バックナンバー33

過去の日記

2002.6.18〜2002.6.29 | since 2000.10.25

2002.06.29

なんでも 国土地理院が地形図閲覧システムを試験公開しています。なんかものすごく良くできています。って当たり前だ、市販の地図の大半はこれを元にしてるんだから。でもこの日本全国の1/25000地形図がデジタルでサクッと手に入るのは素晴らしい。シゴトで地図描きをすることの多いワタシとしてはいちいちスキャナで原図を取り込むのが億劫で… あ、“閲覧以外の使用は禁止されています”って書いてありますな。へー、無料公開も法律で決まってるんだ。ワタシらの税金で作ってるものなんだから無料公開もアタリマエっちゃアタリマエな話。

なんでも 同じく税金で作られている“怪異・妖怪伝承データベース”by 国際日本文化研究センター。そー、これも我々の税金なんですぞ。ニュースサイトでもたくさん報道されてるので既にみなさんご存知とは思いますが。13,000件ものデータを登録してあるって言いますけど、我々の期待するようなぬらりひょんも目々連も百目も載ってません。“伝承”データベースで“妖怪”データベースではないんだから当然かもしれませんけど。さらに「要約:ただいま作成中です」ってのがけっこう多くてイマイチ面白くなかったり。更なる努力を期待します。

ゴミ パンゲアの娘KUNIE、ばたばたと伏線もなんもかんも敷きッ放しでサクっと終わってしまいましたな。やっぱり打ち切りだそうですね。作者本人が自分のサイトで吐露してます。雑誌のニーズに合わんかった、ということみたいですが、ワタシの好みはサンデーの読者層の嗜好とはあきらかにズレてるんで、ゆうきまさみにはもっとこーいう話を描いて欲しかったと思ってたり。

ゴミ あの、どなたかご存じの方、この極楽町一丁目/二階堂正宏について解説していただけませんか。シュールでステキなギャグで非常にツボにはまったんですけど、ヒトに勧める惹句を思いつきません(笑)。

メモ:ウルトラマンコスモス、冤罪疑惑。警察の勇み足か。松竹と円谷はどうすればいいのだ。

2002.06.27

RPG Hot WIRED によると“『Dungeons & Dragons』の完全なコンピュータゲーム化が遂に実現”したそうです(上)(下)。むう。ウルティマオンラインなどと違って、一般ユーザがダンジョンマスターになれるってことかなぁ。いまいちプレイスタイルについての記述が薄いのでどんなゲームか見当が付きかねます。
ある意味で我々が IRC チャットでプレイしてる RPG セッションに似たスタイルなんだろーけど、こういうオンラインゲームでなにより大きいメリットはプレイヤー全員が世界観を共有してるってことですわな。世界観が共有できてないプレイヤーによるセッションでは、たとえばフォーセリアで冒険してるのに「お前そこでソーダ水頼むかよ」みたいな行動が発生したり、教会で洗礼の儀式があったり。ウチのセッションでは逃げ道として別の世界を作ったから理由付けさえできればそれも許容範囲ですけど、世界観の理解レベルに差が激しいとゲームが前に進みません。
しかしなにより世界観を理解するのに時間を要するのが RPG、いい歳こいたサラリーマンどもの集団ではなかなか新たな世界観の共有はムズカシイ(≒新しいゲームに手が出せない)のであります。
とすると我らの仲間内で、ほぼ完全に相互理解の域に達している世界観って、実は宇宙世紀くらいしかないんでは。それも1年戦争限定。Zになると早くも脱落する者がいるし。

ゴミ 今月のモデルグラフィックスは“一年戦争環境・以降”と題して特集組んでますが、堺三保さんの書いた記事に挿入されてる地球圏の図が間違いまくってます。ゼダンの門がセダンの門に、ソロモンはユンペイドウなどというひどくワケのわからないものに。さらにSF屋としてのツッコミどころは「月と地球とラグランジュ点はキレイな正三角形になるんだっ」「地球とラグランジュ点の間に引かれた補助線に意味がないッ」てなとこでしょうか(昨日ちょっと紹介した“SFアニメの科学”にこのあたりの話は詳しく載ってます)。しかし堺さんがこげなアホな間違いするとは思えないのでこれは Illustrator で作図した人間が天文というか科学を理解してないってことでしょうか。ちょっと石投げればこんな図ホイホイ描くよーな“ガンダム者でSF者な DTP 屋”なぞ業界にはいっぱいおるでしょ(笑)。ワタシなら手弁当で描きに行ってもええ(ウソです)。最近(DTP 化して以降)のモデグラ、ページネーションのクオリティがかなり下がってると思います。…あ、いまパラパラと見てて気付いたけど“世界の駄っ作機”だけ写研の文字使ってて、まだ DTP 化されてない(なぜじゃ?)。あと滝沢聖峰のマンガのネームも写研の書体ね(笑)。

