), J.C.Heard(ds).

 Arnett Cobb のような,タフなテキサス・テナーも嫌いありません。これも,Red Galand が録音に参加しているこのアルバムなどを楽しんで聴いているせいかも。曲目を見ても分かるように,ブルージーな演奏が楽しめます。


♪ Arnett Cobb “BALLADS BY COBB” (Moodsville, MV-14)

持ってません

(?)Hurry Home (?)Blues And Sentimental (?)Willow Weep For Me (?)Darn That Dream (?)Why Try To Change Me Now (?)P.S. I Love You (?)Your Wonderful Love
1960-11-01
Arnett Cobb(ts), Red Garland(p), George Tucker(b), J.C.Heard(ds).

 このアルバム自体は持っていないのだが,《追加アルバム》に記した Arnett Cobb “Blue And Sentimental”“Sizzlin'” と合わせて聴くことが出きる。


♪ Red Garland “BRIGHT AND BREEZY” (Jazzland, JLP-948)

Bright And Breezy

(A-1)On Green Dolphin Street (A-2)I Ain't Got Nobody (A-3)You'll Never Know (A-4)Blues In The Closet
(B-1)What's New (B-2)Li'l Darlin' (B-3)What Is There To Say (B-4)So Sorry Please
1961-07-19
Red Garland(p), Sam Jones(b), Charlie Persip(ds).

 Riverside 系の Jazzland への録音。本盤は,なかなか快調な作品。
 この "Bright And Breezy" と次の "The Nearness Of You" をカップリングしたCDも出された。


♪ Red Garland “THE NEARNESS OF YOU” (Jazzland, JLP-962)

The Nearness Of You

(1)Why Was I Born  (2)The Nearness Of You  (3)Where Or When  (4)Long Ago And Far Away  (5)I Got It Bad (And That Ain't Good)  (6)Don't Worry About Me  (7)Lush Life  (8)All Alone
1961-11-30, NYC
*Red Garland(p), Larry Ridley(b), Frank Gant(ds).

 


♪ Red Garland “SOLOR” (Jazzland, JLP-973)

Solar

(1)Sophisticared Swing (2)Solar (3)Where Are You? (4)Marie's Delight (5)This Can't Be Love (6)Very Thought Of You, The (7)Blues For 'News (8)I Can't See For Lookin'
1962-01-30, NYC
Red Garland(p). Les Spann(g), Sam Jones(b), Frank Gant(ds).

 ギターの Les Span を加えたセッションで,このアルバムは,CDで再発されて初めて入手した。当時,Riverside に数枚のアルバムを発表している Les Span と Jazzland と契約した Red Garland を組み合わせたのは,Orrin Keepnews のアイデアだったのだろうか。この後,Kenny Burrell ともアルバムを作った Red だが,やはりギタリストとしての「格」の違いだろうか,このアルバムは,軽めに仕上がった。


♪ Red Garland “RED'S GOOD GROOVE” (Jazzland, JLP-987)

Red's Good Groove

(A-1)Red's Good Groove (A-2)Love Is Here To Stay (Our) (A-3)This Time The Dream's On Me
(B-1)Take Me In Your Arms (B-2)Excerent (B-3)Falling In Love With Love
1962-03-22, NYC
Blue Mitchell(tp), Pepper Adams(bs), Red Garland(p), Sam Jones(b), Philly Joe Jones(ds).

 


♪ Red Garland “WHEN THERE ARE GREY SKIES” (Prestige, P-7258)

When There Are Grey Skies

(A-1)Sonny Boy (A-2)My Honey's Lovin' Arms (A-3)St.James Infirmary (A-4)I Ain't Got Nobody
(B-1)Baby Won't You Please Come Home (B-2)Nobody Knows The Trouble I See
1962-10-09
Red Garland(p), Wendell Marshall(b), Charles Persips(ds).

 一時引退する直前に古巣の Prestige に録音。しみじみとした《St.James Infirmary》や《Nobody Knows The Trouble I See》など,必聴盤といえる。
 ビクター発売のCDには,同日録音の《My Blue Heaven》 がボーナス・トラックとして追加されている。

↑TOP



♪ Red Garland “THE QUOTA” (MPS, 21.20909-1)

The Quota

(A-1)The Quota (A-2)The Days Of Wine And Roses (A-3)For Carl
(B-1)The Squirrel (B-2)On A Clear Day (You Can See Forever) (B-3)Love For Sale
1971-05-03
Jimmy Heath(ts,ss), Red Garland(p), Peck Morrison(b), Lenny McBrowne(ds).

 Red Garland が故郷のダラスに隠遁していた頃,プロデューサーの Don Schlitten が MPS に録音したアルバム。


♪ Red Garland “AUF WIEDERSEHEN” (MPS, 21.20910-5)

Auf Wiedersehen

(A-1)Hobo Joe (A-2)Auf Wiedersehn (A-3)A Night In Tunisia
(B-1)Old Stinky Butt (B-2)Stella By Starlight (B-3)Daahoud
1971-05-
Red Garland(p), Sam Jones(b), Roy Brooks(ds).

 


♪ Red Garland “GROOVIN' LIVE” (Alfa Jazz, ALCR-97〜98)

Groovin' Live

(disk 1)
(1)Autumn Leaves (2)Will You Still Be Mine (3)Satin Doll (4)You Stepped Out Of A Dream (5)Violets For Your Furs (6)C Jam Blues
(disk 2)
(1)It's All Right With Me (2)On A Clear Day (You Can See Forever) (3)My Funny Valentine (4)Just Squeeze Me (5)Here's That Rainy Day (6)Love For Sale
1974-03-07,08,11,12, <The Keystone Korner>, S.F.
Red Garland(p), James Leary(b), Eddie Marshall(ds).

 没後発掘された「キーストーン・コーナー」でのCD2枚組ライブ。次の続編もあります。
 内容の方は,なかなか好調な方です。


♪ Red Garland “GROOVIN' LIVE U” (Alfa Jazz, ALCR-97〜98)

Groovin' Live U

(disk 1)
(1)Bag's Groove (2)When I Fall In Love (3)Have You Met Miss Jones (4)When Sunny Gets Blue (5)Desafinado (6)Over The Rainbow
(disk 2)
(1)Blues In The Closet (2)I See Your Face Before Me (3)Cherokee (4)The Second Time Around (5)Billy Boy (6)Little Girl Blue (7)Autumn Leaves
1974-03-07,08,11,12, <The Keystone Korner>, S.F.
Red Garland(p), James Leary(b), Eddie Marshall(ds).

 


♪ Red Garland “KEYSTONES !” (Xanadu, CRCJ-5009)

KEYSTONES!

(1)Autumn Leaves (2)It's Impossible (3)Daahoud 〜 New York Theme (The Theme)
(4)It's All Right With Me (5)On Green Dolphin Street 〜 New York Theme (The Theme)
1977-05-12, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), Leroy Vinnegar(b), Philly Joe Jones(ds).

