バックナンバー63

過去の日記

2004.01.02 

web 新年あけました。おめでとうございます。
去年の暮れあたりからなんかぱたぱたして更新停止状態に陥っていましたが、ぼちぼち再開していこーかと思っております。心機一転、トップページもリニューアルして。

web 更新しなくなった直接の理由、今まで通りの体裁で書くのが辛くなってきたから。
日常の身の回りに転がる/あるいは日々ネットで発見されるよしなしごとを書き付けておくための備忘録にすぎなかったことが、いつのまにやらなにか一言コメントをつけて、できればオチまでつけて、それなりにエッセイのような形式にまとめなきゃいけないような気になっていたのです。文章の長さを自分で気にして、コメントをかけないネタはどんどん死蔵していって。それでは本末転倒だろう、と。
ということでいままでのスタイルに疑問符をつけてしまったので、思うように文章が書けなくなってしまった。

更新しなくなった間接的な理由がもうふたつ。
ひとつは頭に浮かんだことを文章にまとめることの難しさ。いちおう編集者のはしくれでメシ喰わせてもらってますが、プロのライターさんに比べたときには言うほど文章力のあるでなし。漠然とアタマの中にあることをきちんと人に読ませられる文章にするのに時間がかかる。考える時間がないと更新できない、つまり更新のためにまとまった時間を必要としている、時間がないときには更新が滞る、という悪循環スパイラル。

そしてもうひとつは想定する読者層の変化。長くサイトやってると、リアル世界でのみ繋がってた人が、この仮想世界の日記を読みにくることが増えてきてるのです。基本的にワタシが匿名にしてる理由は、リアル世界との関係を無視して(仕事も家庭もなんもかんもヌキで)好き勝手できる遊び場のつもりだったから。ですが、最近はそこに現実のワタシを知ってる人がちょこちょこ遊びにくるようになった。
こうなるとなかなか、書きたいことも書けなくなってくるのです。
例えばワタシの家族のネタであったり。
例えばワタシが住んでる地域のローカルネタだったり。
匿名であることが足枷になってる現状で、これが果たしてワタシの日記であると言えるのか、と。

などといろいろ考えることがあって、今後はできるだけマメに更新するかわりに、もーちょっと気楽な方向にベクトルを変更していこうか、と思っております。

完全に辞めてしまうという選択肢もあるんですけどね。本来のメインコンテンツであったはずの RPG セッションも(当面は)あらたなリプレイが書かれることはないでしょうし。

web トップページのデザイン改訂、これ最初は CSS をてきとうに書き直して茶を濁す程度のつもりだったのですが、気がついたら HTML ソースのほうもだいぶん手を入れてました。前よりすっきりした、平面的なデザインを心かげた結果です。
あわせて Backnumber、Link、Selfportrait のページもデザイン改訂。というかこのへんは共通の CSS を参照する設定なのでいっぺんに変更しないとならないのですが。いずれにせよまだ改善の余地はありますので、今後しばらくはちまちまいぢくることになろうかと思います。

2003.12.29 

なんでも 22日の放送を見逃してた高専ロボコン2003、やっと見ましたよ。今日の夕方にやってくれてた再放送で。
なんか、去年も地味だったんだけど、今年のテーマはさらに地味な気がします。ロボット同士ががっぷり四つに組み合って両者一歩も譲らず、みたいな白熱した展開になりにくいテーマ。クリアすべき課題としてあった階段昇降も、去年のどてーん!ああーっ!みたいなんはほとんどなかったし。堅実といえば堅実、でもおかげで一発逆転も少なかった。
それはともかく、旭川高専 vs 航空高専、今年のはドキュメントタッチでうまくまとまってたと思います。決勝に残ったこの2チームを早くから取材していたのもポイント高し。しかしこれも、あるていど優勝候補にヤマ張って取材してたんだと思うけど、不測の事態で初戦敗退とかしてたらどうするんでしょう?

音楽 本日のお買い物:プラネテス OST
ひととおり聞いてみて、印象に残ってる曲がほとんどないことに気づきました。アニメ本編とBGMを関連づけて憶えていない。普通はサントラ聞くと、音にあわせた映像なり台詞なりが脳裏に去来するものなのだけど、そういうのがほとんどないのであります。もともと静かな絵づくり(動かないのではなく静か)のアニメだけに、BGMとしての評価は難しい。環境音楽みたいな感じで捉えとくのがいいかも。

2003.12.28 

ゴミ 本日よりお休み。ウチの職場は年末3日/年始3日がお休みというのが基本ですが、今年は両端に日曜日が来るために8日連続のお休みになりました。
8日も休みがあるときっとヒマを持てあますまとまった時間がないと読めないような本を読みふけるチャンス。と思って、家の者と図書館に赴き、『アラビアの夜の種族』ほか数冊を借りてきました。ええこれ、この期に及んで未読なんですよ。話題になったのはもう2年近く前なんですけど。

