バックナンバー31

過去の日記

2002.5.20〜2002.5.31 | since 2000.10.25

2002.05.31

RPG 業務連絡。
今日 KEM16 くんからメールが来て、“6月1日は無理っぽい”とのことです。理由はマシンの不調。先日来シゴトの関係でシステムの入れ替えやらなんやらやったところが何故かネットワーク環境がムチャクチャ不調で、CHOCOA 立ち上げると「会話の時間差、IE立ち上げると固まる、再接続でフリーズ」という症状が出るそうで、1日までに復旧できそうにない、とのことです。ついでに ADSL の切り替えも目論んでいたところが、工事日が6月末だそうで、もう KEM16 くん踏んだり蹴ったり。細かい話はまた本人に聞いてください。
ということで他の方々に予告。プレイヤーが一人欠けるとてセッションが不可能なわけではない、次回はいまいちど“もうひとつのパーティ”をやってもらいます。“泥船一行”が二子峰遺跡に潜ってる頃、ハイマットはいったいどうなっているのか? 前回の第七章“深海の碧玉”をもう一度読み返して、各自の芸風とGMが敷いた伏線を思い出しといてください。

さっき(2:00AM)シゴトから帰ってきたとこで既にアタマ寝てるのでいつもの日記はまたあした…。

2002.05.29

林檎 ワタシは仕事柄あるDTP関係の資格を取得してるのですが、今日その事務局からメールが来ました。なんと仕事依頼のメール! とあるDTPスクールより講師派遣の依頼が来たとのこと。わあ。もしワタシが SOHO なフリーDTP屋だったならこういう話にはすぐ食いつくとこでしょう! しかしスクールの講師ってことは非常勤であっても週に何日かは拘束されることになるでしょうし、さらにこれが近所ならまだしもちょっと遠方、会社勤めと両立は難しいと思って、残念ですがお断りさせていただきました。あー勿体ない。ワタシを必要とする人がいるというのに(どの程度必要とされているかの程度にもよりますが)お断りしなければならないのは辛いっす。
(なお、こういうことを日記でバクロしてしまうのもどうかと思うので固有名詞は伏せています)

SF 小林泰三「海を見るひと」を買ってきました。“ハヤカワSF・Jコレクション”の名に恥じぬがっちがちのハードSF。SFの素養のないひとがいきなりこれ読んだら脳味噌が沸き返ります。情景描写が異常なまでに科学的で、世界を説明するのがたった一言のSF用語だったりして。いやこれは本当に読者を選ぶと思いますわ。
小林泰三さんと言う方は「玩具修理者」で日本ホラー大賞なんかとってる人なんですが、実は相当なハードSF屋さんで、しかもことのほかロマンチストである、らしいですね。…AΩの書評なんかだと、とんでもない悪夢のような話を平気で書ける冷血漢で悪辣な性格みたいに見えるんですけど(汗

Book ということでさいきん買った本:
海を見る人(小林泰三/ハヤカワSF・Jコレクション/1,500円)
ムジカ・マキーナ(高野史緒/ハヤカワ文庫SF/800円)
グレー・レンズマン(E.E.スミス:小隅黎訳/創元SF文庫/880円)
夏のロケット(川端裕人/文春文庫/638円)
嘲笑う闇夜(ビル・ブロンジーニ&バリー・N・マルツバーグ:内田昌之訳/文春文庫/733円)
SFばかりと見せかけて、前に日記ネタにした嘲笑う闇夜なんかも買ってたり。翻訳の内田昌之さんはソウヤー作品の翻訳をされてる方なので、前からサイトをちょこちょこ覗きに行ってます。

2002.05.28

ゴミ どうやらワタシの住んでる地方までは回ってきていないらしい(今日買ってきたモデルグラフィックス誌の情報によれば初回生産の100万輌、速攻完売だったそうな)ということが判ったので、東京在住の友人(つーかウチのプレイヤーKくんですが)にお願いして箱買いしてもらいました。いやあ中央ではこんなんばっか専門で扱うトコロがあるんですなぁ、と素人みたいに感心してみたりして。しかし100万輌ってのも(模型の生産量としてはとんでもない数字ですが)一人が50輌は買うとしたら2万人くらいにしか行きわたらない計算。ワタシみたいな単なる冷やかしの一見さんには回ってこなくても無理はないですねぇ。
いや待てしかしその一人50輌って数字の根拠は何よ根拠は。