 ベースのLeroy Vinnegar氏のモノラル・カセットデッキで録音された貴重な演奏。この組み合わせのトリオだが,今までありそうでなかった。ウォーキング・ベースの巨匠,Leroy Vinnegarの至芸を楽しみたいところだけど,いかんせん録音が靄の中のよう。Redは,手馴れた曲をいつものようにキビキビしたフットワークで演奏している。


♪ Red Garland “GROOVIN' RED” (Key'stone, VACY-1012)

Groovin' Red

(1)Straight No Chaser (2)Only You (3)Never Let Me Go (4)Our Love Is Here To Stay (5)The Best Things In Life Are Free (6)Solar (7)I Wish I Knew (8)Dear Old Stockholm (9)Billy Boy 〜 The Theme
1977-05-, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), Leroy Vinnegar(b), Philly Joe Jones(ds).

 上の“KEYSTONES !”と同じこの組み合わせのトリオで,録音場所も同じ。おそらくは,同じ時期のクラブ出演だろう。セットの終わりに《The Theme》で締めくくるのも同じ。演奏曲も手馴れたスタンダード中心だ。録音としては,数年ぶりになるこの<Keystone Koner>でのライブだが,そういうブランクを感じさせない。最後に,Philly Joe がメンバー紹介を行っている。
 1999 年に再発された別ジャケットのCDもある。


♪ Red Garland “Swingin' On The Korner : Live At Keystone Korner” (Elemental, 5990426)

Swingin' On The Korner
Red Garland(p), Leroy Vinnegar(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. (disc2-1) : Dec. 6, 1977.
  (disk1-6), (disc1-7), (disc2-6) : Dec. 7, 1977.
  (disc1-2), (disc1-3), (disc1-4), (disc1-5), (disc2-3), (disc2-4), (disc2-7), (disc2-8) : Dec. 8, 1977.
  (disc1-1) : Dec. 9, 1977.
  (disc1-8), (disc2-2), (disc2-5) : Dec. 10, 1977.
All tracks recorded live at Keystone Korner, San Francisco, California

disc 1
(1)Love For Sale (2)I Wish I Knew (3)It's Impossible (4)Billy Boy (5)Dear Old Stockholm (6)If I'm Lucky (7)Blues In Bebop (8)On Green Dolphin Street
disk 2
(1)Straight No Chaser (2)On A Clear Day (3)The Christmas Song (4)The Best Things In Life Are Free (5)Never Let Me Go (6)Autumn Leaves (7)Bags' Groove (8)It's All Right With Me / The Theme

 Red Garland ファンにはたまらないアルバムが出てきました。生地に引き込んでいた彼がサン・フランシスコでライブ。それも,ウォーキング・ベースの巨匠 Leroy Vinnegar と Miles 時代の盟友 Philly Joe Jones との共演。これまでにも,この時の演奏は,2枚のアルバムで出ていました。そこでは,1977 年 5 月とされていましたが,今回,当時の オーナーである Todd Barkan も関わっていて,上記のように 12 月 6 日から 10 日にかけてのライブだったことが明らかになりました。
 この時期の Red Garland が絶好調だったとは言いがたいので,このアルバムは,Red Garland ファンだけが楽しむアルバムと言っていいかもしれません。


♪ Red Garland “RED ALERT” (Galaxy, GXY-5109)

Red Alert

(A-1)Red Alert (A-2)Theme For A Tarzan Movie (A-3)Whiffenpoof Song
(B-1)Sweet Georgia Brown (B-2)Stella By Starlight (B-3)It's Impossible
1977-12-02
(A-1)(B-1): Nat Adderley(cor), Harold Land(ts), Ira Sullivan(ts), Red Garland(p), Ron Carter(b), Frank Butler(ds).
(A-2): Nat Adderley(cor), Red Garland(p), Ron Carter(b), Frank Butler(ds).
(A-3): Ira Sullivan(ts), Red Garland(p), Ron Carter(b), Frank Butler(ds).
(B-2): Harold Land(ts), Red Garland(p), Ron Carter(b), Frank Butler(ds).
(B-3): Red Garland(p), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).

 曲目によって,トリオからセクステットまでいろいろな編成での演奏。


♪ Red Garland “CROSSINGS” (Galaxy, GXY-5106)

CROSSINGS

(A-1)Solar (A-2)Railroad Crossing (A-3)Never Let Me Go (A-4)Oleo
(B-1)But Not For Me (B-2)Love For Sale
1977-12-
Red Garland(p), Ron Carter(b), Philly Joe Jones(ds).

 


♪ Red Garland “I LEFT MY HEART...” (Muse, MR-5311)

I Left My Heart...

(A-1)Will You Still Be Mine (A-2)Please Send Me Someone To Love (A-3) Bye Bye Blackbird
(B-1)Body And Soul (B-2)Bag's Groove (B-3)I Left My Heart In San Francisco
1978-05-, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), Chris Amberger(b), Eddie Moore(ds). (B-1〜3)add Leo Wright(as) .

 A面はトリオ,B面にはアルトのLeo Wrightをゲストに迎えての演奏。何度も書くけど,《Please Send Me Someone To Love》が好きなんで主に私はこちらを聴く。が,圧巻は《Bag's Groove》での両者のブルース・プレイだろう。先発のLeo Wrightに負けじと,Redも得意技を連発して熱い演奏を繰り広げる。ラストは,ご当地ソングで締めくくり,聴衆も大満足といったところでしょうか。
 ジャケット違いだが,CD化されたものがある。


♪ Red Garland “FEELIN' RED” (Muse, MR-5130)

Feelin' Red

(A-1)It's All Right With Me (A-2)You Better Go Now (A-3)On A Clear Day (You Can See Forever)
(B-1)Going Home (I'm Going Home) (B-2)Second Time Around, The I Wish I Knew (B-3)Cherokee
1978-05-15
Red Garland(p), Sam Jones(b), Al Foster(ds).

 最近,32Jazz というレーベルからCDが出ていまして,ジャケットが変わっております。ジャケットとしては,こちらの方が好きなので,いつもながら,LPでのご紹介といたします。


♪ “LIVE UNDER THE SKY 〜 GALAXY ALL STARS IN TOKYO” (Galaxy, GXY-95001)

GALAXY ALL STARS IN TOKYO

(A-1)Just In Time (A-2)I'll Remember April
(B-1)Autumn Leaves (B-2)Baby Sweet
(C-1)Equinox
1978-07-30, <Denen-Colosseum>, Tokyo
(A-1): Red Garland(p), Charlie Scott(b), Walter Winn(ds).
(other): Sadao Watanabe(as), Red Garland(p), Richard Davis(b), Roy Haynes(ds).

