バックナンバー79

過去の日記

2004.11.09 

ゴミ  FM局の企画のおねーちゃんからの電話で、スキマスイッチのアーティスト写真をメールに添付して送付しますという意味で『スキマの写真送ります』と言われたときにゃ、2秒ほどワタシが何をすればいいのか考えてしまったことだよ。スキマの写真。連想したのはビルの間に挟まっているイッセー尾形だったり。

web 知能指数と政治の関係(→海外ボツ!News)。
…………えと。
事実のみを伝えて判断は読者に任せるのが賢明かと。

SF ハヤカワの スペオペ文庫 ローダンの 長々し夜を ひとりかも寝む
(あしびきの  山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む)
……などというSF百人一首もどきが大昔の記憶にあって、日本全国あさればひょっとして誰か原典を知ってるだろうと思って検索していたら引っかかった2ちゃんねるのスレッド、『SF川柳傑作選』。
1なんか 2001年2月で、とぎれとぎれになりつつ連綿と続いてます。ろくに解説もなく川柳だけ並んでたりして、ざらっと読んだかぎりでは半分も元ネタがわからないのですが、それでも突っ伏して笑うくらいにはオモシロイ。

やれ抜くな HALがなだめる 歌うたう
麺みっつ! いーやふたつで 大じょーぶ!
病の兄 想う気持ちの 密航船

上から『2001年』『ブレードランナー』『冷たい方程式』(だよね)。蛇足を承知で。

2004.11.08 

林檎 Mac が不具合を起こしてフリーズしなさる。職場の Mac はよく Illustrator が予告もなくすこんと落ちて何のメッセージも出ないし、自宅の Mac はマウスがとつぜん反応しなくなって手も足も出なくなる。どっちも G4 Quicksilver。
だがしかしワタシとて Mac 遣いのハシクレ、少々マウスが反応しないだけならキーボード操作でナントカ、とも思うのだけど、だいたいマウスが動かないときはキーボードも言うことを聞かない。
ところがコレが、OS X 環境だとマウスが止まることはないんである。はてはて。マウスのせいではないのであろうか。
あーでもないこーでもないと時間を浪費して、結局解決の糸口になるものに思い至らず。得るものはなく、残るはただ徒労感のみ。うう。

なんでも コートジボワール緊迫化 仏大統領が攻撃命令(FujiSankei Business i.
なんで経済紙が紛争の話題など? コートジボワールで産出されるカカオが世界シェアの4割に達するからです。これから年末にかけて世界的にカカオのニーズが増えるので、供給不安で暴騰するかもしれないんだっていうお話。

RPG RPGに関して精力的に情報発信している月刊TRPG.NET、今月はオンラインセッション特集。ワタシも過去通ってきた道であり、これからもたぶん歩むであろうイバラの道(汗
これから読みます。

メモ:っぽいかもしれない『写真もゲームも“ご機嫌”の「iPod Photo」を触ってきた』(→ ITmedia PCUPdate

2004.11.07 

ちょっと疲労ギミ。

関係ないけど、さいきん指のハラの皮が薄くなったように思う。風呂で指がシワシワになるんを通り越してむしろボコボコになり、しかも風呂上がりにも当分取れない。野良仕事とかやったらあっちゅうまに手が荒れるから軍手必須。模型つくるのに小さいパーツを持つとカドが刺さる。指紋がなくなりかけてる。Mac のマウスもキーボードも、なんだか妙にぺったりと指に貼り付く。さいしょは汗でぺたぺたしてるのかと思ったけどどうも違う。指紋が薄くなって、自分の指のほうの滑りが悪くなってるようなのだ。あかんわぁ。指の皮なんかどうすれば復旧できるのだ。

2004.11.05 

なんでも こないだの日記に書いた『度交差点プロジェクト』ことthe Degree Confluence Project について、NTV 系『冒険! CHEERS!!』なるテレビ番組でも『緯度と経度の交差点 ポイント・ゼロを探そう!!』なんて企画をやってるのを発見。ネタ元はきっと前述のサイトなんだろうけど、なるほど冒険ネタとしてはとてもいい企画ですなあ。何よりわかりやすい。GPS の数字が .0000 になれば目的達成ですからテレビ的にもその瞬間がよくわかるし、そこに至るまでの過程がまた楽しい。いいところに目を付けたなっ。

