バックナンバー82

過去の日記

2005.02.05 

林檎 PowerBook G5 の登場をはばむものは何か(→ CNET Japan
一般に G5 と呼称される IBM 製 PowerPC 970 プロセッサならびに 970 FX プロセッサの、1.2V で最大100W (2.5GHz 動作時)にのぼる消費電力量の大きさ、それにともなう発熱量の増大とサイズの大きさがネック、という話。
アップルは PowerBook G5 のために、IBM が現在開発中の低消費電力型 PowerPC 970 の登場を待つつもりのよう。しかし IBM の新型チップは、今年中に登場の可能性あり、としかわかっていません。
PowerBook G5 の可能性は、早くて来年、ということですか。

林檎 すこし訂正。2月1日付で書いた PowerBook のスペックに誤りがありました。それに伴い一部のコメントが的外れなモノになりましたので訂正しておきます。

15inch/1.5GHzモデル 【誤】 SuperDrive →【正】コンボドライブ

でもワタシの考えでは、やはり 15inch/1.5GHzモデルと1.67GHzモデルでは前者を推します。とくにデスクトップマシンで DVD 焼けるならわざわざ PowerBook でせんでもいいでしょうし。
仮に AppleStore の BTO で SuperDrive に換装しても+17,430円で、1.67GHz との価格差は24,570円。
決め手は、1.11倍の速度差と約25,000円の価格差に納得するかどうか、ですね。

2005.02.03 

Book 白夜の弔鐘 田中芳樹/トクマノベルズ900円(→bk1
書店でみかけました。表紙が鶴田サンですよ。
でもウチには、ワタシが銀英伝にどっぷり浸かってた頃に探し回って買い求めた杏家豊名義の文庫版があったはず。どこかに。
…本当に李家豊だったかどうか確認しようと思ったのに出てこない(泣)。
気のせいかもしれない。あとがきかなんかで『ヒロインのクラリスの名の由来はあのクラリスだ』とかいう裏話を読んだ記憶もあるから、田中芳樹名義で再販されたもののような気がしてきましたよ。げにアテにならぬは人の記憶よ(私個人の記憶がいい加減なだけだという誹りには黙して耳を塞ぎます)。

メモざざむし
メシどきの人は見に行かないこと。
半歩ゆずっても見るだけにとどめておきましょう。説明文を読んではいけません。

2005.02.02 

なんでも 久米宏 NHK バッサリ(→デイリースポーツonline
ワタシがこの報道で注目したのは、久米宏が1年ぶりにTVに復帰することなどではなく、むろん久米宏が還暦だということでもなく、相変わらずの久米節がうれしかったわけでももちろんなく、日テレがその番組を放映する予定の日曜7:58という時間にいま放送しているのが『ワールド☆レコーズ』だということだ。
ああー ROBO ONE 常連がゴールデンタイムで見られるなんざイイ世の中だなあと思っていたところなのに。終わっちゃうのかあの番組。でもロボットバトルに芸能人参戦なんていう、やや的外れなテコ入れをやってるくらいだから、視聴率としては苦戦してるんでしょうなぁ。
万に一つ、時間帯移動という可能性はありませんか。

Book ハヤカワ文庫SF1500番刊行記念作品『ホミニッド―原人―』2月刊行(→早川書房にあった告知
ロバート・J・ソウヤー著/内田昌之訳。ソウヤーが1500番記念ですか。
ワタシにとってソウヤーは出す本ぜんぶクリティカルヒットでくびをはねられたツボに入ってくる希有な作家。普通は何作も読んでいるうちに『この作家さんはこういう話を書くのね』というのが理解できる適当なラインが見えてきて飽きちゃうんだけど、ソウヤーはまだそのラインが見えない。…あれ。でも最初にゴールデン・フリース読んでからまだ10年くらいのものか。もっと昔から知ってるつもりだったけど。

『ゴールデン・フリース』早川SF文庫/735円(→bk1

メモ:アップル、Oracle Database の Mac 対応でエンタープライズ事業を加速(→ Enterprise Watch

メモ:1時間ミニセッションの実現(月刊TRPG.NET 2003年10月号
オンラインセッション3倍の法則。いかにスピーディーに課題を与え、単純化して抽出した選択肢を有意義なものにするか。

2005.02.01 

すっかり週刊更新状態。でも単に更新停止してたわけぢゃないのよと言い訳のためにまた css 書き換えてデザインのマイナーチェンジ。
本当は季節毎に変えるつもりでタイトル画像とか(春夏秋冬4パターン)かなり以前から用意してたんだけど、イザやろうとなると細かい数値や設定をイッキに変えないかんから、かなりヨイショがいるんです。

