バックナンバー52

過去の日記

2003.06.03 

ゴミ 日曜日に外出していたのですが。台風の余波でまだ午前中は曇りがちの天気だったもんで、うっかり帽子も被らずにいたらテキメンに日焼けしてしまいました。実際に直射日光に当たったのは1時間くらいだと思うんですけどねぇ。6月の紫外線あなどりがたしッ。
ほんで今日は鼻の頭が痒い(笑)。明後日あたりからカワがぽろぽろ剥けて情けない顔になるにちがいない。うう。

RPG あまりにも進展しないRPGセッションにシビレをきらし、現在のキャンペーンの完結を待たずに次を準備してます。本気かいと後ろ指をさされながらも、次はガンダムRPGなんぞを。1年戦争。ジオン軍。ゲストとして某サイトの某氏と某氏に声をかけたらどっちも快諾してもらっちゃったんでもう後には退けないぞ(笑)。少し困ってるぞ(笑)。

SF 米国陸軍の未来戦士はネットワーク対応型(→ZDNet
こういう高度に情報化された歩兵が活動できるのは限られた戦場ではないかと。前線の兵士が情報化されるって言っても、後方部隊が脳味噌もってないといかんと思うのですが。運用コストはかなり高くつきそう。そもそもミノフスキー粒子下の戦争では、こういう電子兵装は時代遅れと称されるのだ。
…どうもこないだから脳味噌が宇宙世紀前半に飛んでるみたいでこんなコメントしかできなくなってます。いかんなぁ(笑)。

SF マウスいらずのジェスチャー感知入力装置(→ HotWIRED)。そのむかしJM(→Amazon)でキアヌがヘッドセット+データグローブで空中に手をさまよわせながら、あたかもそこにデータがあるかのようにひっつかんだり放り投げたり引き戸を開けてみたり、はたから見たらなんやねんと思わせる姿で仮想空間にダイヴしている絵がありましたが。立体グラフィカルユーザインタフェース。ジェスチャーでコンピュータを操作、って言われるとそれを連想してしまいます。
今回の記事はトラックパッドのようなタブレットのような平たい入力デバイスの上で手を動かす、というもの。まあいきなり空中に仮想空間を投影したりするワケもなく、現実的なところでこうにしかならんでしょうか。とりあえず窓系の“なんでもかんでもツールバー+ボタンの羅列”っていうインターフェイスよりはマシかも。でも私はショートカットばしばし使うほうが早いと思ってますけどねっ。実際、ワタシが Illustrator なんかのDTPソフト使うときはツールの切り替えすらキーボードでやりますから。マウスは作業中のオブジェクトから放さない。おかげで他の人がワタシのオペレーション見ても『なにやってるのかさっぱりわからない』って言いますが。
問題はこれで一つのパソコンのインターフェイスが統一できるかどうかですけどね。OS はこの入力方法だけど他のアプリは旧態依然、混在して結局わけわからんよんなりました、みたいになりそうでイヤ。

なんでも だああああ。『最強』のヒーロー誕生? パンダとアニメをドッキング(→日本工業新聞)。パンダーゼット、だそーです。妙にマッチしてるなぁ。もともとパンダな塗り分けだし。ここには書いてませんが、昨日だったかに大手新聞に出ていた記事ではきちんとダイナミックプロの了解を得ていると書いてありました。“アニメ好きの男性とパンダのデザインを気に入る女性に販売していく”んだそうですが、このへんのたれ者さんもきっと反応してくれるんではないでしょーか。密かにほくそ笑んでおります(笑)。

SF 火星探査車、北極の氷上を横断してデボン島へ(→ HotWIRED)。
火星の表面を移動することを想定して製作されたコンセプトカー『マーズ1・ハンビー・ローバー』が、実験基地のあるカナダ極北の島・デボン島まで氷上37kmを自走した、というニュース。
火星探検車っていうからもちょっと奇天烈なもん想像してましたが、あんがいマトモなかっこしてます。せいぜい“へんな無限軌道つけた四駆”ってとこ。てぇか良く見りゃ種になってるのはハマーだし。