鉄道 それにしてもこの番組あなどれんのは、実質的な労働力を出演者だけに頼った、言うなれば『夏休みの冒険』レベルの企画でしかないにもかかわらず、『廃線復活』なるおそるべき試みを実践し、そして実際に鉄路の上に動力車を走らせてしまっていること。出演者が、下は16歳から最年長でも杉浦太陽なんで専門的な知識もツールも何も持たずにやったらしいですが、考える以前に実現してしまったことには素直に驚嘆。大人はいろいろ考えて、結局途中で放り出してしまうことの方が多いから。
それにしても日テレこんなん好っきゃなあ。鉄腕DASHも少々ハイレベルなだけで同じようなことやってるし。

web 栗山千明の日記がたいへん濃ゆい内容であるとのこと。(→ネタもと:黒書刊行会/泡沫の日々11月5日)。
このひと前に NHK のトップランナーに出たときに綾波のフィギュア持ち出してきて会場を引かせてましたよ。なんか、話の途中で無造作に『これなんですけど』みたいなカンジに取り出して。なんだか相当オタク属性の強い人みたい。まだ若いのに(笑)。

あと芸能人/アイドル関係では真鍋かをりのブログも侮れない。

小さく、薄くなった新型PS2「SCPH-70000 CB」試用レポート(→GAME Watch
コンパクトになった新型PlayStation 2レポート(→PC watch) こっちは分解記事。

メモ「パーソナルWeb共有」でWebページの動作を確認する(→アップル eNews Web: Tips & Tricks

2004.11.04 

光り輝く文化の火。ってなんのフレーズだっけ。
ともあれ文化の日のおかげで平日の実働日数が一日すくないため、すべてのシワ寄せが木曜日に襲いかかってくるのでした。どどどーっと波打つシワが飛沫ちらしながら岸壁にくだけ散る。←何を言ってる

2004.11.02 

Book 太陽系七つの秘宝 謎の宇宙船強奪団(キャプテン・フューチャー全集 3)
エドモンド・ハミルトン著:野田昌宏訳/東京創元社1,260円(文庫/499p)2004.10 (→ bk1
こういう古い本を読むときには、現代人のアタマを当時のレベルに切り換えないとのめりこむのは難しい。1970年より古いSFにブラックホールは出てこないし(予測はされていたがブラックホールと言う名前はついてなかった)、我々の銀河系と同じスケールの銀河が宇宙にはゴロゴロしてるというのは最近になってわかったこと(レンズマンシリーズに登場するのは我々の銀河と第二銀河だけ)。そしてこのキャプテン・フューチャーが書かれた時代は、最先端の科学が原子力と放射線に輝かしい可能性を夢見ていた時代。

でもごめんなさいリタイヤします。ガマンしてどうにか既刊2冊は読んだけど、これやっぱ古典すぎてワタシに合わない。太陽系惑星それぞれにあたりまえに原住民族がいるとか、木星の濃密なメタンの大気の下に呼吸可能な空気と広大な地表が広がっていて、あまつさえ農産物を太陽系各惑星に輸出している、などという設定にもうアタマが切り替わららず、現代人のアタマが常に『そんな法螺を信じるのか?』とささやき続けているのです。書かれたのが40年代・つまり太平洋戦争の時代で、欧米列強と植民地っていう関係を太陽系スケールに広げてる、という背景は解るんだけど。あまりにもそのまますぎて、これ舞台が宇宙である必要ないんじゃないか、と考えはじめたらもう話の中に入り込めなくなってしまいました。理解はできるが納得はできん、という状態。

困ったなあ。キャプテン・フューチャーみたいなのこそ今の世に於けるレトロフューチャーの代表だと思ってたけど、こんな話だったかなあ。あんまり古いSFをワタシが受け付けなくなってるのかなあ。しかし海底二万リーグとか地底探検とか、徹底して古いSFは面白く読んだ記憶があるから、これは単なるワタシの選り好みなんでしょうな。

ああ、今日は単なるぼやきで終わってしまった。

そういや以前に『J.V.なムービー』なる衝撃的なものを見たなあ(速水螺旋人さんの日記経由)。ああああ、いま見たらまた読みたくなってきた。何冊も持ってたはずだけど、さてどこにしまいこんだかな。