 長年探していた,ライブ・アンダー・ザ・スカイでのライブ盤。Garland 自身の演奏は,決して好調ではありません。それでも,初めて日本で演奏した彼の記録です。(涙)
 なお,(C-2)Confirmation (D-1)I'm Old Fashioned (D-2)Moose The Mooche という残りの3曲は,Hank Jones(p),Ron Carter(b),Tony Williams(ds) というトリオ,つまり The Great Jazz Trio と 渡辺貞夫の共演です。
 ちなみに,ジャケット写真は,その Hank Jones のセットです。


♪ Red Garland “EQUINOX” (Galaxy, GXY-5115)

Equinox

(A-1)It's All Right With Me (A-2)Hobo Joe (A-3)Equinox
(B-1)Cute (B-2)Nature Boy (B-3)On A Clear Day (You Can See Forever) (B-4)You Are Too Beautiful
1978-08-04,05, Berkeley
Red Garland(p), Richard Davis(b), Roy Haynes(ds).

 このアルバム・タイトルがわからなかったので,辞書を引くと,「昼夜平分時」というらしい。この単語の前に「the spring」とつけると,「春分」となる。勉強になりました。それで,ジャケットの左上に土星のような形やカラフルな丸で惑星の軌道のような絵が描かれているわけです。演奏曲は,晩年の愛奏曲がズラリ。ただし,ベースが珍しくも Richard Davis で,(B-2)は,さすが交響楽団にも在籍した Richard Davis のクラシック調の弓弾きで演じられています。


♪ Red Garland “STEPPING OUT” (Galaxy, GXY-5129)

STEPPING OUT

(A-1)Yours Is My Heart Alone (A-2*)You Stepped Out Of A Dream (A-3)I Wish I Knew
(B-1*)Have You Met Miss Jones (B-2)Daahoud (B-3*)Here's That Rainy Day
1979-07-9〜10, Berkeley
Red Garland(p), Kenny Burrell(g*), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).

 Galaxy 時代の Red Garland のアルバム。つい先日,ようやく入手しました。
 1979 年の 7 月 9 日から 12 日にかけて,Ron Carter,Ben Riley と組み,このトリオに様々なゲストを加えて全 17 曲を録音しました。その中から,Kenny Burrell を加えた3曲を含む6曲が収録されています。
 なんといっても,しみじみした後姿のジャケットがいい。この後,アルバムとして残されたセッションは4回しかないのだから。
 


♪ Red Garland “SO LONG BLUES” (Galaxy, GXY-5149)

So Long Blues

(A-1)Gee, Baby Ain't I Good To You (A-2)In A Mellow Tone (A-3)The Best Man
(B-1)So Long Blues (B-2)They Didn't Believe Me (B-3)3-String Blues
(A-2)(B-2)(B-3): 1979-07-09, Berkeley.
(A-1)(A-3): 1979-07-10, Berkeley.
(B-1): 1979-07-12, Berkeley.

(A-1): Red Garland(p), Kenny Burrell(g), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).
(A-2): Red Garland(p), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).
(A-3): Red Garland(p,vo), Kenny Burrell(g), Ron Carter(b).
(B-1): Julian Priester(tb), George Coleman(ts), Red Garland(p), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).
(B-2)(B-3): Red Garland(p), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).

 録音日からいうと翌日,翌々日のものをまとめた次の“STRIKE UP THE BAND”があるけど,レコード番号では,こちらがGalaxy時代の最後。タイトルが意味深でなんかさみしいものがある。
 ここでは,彼のヴォーカルが聴ける。(A-3) がそれで,ピアノ,ベース+Kenny Burrell のギターという編成で,ほのぼのとした声で歌っている。決してお世辞にも巧いとはいえないが,写真で見る人の良さそうな,やさしい声だ。


♪ Red Garland “STRIKE UP THE BAND” (Galaxy, GXY-5135)

Strike Up The Band

(A-1)Straight No Chaser (A-2)Receipt, Please
(B-1)In A Sentimental Mood (B-2)Everything Happens To Me (B-3)Strike Up The Band
1979-07-11,12, Berkeley
(A-1)(A-2)(B-3): Julian Priester(tb), George Coleman(ts), Red Garland(p), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).
(B-1): Julian Priester(tb), Red Garland(p), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).
(B-2): George Coleman(ts), Red Garland(p), Ron Carter(b), Ben Riley(ds).

 Julian Priester をフィーチャーした《In A Sentimental Mood》,George Coleman のがんばる《Everything Happens To Me》など地味ながら,ちょっといい演奏です。

↑TOP



♪ Red Garland “WEE SMALL HOURS” (Trio Full House, PAP-9211)

WEE SMALL HOURS

(A-1)That's All (A-2)My Romance (A-3)In The Wee Small Hours (A-4)Everytime We Say Goodbye (A-5*)Moonlight In Vermont (A-6)When Sunny Gets Blue
(B-1)My Funny Valentine (B-2)You Are Too Beautiful (B-3)Who Can I Turn To (B-4*)Street Of Dream (B-5)I Should Care
1980-02-05, Tokyo
Red Garland(p), Jamil Nasser(b),Jimmy Cobb(ds).
(*): Lou Donaldson(as), Red Garland(p), Jamil Nasser(b),Jimmy Cobb(ds).

 1980 年に,2度目の来日を果たした時に,スタジオ録音されたもので,2曲に,Lou Donaldson が参加しています。基本的には,バラード集なので,Lou Donaldoson のアルトの入っている2曲が,ちょうどいい,チェンジ・オブ・ペースになっているかもしれません。


♪ Lou Donaldson “FINE AND DANDY” (Lobster, LDC-1022)

Fine And Dandy

(1)Stella By Starlight (2)The Best Things In Life Are Free (3)Misty (4)Fine And Dandy (5)Blues (6)I Got It Bad (And That Ain't Good) (7)Lover Man (8)Tenor Madness
1980-02-06, <Kosei-Nenkin Hall>, Tokyo
Lou Donaldson(as), Red Garland(p), Jamil Nasser(b), Jimmy Cobb(ds).

 2度目の来日時に東京で録音されたアルバム。80年といえば,就職した年。まだ,Red Garland のファンとは言えなかった。やっと,いわゆる名盤を集め出していた頃。
 このジャケットは,オリジナルではなく,CDで再発された時のものです。オリジナルLPは,残念ながら持っていません。オリジナルは,Lobster というレーベルから出ています。資料を見ると,Lou Donaldoson の笑顔がジャケット。


♪ Red Garland “MISTY RED” (Baystate, RJL-8031)

MISTY RED

(A-1)This Can't Be Love (A-2)Misty (A-3)But Not For Me (A-4)Over The Rainbow
(B-1)If I Were A Bell (B-2)My Funny Valentine (B-3)You'd Be So Nice To Come Home To (B-4)Willow Weep For Me
1982-04-13,14, L.A.
Red Garland(p), Jamil Nasser(b), Frank Gant(ds).

