バックナンバー

過去の日記

2001.6.22〜2001.7.21 | since 2000.10.25


2001.7.21

RPG ようやくまとまった時間が作れたのでこのあいだのセッションのリプレイをまとめてアップ。しかしこないだのセッションの、それでも半分ほどしかできてません。2ndキャンペーントップページからどうぞ。後半も近いうちにアップする予定です。すくなくとも次回セッションが28日ですから、それまでにはナントカ。

web Web検索で自分の名前を検索ってのは、誰しも必ず一度はそういう欲求に駆られたと思います。いまのところ戯文堂というハンドルを名乗ってるのはワタシだけだというのは少し前にWeb検索かけたときに発見していたんですが、ぢゃあ横文字表記のgibundoはどうだと思って今日検索してみたら、唯一ワタシ以外の「技文堂」というんがヒット。韓国、ソウルにある出版社らしいです。

2001.7.19

林檎 Mac G4iMacのスピードアップ&マイナーアップデート。G4はフロントのデザインを変えてきましたけど基本は同じ。思ったほど“意外”な新製品は出ませんでした。Mac World conference & EXPO 2001、スティーブ・ジョブスの基調講演の話です(日本時間18日22時)。ハードウェアとしては順当なアップデートしかありませんでしたがしかしソフトウェアのほうは熱く、例えばMac OS X 10.1(しかし迂遠なバージョン表記ですよねぇ)のアップデートでは従来よりはるかに動作が軽快になったとか、Mac OS Xで初めてIllustratorが動作するデモをやった(レポートによると“OS 9より2倍速い”んだそうです)とか、Mac OS Xで初めてQuarkXPress 5のデモをやったとか。
でも噂通り“Cubeの後継機にあたる新型機”とか“フルモデルチェンジした新型G4”とか“フルモデルチェンジしたうえ液晶ディスプレイになった新型iMac”なんかが出ていれば、それはそれで楽しかったでしょうねぇ。そしてワタシはふたたび物欲の権化に。いや、本気で欲しいです新型。ウチの7600もそろそろ限界ですし。
一般報道のリンクはZDNet、Mac寄りにバイアスかかりまくりの報道ならMacWIRE Onlineに。

2001.7.18

web 推定7月17日早朝、アクセスカウンタが4000ヒットをカウントしたようです。ログ解析などしていないので正確なところは判りませんが、推計で毎日30人〜40人くらいは見に来てくださってることになります。ありがたいことです。一時はアクセス数を増やすためのこともいろいろ考えたのですが、手間と効果のバランスを考慮して(≒めんどくさいことはしない)、このスタイルに落ちつきました。今後ともよろしく。m(__)m

web 各所で話題に上っている「Web日記占い」なるものをやってみました。
「戯文堂さんは妄想日記を書くと多くの人を魅了します。あなたは想像力により普通の人が忘れてしまったり,考えもしない事について,おもしろおかしく効果的に表現した日記を書くと成功するかも知れません」ふむふむなるほど妄想とな。正鵠を射ている(気がする)。「戯文堂さんが書く日記の性質:人間度 0 精神度 83 思考度 60 変態っぽさ 0 やましさ 66」ん?ちょいとお待ち。変態っぽさゼロは納得できる、精神度83・やましさ66もまだ理解できなくはない、人間度ゼロっちゃなんですか。人間度ゼロ。人間味がないと。ワタシは人間ではないと。人のココロがないと。キカイか。からくり人形か。アンドリューNDR114に劣るのか。AI搭載ロボットのデイビッドに劣るのか。そうなんか。ロボットじゃないよ、アンドロイドだよ。ふはははははよーく聞けキャシャーン、姿形は人間でもその実体はアンドロイドキャシャーン! うん人間にしちゃよくバグってる(納得するな)。

2001.7.17

ゴミ 同僚から聞いた話。「日本の首都は?」「東京」「ぶぶー。京都です」。…どういうことさ。その同僚に曰く、江戸時代の終結たる大政奉還ののち、明治政府が「江戸ヲ以テ東京トス」と発令したことはあっても「江戸に都を移転する」と言ったことはないんだそうです。そもそも江戸時代であってもそれ以前の鎌倉時代まで遡っても、政権が関東にあったとて都は常に京でした。道理で1994年の遷都1200年祭が成立するわけです。平安朝の成立以来1,200年を経て、まだ日本の都は京にあるのです。
なんでもそう明記した法律文書があるらしい、というのがこの話の論拠ですが、こういう話を聞くと無意味に反駁したくなるワタシは単なるヘソ曲がりでしょーか。

