バックナンバー54

過去の日記

2003.07.04 

movie 一部で話題の映画『えびボクサー』。しかし絵を見る限りそれはシャコだッ。シャコのパンチならまだわかるのに何故えび。すくなくとも公式サイトにある『グローブをはめたアメリカザリガニ』みたい絵は一切出てこないらしいのですが。ほなこの絵でプロモーションするのは詐欺と言わんか?(笑)

そういや先日のタモリ倶楽部にアルバトロスフィルムのカリスマ映画買付師(←せめてバイヤーと言うてやれ)、叶井俊太郎氏が出てましたが。
なんとなく漠然と『変な映画を買い付けてきてヒットさせる名人』という認識だったのですが、考えを改めます。この人はただの『ゲテモノ映画好き』です。諸方面で話題になった『アメリ』ですら、監督が『デリカテッセン』『エイリアン4』のジュネだからきっとエログロ映画だと思って買ったら意に反してメチャクチャきれいな映画だった、というくらいの偶然の産物。結果オーライ。勝てば官軍。

で、この『えびボクサー』を買い付けてきたのが日本でただひとり、この叶井俊太郎氏なんだそうで。これはなぁしかし。B級どころかかぎりなくZ級に近いでしょう。タモリ倶楽部でも「世界ではどういう評価なんですか」と乾貴美子に突っ込まれたのすかさず応えていわく「世界中で日本しか上映しないんです」。バカもの〜(笑)。日本どころか世界でただ一人かッ(笑)。

…どうでもいいけど乾貴美子ってなにもん?(笑)

web うだうだやっている間にアクセスカウンタが42000越え。始めた当初はよんまんなんて数字には縁などないと思ってたんですけどねえ。いやしかしここで継続は力なりなんて戯れ言をいうつもりはありませんよ。だいいちワタシとしては“努力して”継続してきたつもりなど微塵もないし。そもそもトビトビ更新日記だから継続すらしてないし(笑)。
これからもチカラぬいてだらだらやってゆく所存。おつき合いくださる皆様方には、飽きない限り見守り続けて欲しいと切に願うものであります。何かいてんだかわかんなくなってきたな。

2003.07.03 

movie 前々から楽しみにしていた LXG こと The League of Extraordinary Gentlemen(→米・公式サイト)、邦題が正式決定したそうで。その名も『リーグ・オブ・レジェンド/時空を越えた戦い』。うぁB級くさッ。いやまぁカントクは『ブレイド』のスティーブン・ノーリントンって人だし、アメコミの映画化ということでのB級扱いもむべなるかな。べつに期待していたわけでもありませんがねっ(負け惜しみ)。
それにこのへん(03.6.18付)の情報筋によると“キャピオン・ボンド”の登場シーンがまるごとカットされたそーな。原作では暗示的にジェームス・ボンドの先祖とされている特殊諜報員。最初にメンバーを呼び集める重要な役どころのはずなのに、本家に気を遣った配給元の意向で消されちゃったみたい。以前にもショーン・コネリーと監督の不仲なんて噂もあったみたいだし(→eiga.com)、なぁんか悪いニュースばっか聞こえてきてるような。最初に予告ムービー観たときにはこれはッ!と思ったんだけどなぁ。
ちなみに日本公開は9月中頃ですと。

なんでも トリビアの泉(公式サイトフジのNEWS←タモリのコメントが変)を初めて見ました。深夜枠だったころは噂ばかり聞いて一回も見たことがなかった(否、地方にネットしてなくて見られなかったんだっけ?もう記憶がおぼろげ)。役に立たないムダ知識、とはいうものの、だいぶ知ってましたよ、私(笑)。とりあえず実際に動いてるクマムシの映像が見られたのは収穫。ニッポン初の有人ロケットがアレかい、てのが秀逸。いやぁ、ああいうバカネタ好きですけどね。
深夜枠時代のトリビア、本になって2冊同時刊行だそうな(→bk1、トリビアの泉1トリビアの泉2)。いわゆる過去問。同じネタ投稿してくるなよ、てことね。