 日本制作のアルバムで,スタジオでの最終録音盤。ただ,私は,この指のもつれ気味の,かつどの演奏もふだんの彼のリズムより遅めの演奏を初めて聴いたとき,痛々しさだけを感じ,こんなアルバムを発売したことに怒りを感じたのを覚えています。今も気持ちは変わっていません。
 ライブでの好調な彼のアルバムがその後次々に登場しただけに,余計にこの不調時のアルバムが残念です。
 なお,CD盤は,Timeless レーベルから出ています。


♪ Red Garland “THE LAST RECORDING 〜 MY FUNNY VALENTINE” (Meldac Jazz, MECJ-30004)

The Last Recording

(1)Have You Met Miss Jones (2)Wonderful Wonderful (3)My Funny Valentine (4)Love For Sale (5)The Second Time Around
1983-02-, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), James Leary(b), Eddie Marshall(ds).

 死後,多数のキーストーン・コーナーでのライブ音源が発掘されたが,これは,まさに最後の録音となった1983年2月のライブ。もう一枚,次の “The Last Recording 2”がある。
 再発時には,ジャケットが変わりました。


♪ Red Garland “THE LAST RECORDING 2 〜 AUTUMN LEAVES” (Meldac Jazz, MECJ-30007)

The Last Recording 2

(1)Autumn Leaves (2)It's Impossible (3)That's All (4)Going Home (I'm Going Home) (5)Cherokee (6)Will You Still Be Mine
1983-02-, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), James Leary(b), Eddie Marshall(ds).

 上の “The Last Recording 1 〜 My Funny Valentine” と対になる。レッド・ガーランドの最後の録音集です。曲目は,おなじみの曲がずらり。
 再発時には,ジャケットが変わりました。


↑TOP


《追加アルバム》

♪ Miles Davis “CIRCLE IN THE ROUND” (CBS-Sony, 36AP 1409-10)

CIRCLE IN THE ROUND

(A-1)Two Bass Hit
1955-10-27, NYC
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 “ROUND ABOUT MIDNIGHT”収録の第1回目の録音時の残りのテイク。
 こちらは,日本で発売されたもの。アメリカ盤と若干,収録曲に違いはあるようだが,Red Garland の関係では,同じだ。


♪ Arnett Cobb “BLUE AND SENTIMENTAL” (Prestige, PRCD-24122-2)

Blue And Sentimental

(1)Sweet Georgia Brwon (2)Black Velvet (3)Blue Sermon (4)Georgia On My Mind (5)Sizzlin' (6)The Way You Look Tonight (7)Willow Weep For Me (8)Hurry Home (9)P.S.I Love You (10)Blue And Sentimental (11)Darn That Dream (12)Why Try To Change Me Now (13)Your Wonderful Love
(1-6):1960-10-31, Englewwod Cliff, NJ
(7-13):1960-11-13, Englewwod Cliff, NJ

Arnett Cobb(ts), Red Garland(p), George Tucker(b), J.C.Heard(ds).

 これは,“SIZZLIN'”“BALLADS BY COBB” の2枚をカップリングした CD ならではのお徳用盤。


♪ Red Garland “BLUES IN THE NIGHT” (Prestige, PRCD-24180-2)

BLUES IN THE NIGHT

(1)Back Slidin' (2)Revelation Blues (3)Everytime I Feel The Spirit (4)Halleloo-Y'All (5)I'll Never Be Free (6)Blues In The Night (7)Rocks In My Bed (8)Soul Burnin' (9)A Portrait Of Jennie
1960-07-15 (9):1958-04-11
Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).
(9): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds), Ray Barretto(cong).

 (1)-(5) は “HALLELOO-Y'-ALL”,(6)-(8) は “SOUL BURNIN'”の一部(1960-07-15),それに (9) は “25 YEARS OF PRESTIGE”に収められた (9) を合わせたアルバム。


♪ Red Garland “AT THE PRELUDE, Vol.1” (Prestige, PRCD-24132-2)

AT THE PRELUDE, Vol.1

(1)Satin Doll (2)Perdido (3)There Will Never Be Another You (4)Bye Bye Blackbird (5)Let Me See (6)Prelude Blues (7)Just Squeeze Me (8)One O'Clock Jump (9)Marie (10)Bohemian Blues (11)One O'Clock Jump (12)A Foggy Day (13)Mr.Wonderful
1959-10-02, <The Prelude Club>, NYC.
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 Prelude Club でのライブ盤は4枚あるが,これは,“AT THE PRELUDE”“LIVE!”の2枚を合わせたお徳用盤。ついでだから,Vol.2 も出して欲しいね。
 ちなみに,我が家のトップ・ページを飾るのは,このアルバム・ジャケットを加工したもの。


♪ Red Garland “RED'S BLUES” (Prestige, PRCD-11017-2)

Red's Blues

(1)See See Rider (2)Red Beans (3)Your Red Wagon (4)Birks' Work (5)Ralph J.Gleason Blues (6)The P.C.Blues (7)Black Velvet (8)St.James Infirmary (9)Skinny's Blues (10)Ahmad's Blues (11)Prelude Blues
1957〜1962.
Red Garland(p) & others.

 “Red In Blues-ville”“Coleman Hawkins with Red Garland Trio”“Soul Junction”“Rojo”“The P.C.Blues”“Sizzlin'”“When There Are Grey Skies”“Rediscovered Masters”“Workin'”“Red Garland At The Prelude”などからのコンピレーション・アルバムです。


♪ Miles Davis “'ROUND ABOUT MIDNIGHT” (Columbia/Legacy, CK 85201)

(1)Round Midnight (2)Ah Leu Cha (3)All Of You (4)Bye Bye Blackbird (5)Tadd's Delight (6)Dear Old Stockholm (7)Two Bass Hit (8)Little Melonae (9)Budo (10)Sweet Sue, Just You
(2)(7)(8)(9): 1955-10-27, NYC
(4)(5)(6): 1956-06-05, NYC
(1)(3)(10): 1956-09-10, NYC

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 ご存知,“'ROUND ABOUT MIDNIGHT”のCD盤(輸入盤)です。ここに,このアルバムと同じ時に録音された4曲が,ボーナス・トラックとして追加されています。これだから,CDもチェックしないといけないんですよね。しかし,私は,知らなかったのです。Jackie Mclean ファンの『masaki's BLUESNIK』の管理人 masaki さんの掲示板で教えていただきました。


♪ Red Garland “WHEN THERE ARE GREY SKIES” (Prestige, VICJ-60031)

WHEN THERE ARE GREY SKIES+1

(1)Sonny Boy (2)My Honey's Lovin' Arms (3)St.James Infirmary (4)I Ain't Got Nobody (5)Baby Won't You Please Come Home (6)Nobody Knows The Trouble I See (7)My Blue Heaven
1962-10-09
Red Garland(p), Wendell Marshall(b), Charles Persips(ds).