…あ、今日は期せずしてガンダムネタが続いてるな(笑)。

2002.06.26

SF ZDNet、RoboCup-2002 の報道をこばやしゆたかさんが書いてる。いつもは正規の報道を記者が書いてこばやしさんはウラ情報とかニッチなネタとかを拾ってくる“報道の二面構成”を敷いてるのに。記者を福岡まで派遣するのを渋ったかな。会社としては何日も福岡に出しっぱなしにはできないし、フリーライターに書かせてみよう、と。裏読み。内容はいつものコラム“っぽいかもしれない”よりは大人しいですが、例によって一人称文体なんで妙に文章にのめり込みます。面白い。

SF もうひとつこばやしさんによる ROBOTREX のレポート。RoboCup と同じ会場(福岡ドームですな)で開催されてる、ロボット関連技術の展示会です。デモンストレーションモデルや試作機がいっぱいあって、じつは RoboCup より面白いかもしんない。実はこれに関しては数日前に ASCII 24 でも報道されてたんだけど、こばやしさん贔屓のワタシは ZDNet のほうをオススメするのでありました。

なんでも さらに ZDNet(アンカーデスク)より、何年か先、電子ペーパーでモバイルが変わる。電子ペーパーってのは液晶の次に来ると思われるポータブルディスプレイ技術、現在開発されてるもので厚さが0.3ミリくらい、紙と同じようにくにゃくにゃ曲げたりもできるんだそうな。∀ガンダムのマニュアルがまさに電子ペーパーでしたなぁ。バインダーに挟まったぺらぺらのシートに文字が浮き上がってきてマニュアルになるの。もう実現寸前まで来てるんですなぁ。それにしてもこのコラム、原文がアメリカ製なんで喩えもディック・トレイシーなんだけど、我々にとってはビデオシーバーとかのほうが馴染みがあって判りやすいです。…はっ、若い読者にはどっちもわかんないのか?(汗

Book ここ数日買った本:
Jの神話:乾くるみ/講談社文庫733円(→bk1esBooks
SFアニメの科学:福江純/知恵の森文庫(光文社)552円(→ bk1 esBooks
STREGA! 1:米村孝一郎/集英社800円(→bk1esBooks
言の葉の樹:アーシュラ・K・ル・グィン/早川書房700円(→bk1esBooks
“Jの神話”を書いた乾くるみさん、徳間デュアル文庫で「マリオネット症候群」とゆーのを出してたんですけど、これを大森望さんが大絶賛、“「マリオネット〜」は乾くるみの入門書としては最適だ、これで手応えを感じたら「Jの神話」も読め”と仰るので。「マリオネット〜」もいいかげんブッ飛んだ話で、前半はティーンズノベルみたいなノリで進んでいくのに後半どんどん暴走して最後はこうきたか、みたいな話。「マリオネット〜」が“乾くるみのなかではいちばんまとも”と言うからには「Jの神話」はもっとすごい話なんでしょうなぁ、と期待しつつ購入。
“SFアニメの科学”は少し前に野尻ボードなどのSF系サイトで話題になったので購入、アニメをとっかかりにしてネタを天文学に引っ張るような内容の本。天文分野に秀でた人の話はとっても面白いんですけど(ラグランジュ点の話とか)、失礼ながら文体が「おっさんの話し言葉」みたいで違和感を感じます。高校の先生が学生にウケようと無理してくだけた言葉を喋ろうとして(失敗して)るみたい。あと、元になった本(SFアニメを天文する)が既に10年前の本なのでネタがいささか古いのも難。
STREGA! はウルトラジャンプの連載が始まったときから心待ちにしていた単行本。説明無しでぐいぐい進むストーリーテリングがこの人の持ち味なんだけど雑誌連載というスタイルではブツ切りになってしまって難解なので。単行本にまとまってからじっくり読もうと思ってたのでした。
ル・グインは何故買ったかなんて別に説明せんでええでしょう(笑)

