バックナンバー12

過去の日記

2001.10.21〜2001.10.31 | since 2000.10.25


2001.10.31

web 29日に発見していたのですが、ワタシがWeb検索に多用しているGoogleにイメージ検索ってものが出来ています。ZDNetにも紹介記事が出てました。Webに存在する画像ファイルを前後のテキストやHTML内に存在するalt名などを参考にインデックス化するものだそうです。で、早速使ってみた感想、「まともな絵しかないなぁ」。尤もワタシが頻繁に検索するのは“暗くてお靴が見えないわ”“どうだあかるくなっただらう”みたいな、およそ存在しそうにないマイナーな絵ばかりなんで当然なんですけど。でも“ウィワクシア”や“ゾウクラゲ”みたいな簡単な単語のものなら、そのものズバリの綺麗な絵が4〜5枚はヒットします。いや楽しいですわ、これ。
また同時にGoogleツールバー(Win版IE用)の日本語版ってのも公開されました。Mac版はないんですけど、Macには“最強の検索エージェント”Sherlock用のgoogleプラグイン(Vectorにアップされています)がありますからね。わざわざIEの「検索」ツールなんか使いませんしね。

2001.10.30

RPG リンクさせていただいてる蒼洋さん、更新されています。が、どうもGM有屋さんも思うところあるみたいで、再びアンダーグラウンドに戻る宣言?をなさっておられます。曰く“新規開拓のためのHPリニューアルではなく、固定客のためのHPづくり”を目的としよう、と。それもまたHPのスタイル。蒼洋さんのリプレイ、個人的にはもっともっと読まれてもいいと思っています(ワタシだけか?)。少なくともワタシは蒼洋さんを応援しています。

web 関西弁ATOKが大ウケ? ほんまだっかそうだっか。いやしかし関西弁入力言うたかて、んなもん変換方法ちぃとばかし工夫すりゃなんぼでもスラスラ打てまへんか? 実際ワタシは関西弁の変換にそない苦労したことないもんで、どうもこの『関西弁ATOK』てぇのは魅力感じられへんのですけど。そら確かに長文ダーっと打って一括変換てわけにはいかへんけど、毎日使う日本語IMEやったら変換候補の優先順位ってある程度決まってくるんやないでっか。そない悩まないかんこってもないような気ぃしますねんけどなぁ。あ、この文章の関西弁はちょっとウソっこです。ネイティヴな関西人の方、堪忍しとくんなまし。
…個人的には讃岐弁辞書希望、東讃と西讃と中讃ごとに使い分け可。って、そんな感じであらゆる地方の細かい方言を全部拾ったらすごいことになりますよねぇ。地方によっては文法も変わってくるし、それにマイナーな方言だと漢字に変換できない/する必要のない単語ばかりになる気もしますし。道は険しく遠いのに、ジャストさんはどこまでやってくれるでしょうか?

なんでも 朝日新聞10月27日付・天声人語。本当にグローバルな地球的規模の視点で見たとき、我々は実はマイノリティだったんです。
って、折角いい話なのにasahi.comは天声人語のバックナンバーを一週間しか公開しません。だからリンクも張れません(毎日リンク先のURLが変わる)。ケチくさい商業主義に囚われて著作権なぞ主張してないで、もっと情報をシェアすべきでは。悔しいから全文コピーして持っとこ。

2001.10.28

RPG ここはRPG系サイトだ、ッてことを忘れてるわけじゃないのですが、あまりにRPG関係の話題がなさすぎますね。これは間違いなく私の興味の対象が拡がりすぎてるせいです。思考がひとつのジャンルに偏るのを避けるため、と換言してもいいでしょう。私の考えるRPGは“現実のシミュレーション”ですから、現実世界のあらゆる事象を知らなければシミュレーションにならない、ということです。現実の広汎な科学知識なくしてハードSFが書けないように。歴史の真実を知らずして架空戦記が書けないように。
…だもんだから最近の“単純に記号化された”マンガやアニメを見なくなってるんですよねぇ。

2001.10.27

web 10月1日にフレッツISDNの値段が2,900円(それまで3,300円)になったと思ったら、もうフレッツADSLが追いついてきました(→CNET Japan、ADSL値下げの記事)。なーんか、悔しいなぁ(笑)。ここ一年間の通信パラダイムの暴落ぶりはどうですか。ADSLだってサービス始めたのは今年になってからなのにもう当初の半値ちかくまで落ちてます。
ワタシがADSLに乗り換えない理由;ISDNからADSLに切り換える際にいったんISDN回線をアナログ回線に戻す必要があって、その間は通信環境が「56Kモデム」に落ちてしまうから。理由その2;去年の12月わが家にフレッツISDNを導入したまさにその日にNTTがADSLの本格サービス開始をアナウンスしやがったから(笑)。
…しかし変な意地はってるのもナンセンス、これは本気でADSL乗り換えも考えないといけませんなぁ。むこう一年使うことを考えるとルータ買い換えの減価償却くらいたやすいような(ぶつぶつ)。あ、フレッツISDNの料金も来月からまた100円下げて2,800円になるそーです。(→参考リンク:YahooBBマガジン・10/18ADSL導入ガイド