2003.06.30 

RPG 28日土曜日のセッションはまた中断。どころかまともに開始できず。23時の時点で寝落ちというのが信じられんのだが。ワタシも体調わるかったのを押しての参戦だったから中断でほっとしたのも事実だけど。
とりあえず今週末5日は次期キャンペーンを予定しているガンダムRPGのブリーフィング。現キャンペーン最終回は12日に予定。参加者各人はきちんと体調を整えて(←ワタシも含め)万全の態勢で臨まれたし。むー。

web 光。NTT めの口車にのって仮契約してから11か月、よーやく光が見えてきましたよ、文字どおり。ああこれで長かった ISDN ともオサラバであります。そもそも ISDN にはいろいろと辛酸を。自宅を新築(母が)したときにワタシがこれからは ISDN やろーと主張して最初っから ISDN 線引いたんだけど、まさか6年で衰退してしまうとはなぁ。先見の明のなさ、というか、あのころは光など夢のまた夢だったし。
そしてまわりがケーブルTVだの ADSL だのやほーべーべーだのと言ってるのを後目に ISDN を使い続け(初期の ADSL だとウチの場合 NTT の局から遠くてたいして速度がでなかったので)、やっと光ですよ。
それはいいけど、なんか話が勝手に進んでますよ。「お客さまのエリアのサービスが正式決定しました」「工事開始します」って、なんかあとは工事の日程を詰めるだけらしい。おーいおい、仮契約しかしてないんぢゃなかったんかい。本契約はどうすんだいっ。なんか書面に書いたりハンコ押したりとかした記憶ないんだけど、どーなん。そんなもん? 家の者が電話をとって話をしちゃったのでそれ以上の情報が得られない。
これで Mac で使えないブロードバンドルータなんか勝手にもってきて繋がれると困るんですけど。NTT のルータ、モノによってはポートにアクセス制限のかかってるもんもあるらしいし。変にセキュリティに気を遣ったような制限つきの家庭用ルータなんかもってくるんだったら自前で用意しますから結構です
…などと言ってやりたいんだけど、肝心の問合せ先がわからん。家の者は相手の電話番号を訊かなかったみたいだし、そもそも電話かけてきたのも下っ端のおねえちゃんだったみたいだし。そんなんに相談など持ちかけたところでタライ回されるのがオチだし。むー。

なんでも 土曜日の朝日新聞別冊 be フロントランナーに“たれの母”末政ひかるさんの記事が。今は当時の勤務先は退職して自分で会社を興してるそう。社名はてててん、公式サイト→ぴよだまり。シュールなアニメが見られます。
…でも Safari で見にいくとさくっと落ちてしまったりして。トップにアクセスすると即座に index2.html ってファイルを新規ウィンドウで開いて、もとのウィンドウは閉じてしまうような JavaScript が仕込んであるみたい。で、これが Safari の“ポップアップウィンドウ防止機能”に殺されている模様。むー。

メモ:ヘリオス墜落。前にもなんどか日記で言及した、NASA のソーラー無人機。原因は現在調査中とのこと。むー。
(NASAの無人ソーラー飛行機、試験飛行中に分解→ CNN

2003.06.28 

ゴミ ちょっとシゴトが立て込んでいてサイトの更新がオロソカ。しかも明日はセッション予定日だったり。
セッションの準備もさることながら、いちばんの心配事はそれまでにシゴトが終わるかどーかのほうだったりする今日この頃。組まなきゃならない原稿が机の横に積み上がっているのに、作業しているバックグラウンドでバックアップやらディスク検査やらやってたりするからますますマシンのパフォーマンス喰われて効率わるいし。なんもそんなん今日しなくてもとお思いでしょう。しかりごもっとも、その意見は正しい。これはすなわち難しい言葉で『逃避行動』簡単な言葉で『シゴトしたくない』とゆーやつです←いかんがな。

林檎 噂にきこえた 凄い奴キックアタック電光パンチ 話では、次期 Mac OS X ことコードネーム“Panther”は現状の“Jaguar”こと Mac OS X 10.2 よりさらに動作が軽くなっているらしい。OS X、ことに Quartz(レンダリングエンジン=画面表示を司るシステム)のポテンシャルはジツはまだまだ高くなるってことなんだろうか?

メモ: Power Mac G5とPantherのディテールはどうなっている?(→PCUPdate

メモ:Power Mac G5とPower Mac G4はどう違う?――「最速」の秘密を探る(→PCUPdate

メモ:アップル社トップデザイナーに聞く『パワーマックG5』の秘密(→HotWIRED
想像を絶するエンジニアリングの妙。“一見しただけではわからない”G5筐体の秘密。たしかにこれは、実際に触ってみないとわからないことばかり。

メモ:Adobe PhotoshopのG5対応は8月(→PCUPdate
たしかG4発表時にも Velocity Engine 対応プラグインが出ましたなぁ。今回も同じように、G5に対応させるための追加プログラムをプラグインの形で無償提供するとのこと。これで処理をいままでの2倍高速にするって。2倍!?