2004.11.01 

なんでも ぼくの「東京ナス化計画」 地上絵 asahi.com : Be on Saturday
文中に紹介されてる『度交差点プロジェクト』ことthe Degree Confluence Project。緯度線と経度線の交点を訪れ、そこの写真を地図上に表示するサイト。日本でもだいぶ交点が表示されてて、なかには日本語の文章でコメントが書かれてるものまで。

万物理論 グレッグ・イーガン/東京創元社1,260円 文庫/616p(→ bk1

メモ:インドネシア「謎の病気」 頭痛やしびれ(→読売
記事で読むかぎりは企業が悪いとしか見えない。やや煽動的。

2004.10.31 

ゴミ シカバネ。
シゴトで午前様になって翌朝普通に出社、などというのは割とよくあることだから夜更かしには慣れている、んだけどそれは何日かに一度熟睡できる日のあったればこそ。ここ2週間ばかりムチャしてた挙げ句に土曜深夜から徹夜チャットなど敢行してしまったので(途中あまりの眠さにホンキで寝落ちしてやろーと思ったのはここだけのヒミツだ)日曜日はサッパリ目が醒めず、ほぼ一日グッタリとしておりました。それでも朝ちゃんと7:30には起きてムスメと一緒にデカレンは見てるんですが。

それにしても今回のデカはどうしたんだ。脚本の薄さは言わぬが花だけど、なんかそこらじゅう実相寺風味の演出が炸裂してて妙だったなあ。隣で見ていたカミさんは、撃たれて倒れている弟くん(マイク星人クロード)に姉のテレサが駆け寄り抱き上げるシーンで耐えきれずに笑い出す始末。だってあの無表情な着ぐるみで感動的なシーンに見せるのはムリがあるのよ。そのへんのちぐはぐさが残念ではあるけど、今回のワタシの評価点は、デカレンジャーロボも怪重機も出さなかったことにあります。えらいッ。よくぞスポンサーに逆らった!(笑)

メモ:川口町、震度7だった 新潟県中越地震(→朝日
新潟県中越地震で、23日午後5時55分の最初の地震(マグニチュード6.8)の際、同県川口町で震度7の揺れを観測していたことが30日わかった。同日午後、震度計の電源や回線が回復し、データが気象庁に入った。(中略)川口町の震度計は、町役場の外に設置されていた。23日午後5時56分2秒に震度7観測したが、「停電中 エラー」の記録が残っていた。 30日午後、役場の電気が復旧し、観測結果がわかった。本震は震度7(計測震度6.5)、午後6時34分の余震(M6.5)で震度6強(計測震度6.2)だった。
揺れの強さを示す加速度は午後6時34分の余震で、2515ガル。阪神大震災の818ガルを大幅に上回り、これまで国内の地震で観測された最大値2037ガル(03年7月の宮城県北部地震)を上回った。
1ガル/加速度の単位。1cm毎秒毎秒。ガル(gal)はガリレオにちなむ。垂直落下の加速度は980ガル。

2004.10.30 

ゴミ なんだか物いりな時期でもあり、無駄遣いを厳に戒めている私。衝動買いなどもってのほか。放っておくつもりだったのに。前から発売の予定も判ってたし、そろそろ店頭に出回る時期だというのも判ってたし、でも本とちがって何年経ってもわりと入手しやすいから、別にいま急いで買わう必要もないし。いろいろ考えた挙げ句に優先度Cランクまで下げていたはずなのに。
職場近くの量販店が入れてた「先着10個限り2,980円」なんていうチラシ見た瞬間に頭の中でカチリと何かのスイッチが入った音がして、つい昼休みに買いに行ってしまいましたがな。MG Wガンダムゼロカスタム
…今から思えば、あれはどこかのヒューズが飛んだ音だったのかもしれん。

2004.10.29 

SF  'Hobbit' joins human family tree(→BBC NEWS | Science/Nature
はぁん。日本のニュースなんかじゃ感銘も受けなかったけど、そうかさすが英国。とてもとてもツボに入ったコピー。
日本では単に『新種の人類化石が発見された』みたいな報道にすぎませんでしたから。
(→朝日読売