なんでも エンジニアがマジ嫌いな仕事30(→ Teck総研)。こりゃワタシも嫌い。というか思い当たるところが多いワタシはきっぱりエンジニアの性向があるんですなぁと再認識。

2003.12.27 

movie 諸方面で既に話題の SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW - (→公式サイトApple QuickTime トレーラー
こりゃすごい。どーいうジャンルと言えばいいのでしょう。スチームパンクじゃないし、鉄と油のにおいがしそうな、という感じでもないし。SF史的なカテゴリで言えば1940年〜50年代のオールドスタイル。なんかアメリカ人が好きそうな(というかアメリカ人しかこんな映画撮らんわ)つきぬけたバカバカしさ、無意味にかっこいいケレン味たっぷりの映画みたい。

2003.12.25 

ゴミ 取引先のテレビ局がカレンダーくれたんですが、その局のカレンダーかと思ったらドラえもんでした。ふと見ると左肩に小さく『TV doraemon 25th anniversary』の文字が。はぁ。もう25周年ですか…。

2003.12.24 

なんでも スラッシュドット経由、鉄の貴婦人 Officia Ssite
これだけの労をねぎらうにやぶさかでありませんが、素材がアレではあんまり美しいもんにはなりませんなぁ。そもそも素材の欠点を差し引いても力学的に美しい構造ではないし、下の方に材木で桁が組んであるのも興をそぐ。どうせなら「うまい棒」だけで応力分散させるトラス構造をつくってほしかった。なんとなく『京都大学』というブランドにはそういうもんを期待してしまうのですが、ちょっと辛口すぎますか。

ゴミ なんだか わがイトコ殿がどっか別の大学に異転して二階級特進するらしい。二階級特進ってことは戦死扱いか(←縁起でもない)。しかし大学の助手から二階級あがるってことは、やっぱり、あの役職名がつくのでしょうか。ワタシが知らないだけで実は助手の上に助手長とか助教授補とか二等助教授とか一等助教授とかあるんだったら(←あるかい)。自衛隊式に言うと一等助教授は一助とか略されるわけで(←ないってば)、そうすると業界では Rosso 一助、とか呼ばれたりして(←くどい)。

メモ:XPRIZE (このへん参照)の、今年12月現在の報告。http://www.xprize.org/papers/XPupdate_1203.pdf

2003.12.20 

SF 苦労人(衛星)? 欧州宇宙機関の通信衛星 ARTEMIS (→ JAXA/サテライト・ナビゲーター
だいぶ昔にウチでも話題にしたアルテミス。
アリアン5で2001年1月12日に打ち上げられたものの、ロケット側に起因する失敗で予定の半分以下の高度(17500km)までしか届かなかった、それを18ヶ月かけて静止衛星軌道(36000km)に乗せるたというお話。
驚くべきはその手段。遥か彼方の衛星に向けてコマンドを打ち込み、ソフトウェアの20%を書き換えて、本来は姿勢制御用にすぎない非力なイオンエンジンを連続稼働させて軌道修正したのだそうです。インターネットや Ethernet のプロトコルに慣れすぎているワタシらが想像する『ftp 経由でファイルをアップロード』するようなものとは比べ物にならない手間と労力なんではないでしょうか。
ちなみに同じアリアン5で日本の BSAT-2b という衛星も打ち上げられていますが、同じ条件で同じような軌道に放り出されてしまったものの、そこからのリカバリ手段がなく放棄。代替機の BSAT-2c が2003年6月に打ち上げられたそうです。
…ん? 日付があやしい。ワタシが調べたときのアルテミス打ち上げ失敗は2001年7月12日だわ? 宇宙作家クラブ・ニュース掲示板の過去ログでもそう書いてあるし。単純に1と7を間違えただけか、もしや違う衛星の話じゃあるまいな?

なんでも 物陰から射撃できる首振りタイプの新型銃(→HotWIRED
イスラエルと米国にまたがる企業が開発したそうな。なんか攻殻機動隊のいっちゃん最初にもトランクが変形してこんなカッコになるマシンガンがあったような。反動など考えたら照準が合わせづらい気がするんですが。どんなもんかは公式サイト(→Corner Shot)参照。工事中ですが画像がいくつかあります。