 ビクター発売のこのCDには,同日録音の《My Blue Heaven》 がボーナス・トラックとして追加されている。


♪ Miles Davis “PLAYS FOR LOVERS” (Prestige, P-7352)

PLAYS FOR LOVERS

(A-1)There Is No Greater Love (A-2)Something I Dreamed Last Night
(B-1)When I Fall In Love (B-3)Will You Still Be Mine (B-4)I See Your Face Before Me
1955-06-07,1955-11-16,1956-05-11
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 Prestige お得意のコンピレーション・アルバムです。全8曲が収録されていますが,Red Garland の参加しているのは,上記の5曲。(A-1) は,“MILES 〜 THE NEW MILES DAVIS QUINTET” (Prestige, 7014)から,(A-2),(B-1) は,“STEAMIN'” (Prestige, P-7200),(B-3),(B-4) は,“THE MUSINGS OF MILES” (Prestige, P-7007)の曲。
 クインテット時代の演奏が4曲だが,どれも John Coltrane 抜きの演奏だというところが,面白い。 当時,バラード演奏については,Coltrane を認めていなかったのだろう。


♪ Red Garland “STRETCHING OUT” (Prestige, PRCD-24272-2)

STRETCHING OUT

(1*)Satin Doll (2*)The Man I Love (3*)A Little Bit Of Basie (4)It's A Blue World (5)M-Squad Theme (6)Lil' Darlin' (7)We Kiss In A Shadow (8)Blues In The Closet (9)Like Someone In Love
(*) : 1959-08-12,1959-10-02
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Doug Watkins(b*), Charles Specs Wright(ds).

 ニューヨークのプレリュード・クラブでのライブ盤は,4枚のアルバムになっていますが,これは,そのうちの2枚,“SATIN DOLL”“LIL' DARLIN'” をカップリングしたアルバムです。ジャケットは,“STAIN DOLL”と同じ写真ですね。


♪ Red Garland “RED GARLAND COMPLETE AT THE PRELUDE” (Prestige, VICJ-61098〜100)

RED GARLAND COMPLETE AT THE PRELUDE, disc 1

DISC 1 SET 1

(1)M Squad Theme (2)There Will Never Be Another You (3)Let Me See (4)We Kiss In A Shadow (5)Blues In The Closet (6)Satin Doll (7)Li'l Darlin' (false start) (8)Li'l Darlin' (9)One O'Clock Jump
1959-10-02
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 日本のビクターエンターテイメントから,<THE PRELUDE CLUB> でのライブが,これまで未発表だった演奏も含めて,演奏順に収録されたコンプリート盤が,CD3枚のボックス・セットとして,2003 年 5 月 21 日に発売された。
 このファースト・セットでは,《Satin Doll》 の別ヴァージョンと 30 秒ほど演奏してやり直した 《Li'l Darlin'》 が初登場。


RED GARLAND COMPLETE AT THE PRELUDE, disc 2

DISC 2 SET 2

(1)Perdido (2)Bye Bye Blackbird (3)Like Someone In Love (4)It's A Blue World (5)Marie (6)Bohemian Blues (7)One O'Clock Jump
1959-10-02
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 セカンド・セットは,これまでに,順不同ながらも,すべて発表されていた演奏。


RED GARLAND COMPLETE AT THE PRELUDE, disc 3

DISC 3 SET 3

(1)A Foggy Day (2)Satin Doll (3)Mr. Wonderful (4)Just Sqeeze Me (5)Prelude Blues (6)Cherokee (7)One O'Clock Jump
1959-10-02
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 《Cherokee》,《One O'Clock Jump》 が,今回初めて日の目を見た演奏。
 後年のライブでは,よく演奏していた 《Cherokee》 がすでにこの時に演奏されていたわけだ。


♪ Red Garland “THE BEST OF RED GARLAND” (Prestige, VICJ-61091)

THE BEST OF RED GARLAND

(1)C Jam Blues (2)I Can't Give You Anything But Love (3)But Not For Me (4*)St.James Infirmary (5*)My Blue Heaven (6)Soon (7)Summertime (8)Rain (9)A Foggy Day (10)What Is This Thing Called Love (11)This Can't Be Love (12)And The Angels Sing (13)Billy Boy
(1)-(3), (6)-(13) : 1956 〜 1958.
(4),(5) : 1962-10-09.

Red Garland(p), Paul Chambers(b), Wendell Marshall(b*), Art Taylor(ds), Charlie Persip(ds).

 上の “COMPLETE AT THE PRELUDE” と同時に発売された ベスト盤。収録曲の元のアルバムが,即座に答えられたら,スゴイ!
 おさらいしておきますと,(1):“GROOVY”,(2),(3):“RED GARLAND'S PIANO”,(4),(5):“WHEN THERE ARE GREY SKIES”,(6):“CAN'T SEE FOR LOOKIN'”,(7),(8):“ALL KINDS OF WEATHER”,(9),(10):“A GARLAND OF RED”,(11):“IT'S A BLUE WORLD”,(12):“THE RED GARLAND TRIO”,(13):“RED GARLAND REVISITED!”


♪ Red Garland  “RED ALONE” (Moodsville)

Red Alone

(1)When Your Lover Has Gone (2)These Foolish Things (3)My Last Affair (4)You Are Too Beautiful (5)I Got It Bad (And That Ain't Good) (6)The Nearness Of You (7)Nancy (8)When I Fall In Love
Rec. Apr. 2, 1960.
Red Garland(p).

 すでに紹介してあるアルバムのジャケット違いというだけです。オリジナル・ジャケット盤は,上に紹介したもので,Moodsville レーベルの手抜きじゃないか,と思ってしまう,例の文字だけのもの。今回 OJC盤で再発されるにあたって,ジャケットが変わりました。
 “ALONE WITH THE BLUES” という同日録音のソロ・アルバムがもう一枚あるので,それとカップリングされたか,と思ったのに,内容は,オリジナルとまったく同じでした。せめて,未発表録音とかあれば良かったのに・・・・


♪ Red Garland  “THE BEST OF THE RED GARLAND QUINTETS” (Prestige)

THE BEST OF THE RED GARLAND QUINTETS
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds).
Richard Williams(tp), Oliver Nelson(ts), Red Garland(p), Peck Morrison(b), Charlie Persip(ds).
Rec. (4), (6) : Nov. 15, 1957.
    (1), (2): Dec. 13, 1957.
    (3), (5) : Mar. 16, 1961.

(1)Billie's Bounce (2)Solitude (3)Soft Winds (4)Soul Junction (5)On Green Dolphin Street (6)Our Delight

 またまた,Red Garland です。クインテットでの演奏を集めたコンピレーションもので,Donald Byrd,John Coltrane, George Joyner, Art Taylor とのおなじみのクインテットと,Richard Williams,Oliver Nelson, Peck Morrison, Charles Persip というただ1回だけのクインテットでの録音。
 ちなみに,元アルバムは,(1) : “Dig It”,(2) : “High Pressure”,(3) : “Rediscovered Masters”,(4) : “Soul Junction”,(5) : “Soul Burnin'”,(6) : “All Mornin' Long” です。
 ジャケット写真は,“Soul Junction” で使われたものと同じ時の写真でしょう。

 

♪ Red Garland  “The Best Of Red Garland Trios” (Prestige)

The Best Of Red Garland Trios
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Sam Jones(b), Art Taylor(ds), Al Heath(ds), Ray Barretto(cong), Eddie Lockjaw Davis(ts), Kenny Burrell(g).
Rec. 1956 - 1960.