2002.06.24

RPG 昨日のセッションはプレイヤーが揃わず中断。一人が6月中は参戦できないと言ってたため彼ヌキの4人で外伝をやろうとしてたっていう事情は以前(→020604)にも書いたとおり。
ところがさらにプレイヤーの一人が直前になって会社から転勤を言い渡されてバタバタ、引っ越し準備で疲れていたそうで昨日に限って大遅刻。普通ならそんなことよりセッションを優先させてくれる人なんですけど、今回は事情が事情だから誰もそのことに関して咎める気にはなってません。いっそその会社辞めたらセッション時間に多少の余裕ができるのかもと不埒なことを言い合っております。
ほんでもう一人は行きたくもない研修旅行かなんかに連れて行かれてたらしいが無断欠勤に変わりないので沙汰を検討中。意思表示は明確にして貰わないと。

林檎 Adobe から PS Printer 8.8 がダウンロードできるようになってます(米 Adobe ダウンロード)。説明文やなんかは全て英語ですが、ダウンロードされるファイルそのものは日本語版です。例によって日本のアドビにはまだ古いものしかありません。もう1カ月も前に公開されてて、実はワタシも既にインストールして使ってみてますが、長年の懸案だった「QuarkXPress 印刷時間異常遅延」が解消されてるのが大きなメリット。Acrobat 4.0 関係での PDF 作成が何故かうまくいかなくなったのがデメリット。これは Acrobat 5.0 にバージョンアップしたときにどうなるか要検証(←ものぐさでやってないだけ/早くやれ)。

メモ:RoboCup - 2002に関して、ASCII 24 の報道 Vol.4vol.5

2002.06.22

RPG あした(日付としては今日)はセッションですが。プレイヤーの皆さんは大丈夫でしょうか突然親戚で葬式とか突然親が倒れたとか突然会社が倒産したとかいうシャレにならん事態でもないかぎり当日になっての欠席は困りますよ。もともとの予定では3月くらいには終わろうって言ってたキャンペーンなのにちっとも終わらないばかりか枝葉の外伝がどんどん長くなってて、GMはシナリオを収束させるのに必死だったり。

movie ロード・オブ・ザ・リングのDVD予約が始まってます(→Amazon DVD ストア)。通常版こと“コレクターズエディション”が 4,700 円で 10 月 2 日発売、“スペシャル・エクステンデッド・エディション”なる特別版が 9,800 円で 12 月 4 日発売。それにしてもこの“特別版”、30分の本編追加映像ってのはものすごく気になるんですけど、6時間以上の特典映像ってのが謎。“通常版”にも2時間半におよぶ特典映像がついてるのに。extended の名の通り「引き延ばした」冗長なもんになってなきゃいいんですが。インタビューや撮影舞台裏などの映像なんだったら単位時間あたりの情報量は本編に比べて格段に少ないはず、6時間あっても実質的に“見るべきトコロ”は少ないと思いますな。3時間もあるハイクオリティな本編を見れば充分でしょ。ほんまにコレクターズアイテムというか、マニア狙いのあざとい商売にしか見えません。
…どうでもいいこと。Amazon のコメント(素人さんの投稿のほう)、せめてある程度の掲載基準は設けた方がよろしいのではないでしょうか。

ゴミ ここんとこ妙に物忘れが激しくていけません。今日など人と話をしていて咄嗟に自分のクルマの名前が思い出せなかったし(こないだ買ったネイキッドです)、先日も会社の女の子の名前が出てこず思わず“ポチ”って呼んでしまうし。これ本気で老化現象かしらん。アルツハイマー病、30代で発症する例も(稀に)あるそうですが。しかし世の中にはまだまだ知らないことだらけ、人生は死ぬまで勉強だと思ってるようなワタシから知識欲を取ったら何も残らんというのに、新しい知識を幾ら仕入れたところで日常会話に支障をきたすような物忘れをしちゃ意味がない。そーでなくても“知らなくていい知識”ばっか詰め込んでるし。ワタシみたいなのが突然未開の地に放り込まれたら、きっと生存に必要なことすら思い出せずに1日たたずに野垂れ死ぬこと請け合い。

2002.06.20

ゴミ むーむーむー。熱がぶり返してきた模様。ノド痛い。ハナの奥も痛い。ことに首のリンパ腺のあたりがぱんぱんに張ってて痛い。リンパが痛いなんざはじめてですわ。こんな調子で土曜日は大丈夫か、ワタシ。セッション(第十話二回目)ももちろんだけど、各支社から代表が集まるような会議があるんよなー。
とりあえず参加予定の方(会議じゃなくてセッションのほう)、現状で不具合などありましたらBBSにカキコミをよしなに。GMがこんなだからひょっとしたら中止させてもらうやもしれんけど。