林檎 新型 PowerBook 登場。
CPUのクロックスピードは 1.67GHz と 1.5GHz 。たんなるスピードバンプモデルかと思ったけど、細かいところで地味に(でも嬉しい)アップデートがたくさんあるみたい。

Power Book G4
12inch、1.5GHz、60GB HDD、コンボドライブ 178,290円(本体169,800円)
12inch、1.5GHz、80GB HDD、SuperDrive 199,290円(本体189,800円)
15inch、1.5GHz、80GB HDD、コンボドライブ 230,790円(本体219,800円)
15inch、1.67GHz、80GB HDD、SuperDrive 272,790円(本体259,800円)
17inch、1.67GHz、100GB HDD、SuperDrive 314,790円(本体299,800円)

新機能としては、落下時にハードディスクのヘッドを退避させる緊急モーションセンサー、2本指でスクロールするトラックパッドが加わっている。トラックパッドの周辺を縦または横になぞることでスクロールホイールの代用をする技術は従来もあったが、2本指を使った場合のみスクロールする技術はApple独自のもので、特許出願中だという。 光るキーボードは従来より10倍あかるくなって15インチモデル/17インチモデルすべてに搭載、上位モデル2つは DVD±R/RW 対応8倍速 SuperDrie 搭載(12inch/1.5GHz モデルの SuperDrive は8倍速ではないみたい)。メモリは全機種 512MB の 333MHz DDR SDRAM を搭載、AirMac Extreme と Bluetooth 2.0 なんかも全機種に搭載。ソフトウェアは iLife '05 をバンドル。
価格も従来モデルより1万円から2万円安。にしても 15inch モデルの1.5GHz と 1.67GHz の価格差が4万円もあるし、DVD を焼くんでなければコストパフォーマンスは15inch 1.5GHz モデルがベスト。
でも 17inch 最上位モデルでも30万円なんですよ。
一番最初の PowerBook G4/400 Titanium と AirMac ベースステーションに 256MB メモリその他をつけて40万円ちかくはたいたのが遠い昔の話になりましたねぇ。

新PowerBook G4はHDDヘッド退避機能付き(→ ITmedia PCUPdate
アップル、新スクロール機能と耐衝撃機構を搭載した「PowerBook G4」(→MYCOM PC WEB
アップル、PowerBookの新モデル発表--G5チップの採用は見送り(→CNET Japan
参考→プレスリリースアップルストア

RPG リンク辿ってるうちに名文に巡り会いました。
ドラゴンクエスト II 任侠鉄砲玉伝説
すげぇ文章。ハーゴンを倒すために世界を旅して回った、あの感動がありありとよみがえってきます。
わりと有名な文みたいだから、ネットに明るい方なら目にしたこともあろうかと。
しかしこれが、マルドゥック・スクランブルとか蒼空のファフナーとかより前の時代の、あの沖方丁氏の日記なんですと。

ゲーム PS2専用ソフト ジオニックフロント GUNDAM THE BEST
こないだ中古で買ったぶんがパッケージ替え廉価版で再発売。うむ。内容おなじなんだから買い直す気はないし。
特典の1年戦争DVDったって、結局過去の映像の拡大再生産にすぎないんだろうし。
これは『ジオニックフロント』についてたアニメ映像をみたときにも感じたんだけど、昔の名場面をイマドキの綺麗な絵で見せられても既に“心の目”に訴えてくるモノがありませんよ。そりゃ元は25年も前の絵だから比べればはるかにキレイなんだけど、やっぱり『再生産』であることがどうしても枷になって、もはや新しい発見も感動もないのですな。

とか言いつつプラモは買う。何をトチ狂ってるのか、こないだから HGUC のガンプラばっかり買ってるんですけど、Amazon では在庫なしになってる HGUC Z ガンダムが某ヤマダ電機に山積みしてあるのを発見して、あとさき考えずに衝動買いしちましました。あああ。なんかZ時代のMSがワタシを呼んでいるのよ(幻聴です)。

2005.01.30 

Book オンライン書店bk1
bk1 がリニューアルするんですって。
2月7日。いままでの問題であったサイトの重さを解消するそうです。
でも多少でも軽くしようとする姿勢はいいと思います。
なんせこういう通販系サイトは重いトコが多くて。もともと激重だった HMV はサイトリニューアルしてからますます重くなったし、TSUTAYAも負けないくらい重いし。