(1)Your Red Wagon (2)My Romance (3)Walkin' (4)The Nearness Of You (5)Will You Still Be Mine (6)Manteca (7)And The Angels Sing (8)Summertime (9)When Your Lovers Has Gone (10)Please Send Me Someone To Love

 病気なんだから仕方がない。Prestige から出たベスト盤。どうせ全て音源は持っているのだから,わざわざ入手する必要もない,と思いながらも,ジャケットが違うと,ついつい手が出てしまう。
 「Trios」 というタイトルだが,ソロ・ピアノの (4) や Ray Barretto の入った (6),それに Kenny Burrell の入った (3),Eddie Lockjaw Davis の入った (9) も収録されているので,純粋にトリオだけというわけではない。
 それにしても,数年前に自分で選曲して ○ピーしたアルバムと同じ (1) でアルバムが始まるというのも,なにやら感慨深いものがある。


♪ Red Garland  “Prestige Profile 〜 THE RED GARLAND QUINTETS Featuring JOHN COLTRANE” (Prestige)

Prestge Profile 〜 THE RED GARLAND QUINTETS Featuring JOHN COLTRANE
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds),
Richard Williams(tp), Oliver Nelson(ts), Peck Morrison(b), Charlie Persip(ds).
Rec. (4), (6) : Nov. 15, 1957.
    (1), (2): Dec. 13, 1957.
    (3), (5) : Mar. 16, 1961.

(1)Billie's Bounce (2)Solitude (3)Soft Winds (4)Soul Junction (5)On Green Dolphin Street (6)Our Delight

 最近,Prestige から,“PRESTIGE PROFILE” と称して,Prestige の代表的なミュージシャンのオムニバス盤が数枚出されているが,その中の一枚。ただし,上の “The Best Of The Red Garland Quintets” と内容は同じだ。ジャケットが違うので,購入。


♪ Red Garland  “I Left My Heart...” (32jazz, 32107)

I Left My Heart...
Red Garland(p), Chris Amberger(b), Eddie Moore(ds), Leo Wright(as*).
Rec. May. 1978, live at <Keystone Korner>, San Francisco.

(1)Will You Still Be Mine (2)Please Send Me Someone To Love (3)Bye Bye Blackbird (4*)Body And Soul (5*)Bag's Groove (6*)I Left My Heart In San Francisco

 上に紹介した “I LEFT MY HEART...” で,今回は,32Jazz レーベルから出たCD盤のジャケット。


♪ Red Garland  “Feelin' Red” (32jazz, 32091)

Feelin' Red
Red Garland(p), Sam Jones(b), Al Foster(ds).
Rec. May. 15, 1978

(1)It's All Right With Me (2)You Better Go Now (3)On A Clear Day (4)Going Home (5)The Second Time Around (6)I Wish I Knew (7)Cherokee

 “Feelin' Red” の 32Jazz レーベルから出たCD盤。


♪ Miles Davis “THE MILES DAVIS QUINTET - THE LEGENDARY PRESTIGE QUINTET SESSIONS” (Prestige, PRCD 4-4444-2)

THE MILES DAVIS QUINTET - THE LEGENDARY PRESTIGE QUINTET SESSIONS

DISC 1

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. (1) - (6) : Nov. 16, 1955.
   (7) - (10) : May 11, 1956.

(1)Stablemates (2)How Am I To Know (3)Just Squeeze Me (4)There Is No Greater Love (5)The Theme (6)S'Posin' (7)In Your Own Sweet Way (8)Diane (9)Trane's Blues (10)Something I Dreamed Last Night

DISC 2

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. (1) - (10) : May 11, 1956.
   (11) - (12) : Oct. 26, 1956.

(1)It Could Happen To You (2)Woody'n You (3)Ahmad's Blues (4)Surrey With The Fringe On Top (5)It Never Entered My Mind (6)When I Fall In Love (7)Salt Peanut (8)Four (9)The Theme (take 1) (10)The Theme (take 2) (11)If I Were A Bell (12)Well, You Needn't

< p>DISC 3
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. (1) - (10) : Oct. 26, 1956.

(1)'Round Midnight (2)Half Nelson (3)You're My Everything (4)I Could Write A Book (5)Oleo (6)Airegin (7)Tune Up (8)When Lights Are Low (9)Blues By Five (10)My Funny Valentine

THE MILES DAVIS QUINTET - THE LEGENDARY PRESTIGE QUINTET SESSIONS, DISC 4

DISC 4

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds), Steve Allen(announcer).
Rec. (1) - (4) : Nov. 17, 1955, The Tonight Show with Steve Allen at The Hudson Theatre, New York, NY.
   

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. (5) - (6) : Dec. 8, 1956, The Blue Note, Philadelphia, PA.


Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds), Guy Wallace(announcer).
Rec. (7) - (10) : May 17, 1958, Cafe Bohemia, New York, NY.

(1)Steve Allen Intro (2)Max Is Making Wax (aka Chance It) (3)Steve Allen Intro 2 (4)It Never Entered My Mind (5)Tune Up (6)Walkin' (7)Four (8)Bye Bye Blackbird (9)Walkin' (10)Two Bass Hit

 Prestige から出たオリジナル・クインテットのCD4枚組のボックス・セット。DISC 1 から DISC 3 までは,Prestige での正式録音セッションで,1956 年 11 月 16 日のセッションから,いわゆる2度のマラソン・セッションを録音順に並べたもの。

 DISC 4 は,テレビ,ラジオで放送された音源で,これまで海賊盤で聴くことができたもの。ただし,(7) - (10) の4曲は,Bill Evans がピアノに座っているので,気をつけよう。
 Steve Allen の Tonight Show の音源は,“LIVE IN DEN HAAG” にも収録されているもの。ただし,(3) は初めて出たようだ。録音日だが,このボックス・セットでは,1955 年 11 月 17 日としているが,10 月 18 日とする説もある。
 次の フィラデルフィアの Blue Note でのライブ録音も先のアルバムにも収録されていたもの。どちらも,私は,“LIVE IN DEN HAAG” で初めて聴いたわけだが,それより以前に,Miles Davis “Rare Unreleased Broadcasts”,“MILES DAVIS 〜 BUD POWELL 〜 ART TATUM” といった海賊盤が先に出ていたもの。


♪ Miles Davis  “Live At Saint Louis 1956” (The Jazz Factory, JFCD 22879)

Live At Saint Louis 1956
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jines(ds).
Rec. Jul. 14 & 21, 1956, live at Peacock Alley, St.Louis.