とゆーことで今日は気にしてるニュースだけ数点箇条書き。

林檎 MSIE 5.2 リリース。Mac OS X のみ。OS 9.x 以前は現在のバージョンは5.1.4どまり。web ブラウズの機能としては Windows 版に引けを取らないばかりか部分的に優れたところもある(タグや CSS の解釈など)のに、バージョンナンバーが小さいと Win に劣ってるみたいに思われて嫌です。Mac 版 IE は 5 でほぼ完成しちゃってますから、今のところ改良の必要がそんなにないだけです。OS との統合みたいな必然性のない変な機能を追加するワケもなし。

林檎 もひとつ林檎ネタ。エプソンが Mac OS X 対応のプリンタドライバ、PM-3000C 用 Ver.1.2.8JPM-770C 用 Ver.1.2.8J を配布。ついに自宅のプリンタが OS X 対応になりました。万歳。

ゴミ ウルトラマンコスモス、2回に分けて主役抜きの特別総集編を流して終了させるんだそうな(リンク先にはあらすじも載ってます)。むー。例によって“いろもの物理学者”前野昌弘さんコメント
無難にティガの再放送やっとけばいいんとちゃう? 主役級ふたりはきちんと芸能界に生き残って活躍してるし。

メモRoboCup-2002 開幕。どうでもいいですけど、福岡ドームで開催っていうのはやっぱ空間の無駄遣いではないかと。

2002.06.18

ゴミ 高熱にやられて寝込んでいたワタシ。土曜日の夕方からどーにも怠くて熱っぽいと思ったら38度超えてまして、その後の予定をすべてキャンセルして月曜朝までぐったり。月曜日には仕事に差し障らない程度に下がったので普通通りに出社しましたが。休みを返せ、みたいな不条理な怒り方をしてみたり。
ただ寝てた訳ではなく、ここぞとばかりに手つかずのまま積まれていた本の山を切り崩しました。侵略者の平和:林譲治/ハルキ文庫とか。倒れてもタダでは倒れない。←って自慢になるかい

林檎 PowerLogix が Pismo(Power Book G3)のアップグレードを発表しましたな。CPU を G4/500 に換装するサービスで329ドル、本体を送って付け替えてもらうんだそうで。そりゃ余程のパワーユーザでも PowerBook をバラして CPU を換装できる人なんかザラにはいないし、専門家が付け替えてくれるならそれでいいっす。でもアメリカ国内に限った話なんよね。日本でこれが商売になるかな? 日本人の Pismo ユーザはとっくに PowerBook G4 に買い換えてるんじゃないかな。もしこれが「PowerBook G4/400 の CPU を G4/800 にします(←多分向こう1年は無い話でしょうが)」とかいうサービスだったらきっとワタシは速攻申し込んでるでしょう(笑)。
そして時を同じくして、復活なった Newer Systems Technology もまったく同種のサービスを開始したと発表、しかもこちらは299ドル。なんかよくわかりませんが。

SF 忘れてました。14日付の ZDNet から、こばやしゆたかさんの“っぽいかもしれない:それでもやっぱりサッカーが好き”。もちろん RoboCup-2002 の話です。大会期間中ずっと取材を続けられるそうです。こばやしさん独自視点のおもろいネタを期待しましょう。そして RoboCup は明日(19日水曜日)二足歩行ロボットによる PK 合戦で幕開け! ヒトのやる蹴球などよりワタシはこっちのほうが面白い。
ちなみに RoboCup についてのわかりやすい説明はこちら。ルイ・ヴィトンのカップとか SONY の SDR-4 が出ない理由(タテマエ?)とかも。

なんでも 「スクウェア、FF XI win版のβテスター募集」(→CNET Japan)。無駄と判っていて敢えて訊きましょう。Mac 版は出ないんですな?

メモ森山さんの日記経由、トランスフォーマー。驚愕。爆笑。必見。

メモ:うえーん気持ち悪い。これを手の中でコロコロ転がすんですかぁ? それに突起物の多いヤツはどうするんでしょう。手に刺さるよ(笑)。

15日(土)、アクセスカウンタが19000突破。常連のみなさま有難うございます。このままいけば6月中には20000に乗るかも。なにか記念イベントを考えた方がいいかな(笑)。

最近の日記←
→さらに過去
→TOP


椎葉戯文堂バナー