なんでも HotWIRED より、生き残りをかけてオンライン化に先行投資するゲーム業界()。任天堂は堅実なコメント。ワタシの乱暴な要約で換言すれば“機械のスペックのためのゲームを開発するのはおかしい、機械のスペックはゲームのための手段に過ぎない”ってこと。オンラインゲーム推進派のソニーのコメントは対照的なほどに楽観視したバラ色の将来を描いてます。
そしてメーカーの思惑を嘲笑うユーザー。プレイヤーはオンラインゲームにお金を払う気なし。“ゲームはオンラインで楽しむほうがよいと考える人は3分の1”、“利用料金を支払ってもいいと答えた人はわずか6%”ですって。アメリカでの調査ではありますけど、日本でも当てはまるでしょう。アメリカでコケたもんが日本で成功するとは思えないし。
常日頃からワタシは“インターネットが商売になるなんて幻想はとっとと捨てるべき”って言ってるんですけどねぇ。“だが実際に Yahoo! や Amazon や楽天みたいに成功してるとこがあるぢゃないか”という反論には“ごく一握りの天才的先駆者だけが成功しているので、それをマネして成功できるビジネスモデルではない”と申し上げています。この世界に二匹目のドジョウはいない、と。まったく、ネットが商売になるなんて考えを誰が言いふらしたやら。

SF もいっこ HOTWIIRED から。中国は有人宇宙飛行を目指し、密かに飛行士を養成中って話。まあヒソカにと言ったところで今更誰も驚かないのではありますが。しかし中国絡みのこういう報道は、どうしても政治ショーの臭いが鼻についていけません。

林檎 あー、やっぱり出すんやね Mac 版の ATOK 15。関西弁変換対応なんちゅー機能もやっぱついてんねんなぁ。ワタシらには要らん機能ですわ。関西弁の変換ごときに苦労はしてへんさかいなぁ。
などというモドキ関西弁(↑自分で書いててどっかおかしいと思うよこの関西弁)は措くとして、ワタシにとっての ATOK は 13 で止まってますんでこのバージョンアップには全く魅力を感じません。ぶっちゃけた話、たかが日本語変換プログラムに一定以上の機能は必要ないでしょう。“操作状況に応じて最適な操作方法をリアルタイムに表示する「ATOKナビゲーション」を搭載”って、なんですかそれは。余計なお世話です。そんなよくわからん「お知らせ小窓」みたいな機能が有難いんでしょうか。“初心者ユーザには不親切でヘビーユーザには疎ましがられ”るだけなのでは。いずれは Mac OS X に移行することも考えなきゃなりませんが現在は日常的には Mac OS 9 でシゴトしてますから、いよいよこの ATOK 15 に必要性を感じないのでありました。ちなみに発売は6月28日。
…あー、ワタシにしては珍しく悪口まみれの日記を書いてる。お目汚しご容赦ください。

メモ25日付で書いた X-45 初飛行のニュース、産経ではボーイング提供の写真付きで報道されてます。

2002.05.25

ゴミ ノートPCがロボットに変身。そーそー何年も前に流行りましたやろ、普通はヒコーキやらクルマやら日用品やら、場合によっては新幹線みたいなカッコしときながらカタカタ変形してロボットになったりするオモチャ、あれの高級なヤツですがな、こうノートパソコンのあの薄いボディがカタカタ変形して手足が生えてきちんと二足歩行はするわ茶は運ぶわ、ご主人様の言葉をちゃんと聞き分けるからビール飲みたい言うたら冷蔵庫から出してくるし、朝なんか言わんでも玄関の新聞受けから新聞くわえて走り寄ってくるんやんか、そんな高性能なロボットがや、アメリカではもう売っとるんやそうな、しかもこれがな、なんや知らん、いま手持ちのノートパソコンに基本的なキットを組み込むだけでロボットになるちゅうがな、これが米ドルでなんと499ドル、日本円にして7万ってとこや、魅力的かつ戦略的価格設定ちうやつや、マニア心を妙にくすぐるやろ、どや、あんさんもだんだんに欲しなってきたやろ。
という妄想が0.5秒の間にアタマの中を駆けめぐるような、妙に誤解を招くコピーですこと。オチはリンク先を見てくだちい。案外おもしろくないニュースですけど(汗