なんでも 響鬼、ひそかに期待できるかもしれません。
初っ端にミュージカル仕立てで始まったときはサスガに大丈夫かと思いましたが、もしや今回この路線で全編突っ走るはずがない(演出家や脚本家がついてこれないんではないか)と思い直しました。いやでもまだ初回だし、第2話以降のクオリティがどのレベルで維持されるかを見ないと何とも言えないけど。

ただ、第一話をオールロケでつくっちゃったり、BGM(SE)の入れ方が洋画やミュージカルの作法に近かったり、その冒険的な意気やよし。主人公は気取ったポーズと少ないセリフでキチンとキャラ立ててるし、秀でた身体能力の演出や、少年の心理的風景の見せ方(少年以外が色のないモノトーンの背景に沈むとか)、ディスクアニマルや変身音叉などの見せ方もさりげなく巧い。今までのシリーズとはあきらかに『違うモノ』を目指す姿勢が見えて、その冒険心は高く評価したいと思います。
※ワタシは公式サイトやなんかの類をほとんど見ませんので、プロデューサやカントクが本当は何やりたいかなんて知らずに書いてますけど。映像だけでこれだけキチンと読みとれたぶん、いままでのライダーシリーズよりツッコミどころは少ないと思います。

人に言われて気がついた。響鬼の役者、日経新聞のCMに出てくる主任くんじゃないか。

2005.01.26 

Book 『終戦のローレライ フィギュア付きBOXセット』 福井晴敏/講談社3,990円(予価)(→ bk1
フィギュア付!? さいしょ見たときに我が目を疑いましたぞ。本自体は文庫版全4巻のセットで、それに海洋堂によるフィギュア、UF4(伊507独海軍時仕様)・ナーバル(独海軍仕様)・パウラ(胸像)の3体付。
文庫にフィギュア付限定版なんて随分思い切ったことをしたな講談社。可能性としては十分考えられたことでしたけど、まとまった発行部数がなかなか見込めない文庫本で、よくこんな思いきったことを。…いえ別にワタシは買おうとはしてません。してませんよっ。
10,000セット完全限定、3月中旬発売。

林檎  Spotlight: あらゆる場所のあらゆる物を一瞬で。(→アップル - Mac OS X - Tigerプレビュー
使用方法についてのムービー(英語)付。説明のテキストはもちろん日本語。やっぱイマイチ不安だ(^.^)メタデータを元に検索するっていう説明だけど、その『メタデータ』はどのタイミングで、誰が、記述してくれるもんなん? デジカメの Exif データなんかは解りやすいメタデータ、けど自分で作成した Photoshop データにキーワードなんか持たせてないよ。
…うーん、なんかワタシの理解も違う気がする。勘違いしてる気がする。スッキリしない。キチンと納得いくような説明どっかにないかのう。

movie ディカプリオ「アビエイター」11部門候補(→ goo 映画
最悪男優賞にブッシュ大統領ノミネート(→ goo 映画

アカデミー賞/ラジー賞。
ブッシュはもちろん『華氏 911』でのノミネートだけど、作品賞・監督賞などはノミネート対象外。純粋に『演技』が際だっていたものという評価のようで。
今年のラジー賞の大本命は、作品賞その他で複数ノミネートされてる『アレキサンダー』だそうな。日本じゃ今週末から上映なんですけど(笑)。日本人にはまるで馴染みのない古代ローマの英雄を題材にしてるってだけでも既に苦戦必至なのに、こんな評判が聞こえてくるようではなあ。配給元が強力だから4週間はやると思うけど、(それでも)見に行くつもりの人はお早めに。

メモ: Mac miniの1GバイトメモリなどのBTO価格引き下げ(→ ITmedia
メモ:多様な使い方で引き出す『Mac mini』の魅力(→ Wired News

メモ:着ぐるみ強盗:激写!サル男の姿が判明(→毎日
この記事書いたヤツ、確信犯としか思えないくらいとぼけまくってますな。ツッコミどころ多すぎ。何者なんだこの「サイバー編集部」っての。

2005.01.25 

メモ:「それがPSPの仕様だ」、久多良木SCE社長がゲーム機不具合騒動を一蹴(→日経
へえ。見出しだけ見るとまたエライこと言いよったな、という感想だけど。この記事はよく弁護してるな。

メモ:「宇宙ごみ」の被害防げ 安全管理へ国際指針 (→朝日
きのう朝日の一面トップでした。

メモ:ハッブル宇宙望遠鏡を廃棄へ ホワイトハウス方針(→朝日
理由:このまま部品を交換せずに使うと2007年か08年に使用不能になり、修理/改修に10億ドルを超す資金がかかるから、らしい。