メモ:知る人ぞ知る京都のライヴハウス磔磔。読みは『たくたく』です。京都など縁遠いから書いておかねば忘れる、シゴトでプロモータと話をすることもあるから、うっかりとでも『きょーとはりはり』などと言わぬよう気をつけよう→ワタシ。

2003.06.26 

movie ちくしょッリベリオンすげえッ(→公式サイト)。

第三次大戦によって強烈な打撃を受けた人類。生き残った指導者は人間の感情こそが戦争の原因であるとし、感情の発露を押さえるためのクスリ――プロジウムの摂取を市民に義務づける。感情を喚起するあらゆる芸術品は禁制品扱いとなる。違反者は強力な警察機構が取り締まる。主人公プレストンは《クラリック》――聖職者と呼ばれる第一級管理官。ある日誤ってプロジウムなしで任務に就いた彼の魂を、禁制品であるはずの芸術作品が強く揺さぶる…。

わざわざ遠方の映画館(上映館すくないですからね)まで見に行った甲斐があった。B級だと舐めてかかってたけどこれはイイ。なにより主人公プレストンが使う無敵の格闘技《GUN-KATA》(字幕では“銃形”と当ててた)の、カタルシスすら感じるアクションシーンがむちゃくちゃカッコいいッ! 数理的な法則に基づいて敵の攻撃が当たる確率の最も低い位置に最小限の動作で移動し、銃を持ったまま『キスができるほどの』至近距離で敵を倒す格闘技《GUN-KATA》。いやぁ最初にカンフーのような演舞をやってるのを見たときにはあまりのB級臭さに失笑しかけたけど、実際に敵と対峙したときの動作は予想外。
そんなにスケールの大きな話でもないしストーリーはほぼ“リブリア”という管理された都市の中で完結するし人智を越えた巨悪も出てこないしあきらかに低予算なんだけど、それでもこれだけの佳作をつくりあげてるのは素晴らしいッ(大興奮)。ワタシ的にはマトリックスより評価上(笑)。いまからでは上映館を探す方が難しいけど、DVD など出た日には是非とも観るべし。いいなッ絶対だぞッ。(←誰に念を押してる)
…それにしてもプレストンの同僚パートリッジがボロミアだとは気付かなかったなぁ。

個人的な不満点。アクションシーンの密度感・スピード感が高いため、秒24コマだとワタシの場合『止め絵がたくさん=動いてるように見えない』のが辛かったり(前にも書きましたけど、ワタシは秒24コマくらいなら止め絵が見える人間なので)。いま相手の目の前にあった右手が次のコマでははたき落とされ、その次のコマでは腰のあたりで泳ぎ、さらに次のコマで銃を握り直し、銃口を相手に突きつけ、弾丸を発射、しようとしたところで再び相手に弾道を逸らされ、明後日の方向で着弾の煙が上がり…。極端にいうとこんな感じ。アニメの中割りナシの原画だけ見ているような、ワタシの感覚的にはそれに近い。動きの早さにフィルムがついてきてない。せめて秒30コマ、贅沢を言えば秒60コマで、きっちり中割りのある映像として見たかった。技術的に不可能な、映画というシステムの限界を超えた贅沢きわまる意見であるとは承知していますが。

タイトルのリベリオン(REBELLION)は反乱の意だけど、原題は「EQUILIBRIUM」 平衡/釣合、心の平静。劇中ではプロジウムの供給元・配給元の名前として出てきますが、イクイリブリウムでは確かに日本語として馴染みがなさすぎますな。
ちなみにワタシがこの映画を知ったのは読冊日記(2003年4月3日)のおかげ。ワタシのよりいい文章で紹介してますのでご一読あられたし。

2003.06.25 

林檎 Safari正式版が公開、8月以降はIEに代わり「デフォルトブラウザ」に(→ PCUPdate

WWDC はどうも新製品ラッシュだったみたいで。G5以外の隠し球もなんか出てくると踏んだワタクシめは早起きして朝6時には web を巡回してましたよ(笑)。我ながらどうかと思うけど(笑)。もっともその時間では早すぎて Apple 以外のサイトはまだ寝てましたが。
ところでこれも予想通りながら、9時頃から Apple のサイトのトラフィックは激増したようで。昼休みに Safari の正式版ダウンロードしてやろうと思ったらまったく動きませんでした(笑)。当然だわ(笑)。