2003.05.31 

movie しの原さんがBBSにタレコミしてくれたネタ。本国アメリカの“The Load of the Rings”専門の通販サイト The Lord of the Rings THE ULTIMATE COLLECTION。たとえばアクセサリとして十分通用するハイクオリティな The One Ring などが400ドルくらいで出てます。ふーむ5萬圓。これが商売になるとは恐るべし、といったところでこの絵を見て下さい。
なんでしょーかこれは(笑)。
このムチャクチャなスタイリングはどう考えてもガレージメーカー製。キャスタ角はひどく寝とるわ、非常識なまでに前輪は小さいわ、後輪まわりのデザインはまるでサスペンションの存在を無視してるようだわ、なによりムキダシの空冷エンジンをそんなふうにマウントしたら内股が焼けるんではないかと思えるフレームのとりまわしのすごさ。The Load of the Rings モデルだから、とゆーよりはアメリカン・イージーライダーには既にこのスタイルが根付いているのでしょうか。ほんま、メリケンの方々の考えることは(笑)

林檎 Mac OS X で使うバックアップ/シンクロナイズツールの模索。
Mac OS X ソフトウェアサーチ などで探してみるとフリーウェア/シェアウェアでかなり多くのソフトが出てます。しかしどれもいまいちピンとこない。ワタシの求めるのは Connectix から Mac OS 9 用に出ていた Copy Agent みたいなものなのでどれも好みじゃなかったりするのです。
Copy Agent のなにより優れていた点は、通常のファイルコピー+差分コピー+マージ、という分かり易さにあります。面倒な設定がなにひとつ必要なく、意識してソフトを起動する必要すらない。通常 Finder に向けて行われる『コピー』というコマンドを Copy Agent が常に監視していてインターセプトしてしまい、Finder のかわりに『コピー』タスクを実行する、といったカラクリでした。要するに通常のコピーとまったく同じ感覚で扱える(=ユーザはその存在をまったく意識しない)『高機能なファイルコピー』だったのですね。なんかこのカラクリに慣れてしまったので他のソフトが面倒に見えていかん。OS X でこれと同じインターフェイスは実現できないのかしらん。

Book 今日買ってきた本:マルドゥック・スクランブル冲方丁/早川書房660円)。デス・タイガー・ライジング1(荻野目悠樹/早川書房700円)と二冊並んでいたけど、なんとなく久織ちまきの絵より寺田克也の絵に惹かれて表紙買い。それにしても早川にしちゃ装丁がポップだと思ったら、案の定デザインは岩郷重力でした。これで本文に挿絵でも入ったら講談社の本と言っても通じる(そんなことはない)。

2003.05.30 

なんでも 日立、自律移動する家庭用小型掃除ロボットを試作(→ZDNetPC Watch)。松下が掃除機ロボット出したのがもう1年以上前、東芝が三葉虫(トリロバイト)を発売したのが半年以上前か。各メーカーが掃除機ロボットに手を出してる理由は、いずれこの自動化ロボットの類をご家庭に本格的に導入するための布石、というのは考えすぎ? そしてメーカー各社が家電扱いできる家庭用ロボットの開発にシノギを削って、最終的にはメイドロボットが当たり前なバラ色の未来がッ。バラ色とゆーか、不必要に彩度の高いピンク色かも。いや、ものがメイドロボットだけに明度の高いピンクというのはどうか(←0点)