2005.01.24 

Book 今日買った本:『夕凪の街 桜の国』 こうの史代/双葉社840円 (→ bk1
原爆が落ちて、それからずっと時が過ぎた広島を描くお話。
出ていること自体は発刊当時にSF系日記のどなたか(失念)が取り上げて、そして絶賛してらっしゃったので知っていました。それが今年に入って何故か Amazon のランキング上位に食い込んだことがあって、はてなんじゃいな、と思っていましたら、これ文化庁メディア芸術祭漫画部門の大賞など受賞してたんですね。

これ、発行当時にはリアル書店でまったく見かけなかったのです。だいたい田舎の中途半端な書店では双葉社のコミックスがどこにあるのかわかんないことが多くて(だいたいアダルトやレディースコミックに混ざってることが多い)、同じ双葉社から出た『委員長お手をどうぞ』なんかは5〜6件ハシゴした挙げ句に結局 bk1 で買ったのも記憶に新しいところ。
そしたら今日なにげに立ち寄った自宅ちかくの書店(巨大ショッピングモール内)に平積みしてありましたよ。それも一般書籍に混じって。よりによって一番目立つところに。吸い寄せられるように手に取ったのは言うまでもありません。
でも入手したこと自体に満足してしまって未だ封も切ってなかったり(これから読みます)。

Book 先日買った本:『五人姉妹』 菅広江/ハヤカワ文庫JA 735円
(→ bk1
短編集。表題作『五人姉妹』はじめ、SF的なガジェットをちりばめ、微妙に近未来テイストにしていながらも、描かれるのは人の心のありかた、人間が人間であるための必要条件たる『なにか』。
ワタシの印象に残ったのは『秋祭り』。
日本はこのまま神を忘れて、未来に向けて走り続けるのでしょうか。

ゴミ 職場のバイトくんが朝からTVに腹を立てているのでナニゴトかと聞くと日テレ系でやってた『急増!ネット依存の恐怖』なる番組がヒドイ話だったということらしく、1日に16時間ネットゲームやってる体重150kg の引きこもり35歳とかを筆頭に、全編を通じてネットに対する悪意に満ちたネガティブキャンペーンにしかみえない番組だったんだとか。
そりゃTV局にしてみれば、ネットに耽溺する人間が増えたらますます地上波の視聴率が下がるからぢゃん、とか脊髄反射でワタシも答えてしまったのですが。マサカそんな安易な理由じゃアリマセンヨネ。

風野ドクターも同様に憤ってらっしゃったのでリンク

衝動買い、HGUC マラサイ。きのーガンキャノン買ったばかりやん。なにやっとんじゃ、ワタシ(笑)。
それにしてもマラサイかあ。前のキットが出たのは軽く20年前、なんかいっしょけんめオレンジ色を塗った記憶がありますよ。

2005.01.23 

web 日記を毎日書かなくなった理由は、わざわざ日記に書いて衆目にさらすほどのことをワタシがしていない、あるいは、事件や事象や、その気になれば書くネタには事欠かないにもかかわらず、ワタシがそのネタをまとめている時間的/精神的余裕がない、そのいずれかに例外なく起因することには疑いの余地もありません。
まあ要するに、日記を書くことを義務化して自らの枷としているのでない限り、毎日更新する必要はなかろうという今更のような結論。
もちろん毎日更新なさってる方々は、連続した日付を絶やさないように、あたかも白鳥が水面下で必死に足を掻いているごとく、人知れぬ苦労と努力をしていらっしゃるケースが大半なので、ワタシのようなものぐさ者からすればただただ頭の下がる思いであり、そのような方を揶揄する意図はまったくないということだけは明言しておきます。

と言い訳だけはしておいて、先週のうちにメモしていた記事をいくつか。

火星に隕石ぽつり NASA探査車が発見
H2Aロケット、打ち上げ再開2月24日に決定
@nifty:デイリーポータルZ:隙間を探す
イッセー尾形がビルのスキマにはさまって抜けなくなるネタの名前は『ヘイ!タクシー』だったのか。数ヶ月前から妙に気になっていた疑問が解けてちょっと安心。

SF カッシーニ/ホイヘンス トピックス(→ JAXA 月探査情報ステーション、随時更新)
諸方面で話題のタイタン観測機、ホイヘンスの情報。
この模様が『地形』をあらわすのだとすれば間違いなく浸食があるってことで、可能性としては『液化したメタンの雨が降って何かを浸食した』ということではないか、と。浸食された物体は固形化した H2O つまり氷。