(1)Intro (2)Ah-Leu-Cha (3)A Foggy Day (4)All Of You (5)Woody'n You (6)Walkin' (7)Two Bass Hit (8)Well You Needn't (9)Billy Boy (10)All Of You (11)Airegin (12)Announcement / The Theme (13)Sigh Off / The Theme

 “At Peacock Alley” (Soulard, VGM-Sou 1997) が The Jazz Factory というレーベルから再発されたもので,少し前に,掲示板で A.tomy さんに情報をいただいていました。たまたま,入ったCD屋で見つけたもの。
 曲名や,録音日については,一応,CDに記載されている通りとしました。前にも書きましたが,(11) は,《Oleo》,(12) は,今回のアルバムでは,《Announcement / The Theme》 となっていますが,短いアナウンスでは,《Newk#2》 と紹介されており,実は,《Airegin》 が演奏され,最後に,短い 《The Theme》 が演奏されています。
 録音日については,正しくは,1957 年 2 月 17 日と 23 日だと言われています。


♪ Red Garland “The 1956 Trio” (Essential Jazz Clasics, EJC55402)

The 1956 Trio
1 - 12 : Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
13 : Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jines(ds).
Rec. 1 - 8 : Aug. 17, 1956.
   9 - 12 : Dec. 14, 1956.
   13 : May 11, 1956

(1)A Foggy Day (2)My Romance (3)What Is Thing Called Love (4)Makin' Whoopee (5)September In The Rain (6)Little Girl Blue (7)Blue Red (8)Constellation (9)Willow Weep For Me (10)If I Were A Bell (11)I Know Why (12)What Can I Say (13)Ahmad's Blues

 1956 年に録音されたトリオでの演奏を集めたアルバム。“A Garland Of Red”“Groovy”“Red Garland's Piano”“Workin'” に分散して収録されている。


♪ Red Garland “RED GARLAND AT THE PRELUDE” (Prestige, 2PRCD-24295-2)

RED GARLAND TRIO AT THE PRELUDE

(Disc 1)
(1)M Squad Theme (2)There Will Never Be Another You (3)Let Me See (4)We Kiss In A Shadow (5)Blues In The Closet (6)Satin Doll (7)Li'l Darlin' (false start) (8)Li'l Darlin' (9)One O'Clock Jump (10)Perdido (11)Bye Bye Blackbird (12)Like Someone In Love 

(Disc 2)
(1)It's A Blue World (2)Marie (3)Bohemian Blues (4)One O'Clock Jump (5)A Foggy Day (6)Satin Doll (7)Mr. Wonderful (8)Just Sqeeze Me (9)Prelude Blues (10)Cherokee (11)One O'Clock Jump
Rec. Oct. 2, 1959, live at The Prelude, NYC.
Red Garland(p), Jimmy Rowser(b), Charles Specs Wright(ds).

 日本盤は,すでに出ているが,アメリカの Prestige から出た Complete At The Prelude で,こちらは,2枚組にまとめられた。


♪ Miles Davis “The Complete Live Recordings 1947 -1955” (united archive, UAR503.10)

The Complete Live Recordings 1947 -1955
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. Nov. 18, 1955, live at Basin Street Club, YV broadcast “The Steve Allen Tonight Show”.

(Disc 10)
(8)Max Is Making Wax (9)It Never Entered My Mind

 Miles Davis の 1947 年から 1955 年にかけてのライブ音源を 10 枚組のボックス・セットにまとめたもの。そのうちの最後の 2 曲が Red Garland の参加しているオリジナル・クインテットの演奏だが, Miles Davis “Rare Unreleased Broadcasts” (Yadeon),Miles Davis “LIVE IN DEN HAAG” (Lonehill Jazz),Miles Davis “THE MILES DAVIS QUINTET - THE LEGENDARY PRESTIGE QUINTET SESSIONS” (Prestige) に収録されているのと同じ。


♪ Miles Davis “The Complete Live Recordings 1956 -1957” (united archive, UAR506)

The Complete Live Recordings 1956 -1957

(Disc 1)

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. Feb. 18, 1956, live at Pasadena Civic Center, Cal.
(1)Walkin' (2)Max Is Making Wax (3)It Never Entered My Mind (4)Woody'n You (5)Saly Peanuts / The Theme

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. Jul. 14, 1956, live at Peacock Alley, St.Louis.
(6)Ah-Leu-Cha (7)All Of You (8)Woody'n You (9)Walkin'

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. Jul. 21, 1956, live at Peacock Alley, St.Louis.
(10)Two Bass Hit (11)Well, You Needn't (12)All Of You

(Disc 2)
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. Jul. 14, 1956, live at Peacock Alley, St.Louis.
(1)Oleo (2)Airegin / The Theme (3)The Theme

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
Rec. Dec. 8, 1956, live at Blue Note, Philadelphia, Radio broadcast Bandstand USA.
(11)Tune Up (12)Walkin'

Miles Davis(tp), Sonny Rollins(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
Rec. Jul. 13, 1957, live at Cafe Bohemia, NYC, Radio broadcast Bandstand USA.
(13)Foue (14)Bye Bye Blackbird (15)It Never Entered My Mind (16)Walkin'

(Disc 3)
Miles Davis(tp), Sonny Rollins(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
Rec. Jul. 20, 1957, live at Cafe Bohemia, NYC, Radio broadcast Bandstand USA.
(1)Dear Old Stockholm (2)Bag's Groove

Miles Davis(tp), Sonny Rollins(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
Rec. Jul. 27, 1957, live at Cafe Bohemia, NYC, Radio broadcast Bandstand USA.
(3)Bye Bye Blackbird (4)Tune Up

 こちらは,1956 年と 1957 年のライブを収録した4枚組で,上記のように Red Garland の入った演奏が,6 セッション収録されている。そのほとんどは,すでに他のアルバムで聴けるが,1957 年 7 月 20 日と 7 月 27 日のものは,これまでディスコグラフィーになかったものだ。これだけでも貴重なもの。


♪ Red Garland “The Last Recording I 〜 My Funny Valentine” (After Beat, PCCY-30137)

The Last Recording 1

(1)Have You Met Miss Jones (2)Wonderful Wonderful (3)My Funny Valentine (4)Love For Sale (5)The Second Time Around
1983-02-, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), James Leary(b), Eddie Marshall(ds).

 “THE LAST RECORDING II 〜 AUTUMN LEAVES” のジャケット違いです。(^^ゞ


♪ Red Garland “THE LAST RECORDING II 〜 AUTUMN LEAVES” (After Beat, PCCY-30138)

The Last Recording 2

(1)Autumn Leaves (2)It's Impossible (3)That's All (4)Going Home (I'm Going Home) (5)Cherokee (6)Will You Still Be Mine
1983-02-, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), James Leary(b), Eddie Marshall(ds).