林檎 「最速パーソナルコンピュータ」Power Mac G5がデビュー(→PCUPdate
面倒なので基本スペックだけ控え。

1.6GHz(244,800円):
800MHzフロントサイドバス、256Mバイト 333MHzデュアルチャンネル(128ビット)DDR RAM(最大4GB)、80GバイトシリアルATAハードディスク、Nvidia GeForceFX 5200 Ultra(64MバイトDDR)、33MHz PCIスロット×3
1.8GHz(294,800円):
900MHzフロントサイドバス、512Mバイト 400MHzデュアルチャンネル(128ビット)DDR RAM(最大8GB)、160GバイトシリアルATAハードディスク、Nvidia GeForce 5200 Ultra(64MバイトDDR)、PCIスロット×3(64ビット133MHz×1、64ビット100MHz×2)
2.0GHz Dual(364,800円)
1GHzフロントサイドバス、512Mバイト 400MHzデュアルチャンネル(128ビット)DDR RAM(最大8GB)、160GバイトシリアルATAハードディスク、ATI Radeon 9600 Pro(64MバイトDDR)、PCIスロット×3(64ビット133MHz×1、64ビット100MHz×2)

全モデル4倍速 SuperDrive 搭載。
それにしてもアーキテクチャがらっと変えてきたせいか、下位モデルで244,800円とゆーのは予想外に高価。今回は、コストパフォーマンス考えたら最上位モデルがいちばん“買い”かな。

林檎 AppleのiChat AVビデオ会議デモにアル・ゴア元副大統領も出演(→PCUPdate

Apple の出した“TV電話”への回答。いやー、ワタシはネットに繋がってる相手と顔つき合わせて話をしようとは思わない。いっとき風野さんの読冊日記で話題になった銀河通信(→2003年5月23日)のように、ニッポンのネット環境は深夜に一人で耳をすませて見も知らぬ相手からのメッセージを受け取るようなスタイルが確立してる、と思うから。すくなくともパソコンに向かってる自分の顔をあけっぴろげに相手に送信する勇気はワタシにはないな(笑)。
いまのニッポンのパラダイムでは、パソコンでTV電話よりも、むしろそのものズバリ、ケータイで TV 電話ができたほうがいいでしょう。若者のケータイ文化にのっかったほうが TV 電話の将来性は高いんだから、ケータイ各社は無線接続の通信速度向上に邁進していただきたい。本気でTV電話やろうとするなら企業向け会議システムなんか作ってないで若者にアピールすべき。技術的困難?本気でやればなんとでもなるでしょう。

なんでも あっ週刊朝日が阪神の特集やってる。以前から『週刊朝日が阪神特集やると、それまでどんなに好調に首位を独走していても優勝できない』ってジンクスがあるのに阪神の特集やってる(笑)。これで来週あたりから阪神が負け始めるぞッ。罪深きかな週刊朝日。

2003.06.24 

movie シゴトで某映画館と某映画館でいろいろと話を聞きましたが。だいたいこういう取材ってオモロイ話がいっぱい聞けるもんです。そしてそのほとんどが表には出せない(雑誌になんか掲載できない)ヤバイ話だったり(笑)。でもwebには書いちゃったり(笑)。
マトリックスレボリューションは全米公開にあわせて11月5日からになったとか。それってド平日やん。そうです水曜日です。さいきんアメリカでは水曜封切がハヤリらしいですね。
そしていま上映中のリローデッドは、アメリカでは2週目の入りが封切りの週の半分、翌週はさらに半分、って状態だったそうです。この話を聞いた映画館でも概ね似たような傾向にあって、予想以上に客離れが早いそーな。前作はリピーターが多かったからロングランできたけど、リローデッドはひょっとしたら別のと差し替えるかも、ですと。田舎の映画館のいうことですが。
あと正月映画のニモが夏休みから宣伝攻勢をかけてくるって。もうフライヤー大量に刷ってて、映画館には既にサンプルが届いてるそう。夏休みに捌け、ということみたい。

ゴミ 些事:ニセ大阪弁『じゃかましい』。そんな言いまわしをする人がさいきん多いのですが。関西人を真似る東京の芸人とか。正しくは『じゃかぁしい』、あるいは『じゃかっしぃ』『じゃかっしゃい』。場合により多少語尾が崩れますが少なくとも間に『ま』はありません。共通語の『やかましい』とほぼ同義に使われるのでごっちゃになっていくんでしょうか。けど最近は大阪の人でも『じゃかましい』言うようになったなぁ。


椎葉戯文堂バナー