衝動買い、HGUC 量産型ガンキヤノン。何故かと言われても困るくらい衝動買い。敢えて言うなら『10年くらい前のブチメカを急に見たくなった』から、かなあ。

2005.01.18 

林檎 iPod シャッフル、初日完売・出荷増を米本社に要請(→NIKKEI NET
発表翌日の日経ビジネスサテライトでも『既にバックオーダー2週間待ち』って言ってたし、職場のバイトくんも『1Click しちゃいましたけど3週間まちです〜』とか言ってたし、イトコ殿も科研費がどうとか言いながら買ってるみたいだし、予想通り爆発的に売れているようです。
て、まあそれはそれとして、気になるのはこの記事の末尾の一文。
3月には音楽配信サービスを日本でも開始する予定で、iPod人気がさらに過熱する可能性もある。 『 iTunes Music Store 日本版は来年3月開始か』と去年の11月にも一報とばした NIKKEI NET では、どうやらそれが既定の事実になっているようです。

movie アップル - Pro - 映画「ローレライ」Part 1
アップル - Pro - 映画「ローレライ」Part 2
樋口真嗣監督の作品として俄然注目のローレライ。これの制作をアップルのテクノロジが支えてます、っていうお話。へえ。前世紀であればこのへんの3D作業などはシリコングラフィックスの高級な専用機でないとできなかったのに、今ではパソコンレベルでここまでできるようになったのか、と一瞬思いかけたけど、一台40万円もするような G5 Mac や X serve をパソコンのカテゴリに入れちゃいかんだろう、と思い直してみたり。Mac mini とかも登場してる今となっちゃ、やっぱり Apple のマシンは相対的に高額な専用機に近いのだと思いますね。もちろん簡単に入手できて簡単に使える点で専用機とは違う、やっぱりパソコンの範疇なんですけれども。

メモ:わずか1,050円で買える本格的なラジコンキット トミー「TOMITECH エアロアールシー」 (→GAME watch
くどくど説明する必要はないと思われます。この値段で前進後退/左右転進、ぜんぶできます。半完成キット状態。

2005.01.13 

林檎 Macworld Expo/SF展示会場レポート――Apple ブースと iPod 関連製品に注目(→ ITmedia
一夜明けて冷静に考えてみたけど、ワタシは今回の Apple 製品、人には全力でオススメするけど自分は買わないというスタンスになりそう。
Mac mini 、ワタシのよーな使い方をするには、まずメモリは潤沢に搭載しないとならないし、PCI 拡張スロットはないと不安だし、HDD 容量も少ないし、Gigabit Eternet が標準になりつつある現状で 10/100BASE-TX だし、なのに拡張性はほとんどと言っていいくらいなく、聞くところによると、ユーザ側ではフタすら開けられない仕様になってるらしい。完全にブラックボックス。
ようするにワタシは、強化する余地をまったく持たない製品にはあんまり興味がないのです。

冷静になれよ、Mac 使いのみんな。この製品の特性を理解してセカンドマシンで使うなら何の問題もないけど、今キミが使っている Mac をリプレース出来るスペックでないことに気づけよ。

しかしそうは言ってもこの製品、過不足ない性能を驚くべきコストパフォーマンスで提供しているのは間違いありませんから、ビギナーには絶対の自信を持ってお勧めします。『箱から出したらすぐ使える』メリットはけっこう大きいですし、Windows のセカンドマシンとして使うにもオススメです。なにせ iPod の周辺機器としては最強(笑)。

メモ:いつも一方的にネタもとにさせてもらってる泡沫の日々@黒書刊行会さまから逆リンクもらってちょっとウレシイ。
なんか正面きってツッコミ入れるのも気恥ずかしかったのでコッソリ自分とこに書いたんですけど。あはは(ガラにもなく照れている)。コンゴトモヨロシク。

ゴミ すこし前のニュースで、メモだけとって忘れていたもの。
松下/三菱/ソニー、電力線通信のアライアンス設立(→ ITmedia ライフスタイル:05/01/06)
電力線インターネットで1Gbpsが可能か? 米研究者がシミュレーション(Internet Watch:05/01/06)
家庭内電力線通信、2006年解禁へ(→ /.J:04/12/24)
電力線搬送通信(→ IT 用語時点 e-Words

