バックナンバー14

過去の日記

2001.11.11〜2001.11.20 | since 2000.10.25


2001.11.20

SF しし座流星群、大当たりだったそうです。と伝聞のように書くのは、ワタシは前日までの疲れで眠りこけてたから(泣)。ピークには10分間50個〜100個、都会の明るい空でも見えるようなヤツが本当に10〜20秒おきくらいに見られたみたい。条件の良かった長野県野辺山では、2時35分から40分の5分間に170個!!!もの流星を観測したそうです。電波観測では個々の流星が特定できんくらいエコーが連続してしまったとか。大気に流星が突入して電離した大気が電波を発し、それが燃え尽きる前に次の流星が飛び込んでくる。「300年に一度」と言う人もいるみたいで、本当に記録的な流星豪雨だったみたいです。今日ほど野尻ボードを読んで悔しい日はないでしょう。残すところたった数十年の人生で、次のチャンスが巡ってくるでしょうか。こればかりはまさに天文学的な確率ですから。大阪付近では雲がかかって見られないトコが多かったらしい、ってのが唯一の救い。…負け惜しみ。

Book Amazon.comでたまたま見つけた花粉戦争在庫切れ。って、この本なんでワタシは発売時に買わなかったのかなぁ。書店で平積みされてたのを何度も見てたのに。とてもワタシの好きそうなセンスオブワンダーなイギリス作家だし翻訳も田中一江さんだし。“買おうと思いながら買わなかった本には、その後二度と巡り会えない”ああマーフィーの法則(←ウソ/いま作った)。

2001.11.19

RPG どうしたんだ有屋さん、何があなたをそうさせた。蒼洋さんのリプレイに、一週間と間を開けずにまた新作がアップされてます。あんまり急ぐと息切れしますよ(笑)。もちょっと勿体ぶってもいいんぢゃないですか(余計なお世話)。
あと、久々に幻灯夢想宮さんが更新されています。今回はダンバインリプレイの5話。これ、第4話から半年ぶりくらいになるんですけど(汗)。しかしワタシは幻灯さんのチャットを時々覗かせて貰ってたんでプレイヤーの為人もあるていど知ってるんですけど、ここはプレイヤーの皆さんが上手です。毒舌吐きまくりの姫様(ただし天然)とか不幸な待遇なのにこそっとギャグかます騎士とか機械オタクのメガネっ娘(ただし関西弁)とか、オーラ力がコモンに劣る地上人(ただし主役)とか。キャラが見事に立ってるうえ、プレイヤーが積極的に話を進めようとなさっておられる。ただ、これはバイストンウェルの常識からすこし外れるな、と思うことが散見されます。幻灯さんはほぼ全員スパロボ世代ですからねぇ。ワタシなどは当時をリアルタイムで知っていて資料を貪るように読みあさったようなオッサンなので気がついたんですけど、全体から見るとものすごく些末なことです。

RPG かく言う私も昨晩はセッション日でしたが、思ってたほど進行がうまく行ってません。たぶんリプレイにしたら(前後の辻褄合わせなどもしますので)気にならなくなるレベルの話ですが、ログ状態で読み返すと即興で処理した箇所がそこかしこにあるのが判ります。事前にあらゆるシチュエーションを想定してアタマのなかできちんとシミュレートしてあるのが「準備ができている状態」。骨子だけ決めて詳細はアドリブに任せるのが「準備ができてない状態」。昨日はまさに準備不足。プレイヤーの反応を予測しきれませんでしたし、誘導も下手くそです。しかも昨日のうちに完結しなかったんで、最後のシーンだけまた後日繰り延べになっているという体たらく。

  ■

会社の仲間が死んだ。末期の肝臓ガンだった。判ったときには手遅れだったそうだ。ワタシとそう歳はかわらないのに。妻子もあるのに。勤務地が遠く離れたので長いこと会ってなかった。入院したらしい、という噂は聞いていた。今日葬儀に言った。生きているうちにもう一度会いたかったと思っていたが、死に顔を見たらそんな気は吹っ飛んだ。他人のようだった。馬鹿話をしていたころの面影はもうなかった。まだ若い父親の挨拶が悲しかった。親より先に逝く親不孝、と私の父が死んだときに祖母が漏らした言葉を思い出した。無情。