2001.7.15

SF アリアン5、衛星の打ち上げに失敗。第二段ロケットの燃焼不良?で、衛星が予定の高度に達しなかったそうです。打ち上げた衛星はアルテミスというヨーロッパ宇宙機関の技術試験衛星と、日本のBSAT-2b。BSデジタル放送衛星の予備機です。しかし日本BSAT-1bはアポジモーターが1回使い切りの個体燃料ロケットなのに対し、アルテミスは液体燃料ロケット。おかげでアルテミスは(無理すれば)静止衛星軌道にリカバリできるかもしれないんですと。詳細はこちら、宇宙作家クラブ・ニュース掲示板へ。
ちなみにアポジモーターってのは楕円軌道から静止衛星軌道に移行するときに噴かすロケットエンジンのことで、基本的に1回しか使わないものです(モビルスーツの姿勢制御ロケットをアポジモーターと言うのはちょっと意味が違います)。「衛星の打ち上げ」なんてのは最高に「ミッション・クリティカル」な仕事なので、アソビのない設計をするのが普通なんです。アルテミスの液体燃料だって本来は衛星軌道上で姿勢制御するためのものですから、リカバリーできてもその後の姿勢制御に問題が出て、稼働寿命ははるかに縮むそうです。

2001.7.14

ゴミ 2008年のオリンピック、本命はトロントじゃないかと思ってましたが、北京に決定したそうですね。街が汚いと言われればみんなで建物の壁を磨き芝生が枯れてると言われればみんなで緑の染料を吹きつけしまいには2008人の太極拳をやってしまうあの中国ならではの人海戦術パワーに圧倒されたかIOC(^.^) そして落選を知らずなお盛り上がり続ける大阪の招致集会のいとあはれ。

林檎 会社のキカイがG4になり、ありあまるマシンパワーを過信して(^.^)いままで我慢してたことをいろいろ試してます。たとえば画面用フォントをアンチエイリアスで表示したり。画面上でギザギザ(ジャギー)が目立たないような表示ってことです。Illustratorなどのソフトでは少し前から実装していた機能で、Mac OS 9以降では画面表示用のOSAKAフォントでも効くようになりました。
antialias →ブラウザはこげな感じに表示されます(RPGセッションリプレイ2ndのトップページです)。ただしこれは文字のサイズが12ポイント以上の場合のみ有効。あんまり小さい文字にアンチエイリアスかけると潰れてしまって、かえって読みづらくなるからです。ですから小さいフォントを多用している(まさにここのトップページのような)ところでは殆ど意味がなかったりします(^.^)

2001.7.12

RPG 先日やった第五話セッションのチャットログを編集中。ちょっと公開には猶予を下さい。ここんとこ本業が忙しくてなかなか進まないんです。いいトシこいてるせいで社内で(不本意ながら)年相応の仕事を要求されるので大変です。実務は相変わらず山のようにあるのに、併せて管理職のまねごともしろと。元来ワタシは有能なナマケモノのつもりだから管理職の仕事なんざ有能な働き者に任せたいんですけど。問題は有能な働き者がもっといいトコに転職するか独立するかして、いなくなっちゃうことです。

2001.7.11

ゴミ 通っている歯科医で聞いた話。ワタシ「歯科用のドリルって、回転数はスゴイけどトルクがほとんどないから、指でギュッとつまむと止まるそうですね」先生「そうなんですけど、毎分20万回転ですよ。試す気になりませんね」。
毎分20万回転で回る直径5mmのドリルの角速度をざっと暗算したら、時速90kmくらいになってしまいました。時速90kmで移動してる物体を指でつまむことを想像して、なるほどそりゃやめた方がいいわと納得した次第。歯を削られながら。

2001.7.10

RPG 第五話セッション、また中断。4時間あれば終わるシナリオを作ってるハズなのになぜ進行が遅いんだッ(苦笑)。理由はまぁ判ってるんですけどね。チャット故の(プレイヤー毎の)打鍵速度の差が出てるんです。だいたいウチは誰もタッチタイピングできないんだし。しかしタッチタイピングの訓練などやるときによく言われるのが「1ヶ月もあればマスターできて、2ヶ月もやればそれなりのスピードが出て、半年もやれば思考速度と同じくらいのスピードで文章が打てる」。はっ、思考速度が遅い人はどうなるんだ(汗)。

2001.7.5

web スゴイもんというかヘンなもん見つけてしまいました。その名もおけいはん公式サイト。なんか関西というか京都〜梅田というかハッキリ言って京阪電車沿線ですが、ブレイクしてるみたいですねぇ。それにしてもこのokeihan.comっていうドメイン名があまりにも見事です。ひっくり返って笑いました。

2001.7.4

ゴミ 攻殻機動隊2・士郎正宗/講談社1,500円、情報量多すぎます。ぜんぜん読み進めません。カラーページが全体の2/3を占め、その全てがCG。まあこのCGがよくできてますわー。
ものかきのセンスとして「労力:効果の妥協点」は誰しも持っているわけで、簡単に言えば「これだけ手を加えておけば誰に見せても恥ずかしくない」っていうバランス、もちろん手の加えかたにも効率というパラメータがあるわけですが、高い効率で自分が妥協できるギリギリまで手を加えて、なおかつ完成させて他人に見せられるモノを作るのが理想なワケでして、そんなことは今更ここで論ずる話ではないのですが、たぶん「士郎正宗」という作家に限って言えばこの「妥協点」てものが異常に高いのでしょう。
そしてコンピュータの進歩に比例して彼の「妥協点」は、前作とは比較にならない高みに上ったのですが、おそらく本人にとっての「労力:効果」のバランスはおそらく変わっていないと思います。
ワタシのような「いまさらプロなんぞになる気のないアマチュア」はそのどれかが欠如してるワケです。「労力:効果の妥協点」は高いが完成しないとか、労力に見合った効果が得られない=効率が悪いとか。ひらたく言えば下手くそってことですけど。