なんでも なんだかすごいぞガリガリ君。電撃オンライン緊急特別企画「創造への挑戦」(なにが緊急でどこが特別なのかいまいちよく解らんけど)、第4回は赤城乳業のガリガリ君。これは熱い。暑苦しい。開発側の熱意がむんむんと伝わる。でもそこは電撃、大真面目にやればやるほどギャグにしか見えないという小細工を怠らぬ。文章だけ見ればまんまプロジェクトXみたいなんですけどねぇ(笑)。

なんでも CNN より。無人攻撃機 X-45初飛行に成功。まだ飛んでなかったのか、ってのが正直な感想。いまさらここで無人攻撃機のメリットを書くのもアレですが、なによりもコストの低さが最大でしょうか。次世代戦闘機の 1/3 です。っても1機1500万ドル(≒20億円)ですって?

SF ↑上のニュースについて調べようかと NASA のサイトをウロウロしていて見つけた Helios という無人飛行機。太陽電池で飛ぶ超軽量航空機、5万フィートの上空に14時間滞空することができるもの。14時間が上限なのは夜が来るから。

なんでも さいきん ZDNet の海外記事の、日によっては半分ちかくがロイター発になってるんですけど、これって掲載期間30日って制限があるのね。こないだウチの過去ログからリンクしてる ZDNet のニュースに飛んでみたら「見つかりません」って言われました。むぅー。さいきんの ZDNet は報道データベースとしての信頼性が落ちてるぞ。過去のニュースを検索しても出てこないのは困ります。

2002.05.23

web 世間様ではくれずとかなんとか云うウィルスメールがどーたらこーたら、人によっては来るメールの半分くらいはウィルスだとか(ちなみに残る半分の八割がDM)ゆー話をさいきんはそこかしこのサイトで目にするのですが、ウィルス対策ってみなさんやってないんですかね? ウチは .exe 拡張子にまったく縁のない林檎の機械なので添付ファイルがついてても平気の平左ですが、いちおうウィルスチェッカはアクティブにしてます。ところがこーやって万全の体勢で待ちかまえているのにほとんどウィルスメールが来ないのは何でかな。元来メールのやり取りをする人たちが(職業柄)林檎使いばかりなのに加えて、ウチのサイトを見に来てくださる方々がセキュリティをしっかり意識されてる方ばかりってことでしょうか。性格上、あんまり一見さんの来ないサイトですし。
参考:ウィルスに関するインプレスの報道/Klez(日付は1月24日)とBadtrans.B(01年11月27日)、シマンテックのウィルス情報/KlezBadtrans.B

なんでも スティーブン・ジェイ・グールド死去。癌。60歳。若い。はやくも bk1 では追悼特集が。うーんワンダフルライフとパンダの親指くらいしか読んでないなぁ。もっと読んでた気になってたけど。

SF 金環食のライヴ中継。これを企画した LIVE UNIVERSE は、日蝕・月蝕のネット中継をしていたプロジェクト“ LIVE! ECLIPSE ”と、しし座流星群のネット中継をしていた“ LIVE! LEONIDS ”が発展的統合したもの、みたいです。今回はマリアナ諸島から韓国・日本・メキシコを結んでの中継。去年アフリカ行ったときに比べれば小規模?かな?まあ金環食だし。
前回の中継は2001年6月21日のアフリカ皆既日食。このときはワタシもかなり興奮して日記に書いてますねぇ。

SF 日本、国際熱核融合実験炉(ITER)誘致へ。建設費数千億円を日欧露加で負担、実験炉をどこにつくるかが目下の焦点となっている模様。で、肝心の場所ですけど、いまのところ青森県六ヶ所村(核燃料サイクル施設がある)、茨城県那珂町(日本原子力研究所がある)が候補だそうな。

2002.05.22

SF Hot WIRED より、スター・ウォーズ ファンの逆襲。自主制作映画にミレニアムファルコンが要るつって実物大模型つくっちゃうSWバカ。ステキ。こーいう突き抜け方は畏敬の念すら思い起こさせます。あとイベント整理に駆り出されるストームトルーパー(のコスプレイヤー)とか。この絵なんか壮観で、むしろ感動的ですらあります。

