バックナンバー9

過去の日記

2001.9.12〜2001.9.29 | since 2000.10.25


2001.9.29

SF なにげに本屋に行ったらウルトラジャンプ10月号に米村孝一郎の新連載(!)が。タイトルは“STREGA!”。魔女、とかいう意味みたいです。本人も言ってますが4年振りのマンガ(イラストの仕事しかしてなかったみたい)。舞台は空。地面は殆ど出てきません。背景は雲と風ばかりです。現時点で想像する限り、この話の空=世界=宇宙なんではないでしょうか。どっちにせよムチャクチャ判りにくい世界で、例によって舞台に関する何の説明もナシで話が進むので難解です。このヒトのストーリーテリングって「事前情報まったくなしで主人公の行動の一端だけ切り取る」ようなパターンが多いので、単行本になって3回読み返さないと理解できなかったりします。士郎正宗や山下いくと等と似たパターンといえるかもしれません。

林檎 待ち望んでいたアップデートが遂に!  iDiskが改良されました(参考/アップルのサイト→新しくなったiDisk)。今回のウリはアクセシビリティの改善。いままでファイアウォール越えはアクロバティックな技が必要でしたが、こんどから直結できます。さらにWindowsやLinuxでもiDiskにアクセスできるようになりました(おお、こんなところに窓とペンギンが)。WindowsユーザでいまからiDiskのアカウントをとろうというヒトも多くないでしょうが、自宅は林檎/職場は窓、てヒトには助かるかも。ワタシは自宅も職場も林檎ですが、職場からではファイアウォールに阻まれてアクセスできませんでした。ですがそれもここまでの話。これからは…? あれ? うまくいかない(汗)。あ、Mac OS X 10.1が要るの?(←バカ)

2001.9.27

林檎 アップル、MacOS X 10.1(この迂遠なバージョン表記はなんとかならないもんでしょうか)をリリース。今日のMac系ニュースサイトはその話ばっかし。ようやく「使える」レベルにまで操作感が速くなったって言ってますけど、遡ればパブリックベータの時代から既に一年たってるんですし、そろそろ“完成”してもらわないと。ほんで林檎使いのワタシには無関係だけどXPはどーなんかな(笑)。もうプリインストール始めたとかいうニュースも聞きますけど。

web 基本的に本ってのは一次元の時間軸で読み進むものです。対してWebサイトってのはハイパーリンクのおかげで二次元的な展開力を持ちます。本文中であってもヨソのページに、また後ろの章から前の章にでも簡単にジャンプできる。これは執筆者にとっては非常に便利な機能で、あまり読者のことを考えなくてもリンク張りまくればそれなりのものが出来上がってしまうんです。ところが本はそうはいきません。前から順に読むのが前提ですから、導入で失敗すると挽回がききません。だいたい前半で話の前提条件をかみ砕いて説明して理解してもらって、それから後半で理論展開して結論に落としこむ。この“構成力”がないと非常に読みづらいものができます。
それを無視して書かれる本は非常に読みづらく、いくらいいことを書いてあっても評価されません。ワタシも最近Webベースの文章しか書いてないせいか、“構成力”が落ちたと思ったんですね。こないだの増刊の仕事やってたときに。
ほんで何を言ってるかといいますと、ジツはいまさらながら「HAL(あさりよしとお/ワニブックス800円、初版の日付は2000年12月31日)」を読みまして。このマンガ、章の最後に解説ページがあるんですけど、なんかデジャヴを感じると思ったらワタシの書くリプレイに似てるんですわ。本文中の単語にたいして蘊蓄を書く、っていう“構成”が。これってちょっとWeb的かな、と思ったんです。

2001.9.26

web 9月24日付・朝日新聞文化面にあった〈ニッポンのことば2〉奇怪な機械語っていう記事。新聞に載ってた写真(何故かweb版には写真がない)にはこのピラミッド型の「B級機関」が写ってるんだけど、どこまで本気でどっからが悪ノリ?なのかしらん。どっちかというとギャグはZ級(これより下がない=最低の意)…。
記事ネタとしてはむしろ「萌え」「厨房」の説明で岡田斗司夫氏の談を引用してるのも可笑しい。「漢字の柔らかなイメージに、ふにゃーっとなる。『萌え〜〜』と使うと、なおいい」…。この記事書いたヒトはかなりネットに深入りしてるんでしょうね。ただの取材インタビューを構成しただけではこう見事に要約できませんもの。ほんでこの記事を読んだオッサン連中が「萌え」とか「厨房」とか使い始めたころには廃れ果てている、と(笑)。
ほんで25日付の〈ニッポンのことば2〉書くカラオケにはほぼ日刊イトイ新聞とならんで侍魂が(汗)。
それとasahi.comは過去の記事を簡単に消すのでこのリンクの寿命は多分3ヶ月くらいでしょう。