ゴミ バンド『漁港』マグロ解体(Yahoo!ニュース
『漁港』がメジャーデビュー紀念ライブ(→日刊スポーツ
曲名の『鮪 スペースコロニー脳天頬肉』ってナニゴトですか。どこまで本気の漁師でどっからがギャグか区別がつかないんですが、全員が元マグロ漁船に乗ってたというのは事実らしいし、ここは本気で悪魔やってる聖飢魔II の例に倣って本気で漁師なんだと思っておくことにします。悪魔といっしょにはできんけど。
鱈とか鰯とか鱚とか鰤とか、ワンパターンのマンネリに陥るまえに、ぜひとも寿司屋の湯呑を制覇してほしいものです。
漁港 OFFICIAL WEB SITE

2004.10.28 

SF 人命探査装置「シリウス」(→CNET Japan/.J
一昔前のアニメやなんかでは(ひょっとしたらいまだに言うてるかもしれんけど)『遭難船に生命反応はありません』とかいう台詞が頻繁に出てきて、ワタシはそれに対して『遠くの方にある宇宙船にどんなビームを当てたら生命反応とやらが帰ってくるのだろう』などと思っていたイヤなガキだったわけですが。
まあ↑こういう例は嘘っぱちだとしても、実際にそれに近いものが既に開発されていて、しかも実際に運用されて実積を上げているというのには驚きです。『人命探査装置』といってますけど、おおよそ血流のある生命体なら反応がでるみたい。で、それぞれ異なる反応のパターンを見ることで、対象が大人か子どもか猫か犬か、そんなことまでわかるそうな。

Book  書籍版「電車男」に映画化のオファー殺到(→ /.J
おいおい(笑)。
これはオレが撮る!と手を挙げた監督からのオファーなら考慮してもいいけど、便乗商売目当てで監督はこれから探すとかいう企業からのオファーだったら蹴れ。

このスラドのトピックで目を引いた文句;
「馬券買わないで競馬見たって、ただの家畜の駆けっこだからな」

メモ
 “PlayStation 2”SCPH-70000CB「チャコール・ブラック」の予約がはじまってますな(→PlayStation.com)。19,800円。現行 PS2(SCPH-50000NB)が20,790 円で売られてるから、ジャスト消費税分だけ安くなってることになります。しかし BBユニット&HD接続をオミットしてるわりに、値段そのものは案外下げてきませんでしたなぁ。

 SBG:PSPは12月12日発売! 価格&バリューパックも発表(→ITmedia
12月12日、20,790円。その強気な価格設定は現行 PS2(SCPH-50000NB)と変わんないやん。それでも売れると踏んでるんでしょうか。

2004.10.27 

なんでも ミュシャ こないだの土曜日に旧友&後輩とウロウロしたときに買った『アルフォンス・ミュシャ フィギュアミュージアム(→タカラ:公式)』。
ミュシャにうるさいウチのカミさんの判定を仰ぎ、オッケーが出たらコンプリートを目指して大量購入に踏み切ろうと思い、その場では評価用1個だけの購入にとどめました。その一個がちょうどパッケージアートにもなっている『花』。
ほう。悪くないんでないかい。
と思ってカミさんに見せたときの感想:
『ビミョー』
だそうです。やはりお眼鏡には適いませんでしたか。諦めますぅ。

メモ:日テレ主催/ミュシャ展、全国で順次公開ですが、そのトップは高松市美術館;11月3日〜12月12日。これはカミさんが行きたがるにちがいない。そして高松にまで行くなら絶対にうどん屋の3件や4件はハシゴしたがるに決まっている。しゃあないな、どうにかスケジューリングしてみようか。

林檎 アップル - iPod Photo(→アップル
40GB モデル 57,540 円・60GB モデル 70,140 円。
220×176ドット・65,536色表示の2インチカラー液晶を搭載。
2インチというディスプレイサイズは同じで、より高精細になった(ちなみに現行 iPod はモノクロ 160×128ドット)。