ゴミ いわゆる自己ケーハツに類する書籍を読む(≒読まされる)ことが少なくないのですが。複数の本で時折『ルイトモの法則』なるものを当たり前に目にするのです。編集者のサガでつい朱入れてやりたくなるのです。すなわちいつから法則になったよ、と。これが『朱に交われば赤くなる』だったらシュアカの法則で『青は藍より出でて藍より青し』ならアイアオの法則か。そんな法則はないッ。
これが、著者が判ってて書いてるならまだしも、どうも本当にそういう言い回しがあるかのように、あるいはそういう言葉が存在することを疑いもせずに使ってるように見えるのが恐ろしい。そりゃ意味は判るけどさ。安直に“カナ四文字”に略すのはどうしたものかと思うのであります。
あと、類似品に『継続は力なりと古くから言われるとおり』とかいう言い回しもあったり。古くないッ。ぜんぜん古くないよ。そりゃただの●研ゼミのスローガンだよ。さも中国古典に由来したかのような紛らわしい表記は許しませんッ。言い換えるなら『点滴石をも穿つ』『虚仮の一念岩をも通す』『転石、苔を生ぜず』。…でもこれだけ人口に膾炙してしまうと本当にことわざ扱いされてしまうんでしょうねぇ。日本語はこうして変遷してゆく、けど古来言い伝えられてきたことわざが簡単な言い回しに淘汰されてしまうことには抵抗感が大きいのであります。

あ。またリンク辿っていったら変なとこに辿り着いた。→たれわざ辞典。たれの一念。

2003.05.29 

なんでも GPS三題噺。
欧州宇宙機関、独自GPS「ガリレオ計画」開発へ (→毎日
島の位置、最大8百メートルずれ 国土地理院が精密測定(→朝日)。
中国「独自のGPS確立」 3機目の測位衛星打ち上げ(→朝日)、おおー中国のロケットの写真だあ(←既に脊髄反射)。

なんで島の位置に誤差が大きいか? 本土から見えない島では三角測量ができないから、天測(主に北極星)に頼って緯度経度を決定していたそうな。で、GPS使って計測し直したらズレまくってた、と。硫黄島793メートルとか。これ小さな島だったら島の位置まるごと移動ですよねー。

さいきんの小説ではごく当たり前のデバイスとしてGPSによる測位システムがでてきたりしますが、本来かなり高度な情報処理技術に立脚している筈のGPSがいつのまにか「あたりまえのインフラ」になっているのが不思議でもあり。10年くらいですっかりパラダイムシフト起こしてしまいました。そりゃソニーがGPS回路を1チップに収めちゃうくらいですし。

しかしGPSとて万能ではない、有事には実は“他に依存しない完全独立系の測位システム”が必要になったりするんではなかろーか。たとえば宇宙艦隊戦などやることになったら真っ先にGPS衛星なんか墜とされてしまって、機械に頼る若手将校を横目にアナログな航海技術をもったベテランが星を見ながらおのれのカンで宇宙戦艦の舵を取る、とか。そんな話も簡単に思いつくんであります。ワタシが思いつくぐらいだからきっともうその手の小説では既に使われてるようなネタなんでしょーけど。

なんでも いきなり登場した「PSX」(→ZDNet)。
ゲーム機ではなく、PS2 のコアを使った家電って位置づけ。ただし Etherポート、USB2.0、メモリスティック、DVD±RW、ハードディスク、テレビチューナとなんでもあり。
なんかターゲットにしてるユーザがかなりボケてるというか。一般ユーザに『欲しい』と思わせる強力ななにかが必要ではないでしょうか? キラーアプリが見えないんだけど。すくなくともスペックを見るかぎりに於いて、ワタシはなんら興味を惹かれませんが。

林檎 Mac OS 9で起動可能なPowerMac G4が限定販売(→PCUPdate)。 丸紅ダイレクトによる特別パッケージで、QuarkXPress 4.1 をバンドルして598,000円。なんじゃこれ。別に安くも何もないし。いまだにこんなものが商売になっているうちは TNG プロジェクトの理想は遠い。