なんでも 任天堂ゲームキューブ、24800→19800へ価格改定(→ZDNetCNET Japan)。昨日発表があった米国の後追い。
いっぽうで×箱はオンラインゲームサービスを発表(→ZDNetCNET Japan)。XBOX Live、日本語では生×箱(ナマバツバコと読もう)。MSはこれに20億ドルを投資なさるそうです。ワタシが何を言いたいかはここに書くまでもありませんね。

web 幻灯夢想宮の鳴神さんがサイトを立ち上げてますな。幻灯夢想宮別館なるちゃばこ。いままでは幻灯さんのサイトに発表してましたがサイト管理者のGBさん多忙のため自分でサイト立てたそーです。いかにも手書きのHTMLソースが好印象(←何を見てる)。鳴神さんの名が日記に載ったのは去年の8月以来ですが、この方はワタシが心酔する「ガンダムG」リプレイの著作者です。なるちゃばこのコンテンツは今のところ「ダンバイン」リプレイと「マクロス」リプレイくらいしかないですけど、鳴神さんって死蔵コンテンツ(発表の場がないリプレイとか)をたくさん持ってるハズですから、そう遠くないうちに拡充されるでしょう。発展途上サイトですからそのうち大化けしたりして。
突然いま思い出したけど、そーいえばウチにも鳴神さんに貰った死蔵コンテンツがあるわ。ガンダムRPGジオン編。9カ月も前にアップだけしてそのまま放置され、どこからもリンクされてないから google 検索しても引っかからないという恐るべきコンテンツ(笑)。そろそろ公開しないとマズイかなぁ(笑)

メモ:Adobe Photoshop 7、日本語版は5月31日発売

2002.05.21

林檎 アップル、新しい iBook を発表。また愛想もなにもないタイミングの発表ですなぁ。iMac が G4/800 とかいってるこの時代に、上位モデルで G3/700、下位モデルで G3/600 っていうのは性能的にいかにも見劣りします。アップルのキカイで未だ G3 搭載してるのは最早iBookだけだというのに。ソレと、今回は単なるマイナーチェンジなせいか、日本のマスコミはほとんど反応してませんね。ZDNet Mac 以外ではニュースにもなってません。

SF PsychoDoctor 風野春樹さんの読冊日記に、ちら、と書いてあった“エンダーのゲームが映画化される”と言う話。監督、ウォルフガング・ペーターゼン?(ネバーエンディング・ストーリー、エアフォース・ワン、パーフェクト・ストーム)どんな映画になるだろう? “エンダーのゲーム”、見せ場になる映像向きの魅力的なシーンは少なくないですが、それでも小説に忠実な映像化は不可能でしょうね。

なんでも ゲームキューブ、アメリカで価格改定の発表。199ドル99セント→149ドル99セントへ、任天堂が更に低価格へ逃げ切り体勢。日本でも近いうちに正式発表ですって。

2002.05.20

RPG 放置期間がずいぶん長かった第九話リプレイその2、やっと上げまして候。
しかし諸事情ありて18日に予定していたセッションは延期と相成り申した。
  ■
ここ数日、公私とも異様にばたばたしていて思うように時間がとれませんでした。さらにこのばたばたは暫く続きそうで、今後一週間は更新時間がますます不安定になることでしょう。と更新できなかったときの言い訳を先に書いておきます。

SF ナノテクを用いた冷却チップ。ナノテクを応用した冷却技術を開発しているCool Chipsが、サンノゼで始まった Nanotech Planet Conference で公開したどそうです。“電子トンネリングを利用してチップの片面の熱を逆面から放出、片面を常に冷却状態にする”…えーと。マックスウェルの悪魔? だれか「トンネル効果」と「マックスウェルの悪魔」と「熱力学の第二法則」(三題噺みたい)について解りやすく説明してくれませんか。ワタシはしょせん門外漢。

movie ハリーポッター(よりハーマイオニー)と賢者の石のDVDを買ってきました。うふふ♪ これでハーマイオニーたんの(削除) 問題は鑑賞時間をどう捻出するか。というのはワタシの DVD 再生環境が Mac だけであり、DVD を見ようと Mac を起動してもそのままネットに繋いだり仕事になったりするからです(笑)。

先日触れたアクアゾーン2に関するシノミクスのコメント、Macintoshユーザーの皆様へ。何も言っていないに等しいですな。

あれアクセスカウンタが17000突破。推定5月17日。有難い有難い。順調に数字を伸ばしております。

最近の日記←
→さらに過去
→TOP


椎葉戯文堂バナー