ムリヤリ要約するなら『持ち歩ける写真ブラウザ』といったところでしょうか? しかし、ディスプレイが小さいこと、また、音楽ジュークボックスが主機能であり画像ブラウザの機能は従であることを考えると、用途はかなり限定的なんじゃないかな、と思います。
だけどカラー液晶ディスプレイの用途をここまで明確に提示してみせるアップルの戦略はすごい。他のメーカーはカラー液晶ディスプレイを載せても、せいぜいテキストと背景を塗り分けるくらいしか実現できないだろうし、それ以上のことをしようとしても一社単独では実現までのハードルが高く多い。ハードウェアからソフトウェアまで一社でぜんぶ持ってるアップルだからこそ可能な製品といえるでしょう。いやまあだいたいどのアップル製品でもそうなんですけど。

そのほか iPod Photo 関連;
Apple、カラーiPod、U2コラボiPodを発表(→ ITmedia ニュース
「動画対応は間違い」とジョブズ氏、iPodは写真対応に(→ITmediaニュース
米Apple、カラー液晶搭載の40/60GB「iPod Photo」(→ AV Watch
アップル、カラー画面を備えた『iPod Photo』などを発表(→ Wired News

メモ:
百年の誤読 岡野宏文・豊崎由美/ぴあ1,680円 B6判 / 403p (→bk1
10月26日付、bk1 デイリーランキングのトップは『電車男』だ。昨日みたときもトップだった。

SF 太陽が空に描く8の字の軌跡――『アナレンマ』撮影奮闘記(→ Wired News
へえ、アナレンマって言うの。1年の間に太陽の位置は、角度で上下するだけでなく東西方向にも移動する。中学校レベルの天文知識。

ゴミ どうでもいい話:現在の主役機はまるで積み木のようで、歴代Gのなかでもっとも不格好だと思う。美しいと思うラインが存在しない。まだストライクは見るべき綺麗な線が在った。

どうでもいいその2:やっぱクランプってバーテンが似合うなあ。

2004.10.26 

なんでも 今年の「グッドデザイン大賞」は“形のないもの”
以前(→過去戯れ文78)グッドデザイン賞のノミネートの段階で「おや」と思った作品、つまり「ドレミノテレビ」と「にほんごであそぼ」が大賞をとってしまいました。これは驚きですわ。グッドデザイン賞のありかたそのものが変容/変質っしつつあるということで、こりゃモノづくりに血道を上げる産業界へのダメージは大きいと思うな(笑)。

今までもその傾向はあったと思うが、今回のこれで、デザインというコトバの向こうに暗黙の『使用感などをひっくるめた人間とのインターフェイス』『人間が使って気持ちいいもの』という姿勢が、より明確にされた。
モノだけでなく、トータルのパッケージで商品が評価される。アップルの Macintosh がただの電子機械ではなくカルチャーをも作り出したように、商品をかたちづくるもの以外の影響力にこそ『デザイン』の本質がある。
もちろんその場合に評価されるのは、いちばん最初にそれを実現したパイオニアのみ。『人がやっていないデザイン』だけならそれは単なる独善であり、一般人に理解されない前衛芸術みたいなものまで全てを含む(言っちゃ悪いがイマドキの芸術ってヤツは見ていてキモチ悪いグロテスクなものが多い)。ほんとうにデザインとして評価されるべきは、不特定多数の人間に何のストレスもなく受け入れられ、なおかつライフスタイルや生き方考え方、思想にまでパラダイムシフトを起こしうるもの。

ようするに、思想の裏付けのない、単なる『かわったかたち』には、デザイン性を認めないということ。
もしくは、思想の裏付けはあるが、一般人に受け入れ難いモノであったなら、デザイン性は否定される。
いまふと思ったけど、このコンテクストで使っている『デザイン』というコトバは、『創作』という概念と互換性があるな。置き換えて読んでも意味が通じる。

林檎  Mac OS Xに感染するウイルス『Renepo』(→Wired News
ネットワーク共有で拡散するワームで、メールにくっついて伝播する物ではないということ。心配するほどのことはないと思います。ところでこれ何と読むのだ。れねぽ

メモ:アニメ・ゲームなどの総合展示会「東京国際エンタテイメントマーケット 2004」(→AV Watch
リンク先のページ、下の方にある気合いの入ったエマ嬢は必見のこと(←黒書刊行会さんで拾ったネタ)。
なんか、いろいろリンクを辿っていったら↑このエマ嬢をやった人のサイト(ちゃぷのへや!)なんてものが。プロかっ。