2001.11.18

SF ロボフェスタ神奈川2001でASIMOの内部構造を公開したそうですが。なんか往年の「ザク:カットモデル」を連想したのはワタシだけではありますまい。とくに、中にあるものが「なんだかよくわからない」ところなんかそっくり。「このシリンダーがこう伸びるから足が曲がる」などというメカニカルなロジックがまったく見えないんですもの。関節の回転軸に直にモーターつけて制御したほうが有利なのはわかるんすが、やっぱ「内部構造」っていうともっとメカメカしいものを連想してしまうんですがダメですか。

ゴミ ほんでふとZDNetで「ロボフェスタ神奈川2001」をキーワードにバックナンバーを検索してみたら、8/25日付の“Macっぽい”で昨日のパワードスーツが既に紹介されてるでないですの。しかもはるかに詳細に。うー、見逃してました。無念。

web アッカ、「ADSLの8Mbpsと1.5Mbpsのどっちがトクか判定」サービスをやってます。既にADSL導入済みの方々も多いでしょうが、参考の一助となれば。もっともこれは「アッカの提供する」Annex A のADSLサービス(OCN、@nifty、BIGLOBE、So-netなんかがアッカ)に関する判定らしいので、Yahoo BBのサービスとの共通項はないかも。ウチ? ウチはサービス範囲外って出ました(泣)。

2001.11.17

ゴミ まぁウチのサイトを見に来る方でしたら既にご存じの方も多いと思いますが、Internetサムライなんていうソフトのバナー広告がです。アフロ三世(笑)。

SF ロボフェスタ神奈川2001にパワードスーツが! 空気圧でパワーアシストするタイプなのでモーター駆動の欠点「電力切れで装着者拘束」の心配なし、外骨格式で自重15kgですが自立するので装着者に負担はかからない。介護用って銘打ってますがいろんな用途に転用も容易で、実際に開発側もそれを視野に入れてるようです。開発したのが民間企業なら予算確保のための大義名分で実は軍事目的に云々、とも思いますが、そんな裏読みは神奈川工科大学福祉システム工学科に失礼かと。

SF 同じくロボットネタ、川田工業のisamu。ZDNetでも記者発表の模様が報道されていますが、ここはやはり(いつもの)“Macっぽい”をどうぞ。実はZDNetでは8日の報道だったんですけど、このネタをこばやしゆたかさんが書かないハズはないと思って“Macっぽい”がMacWIREに乗るまで日記に書くのを待ってました。やはりこばやしさんの視点のほうが“なんかスゴイ”と思わせる説得力があります。しかしこちらは民間企業で、しかもヘリの技術も持ってますから、本当にラムダやシグマを開発してそうな気が。フォルムもラムダっぽいから余計に。

なんでも ダイムラークライスラーsmartの“右ハンドル・軽四枠”の新仕様・smart-Kを発表。いいなぁ、これ。こういう道楽なクルマに127万円っていうのはちょっと考えるところですが、どうせ一人でしか乗らない通勤用と割り切れば悪くない選択でしょ。軽四枠なら維持費も安くなるし。

メモ:(desktopper dot net) : OS X 版 MSIEの「お気に入り」は“/Users/(username)/Library/Preferences/Explorer/Favorites.html”にあり、OS 9の“システムフォルダ:初期設定:Explorer:Favorites.html”からコピーして、既存のブックマークをそのまま使える。もちろんエイリアスによる共有も可能。