 “THE LAST RECORDING II 〜 AUTUMN LEAVES” のジャケット違いです。(^^ゞ


♪ Miles Davis “Walkin', Cookin', Relaxin', Workin', Steamin'” (Not Now Music, NOT5CD0902)

Walkin', Cookin', Relaxin', Workin', Steamin'

(disc 1)
“Walkin'”

(disc 2)
“Cookin'”
(1)My Funny Valentine (2)Blues By Five (3)Airegin (4)Tune Up 〜 When Lights Are Low
1956-10-26
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).
(1): Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

(disc 3)
“Relaxin'”
(1)If I Were A Bell 2)You Are My Everything (3)I Could Write A Book (4)Oleo (5)It Could Happen To You (6)Woody'n You (5)(6): 1956-05-11
1956-10-26

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

(disc 4)
“Workin'”
(1)It Never Entered My Mind (2)Four (3)In Your Own Sweet Way (4)The Theme (take 1) (5)Vierd Blues (Trane's Blues) (6)Ahmad's Blues (7)Half Nelson (8)The Theme (take 2)
1956-05-11
(7):1956-10-26

(1): Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds). (6): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds). Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

(disc 5)
“Steamin'”
(1)The Surrey With The Fringe On Top (2)Salt Peanuts (3)Something I Dreamed Last Night (4)Diane (5)Well You Needn't (6)When I Fall In Love
1956-05-11
(5): 56-10-26

Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds). (3)(6): Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds).

 タイトルどおり,Miles の “Walkin'”,“Cookin'”“Relaxin'”“Workin'”“Steamin'” の5枚のアルバムのセット物。すでにLPでは持っているもので,未発表音源もなし。だけど,CDは持ってなかったのと,Red Garland が入っていると,つい買ってしまう。


♪ Red Garland “Bright And Breezy + The Nearness Of You” (Essential Jazz Classics, EJC 55574)

Bright And Breezy + The Nearness Of You

(1)On Green Dolphin Street (2)I Ain't Got Nobody (3)You'll Never Know (4)Blues In The Closet (5)What's New (6)Li'l Darlin' (7)What Is There To Say (8)So Sorry (9)Please Why Was I Born (10)The Nearness Of You (11)Where Or When (12)Long Ago And Far Away (13)I Got It Bad (And That Ain't Good) (14)Don't Worry About Me (15)All Alone
(1) - (8) : 1961-07-19
(9) - (15) : 1961-11-30

(1) - (8) : Red Garland(p), Sam Jones(b), Charlie Persip(ds).
(9) - (15) : Red Garland(p), Larry Ridley(b), Frank Gant(ds).

 タイトルどおり Jazzland から出た “Bright And Breezy”“The Nearness Of You” の2枚を1枚のCDにしたもの。ただし,“The Nearness Of You” の 《Lush Life》 は入っていない。


♪ Red Garland “RED GARLAND EIGHT CLASSIC ALBUMS” (Real Gone Jazz, RGJCD263)

RED GARLAND EIGHT CLASSIC ALBUMS

(disc 1)
“Dig It”
(1)Billie's Bounce (2)Crazy Rhythm (3)C.T.A. (4)Lazy Mae
(3): 1957-03-22 (1)(4): 1957-12-13 (2): 1958-02-07
(3): John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(1): Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(4): John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).
(2): Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

“Red Garland's Piano”
(5)Please Send Me Someone To Love (6)Stompin' At The Savoy (7)The Very Thought Of You (8)Almost Like Being In Love (9)If I Were A Bell (10)I Know Why (11)I Can't Give You Anything But Love (12)But Not For Me
March 22, 1957 Hackensack, N.J. 
(9),(10): Dec. 14, 1956

Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

(disc 2)
“Can't See For Lookin'”
(1)I Can't See For Lookin' (2)Soon (3)Blackout (4)Castle Rock
1958-06-27
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

“Red Alone”
(5)When Your Lover Has Gone (6)These Foolish Things (7)My Last Affair (8)You Are Too Beautiful (9)I Got It Bad (And That Ain't Good) (10)The Nearness Of You (11)Nancy (12)When I Fall In Love
1960-04-02
Red Garland(p).

(disc 3)
“Groovy”
(1)C Jam Blues (2)Gone Again (3)Will You Still Be Mine (4)Willow Weep For Me (5)What Can I Say Dear (6)Hey Now
1957-08-09, 56-12-14
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

“Soul Junction”
(7)Soul Junction (8)Woody'n You (9)Birks Works (10)Hallelujah
1957-11-15
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds).

(disc 4)
“It's A Blue World”
(1)This Can't Be Love (2)Since I Feel For You (3)Teach Me Tonight (4)It's A Blue World
1958-02-07
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds).

“Red In Bluesville”
(5)He's A Real Gone Guy (6)See See Rider (7)M-Squad Theme (8)That's Your Red Wagon (9)Trouble In Mind (10)St.Louis Blues
1959-04-17
Red Garland(p), Sam Jones(b), Art Taylor(ds).

 Prestige の “Dig It”“Red Garland's Piano”“Can't See For Lookin'”“Red Alone”“Groovy”“Soul Junction”“It's A Blue World”“Red In Bluesville” の8枚を4枚のCDに収録したもの。ただ,曲目が重なってる,“Soul Junction” の 《I Got It Bad (And That Ain't Good)》 と “It's A Blue World” の 《Crazy Rhythm》 は,メンバ−が違うけど収録されていない。


♪ Red Garland  “SAYING SOMETHING” (Prestige)

Saying Something
Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds).
Rec. (*) Nov. 15, 1957 & Dec. 13, 1957.
(**) Richard Williams(tp), Oliver Nelson(as,ts), Red Garland(p), Peck Morrison(b), Charlie Persip(ds).
Rec. Mar. 16, 1961.

(A-1)Undecided (A-2)What Is There To Say (A-3*)Two Bass Hit 
(B-1*)Billie's Bounce (B-2*)Soft Winds 
(C-1*)Solitude (C-2*)Lazy Mae 
(D-1**)On Green Dolphin Street (D-2**)If You Could See Me Now

 Prestige レーベルには,いろいろなアルバムからの「寄せ集め」アルバムが,何枚か出ているようですが,これは,たまたま中古屋で見つけたもの。メンバーの違う2種のクインテットでの演奏を収録しています。Byrd - Coltrane とのおなじみのクインテットより,Williams - Nelson のクインテットの演奏の方が,珍しい分,面白いかな。
 元のアルバムは,“HIGH PRESSURE”,“DIG IT” それに,“SOUL BURNIN'” です。


♪ Red Garland “GROOVIN' RED” (M & I, MYCJ-30014)

Groovin' Red

(1)Straight No Chaser (2)Only You (3)Never Let Me Go (4)Our Love Is Here To Stay (5)The Best Things In Life Are Free (6)Solar (7)I Wish I Knew (8)Dear Old Stockholm (9)Billy Boy 〜 The Theme
1977-05-, <Keystone Koner>, SF.
Red Garland(p), Leroy Vinnegar(b), Philly Joe Jones(ds).

 この“GROOVIN' RED”は,1999 年に再発されたもの。


♪ Red Garland  “Misty Red” (Timeless, CDSJP 179)

Misty Red
Red Garland(p), Jamil Nasser(b), Frank Gant(ds).
Rec. Apr. 14,15, 1982, L.A.

(1)This Can't Be Love (2)Misty (3)But Not For Me (4)Over The Rainbow (5)If I Were A Bell (6)My Funny Valentine (7)You'd Be So Nice To Come Home To (8)Willow Weep For Me

 すでにご紹介済の“Misty Red”ですが,今回は,Timeless レーベルから出された海外盤です。


↑TOP