なんでも ゐんどうず×Pが米国では発売され、なんでもン百億円(2億ドル)のキャンペーンをやるんだとか。たしか×箱でもン百億円(5億ドル)のキャンペーンがどうとか言ってたと思うんですが。…やだやだ。折角ですからゐんどうず絡みのこんなニュースは如何。
あ、それからもうATOKが新バージョン発表しましたけど、関西弁辞書ってのは新機能としてはあまりにも弱いのでは。変換精度なんて使い方次第ですよね。

2001.10.26

web 滝瓶太郎Sword Worldさん、復活。一月くらい前から休止状態にあったサイトに、25日付で「座談会55 槍?矛?」が追加されました。更新が滞ってた事情が事情なだけに、めげずに更新を再開されたことを嬉しく思います。ワタシは滝さんに対して完全に無力ですが影ながら応援しております(←ずっとROMってるばかりなのであっちの掲示板に書きにくい)。

なんでも CNNより、なにかと話題の炭疽菌の症状/予防法についての炭疽Q&A。一般的な報道の大半は「炭疽菌が見つかった」「感染者が死亡した」ばかりのようで、「かかったらどうなる」という情報が非常に少ない気がします。「感染者が入院後半日で死亡した」なんて、不安を煽る書き方しかしない。狂牛病についても然り、不用意な報道のせいで牛肉ばかりか肉すべてが敬遠されて業界は大打撃です。本当に危険なのはなにか、どうすれば防げるか、国民は正しい知識と対処法を求めていますがそれが大きくは報道されないので口コミの不正確な噂としてしか伝播しない。“パニック”はだいたい自分に不利益な情報だけが口コミで拡がって発生するものです。狂牛病安全宣言ってのが18日に出てるのに、そのことについてちゃんと説明できる人は驚くほど少ないのです。

2001.10.25

林檎 appleの新デジタルデバイス、やはり携帯mp3プレイヤーでした。詳細はMac系ニュースサイト(→MacWIRE、10月24日記事一覧)に任せることにして、私が面白いなと思ったのはFireWire(IEEE1394)による電源供給。データ転送とバッテリ充電をケーブル一本でやっちゃうんですね。同梱のACアダプタにもFireWireのケーブルがぶすりと刺さってて、妙な絵面になってます。ただ問題は399ドルという価格。日本では47,800円だそうですが、「周辺機器としてMacを必要とする」携帯MP3プレイヤーってものが果たして一般市場でどれだけウケますでしょう?
…信号と電力を一本のケーブルで、っていえば、どっかの業界が家庭用AC100Vコンセントを情報ターミナルに使う研究、ってのやってましたっけ。単純に考えて、高周波での信号の送受信さえ出来ればいいんですもんね。交流電源で位相が変わるっても50Hzか60Hzだし。技術的には400,000,000Hzの信号くらい簡単に載せられそうな気がするんですけど、法的な周波数割当なんかの問題で日本では難しいみたいです。(→参考記事、ZDNet、電源コンセントからネットへアクセス

2001.10.24

なんでも NECが新製品ラインナップを発表。窓のキカイにはほとんど興味がないワタシですが、今回のLa Vieには“ゼロハリバートン”デザインのモバイルノートがある、っていうのに目を引かれました(CNET Japanのニュースプレスリリース)。1930年代にアール・P・ハリバートン・シニア氏が「どんな環境にも対応できる鞄」が欲しくて自作したのがハリバートン・ケースのはじまりで、口コミで評判が拡がって1938年に本格生産に移行、1968年にゼロ・コーポレーションと合併して「ゼロハリバートン」社となりました。現在では頑丈なアタッシュケースの代名詞としてすっかり定着しています。んで思い出したのが、iBookをゼロハリのケースに入れちゃった人の話(→MacWIREの記事、→ご本人のサイト)。これがMac系コミュニティで話題になったのは6月頃です。で、実はNECのデザイナーの中には熱烈なMac信奉者がおられたりします。今回のLa Vie、スペック的にもサイズ的にもiBookと似たようなものですし、それにこのデザインと来たら …マサカマサカ。いやだって以前からゼロハリデザインのデジカメとかCEマシンとか、いろんなメーカーからいくつも出てますからねぇ。これはきっと考えすぎでしょうねぇ…。