2001.11.16

web おお、CNNでもしし座流星群の話題が。べつに目新しいことは書いてませんが。

ゴミ 理解に苦しむゴジラモデルのパソコン。しかもサブノートっていう、あんまり初心者向けとは言い難いプラットフォームで。ひとむかし前であれば、そこそこパソコンを使いこなせるレベルになったユーザがお仕着せの使用に飽き足らなくなって自分専用にカスタマイズしたりするのは“あたりまえ”だったと思うんですけど、今はメーカーがそれをやってくれるんですね。ありがたきしあわせ。ありがた迷惑。←ちなみにこのへんはMacを基準に話をしてます。Mac使いも中堅を越えるとデスクトップのカスタマイズやらアイコンの付け替えやらサウンドの追加やらにハマる時期があって、そのうちダサ字入れてシステムフォント自体を変えたり、やがてKaleidoscopeなんか使ってデスクトップをスヌーピーだらけにし、しまいにはResEditでシステムファイルそのもののリソースをいぢくりはじめたりして、結局てきとうなところで飽きて元に戻る(行きっぱなしになっちゃう人も多い)という、パターンというか通過儀礼というか、があったんですがね。いきなりゴジラモデルですかぁ。うーん。想定購買層はパソコンアレルギーの、いわゆるゴジラ世代のおぢさんたち?

2001.11.15

林檎 アップル、AirMac 2.0発表商品情報)。現行機にあるモデムポートのほかにブロードバンドルータを繋ぐための10base-TのEthernetポートがつきました。むろんいままでの10/100BASE-Tポートもあり、Ethernetハブを繋ぐことも可能です。ファイアウォールも完備、128ビット暗号暗号化コードを搭載。IPアドレスの設定も楽みたい。ほんで今度のはMacでもWinでも最大50人まで接続できるそーな(むろんコントロール用のソフトはMac用しかないんですけど)。MacはすべてAirPort経由のネットワークにして、Ether接続のレーザプリンタなどは有線で共有する、とかいう使い方ができますね。Mac中心の小オフィスだったら役に立つかな。

web 折しも勤め先がADSLを導入し、その速さを体感できるようになりました。画像の読み込みが瞬時ですもんねぇ。さすがにサーバ側のパフォーマンスに左右される(cgi使ってるような)ページでは読み込むまでが多少遅いようにも思いますけど画像中心のサイトなどでは速度差は歴然としてるしデカいファイルを落とすときなんかも楽ちんだし。まずいこの環境になれると自宅のISDNが使えなくなるではないか、しかしだからといって自宅のネット環境をADSLに移行するには折角4年も前に時代を先取りしたつもりで導入したデジタル線をアナログに戻さねばならないことや導入以来まだ1年経っていないルータを買い換えなければならないことなどの矛盾に悩みつつあぁくそぅ速ぇぢゃねぇかチクショべらぼーめ悔しくなんかないぞ羨ましくなんかないぞ。

ゴミ 炭疽菌パイとシナモンティってちょいと冬樹さん。世の中の半分は不謹慎だというでしょうなぁ。ワタシはけらけら笑っちまったほうだけど。

Book ハリーポッター特需、というのが書店/出版業界では囁かれておりまして(でも天下の朝日新聞に載っちゃたら囁くとかいうレベルじゃないなぁ)、いわく「ハリーポッターの名を冠したらファンタジーノベルが飛ぶように売れてる」んだそうで。なるほど最近「ハリーポッターの源流」だの「J.K.ローリング激賞」だのいうオビをつけた本が目立つワケです。とりあえずファンタジー系の書籍は軒並み再販かかってるみたいですし、かの指輪物語も(来年公開の映画もありますが)売れてるそーで。年一回刊のハリーポッターを待ちきれずにファンタジーに飢えてる読者層をうまく浚ってるということみたいです。で、コトは出版業界にとどまらない。「ハリーポッター関連グッズが玩具業界を救うか」という記事がHotWiredにも出てました。しかもこのハリーポッター効果、日本でもあと5年は続くんですよね(全8巻の予定だから)。もしこのままファンタジーのブームが10年持続すれば十分カルチャーとして定着するでしょう。ワタシはそうなって欲しいと思う。でも10年は長い。10年もつかと思ったさしものポケモンも最近は下火になってるみたいだし、玩具業界で長生きしてるのはミニ4駆とガンダムとリカちゃんくらいか。そういやリカちゃん関係ではこんな話が(商品情報)。妹とかぢゃなくて赤ちゃんですか。リカちゃん孕ませますか。