2004.10.25 

SF BSアニメ夜話なんてのを、帰宅してメシ食いながらテレビつけたらたまたまやってて、お、今夜のテーマは『パトレイバー』か。見れば司会席は岡田斗司夫で隣には乾貴美子、ゲスト席に出渕裕、論客として大森望が座ってるではないか(顔見てわかったのがここまで。国生さゆりと宮台真司はテロップ出るまで気がつかなかった)。なんじゃこの濃いメンバーは、これは見ねばと1時間。10年ぶりくらいにパトレイバーのウンチクを聞いたけど、もう忘れ果ててましたなあ。劇場版の1作目2作目を語ってたのに、ときどき流れるシーンでどっちが1で2かわかんなくなってる。
気がついたこと。これ、漫画夜話とちがって録画ですね。生放送でこれだけのメンバーに好き勝手喋らせたら、もしかして押井守を弾劾する欠席裁判になろうやもしれぬ。いやまさかと思うが万が一。いったい、自分も劇場版第三作としての WXIII を撮った出渕裕がそのことに一言も触れずに押井監督作の劇場版1作2作を語る(語らざるを得ない)のも、なんだか見ていて微妙にもどかしいものを感じましたが。

それにしてもいまラインナップ見たけど、第二弾第四夜のテーマ『軌道戦士ガンダム』って、1st ガンダムだけでももうほとんど語り尽くされてる感があるんだけど、今更なにを語る気なんだろう(笑)。

メモ:
 Mac OS X に対応した千都 CID フォント Ver.5.0i ATM 対応版――大日本スクリーン製造(→ITmedia

映画「亡国のイージス」、護衛艦セットが静岡に完成(→フジサンケイビジネスアイ

アニメ「ブラック・ジャック」内容差し替え 地震場面で(→朝日
ひったくり犬の話。

地球が回れば時空が引きずられる (→ /.J

頑張れ、フジ!(人工尾びれ装着イルカ) (→ /.J

渦中の『チェリーOS』、正式リリース日を11月25日と発表(→ Wired News

ゴミ アニメのテーマ曲が3ヶ月単位でコロコロ変わるのをキッパリ苦々しく思っている私たちは古い世代。ドラマの放映サイクルが1クール(といいつつ実質は10回程度)になって久しいけど、いつのまにかアニメのほうでも1クールだけの放映パターンが増えている。そりゃ短期間に大量のタイトルをリリースしてイッキに売り抜ければ、大きな成功はないかわりにリスクも少なく小銭稼ぎにちょうどいいでしょうさ。でもそれは、品数ばかりやたら多くて欲しいものがほとんどない100円ショップのようなものではないか。ニガテ。

2004.10.24 

幼稚園のおまつり。バザーとか模擬店とか、おもに PTA が運営してご近所さんが買い物に来ます。イベントそのものは昼過ぎには終わるのですが、昨日もお手伝いしたことでもあるし、そのまま撤収作業に突入。園長先生(ちなみにワタシより2つ若く、さらにウチの菩提寺の住職だ)を含めても男手の絶対数が少ないもんだから、テントの撤収や重量物の運搬などにええようにこき使われ引っ張りだこでお手伝いに精を出しましたとさ。サスガに疲れた。今日はもうあかん。またあした。

2004.10.23 

なんでも 午前中に幼稚園の PTA のような仕事をし(←ワタシは正規の PTA 役員ではないんだけど)、午後は遠方よりやってきた旧友を迎え、途中で地元の後輩を一人くわえて、3人で地元の模型店・古書店、とある神社なぞを徘徊。
地名と固有名詞を明かさない原則により詳しくは書きませんが、地方都市なりに見るべきところはあったようで、彼にとってそれなりに収穫だったみたい。ワタシも久しぶりに学生時代のノリを思い出し、そして学生時代の昔話にうち興じ、いまのことを語り合い、久々に充実した半日でございました。
なにせ昔はお互いうだうだ喋りながら下宿で夜明かしをしたりマンガ読んだりマンガ描いたりビデオ見たりした仲ですからね。当時はある意味で家族より近かった。いまは遠方に住んでるからマトモに会ったのも5年ぶりくらいだったけど、会話の始まりはいつもどおり、何の気負いもない普通の挨拶『よお』からでした。

web ほんで今日はそこで一日終わりではなく、さらに23時〜深夜にかけて、あるところから呼ばれてチャットに参戦しておりました。諸事情をカンガみて固有名詞は(まだ)伏せておきますが、これはそう遠くないうちに明らかにできるでしょう。