林檎 きのうのInDesignに続き、今日はIllustrator 10のリリースが発表されました。Mac OS X互換。しかし今回はわかりませぬ。OS Xに対応するハイエンドの出力機がぜんぜん普及してないんですから。
とりあえずニュースリリースで読むかぎり、Web系グラフィックソフトとの連携がかなり強化されてますけど、どうでしょうね。ワタシらは紙に印刷してナンボの商売やってますから、Web方面の強化はあんまり魅力がなかったりします。そのほかの機能強化ももちろんあるんですけど、「こんな便利な機能が付きました」って文章で説明されても伝わらないんです。実際にデモかなんか見ないと理解できないかも。
それより気になるのは対応OSがMacOS X 10.1以降あるいはMacOS 9.1以降…。ウチまだ8.6なんですけど。もう「古いOS」扱いですか(汗)

2001.9.25

RPG 長々とお待たせをば。先日(9月8日)に行われたセッション第5.5話のリプレイを(やっと)アップしました。話数に小数点がついてるのは番外編だから。レギュラーメンバーが揃わず、三人で強行した結果です。いつものように2ndキャンペーントップページよりどうぞ。
併せてプレイヤー諸氏に再度連絡。9月29日土曜日に第六話のセッションを行いますんで、参加の可否を戯文堂BBSに表明してください。はっきり書き込んでくれたのはまだ一人です(チャットで聞いた人は何人かいますが)。

林檎 どうでもいいですが、上記リプレイをアップロードしようと思ったらiDiskのマウントに異常に時間がかかるんですけど。最初ハングアップしたのかと思ったくらい遅い。ずーっと繋ぎっぱなしにして待ってたらマウントしたのでアップロードしてみたところが、1MB弱のファイルをアップするのに10分くらいかかってる(汗)。なんかワタシ、設定まちがってるのかも。

林檎 業務用レイアウトソフトの本命(野心作?)、Adobe InDesign 2.0が発表されました。Mac OS X対応、透明レイヤーをサポート、PhotoshopやIllustratorネイティブファイルをそのまま貼り込めるのはもちろん、Word文書やExcelの表もインポートできるようになります。これで何も考えずにWordでレイアウトした文書やExcelの表データを送ってきて使えって言うクライアントのありがた迷惑に対処できる…いやいや。ただ発表されたのは英語版なんで、日本語版のリリースはいつになるやら。日本語独特の組版ルール&ユニコード&20,000字の文字セットに対応させなきゃなりませんからまた1年遅れますか。

2001.9.23

web 昨日はネタだけ書いてアップしないまま寝てしまいました。今日の日付にしてそのまま載せようとも思ったのですが多くなりすぎるので(いちおう)昨日のはそのままにしときます(^.^)

ゴミ 狙ったな、タカラ(笑)。三浦友和がスーパー部長と腹話術で会話してるあのCMでチューハイを注ぐナゾのロボット、妙に動きがいい、もしやこんなもんにCGは使わないし、既存製品であの動きが出来るものはないはず、などと勘ぐってたら、WORLD PC EXPO 2001そのものズバリがデモをやったそうで。しかも作ったのはタカラ(おもちゃメーカーのほう)。広告代理店あたりが悪ノリして(あるいは大真面目に)組んだカップリングとしか思えないんですけど、これタカラタカラ双方ともにオイシイ話ですわね。

ゴミ ダイドーの深層海洋水“MIU”が深海生物ボトルキャップのキャンペーン第二弾を開始してます。今日はシーラカンスが出たのでちょっとニコニコ。ウチのプレイヤーズ(複数形)は隠しアイテムの“マッコウクジラ×ダイオウイカ/南海の大決闘”に萌えてたりします。困ったもんよのう(#^.^#)
しかし普段こういうもんには食指の動かないワタシですが、なぜか海洋生物だけは蒐集しています。これ以上にハマるネタはなかなかないでしょう。どこかがロケットコレクションとか人工衛星コレクションなんてものをボトルキャップにしたらきっと箱買い/大人買いでしょうけど、120%ない話でしょうね。

2001.9.22

web うっかり見つけたシュレディンガー音頭のページ。くっそー、迂闊にも会社で声たてて笑ってしまった。ワタシは物理に関しては門外漢もええとこなんですが、ゼーマン効果と異常ゼーマンやら超流動のあたりが妙で妙で。物理学を志すものにとって避けて通れぬ道だそうだけど、いつ頃からあるんでしょ。ワタシが学生の頃には聞いたことないけど、ワタシが聞いたことないだけで物理研究室の連中は踊ってたんでしょうか。いやべつにどうでもいい話ですけど。シュレディンガー、なにそれ? てヒトにはひとつも面白くないと思います(^^ゞ