2001.11.14

web リンク先情報。草の根エンスー日記で第二章がアップされてます。って11月3日付けだからもう一週間以上たってるやん(^.^) そして二週間前にも更新をお伝えしましたが、蒼洋さん(ちなみにГМとはГОЛУБЫЕ МОРЕ、ガルボーイ・モーリェ…だそうです)で早くも新作リプレイが。あの直後にメールでちょっとやりとりをしたので、有屋さんちょっとモチベーションが上がってるのかな(^.^)。こないだまで季刊だったので新作が読めるのがちょっとウレシイ(^.^)

SF 朝刊に一報だけ出てて詳細がわからなかったスーパーカミオカンデの光電子増倍管破損のニュース。13日朝には記者会見があったようです。破損した光電子増倍管、“浜ホト”なるメーカーで作られてるんですけど、当然特注品なんで在庫なし、なんでも一個一個職人さんの手による完全な手作り品で、製品ごとに規格にバラツキが出る品なので再生産には何年かかるやら、さらに作れる職人さんが定年退職したとかナントカ(このあたりの情報元は野尻ボード)。
で、調子に乗って浜ホトこと浜松ホトニクスのHPなど探してしまいました。元は浜松テレビという社名でブラウン管の製造から始まった生粋の技術系企業、世界で初めてブラウン管に「イ」の字を映し出すことに成功した高柳健次郎先生のお弟子さん達によって創られ、その光技術で世界的に知られている会社、…だそうです。民生品がないわけじゃないんですが、やっぱいろんな専門分野(環境から医学まで)に尖ったワンオフの製品が多いみたい。なんだかイメージインテンシファイアなんていう、理屈は解るけど何に使えるのか(ワタシには)よく解らないモノまでラインナップにあったりして。
参考リンク:東大宇宙線研究所・神岡宇宙素粒子研究施設

SF ASIMO、年額2,000万円でレンタル開始だそうです。注目すべきはこのレンタルバージョン、昨年のデモ機からかなりバージョンアップしてるということ。階段登りや凹凸歩行も可能だとか、起動40分を4分にしたとか、外部からコントロールするための“頭脳”もワークステーションクラスからノートパソコン並になったとか、見えないところでずいぶん改良されてるそうです。日本IBMや日本科学未来館(毛利衛さんが館長の博物館)に既に導入が決定してるそうですが、ASIMO見るためにお台場の科学未来館に行く人、きっとおるでしょうね(^.^)。

なんでも 前にもテロ事件に絡んで航空産業大打撃って話を書きましたが、13日付の日経Bizにボーイングの窮状を伝える記事が。現在のアメリカ航空産業は相次ぐ合併/吸収の結果、メーカーとしてはボーイングとロッキードの二強に収斂してしまってるわけですが(どっちに何が吸収されたのか最早ワタシも把握しきれてませんが)、その一方が弱体化するのは米政府としても得策ではないはずなので、いずれなにがしかの政治的措置がとられるでしょう。ということでワタシは“痛手”ではあっても“瀕死”ではないというふうに、この記事を読みました。
ただ問題の9月11日からこっち、全世界レベルで航空産業が弱体化してるのは事実ですから、今回墜落したエアバスA300もひょっとしたら経営悪化の影響が整備部門にまで及んで何かミスが発生したのでは…という懸念もあるわけで。そういえば日本でも全日空と日本エアシステムの経営統合とか言ってますね。これも例の9月11日の影響でしょう。経営統合自体は前からあった話だとしても、きっと今回の航空不況も追い風になってるハズです。

2001.11.13

web 11日に8000ヒット達成したのに何のフォローもしてないし、そもそもここ二日ばかり寝たきりになっててロクにネットに繋いでないし、ということでまだ朝っぱらなんだけどイレギュラーな更新。で、二日更新せずに放っといたらアクセス数がやっぱり減るんですわ、これが。毎日更新してた間はだいたい50カウント/日くらい(推計)は出てたのに。やっぱウチはリピーターが多いってこと、つまり結局は身内の占める割合が高いってこと。ちなみに8000番踏んだのはワタシ。自爆。ああ自爆こそ狂的科学者のたしなみ男の浪漫よ。