2003.05.28 

体調不良をいいわけに更新はサボっていましたがネタにしようとしたメモ書きは残っているので過去に遡っていっぱい加筆してます。23日以降をイッキ更新。

movie 何が楽しいって、さいきん読んだ中ではザ・コア素晴らしいストーリーに勝るものをワタシは知りません。
地球の核(the core)の回転が止まったから、あと1年で地球が消滅する、その前に核爆発の衝撃でもういちど核を回転させるって。わざわざ6人のエキスパートが前人未踏の地下1800マイルに挑むのだそうで。地中潜行の旅では、時にグロテスクで、時に美しい液体の海や、鉱物の森が登場するんだそうで。それがどうも“リアルで危険なテーマ”なんだそうで。
どこがリアル(笑)。どうも地球の中心がどろどろの液体だと思ってるフシがあるんですが。液体にはちがいないけど圧力は360万気圧、鉄どころではない堅さと密度なんですぞ。なんか映画の紹介文のすべてがツッコミの対象になりそうなんだけど、なにより第一に、なんでその作戦が有人でなきゃいかんの、ってのが最大の疑問。そのまんまアルマゲドンのストーリーを地中に置き換えただけですがな(しかしスケールが小さいうえに地下だからアルマゲドンより圧倒的に絵にならない)。見て泣く人いるんだろうかって以前にこれを現実の恐怖と捉える人がいるんだろうか。いやぁ楽しい。誰かもっと科学的に反駁してないかなー。

林檎 DTPは死ぬのか? 新世代DTP推進4社の思惑と寒風吹く業界の今後を占う“TNG”プロジェクト(→PCUPdate
Mac OS X による DTP のテコ入れのために手を組んだ4社、アドビ・アップル・モリサワ・大日本スクリーン。今日もちょっと会社で話題になったけど、結局いまの印刷業界は“ノウハウが足りない”が故に Mac OS X への移行を渋ってるってことなんですね。いままっとうに動いてるワークフローを、わざわざぶちこわして新しいものに入れ替えるメリットは何か。それを明確に提示できないとこの TNG プロジェクトも絵に描いた餅に終わるでしょう。前にも書いたけど“OS X に対応させるための RIP のバージョンアップにン千万円”なんて言われたら、普通の印刷屋は躊躇しますって。
TNG Project 事務局

ちなみに“TNG”ってのは The New Generation の略だそーな。でも普通 TNG っていったらスタートレックよなー。いやどのへんの普通かはさておいて。

2003.05.27 

ゴミ 先日流れたRPGセッションのついででだらだらとチャットしておったところ、スーパーロボット大戦にギンガイザーは永遠に出ないだろうという話になり、そこから話が転がって「スパロボ大戦に出そうにないロボットアニメ」の話題になったのですが。
ふんでワタシがうっかり「メカンダーロボ」つったら、なに、今度のヤツ(ワンダースワン版)に出るんですって? なぜにあれほど記憶に残らないアニメが採用されましたか。いやワタシは昨今のゲーム事情にはとんと疎いもので。そうでなくとも増殖を続けるスーパーロボット大戦の全貌など把握できるハズもなく。なにマクロス7も出る予定があるって? あれ設定全長2kmくらいなかったか? ガサラキは既に出てたって? あれこそ設定全長3mそこそこではないか? それで戦術シミュレーションやってどうする…あ、そういうゲームじゃない。あ、そうですか。それにしてもスケール感あわないことおびただしいのお。

ゴミ などとネットをウロウロしていたら守護ロボ様占いなんてものに辿り着いてしまいました。占い師:パルナス大道寺って。ぱ、パルナス(笑)
ちなみにワタシの守護ロボットはおとうさんです。うふふふふふふふふふふ。

2003.05.25 

RPG セッションまた中止。なかなか進まない。ついに2ヶ月越しになりましたがな。
仕事に忙殺されているN氏が直接の原因といえなくもないけど殺人的なスケジュールに追われまくってる氏を責めるのはあまりに酷というもの。そーさな、喩えば卒論の追い込みで徹夜続きの学生をツーリングに誘うような、あるいは締切過ぎの漫画家をボウリングに誘うような、もしくはカットオーバー直前のSEをボーリングに誘うような。いや穴掘ってどうする。それ以前に喩えがどんどん一般的でなくなってるし。