2005.01.12 

Macworld Expo、じょぶっさんの基調講演。

iPod-shuffle 林檎  iPod shuffle (→アップルITmedia ライフスタイル)。

22g! シャッフルの名の通り、こいつはランダム再生ジュークボックスだ! これはびっくり。512MB と 1GB の2種類。いままでの iPod が EireWire 接続なのに対してこいつは USB 2.0 だったり、apple にしては戦略的な価格設定だったり、あからさまに Windows ユーザを対象にした製品です。
背面のスイッチで順次再生も選べます。本当にランダム再生しかできなかったら思い切りが良すぎると思いますが、でもアップルだったらそんくらいフツーにやりそうな気がします。時代遅れの一言でそれまでの常識を覆して iMac に FDD をつけんかったメーカーですよ。『ランダム再生しかできません』とか言ってもオカシクない(←いやサスガにそれはなかろうと)。

参考:「iPod shuffle」登場〜国内価格は1万980円から(→ITmedia ライフスタイル
話題のフラッシュメモリiPod「iPod shuffle」をさっそくさわってみた(→ITmedia : iconレビュー

Macmini 林檎  Mac mini (→アップル) 。
コンセプトは BYODKM(Bring Your Own Display, Keyboard Mouse)。
噂どおり500ドル Mac が来ました。むろん基本性能はすべての Macintosh に準じております。ほかの Mac で動作するソフトウェアはすべて動作します。iBook と同等以上の性能でこの値段なら文句はないでしょう。内蔵コンボドライブはアップルストアの BTO オプションでSuper Drive と交換できますから、その気になれば DVD-R 作成も可能です。
堅牢な UNIX 環境と Apache もついて6万円というのは、web サーバとしても破格の値段でないかな。
どうすか、窓使いの方々。iPod の周辺機器に一台。

コンフィギレーションは2種類。違いは CPU と HDD の容量差。CPU の差は微々たるものだし、HDD 容量もいずれ足りなくなるから大容量の外付け HDD で補うとすれば 40GB が 80GB になっても大してかわりはない。ということで、コストパフォーマンスとしてはあきらかに 1.25GHz モデルの方が上と判定します。
キーボード/マウスは別売りですが、Windows 用の USB マウス/キーボードがそのまま繋がるそうですし、こないだの価格改定で安くなった純正キーボード&マウスキット(¥7140)をつけてもいいでしょう。メモリも増やすべきとなると 512MB を追加して+¥8610(メモリスロットは1つしかないらしいので追加じゃなくて交換か?)あと BTO オプションで SuperDrive 搭載モデルにしてもいいですね(+¥11550)。ややや。¥85890なんて値段になりましたよ。それでも充分に安いわけですけれども。

1.25GHz PowerPC G4 40GB Ultra ATA HDD ¥58590(本体価格¥55800)
1.42GHz PowerPC G4 80GB Ultra ATA HDD ¥70140(本体価格¥66800)
以下共通スペック:256MB DDR333 SDRAM ATI Radeon 9200 32MB DDRビデオメモリ コンボドライブ DVIまたはVGA ビデオ出力 AirMac Extreme & Bluetooth オプション

アップルストアでは『出荷予定日:1/29までにお届け』だそうです。

参考:アップル、1月29日からMac miniを国内販売(→ITmediaニュース

ゴミ なんにしても今回の二本柱、これは Windows 市場に対する Aplle の殴り込みです。
Windows ユーザに対する訴求力の高さは過去の Apple に類を見ないうえ、なにより Apple ブランドの価値は大きいでしょう。いまやトレンドリーダーは必ず iPod 持ってますから、iPod という名前だけでもう勝ったも同然、生まれながらに神の祝福を受けたも同然、東方の三賢者が跪くも同然(←?)。他のフラッシュメモリ mp3 プレイヤなんか足下にも及ばない大本命。ちっちゃなメーカーなんか息の根が止まるぞ。

なんつっても小遣いにちょいと足せばワタシでもなんとかなるような価格設定が強力。職場で昼休みにプリントしたものをばらまいたら Mac mini も iPod shuffle も欲しがるヤツ続出、出版業だから Apple / Mac にたいする抵抗がないのを差し引いてもものすごい反応でしたよ。この調子なら思わず 1 Click しちゃう人が全国各地で20万人や30万人はいるにちがいない。

林檎 あと、基調講演でさらっと『ケータイ電話をモトローラといっしょに開発中』なんてこと言ったそうな。Apple が考えるんだから、これは電話つき iPod でしょう。着メロのノリで iTunes Music Store から音楽買ってね、ってこと。きっと iPod phone とかいう名前だぞ(←見てきたように)。
モトローラってことは Vodafone だねえ(笑)。てことは次の機種変更はコイツだ(ウソ)。