2001.7.3

RPG ハリー・ポッターシリーズ最新刊、「ハリー・ポッターとアズカパンの囚人」が7月12日に発刊されますが、これがなんと初回印刷部数100万部ですって! 出版元の静山社、最初は30万部を予定していたけど予約だけで30万を突破したため急遽80万部に変更、さらに発売前だというのに20万部の増刷を決定したそうです。しかし100万部ってのは1冊2kgで計算して2000トンです。4トントラック500台です。印刷工場からピカピカの本を次々と運び出す500台のトラック。ああうっとり(←陶酔)。
こういう良質のファンタジーが大量に読まれるのは素晴らしいことだと思います。いまハリー・ポッターに夢中になっている子供たちが大人になったときに共通の記憶としてファンタジーを語り会える、そんな素敵な時代が来ることを期待しましょう。…我々の世代はこれがファーストガンダムだったりしますが。

2001.7.2

web ちょっと縁あって、漫画家こしじまかずともさんのWest Islandとリンクしました。ムカシいっしょに仕事してたことがあるんですが「オラ都会行って一旗揚げるだ。椎葉さん見ていてくだせぇオラぜったいに故郷に錦をかざってみせるだ」と突如上京(←誇張有)、その言葉通りキチンとした(エロなんかぢゃない)商業誌にデビューを飾ったあと紆余曲折を経て今に至るとゆーヒトです。

2001.6.28

ゴミ なんかとつぜん鼻行類が気になりはじめてしまいました。たぶんご存じでない方のほうが多いと思われる鼻行類ですが、1986年(たぶん)に出版されたハラルド・シュテンプケという人の著になる「鼻行類――新しく発見された哺乳類の構造と生活」という本で世界中の生物学者を混乱に陥れた新種の生物です。しかしなんで突然こんなもの思い出したのかいささか不可解です。とりあえず入門用としては幻想怪奇博物館あたりが図版と解説のバランスからよろしいかと。
でも多分、ウチのプレイヤー達はみんな知ってるんですよね、こういう変なもんは。

2001.6.27

web レギュラー・エクスプレッション。多少なりとも最近のプログラム言語をかじったヒトなら正規表現くらいはご存知のことと思います。最近はちょっとしたソフトウェアにも正規表現検索ができるものが増えました。などと知ったように言っているワタシは学生時代にそんなものを学ぶ機会に恵まれず(当時そんなに一般的ぢゃなかったんです)、いまごろになって苦労してます。ほんで今日、ふと思い立ってこないだそれ聞かのネタにされてた「イレギュラー・エクスプレッション」を読み返したら、あら正規表現のことがとってもよく解るわ(^.^) これ、本気でオススメです。正規表現を知らないヒトも笑えます。知ってるヒトならもっと笑えます。三銃士は「((ア(ト|ラミ))|ポルト)ス」です。

2001.6.23

ゴミ パールハーバーてどうなんでしょ? 公開前の映画を悪くいうのも何ですけど、予告で流れるSFXはあまりにも作り物めいてるし、下馬評では「2時間のメロドラマと30分のトクサツ」なんて悪口も聞きましたし。それに、真珠湾にうかべた空母の飛行甲板で試写会やったのは有名でしたけど、日本でも先日東京ドームで試写会やったそうぢゃないですか。大金はたいて話題性の高いプロモーションばかりやってるのは作品で話題がとれないから?(^_^;)タイタニックを目指してアルマゲドンになりそうな映画ぢゃないかしら。今年の夏は見たい映画がないかもしれません。…でもポケモンは行くかも(^_^;)

2001.6.22

驚愕! とっくに活動を辞めていたELOが奇跡の新譜ZOOMをリリース。発売日は6月6日(^^ゞって、シゴトで洋楽のタイトルを漁っていて偶然発見したのでぜんぜん新ネタぢゃないんですねぇこれが。しかし「我々は15年も待ったのだ」と思わずガトーの台詞を口真似てみたり。だって前作「Balance of Power」は86年です。これは辛うじてCDでリリースされてますが、それ以前のアルバムは全てLP盤。CDで買い揃えるまでワタシは10年ちかく粘りました。そのELOの最新盤、しかもCD3枚組ベスト盤“フラッシュバック”も同時リリース! シゴト放ってCDショップに奔ったのは言うまでもござりませぬ。しかし“フラッシュバック”は入手できず。なんでも完全限定生産だそうで再入荷の予定もないとか…。ELOについての詳細はこちら→PARADISE GARDENへ。

最近の日記←
→さらに過去
→TOP


椎葉戯文堂バナー