2001.11.11

1並びの日。

SF BBSでしの原さんに振られたからにゃ応えにゃなるめぇ、新AIBOな話をば。9日の夕方にカキコミ頂いてたのにその日は寝こけてしまったので一日遅れのレスポンスで申し訳ない。
“新AIBO”とは書いたけど、こんどのはERS-220っていう「新機種」扱いのようで、現行のERS-311ロッテとERS-312マキロン(いずれも間違っておりツッコミ無用)、ERS210小ライオンと合わせて、四つのラインナップができたことになるんですね。ただ小ライオンからのトランスフォームキットが存在するってところがロッテ/マキロンとは別系統、ER-210小ライオンの後継ということを暗示してます。しかしこれでは変形合体ロボぢゃな。大人でないと遊べない高級なゾイド(笑)などとつい不埒な皮肉を思いついてみたり(笑)。
デザイナーは河森正治氏だそうで、どうりで最初みたとき「テクノポリス21cみたい」って思ったワケで。もっともあれは同じ“ぬえ系”でも宮武一貴氏で、先鋭的なロボットデザインの割にアニメの出来が酷かったそうで82年7月の劇場公開当時にもロクな話題になりませんでしたが。とにかく今度のヤツはLED19個ビカビカだったり口も耳もない頭だったり目なんか黒いスリットの奥で光ってたり頭頂部からリトラクタブルヘッドライト出してみたり、河森節全開。ただ河森氏のデザインはエントロピー(無駄な線というか、線のゆらぎというか)が多くて、それを排除して立体化するとどうしても持ち味を殺してしまうのが難しいところ。ちなみに河森氏オリジナルのデザイン画の写真ASCII24のニュースで公開されてます。どうも記事読むかぎりではASCII24の記者は“河森正治”の名に強力に反応したみたい。
しかし河森氏デザインってのはマスを相手にした商売としては正しい判断でしょう。いまだにバルキリーのデザイナーっていう肩書きで呼ばれるのが本人的にどうか図りかねますが、とりあえずそう書けば少なくとも一般的購買層(AIBOに興味を持ち、かつ実際に購買力を持つ年代)に対する知名度は高いし。また“未来的”かつ“一般に許容される”デザインというバランスでは他に選択肢はないかも。実際に未来のデザインがこういう傾向になるかどうかを別として、現在の購買層が“未来的”と感じるデザインという意味で。そういうふうに捉えれば他のデザイナー、例えばカトキハジメ氏のデザインなどでは堅実すぎです。あまり未来的と思わせない現実的かつ合理的なのがカトキ氏のデザインの特徴ですし、もともとエントロピーの少ないシャープな線を引くので立体映えしやすいし。マニアの評価は高いかもしれませんが、道楽に18万ポンと出せるカトキマニアはそう多くないでしょう。
→参考;AIBO公式HP
→もいっこ参考:日経BIZの記事。こっちにはムービーがあります。

林檎 HotWired Japanより、Mac OS X 版 maya に関する厳しい評価。死亡推定時刻って、そういう使い方はしないと思うんだけどな。先日もどっかのニュースサイト(サイト失念)でもmayaに関する否定的な記事を読んだばっかだし、こうやって報道関係が否定的な意見を載せると本当に売れなくなってしまいますがな。

web その他、軽いWebニュースから。
太陽の荷電粒子を集める目的で打ち上げられたジェネシス(8/28の日記にも書きました)が、「蓄電池の温度の異常上昇」によって危機に瀕しているそうです。(→CNNのニュース)。太陽光を遮る庇が展開しなかったらしいんですが、その程度のことで衛星はまともに動作しなくなるんですよね。ペイロードぎりぎりで製作するんだから冗長性を一切排除したクリティカルなシステムを作るのが宇宙開発の原則なんですけど、そのぶんどこか一箇所でもミスがでると計画そのものが頓挫する。シビアな仕事です。のほほんと仕事してるようなワタシにはとてもムリかも。
ルーセントテクノロジー・ベル研が分子一個のトランジスタを開発。先日マイクロマシンの話を書いたところですが、いきなり(実験室レベルですが)μmクラスの素子が。また、英文技術専門誌ではフラーレン(C60)の合成に関する話題が(→難解な和訳)。ナノレベルの研究も、着実に実用段階に入りつつあるみたいです。

最近の日記←
→さらに過去
→TOP


椎葉戯文堂バナー