うん、なんか普通に日記だ(笑)。

音楽 昨日のことですが、 ツタヤで中島みゆきの「糸」を歌う男性ヴォーカルを聴きましたよ。
縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます
ドラマのタイアップなんかにもなった(らしい) んでそれなりに露出はあるみたいだけど本来はアルバムの中の一曲。わりと素直なカヴァーですが忠実になぞるだけではなく独自のフレーバーが加味されて、深い味わいを醸しだしてます。しかし男声ヴォーカルで聴くとバラードにしか聴こえないな、というか中島みゆきが歌うとバラードがバラードに聴こえないんだな。ところでこの声、だれ? 

調べました。
ミスチルの櫻井和寿の声でした。
プロデューサ小林武史とタッグを組んだプロジェクト Bank Band としてリリースしたアルバム『沿志奏逢』(そうしそうあい・10/20発売→ HMV)の中に収録されているもののようです。
あとこれ、1曲目に「僕たちの将来」も入ってるんですな。あの曲をどうカヴァーしたのかも気になります。

2004.10.22 

Book D-Gray_1  人気の高さははじめから判っているのに初版発行部数が少なく、店頭から速攻で姿を消すからワタシのよーにそう頻繁に書店に行けない人間が買いのがすのであって。
こんな経験はデスノートに続いて2回目だ、いくら新人作家の連載第一巻コミックスとはいえ店頭から消えるのが早すぎるだろう、新人の最初のコミックスは少ししか刷らないとかいうキマリでもあるんか、もしそうなら集英社の見識を疑うぞ、この絵でこの話で売れないはずがないじゃないか、悪いが Blackcat なんか平積み3列になって売れ残っているぞ、市場のニーズを拾えてないぞ担当と編集部はもっとしっかりしろッ! などと呪詛の言葉を吐きながら書店をハシゴした記憶も新しい D. Gray-man の増刷分が出てるとの情報を入手したので、帰宅途中の『本なら何でも揃う』という看板に偽りのある某書店に行ってみたら案の定入荷しておらず、さらに別の大手書店に突撃して、平積みでわずかに並ンでいるのをどうにか発見して所望してきました。(←文章長すぎです)
2週間で増刷してきたからそのへんの対応の早さは認めましょう、と言いたいところですが、店頭の平積みがわずか5冊だったところを見ても、たぶん書店が発注した数ぜんぶ入ってるとは思えない。
さらにコミックス巻末にはきちんと次巻の広告があって、既に発行日なども明らかになってるからにはこれは確信犯だわ。最初から品切れになることを予測して待ちかまえて、書店からの発注数の多さを見てすぐに増刷決めたんじゃないかしらん。

D. Gray-man 1 星野桂/集英社410円(→bk1

戯れ言: D. Gray と言われるとワタシは『ドリアン・グレイの肖像』(→ bk1)を連想しますが、さてどの程度関連がありますでしょうか。

2004.10.21 

今回の台風で高松はまたとんでもない状態になって、また市街地のそこらじゅうが冠水したそうです。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
前回は高潮で海が溢れましたが、今回は大量の雨水が一機に平野部に押し寄せた結果みたい。山から海までが近くて雨の少なさは全国有数の讃岐平野、普段はちょろちょろしか流れてないような小川が大量の降雨で濁流と化したそうな。
それにしても高松ってのはさいきんよく水を被ってますな。数年前にも市街中心部が水没したことがあるし(→その当時・98年の四国新聞の記事)。ワタシが棲んでた頃にも何度か台風の降雨で川のようになった道路を見たことはあるけどここまで酷くなかったと記憶してます(もう十数年は前の話)。

音楽 なんじゃこれ
全編これ秀逸なソラミミアワー状態。なんでこんなに日本語ッぽいんだ。原曲はモルドヴァ(どこだそれ)でルーマニア語(モルドヴァの言語)で歌われているそう。
ただのイロモノかと思いきや、このへんとかこのへんとか読んでるとなかなか奥深いものがありますぞな。


椎葉戯文堂バナー