2001.10.23

RPG RPGセッションリプレイ2nd.第六話をアップ。前に番外編をアップしたのが9月25日だから一ヶ月ぶりの更新です。前回の番外編に比べるとちょっと展開が遅いかなぁ、と。反省。例によっていつもの如く2ndキャンペーン・トップページからどうぞ。

web Webネタ3連発。まずは16日付の日記でさんざん悪口を書いたチビゲイツ、いなくなってます。別のものになってるんですがコレがまた失笑もので…。
HotWiredがまたすっぱ抜きの記事を載せてます。Appleが23日(現地時間)に「画期的なデジタルデバイスを発表」するというニュースが流れたのは18日のこと。発表があるまで待っとこうと思ったのに。それにしてもこういうのでどんどん先にネタバラししちゃう「情報筋」って何もの?
火星探査機、マーズ・オデッセイの話題。もうじき火星軌道に到達、1997年以来火星の軌道を周回しているマーズグローバルサーベイヤーと共同で火星探査にあたるそうです。

2001.10.22

web NHK、BSマンガ夜話第二十弾放映決定。10月29日より四夜連続、いずれも24:00からで、今回は魁!男塾、サードガール、キバの紋章、ハートカクテル。ぬぅ、あの希代の名作“魁!男塾”ってまだやってなかったんですね。
あと、プロジェクトXもそろそろネタ切れかな。日本が世界に誇れるものは概ね紹介してしまったみたいな気がします。残るはアニメやファミコンなどの「サブカル」くらい? ファミコンはネタとしては面白いけど、NHKが任天堂の宣伝にもなりかねないことをするかしら。以前の「自動改札」の時にも開発した企業の名を(少なくとも番組中では)「立石電機」としか言わず、現在のオムロンという社名は出てきませんでしたから。

なんでも 今日はTVネタをもうひとつ。21日付の“特命リサーチ200x”で「宮崎アニメのヒミツを解明」みたいなことをやってました。手短にメモ。
網膜像と知覚像: 純粋な遠近法で切り取られた写実的な物体は小さく見える。これは網膜像。写真。人間は実際には興味の対象物を大きく知覚する。実際に空に浮かぶ月の大きさ/太陽の大きさ(視野角)は、伸ばした手の先にあるパチンコ玉/十円玉くらいしかない。普通はもっと大きいものだと知覚しているため、月を写真に撮ると異常に小さく感じる。
運動視差: 遠近法のバリエーション。近くの背景は素早く通りすぎ、遠くの背景はゆっくり動く。
オプティカルフロー: 高速移動するときハッキリと認識できるのは遠方の物だけで、近くにあるものはすべて放射状に流れて視界の外に出てゆく。集中線などはそれを視覚的に強調するもの。
多感覚ニューロン: 回転運動を検知するニューロン(神経細胞節)は、目からの刺激と三半規管からの刺激、いずれか一方で興奮するため、仮に回転運動を視覚情報からのみ入力しても感覚的には自分が回転しているように知覚する。“回転する映像”だけで、自分が回転する錯覚を覚えるということ。
※ところが実際に絵を描く人なら「知覚像」としてのデフォルメはあたりまえに身に付いているでしょうし、アニメの制作に於いて運動視差やオプティカルフローは定番です。多感覚ニューロンは“錯覚”を利用した遊園地のアトラクション(ユニバーサルスタジオとか)にたくさん見られます。あらためて科学的に検証したのは面白いのですが、たぶんアニメを作ってる現場の人はすべて無意識でやってるハズ。“このほうがカッコいい”“それっぽい”とかのレベルで。

2001.10.21

web きたる10月25日をもって一周年を迎えるので、キリのいいところでトップページの外観を変更。いままで多用していた<TABLE>タグを廃してCSS(スタイルシート)にほとんどのレイアウトを任せてみました。Mac/WinともIE5以上/Netscape 6以上でご覧下さい。Mac系サイトのCafeDessinさんがCSSを利用した綺麗なレイアウトを実現されていた(過去形なのはデザイン変わっちゃったから)のを参考にしました。iCabなどCSS未対応のブラウザ、CSSの実装に不具合の多いNetscape 4.xではとてもシンプルな表示になります。
相変わらず横幅800px以内に収めているので最近の大きなディスプレイで全画面表示すると左半分しか使ってないように見えますね。でもまだまだ小さいディスプレイを使ってる人もいるんだし(とかいいつつブラウザのバージョンは高いのを要求するけど)。ちなみにワタシが横幅固定にこだわってるのは組版のセオリーに依ります。一行文字数が40〜45文字を超えると可読性を著しく損なうんです。
また今回はJavaScriptをちょろっとだけ使ってみました。いろんなところのJavaScriptサンプルを漁ってみたんですけど、Netscape 6 で動作しないScriptが多いのには閉口。それにNetscape 6って4.xで実装していた<layer>タグを理解しなくなってるらしいですね。さいしょ<layer>を使うJavaScriptと格闘してたのに、結局めんどくさくなっていちばんシンプルなものに戻してしまいました。でももっとスマートな見せ方があるはず。ダメならFlashを使うという手もあるな(←浮気性)。
いちおうの動作確認はIE5(Mac, Win)、Netscape 6(Mac)でしていますが、もしや不具合があればご指摘のほどを。随時改良していきます。

最近の日記←
→さらに過去
→TOP


椎葉戯文堂バナー