2003.05.24 

林檎 さすがにここ2ヶ月ほどで、自宅の環境は Mac OS X に移行しつつあるのですよ。結局フォントの問題を置き去りにしたままなので DTP 関係は放ったらかしで、主にネットワーク系のみですけど。
そして IRC チャットソフトの CHOCOAが Mac OS X に対応していない(開発元の富士通総研が既に CHOCOA そのものの開発を終えている)ので別のモノを漁ってるのですが。

とりあえず本命、IRCat。いまんとこ OS X 環境ではこれを使ってます。しかし DCC に対応していないから、話しながらファイル送信できないという欠点がッ。

対抗、IRCSTEP。Windows 版 も(とりあえず)存在しますが、開発元にあんまりヤル気がないみたいで1年以上メンテされてません。というか、基本仕様が何年も変わってない IRC でそう頻繁なバージョンアップも必要ないんだけど。けどサイトの文章読んでると「あーここまでできたからもういいやー」っていう作者の姿勢がまる見え(笑)。けどそれはそれで愛すべきフリーソフト作者の姿。無償のものに細かいサポートをやる必要はありません、あとはユーザが努力すべし。努力したくないユーザはフリーソフトになど手を出さずカネ払ってパッケージ版を買えばよろしい。

YIRC。マメな改良を繰り返してるようで、現在のバージョン表記は2.5.0a1。発展途上なのでひょっとしたらひょっとするかも。開発元が頻繁に引っ越ししちゃうのが難。Windows 版、Mac OS 版、Mac OS X 版有。ソース(.sit圧縮・REAL Basic)も公開されていますのでいぢろうと思えば好きにできます。えっワタシはやりませんしできませんよっ。

メモ:バンダイ、タカラが2けた経常増益、玩具大手の03年3月期(→日本工業新聞
コナミが2けた増収、主要ゲーム各社の03年3月期決算(→日本工業新聞

2003.05.23 

web Mac 版Opera 6.02 がリリースされていますねぇ(→ ZDNet)。Apple 純正ブラウザ Safari の登場を受けて Mac 版は開発中止かと取り沙汰されていたけど、どうも存続を決定したそうで。
最初に Mac 版の話がでたときには2002年夏(→過去戯れ文)、っていってたハズなのにずいぶんと時間をかけたもんです。しかもそんれだけ待った挙げ句にバージョン表記が窓版より1以上も小さい(Opera 7.03 for Windows)。窓版 Opera 7 など今年の1月28日ですよ。まあ Mac 版が出ただけマシではありますが。

(↓Opera 最高!とか思ってる人は Mac 屋のザレゴトと読み飛ばしてください)
しかし使ってみた感想は『こりゃ Mac ユーザには必要ないな』です。ボタンとなんとかバーがいっぱいのウィンドウデザインは既に Safari に慣れてしまったワタシの目には複雑にしか見えません。いちばんのウリであるはずの高速性もあまり感じられません(ページによっては Safari はおろか IE より遅く感じられるところもある)し。
なにより窓の人たちが面白がっていた『マウスジェスチャー』も“Control キーを押しながら”っていう安直なインターフェイスになっていてげんなり。『マウス操作だけでブラウジングできる』ハズなのに、なんでそれがキーボードとのコンビネーションになっとるのですか。もとより右ボタンクリックを持たない林檎のキカイ(周知のように“Control +クリック”が右ボタンのかわりになってますから)にはそぐわない機能であり、これを Mac に移植する際にどのようなエレガントな解決策を見せるかと思っていたのに。いちばん安直なことをやってしまいましたね。プラットフォームを問わず同じインターフェイスってのが足枷になって迷走している Mac 版、しかしそれは7.0が出て本当にインターフェイスが揃ってから言うべき事ですのでここでは触れません(←暗示的看過法)。
Mac で右ボタンつきマウス使ってて、窓のキカイで Opera に慣れ親しんでいるから同じでないと気にくわん、って人なら予備のブラウザとして使ってみてもいいんじゃないでせうか(←ぜんぜんマジメに薦めてない文章の典型)。