ゴミ 先日なにげなしにNHK見てたらみんなのうたでパラパラやっててびっくり。「アキストゼネコ」って歌です。最近のみんなのうたはパラパラも踊るんか!と思ってちょいと調べたら、なんか妙にウケてるみたいですね。家の者は「あの3Dアニメのキャラがかわいい」などと言いますが、ワタシはあのテクスチャ貼り付けただけに見える笑顔がブキミだなぁ、と思ったり。機会があればいっぺんご覧あれ。

林檎 Mac OS X用のMayaがリリースされました。Mayaってのはプロ用ハイエンドの3Dアニメーションソフトウェアです。映画ファイナルファンタジーのエンドクレジットにもMayaのロゴがでーんと出てました。いままでは専用のワークステーションなんかでしか動かなかった(らしい)んですが、それが遂にパソコンレベルのプラットフォームに移植されたってことの意義は大きいと思います。これからの映像表現にハイレベルな3Dアニメーションがもっともっと浸透するでしょう。が、値段は7,000ドル(日本円に換算して約90まんえん)だそうで、やはりシロートがおいそれと手を出せるものではないですね。

2001.9.21

web 大手メディアを経由しない、イスラム側からの貴重な情報です。暗黒の火曜日:イスラマバードから。書いた人はパキスタンの物理学者、Pervez Hoodbhoy教授。アメリカの科学者を経由して、廣田和馬氏が和訳したもの(もとは英文)を、田崎晴明氏のサイトにアップしたものです。広く読まれる価値のあるものですから、どんどん宣伝しましょう。
そのほかの参考サイト、フリージャーナリストの田中宇の国際ニュース解説。それからちょっとイロモノ系かもしれませんが週刊アカシックレコードのCIA陰謀説。言うまでもありませんが、ここで紹介した文章は私の選択基準によります。読者ご自身の選択基準に合うなら判断材料としてください。

2001.9.20

RPG やっとこさ増刊の仕事が一段落つきました。これでやっと普通の更新ペースに戻れそうです。
早速ですがプレイヤー各氏に業務連絡。9月29日の土曜日(来週の土曜だね)に第六話のセッションをしたいと思いますが如何でしょう。レギュラーセッションはもう二月もご無沙汰ですし、そろそろ進めたいんですけど。予定未定決定もろもろ、戯文堂BBSにカキコミをお願いします。

web Windowsユーザはまたしてもウィルス‐W32.Nimda@Ammっていうそうですが‐の脅威に晒されているそうで。とりあえずシマンテックのサイトで確認するかぎりMac使いのワタシは心配ないみたいですけど。しかし今回のもSirCamに負けず劣らず、シャレにならない感染力だそうで、ウチの会社の社内ネットワークもNTだし、ひょっとしたらマズイかもしれませぬ。あなたのWindowsマシンは大丈夫ですか?

ゴミ 仕事が一段落ついたことですし久々に映画でも行くべと突然思い立ってファイナルファンタジー見てきました。ネタバレになることは書かない主義ですので例によってノーコメントとします。ただ、坂口さんはゲームの“ファイナルファンタジー”でこういう話をやりたかったのか、と納得しました。FFとしての記号(チョコボとかクリスタルとか)は殆どでてきませんが、通底するテーマは共通しています。

2001.9.19

web 本業にかまけて(←誤用)サイトの管理をオロソカにしていたらいつのまにか6000ヒットが目前。なんか予想より早いんですけど(汗)

web 貿易センタービル倒壊に関しては、ワタシには読者に提供できる判断材料がありません。また、ここで政治と宗教の話はしないことにしてます。Webを泳げばあらゆるサイトで議論百出、今更ワタシごときの愚説が何の貢献になるでしょう。ゆえに基本姿勢はノーコメントです。
ただ、ワタシが見に行くようなサイトではたいがい「自由という宗教に熱狂し、好戦的になっているアメリカを危惧」する考え方が大勢を占めています。が、それを正しいと言い切る自信はワタシにはありません。

ゴミ アメリカの影ですっかり吹き飛んだ台風関連のニュースでしたが、台風16号(ナーリー/Nari)は沖縄に既に一週間以上も居座って、かなり深刻な被害を与えたそうです。そのナーリーもようやく香港の方へ移動を開始(って未だに衰えてないのもスゴイ)、そして新たに17号(ヴィーパ/Vipa)が、またキレイな関東直撃軌道を描いています。自然の猛威には勝てません。人間が狭い輪っかの中で大騒ぎしてることなど一向におかまいなし、われ関せずと遠くの空から見下ろしているように思えますな。

2001.9.12

正しい知識と理解があれば戦争など起こらないものを。

最近の日記←
→さらに過去
→TOP


椎葉戯文堂バナー