2003.12.17 

なんでも Honda、ビジネスジェット実験機の飛行試験を開始(→HONDA プレスリリース)。
なんという意欲的な設計。翼の上にエンジンを配置、さらにその支持パイロンが翼の上面から生えてるなど、既存の機体には見られない設計です。エンジンナセルそのものが主翼上面(揚力面)から後方に外れているので、おそらく揚力に及ぼす影響は少ないと思われますが。F1とかで蓄積した(遷音速までなら)空力関係のノウハウがあるから、少々奇をてらった設計であってもコンピュータシミュレーションでいきなり最適解を出せるってことかしら。
それにしてもエンジンまで自社開発とは恐れ入ります。いくらジェットエンジンの基本構造が簡単だとは言っても、ゼロから作り上げるのは並大抵のものではないでしょう。ものが企業秘密/軍事機密に直結する技術だけに、こと現場レベルの技術的ノウハウに関する公開情報はかなり少ないはず。…あ、でもロケットよりは多いか。中規模なジェットエンジンくらいならアメリカでは普通に売られてるらしいし、模型用のジェットエンジンなら一般人でも比較的簡単に入手できるみたいだし…。

2003.12.15 

SF H2A失敗原因 究明に独立調査委設置を

いきなり関係ない話ですが、どうも先日 DHMO (ジハイドロジェンモノオキサイド)についての告発文を読んだせいか、文章全体からうける印象は内容にあんまり関係しない、という考えがアタマを占めているのです。同時に、印象や感情に頼った判断は危険である、という考えにも支配されています。
そう思っていたところでこの文章を読んだ。最後まできちんと読んで筆者の真意が何処にあるかを推測するに、この人も要はニッポンの宇宙開発に危機感を抱いていて、このままではいけないと思っている…らしい、とはわかるのだが、如何せん文章に占める否定的語句の多さがマイナスの印象を強く残すのだ。これ、ななめよみしたら反対意見にしかみえんなぁ。認識も説明も中途半端だし。

2003.12.13 

林檎 『シェイプシフター』でマックOS Xのデスクトップを個性的に(→HotWIRED
Kaleidoscope ふたたび。しかも Kaleidoscope より派手にインターフェイスを変えてしまいます。なんか既にパソコンの OS じゃないです。視覚的な冒険に出た近未来SF映画のようなインターフェイス。

なんでも プラネテスの OP ムービーが微妙に変わりました。ハッブル望遠鏡のかわりにキュータローが
次回(12/27)は『ささやかなる願い』。ということはこれ以降、原作に即した展開になるんでしょうか。アニメ版オリジナルの設定はよく練ってあるんで文句の付けようもないのですが、ハッキリと言えない違和感があるのも事実で。例えばハキムがサブキャラとして既に何度も登場してることとか。見ながら思わず「こいつ○○なんだけどなぁ」と無粋にツッコミいれてしまって。ええ。

2003.12.11 

SF 火星探査機「のぞみ」の火星周回軌道への投入断念について(→ JAXA/宇宙科学研究本部
残念ながら火星到達をなし得なかった「のぞみ」の実積と成果、そして失敗の原因、奇跡的なリカバリなどについての総括的な Q&A。

メモ:地球大紀行 DVD EARTH BOX(→Amazon)。懐かしい。もう20年ちかく前の映像だな。

2003.12.10 

movie t.A.T.u. PARAGATE
2004 年11月公開の映画ですと。…市場ではもはや底値にちかいと思うんだけど、これ本当にニッポンで公開するつもりかなぁ? 来年の11月に?

SF 低コスト軌道打ち上げロケット『ファルコン』の詳細が明らかに(hotWIRED
スペースX社による小型ペイロード打ち上げロケット。来春、アメリカ海軍の衛星を打ち上げ予定、とのこと。細かいスペックははっきりしませんが。

Book Amazon で発見した働く男の制服図鑑
内容はタイトルのまんまなんだけど、どうやら妄想をからめて見るための本らしい。資料的価値も高いけど、たぶん別の用途に。
どんなもんかは→立ち読みサイトを参考に。なんかイラストの頭身が妙な気がするんだけど、きっとそれはワタシの心の目が曇っているからなのよ。

なんでも 自衛隊のイラク派兵、なしくずしに決まってしまったようで。
揺るぎない事実。自衛隊は過去、敵に向かって一発の銃弾も撃っていません。武装して派遣させられる自衛隊員の誰かが、戦後の日本人で初めて政治に裏付けられた暴力を行使する、最初の一人になるのです。

だいぶ前にも書いたけど、Amazon めがやっているマイページなどというサービスが恐ろしい。
今日もシゴトを兼ねていろいろと書を漁って、ふとマイページを見たら『太陽の簒奪者』がリストされてる。別の本を探して、ふとマイページを見たら『イリーガル・エイリアン』。次は『ふたつのスピカ』。『鶴田謙二』。しまいにゃ『エマ』。仕事がらみで検索してる筈なのになんでこうも言い当ててくるのか。うう。


椎葉戯文堂バナー