2005.01.11 

なんでも CMで流れてた、お花畑に佇む戦車の残骸って絵にぐっときたワタシ。
いま日清のトップページにどてーんと出てます。映像ではいまいち自信なかったけど、これは M41 ブルドッグですな。戦後に作られ、日本にも持ち込まれて、61式と同時期に使われていた軽戦車です。でもTVだとスケール感がなくて。最初にちらっと見たときに、ティーガーII ?とか思ってしまったのはここだけの話(←戦車は専門外なので←つか、ぜんぜん形ちがうじゃん)。
撮影地はニュージーランド。たうぜん自然状態で戦車の残骸があるわきゃないので、わざわざ実物の車輌を持ってったそうです。

2005.01.10 

なんでも 学力低下がゆとり教育の目的(→-憂鬱なプログラマによるオブジェクト指向日記
こないだからぼんやり感じていたことをキレイな文章でまとめてあるのを発見。
「ゆとり教育は学力の二極分化のためのシステム。御しやすいバカを量産するため」
ここの読者さんにも現場で教鞭を執ってる人が何人もいらっしゃいますが、こんなことは自明のことなのでしょうか。

管理者としてみれば、一般大衆はバカで従順なほうがいいに決まってる。従順なバカを生産するために教育レベルを下げる。勉強する者はそれでも勉強するから、一部のエリートだけは賢くなる。
でもバカが増えると社会の底辺がどんどん荒れると思うんだが。システムが如何にしっかりしていても、基盤に従事する人間のレベルが低すぎると信じがたいミスを頻発してシステムそのものが壊れたりするんでは。『未来世紀ブラジル』のような、単純作業に細分化されすぎて末端で何が起こってるか誰もわからない管理社会。そういうのはSFネタだけに留めといて欲しいもんでして。

なんかねぇ。
ほんとうは他にもいろいろと思うこともあったんだけど、あんまり深刻な議論をやりたいわけではないし、ここに書き殴って誰かに見せられる文章じゃないと思ったので全部消しときました。この話ここで終わり。

2005.01.08 

ゲーム 買物:ジオニックフロント
通勤ルート上にCDやらDVDやら本やらゲームやら売ってる店がありまして。元は家電販売店でしたが、本店支店の統廃合の結果、業態を変えてオタク向ショップになったのです。開店からもう5年以上は経ってるハズですが、前の道を毎朝毎晩通ってるにもかかわらず一度も行ったことがないというこの店に、またしてもゴーストが囁くので(さいきん多いのだ)帰宅途中にトツゲキ。いままでどのショップに行っても見かけなかったジオニックフロントをゲットして参りました。
お値段、980円。やっすいなー。以前 Amazon なんかで調べた相場は2000円前後でしたからオトク感たっぷり。この店、なぜか平置きで置いてありましたよ。しかも2本(笑)。
まああれだ、ガンダムの戦術シミュレーションは1年戦争、しかも陸上戦闘にかぎるとワタシゃ思ってますし。なによりかの名作『フロントミッション・オルタナティブ』みたいな傍観者視点があるのがいい。ノベライズ(林譲治、)は先に読んでましたから、あらためてヴィジュアルイメージをじくりと見せていただこうかという所存でござります。

SF 月の向こうに「深宇宙」港を 宇宙機構が構想 (朝日
ちょうど2月号のSFマガジンに小林泰三が書いてた『天体の回転について』みたいな話。あっちはSFらしく軌道エレベータの話だけど、地球脱出→月軌道脱出→太陽系深部というネスト構造になってるあたりが、今回の話にも通じるものがあるかと。

で、今回の話の『地球から150万キロ』っていう位置はあれですわ、こないだ帰還に失敗して無惨にも地表に激突したジェネシスが2年にわたって太陽風を浴び続けていた太陽-地球系のラグランジュ点(L1)なんかが丁度150万キロですわ。
ここで書いてる『月の外側』っていう書き方だと、やっぱ太陽系の外に向いてるラグランジュ2のほうでしょうけど。

メモ:すばる望遠鏡、太陽系外縁部の天体表面に結晶の氷を発見(→国立天文台
カイパーベルト天体“Quaoer”の表面で氷の結晶を観測したそうな。もちろん直接みえるもんでもなく、近赤外線領域のスペクトルを観測して、その中に結晶質の氷を意味する反応があったってことだそう。