movie エヴァ、実写化(→スラッシュドット)。んな訳ないでしょう。情報の出所も、製作に名乗りを上げたアニメ配給会社 ADV Films の偉いさんがいま GAINAX と話をしている、っていう程度の話みたいなんですが。もし仮に作られるとしてもアメリカ人がつくるんだし名前だけエヴァでアイアンジャイアントみたいな話になるに違いない(断定口調)。
推量の伝聞の又聞きとあっちゃ不確実この上なしと思って原文らしきところに当たってみましたけど。何も言ってないに等しいですな。情報もホンマに表層的なものに終始していて、敵は alien invaders と訳してるし…って、使徒って英訳したら apostle でいいんだっけ? 単に angel ? 前者では十二使徒限定な言い方のような気もするけど。

SF 国際宇宙ステーション(ISS)第7次滞在クルー 宇宙からの便り 1: 「やあ、地球人諸君!」(→montreal lifeNASAの文書の翻訳。
それにしても打ち上げられるロシアのロケットが美しいのお(←いや見るべきところはそこではないと判ってはいるのだが)。

2003.05.22 

ゴミ 本格的に頭痛がしてる。昨日より酷い。まだ生活に支障をきたすほどではないけどシゴトには多少差し障りが出ていて、この日記にはかなりの影響を及ぼしていたり。でも本格的にアウトになったら日記の更新などせぬからまだ今はマシな方ってことで。

林檎 いろいろと探し物をしていて発見したソフト、Dock IP。Mac OS X 専用。

Dock IP 起動すると Dock に常駐して(いや OS X のアプリは例外なく起動中は Dock に常駐してるけど)、そのコンテクストメニューにグローバル IP とローカル IP が表示されるとゆー。このスクリーンショット→(いうまでもないけど数字はあとから Photoshop でいぢりました)見てくれたら Mac OS X 使いなら一目瞭然。なお、それぞれのアドレスを選択すると数字がクリップボードにコピーされます。ちなみに一緒に写り込んでる『フロッピくわえたわんこのアイコン』は ftp ソフト Fetch のショートカット。
ウチの環境はまだ ISDN ダイアルアップルータ/TA 経由の ISDN 接続なるので、毎回グローバル IP が変わるのですな。それをお手軽に表示してくれるお便利ソフト。使い道はジツはとってもたくさんあるんだけど、使わない人は一生縁のない、『だからどれがどしたん?』とゆーようなソフトではあります。フリーウェア。

(→ kain jow ソフトウェア。英語サイトですが Dock IP そのものは日本語対応してます)

ちなみにこのへんの『グローバル IP 取得』関係のもんを Mac OS X ソフトウェアサーチ ってところで検索したらまぁ出てくるわ出てくるわ。まあこんなにあるとは

2003.05.21 

ゴミ ちょいと頭痛ぎみ。夏風邪とかだと面倒だな。SARS? んなわけないじゃないですか。テレビの報道にしろ何にしろ、みんな神経質になりすぎてますよ。無闇に不安をあおるばかりのマスコミなんざ耳を貸しちゃいけませんよ。彼らの多くは『手洗いとうがいの励行』みたいな、もっとも基本的なことすら言わないじゃないですか。
まええわ、今日ははやく寝よっと。

SF ロボカップのレポートが ZDNet に。日程は5月の1〜5で、新潟は朱鷺メッセ(なんたるネーミング)というところで開催されてました。ZDNet でも既に記事になってましたが、今になってレポートが充実してきました。ジュニアリーグヒューマノイドリーグ、書いてるのはもちろんこばやしゆたかさん。ムービーをふんだんに使ったレポートは熱気が伝わってきそう。

メモ: Apple、銀座に直営店をオープンへ(→ZDNet)。へぇ。


椎葉戯文堂バナー