2005.01.07 

ゴミ ごくごくたまに、くだらない雑文をばーっと書き殴りたいという衝動に駆られることがあり、だいたいそういうのは発作みたいなもんなので30分もすれば沈静化するのが常で、そのタイムリミット内に勢いでホラとも寝言ともつかない戯れ言を書き殴って満足しておればよろしかろうものを、ごくまれにその衝動が数日つづくことがあったりして、そうなるともういけない、何か書いてないと落ち着かない、条件は『箸にも棒にもかからず、毒にもクスリにもならない文章』と、べつに自らに課しているわけではないけれども、小説や評論や、まして論文などといった、人の役に立つようなものは決して書かず、昔のテキストをリライトしてみたりして、自らの拙い欲求を満足せしむるのであります。

そんな次第で、いま某所で遊ばせてもらってるRPGのログデータをいじり中。公開する気は今んとこナシ。

2005.01.06 

更新停止していたのはドラクエのせいばかりではない、と言い訳はしておいて。

林檎 アップル、Macintosh/液晶ディスプレイなどを値下げ
値引率の最も高いのは、ワイヤレスでないマウスやキーボード。半値ちかくまで落ちてる(6,930円→3,570円)。周辺機器まで割高感のあるアップル製品だから、これでようやく他の企業なみと言えなくもないんだけど。しかしなんでしょかこの値下げ幅。
…あれっ。PowerBook G4 が値下げリストに入ってない。てことは?

→参考:アップルのニュースリリース

林檎 アップルに関してはいろいろと噂が聞こえてきます。
アップルに500ドル未満の新型 Mac 発表の噂(CNET Japan
スティーブ・ジョブズ、今年の Macworld では何を出してくる?(CNET Japan

シーズンですからねぇ。
えーと、Macworld Conference & Expo / San Francisco 2005 、今年は1月10日〜14日。
ジョブスの基調講演は 1月11日9:00AM(日本時間で1月12日2:00AM)。

2005.01.05 

なんでも 正月の新聞に載ってた2400kwクラスの超大型風力発電装置、三菱重工の風力発電プラント:MWT92/2.4 という実証試験施設。
完成時期は2005年春の予定。所在地は横浜市金沢区、三菱重工業・金沢工場の構内で、八景島とベイサイドマリーナの間(イナカモノなんでそれがどこかぜんぜん実感がない)なんだそうです。
海外ではローター直径 100m・3メガワット級が実現していて、ドイツのメーカーでは洋上設置用の5メガワット級を開発中と言われる現状では、この定格出力 2400kw という数字は既に最先端の性能ではなくなってしまっていますが、国内の最大のものが2000kw級である現状では、間違いなく日本最大の風車です。ローター直径92m、翼長44.7m、ハブの高さ70m、回転数9.0〜16.9rpm 。ブレードの先端は最大 300km/h ちかいスピードで空を切る計算です。いちばん高いところで116m。イデオンの目線くらいありますよ(←比較対象物がそれかい)。
しかしそんなものを『安全に』建てられるところが日本にそうたくさんあるとは思えない。一基建ってるだけで、東西南北100m四方、上空120mにわたって進入禁止区域になりますし。

2005.01.04 

web 新年1日目。出社早々メールチェックしてみると取引先から山のような画像ファイルが送られてきててびっくり。
しかもこの貼付ファイルがぜんぶ『添付ファイル (message/partial 書類)』などという名前の分割ファイルに化けとる。
むう。イマドキ画像ファイル送ってくるのに分割する輩がおるとは。
てか、windows 版の Outlook Xpress はだいたい分割ファイルは自動で結合ってしまうから、窓環境だけでやりとりしてるひとはメールが分割されてることに気付いてないんでしょうな。
えいもう面倒な、Mac 版の Outlook でもたしか分割したメッセージを結合できるScriptがあったはず、と思ってちょっと調べたらすとれい's Storage ということろに『Outlook Express お助けスクリプト』があるのを発見。ことなきを得ました。

林檎 ついで。OS X 用メーラ、GyazMail
1メッセージ1ファイルで管理するメーラ。先述の窓版 OE の分割ファイルにも対応してるみたい。

コンピュータ 今日のひろいもの:あくあフォント(→Teardrops in Aquablue)。
アマチュアの作成によるフル規格日本語フリーフォント。手書きっぽい字体がかわいい。
委員長お手をどうぞ(→bk1)の奥付に使われてた書体、これじゃないかな。いま手元に現物がないのでハッキリしたことは言えないんだけど。

SF SFマリア様がみてる(→ fuchi-komaのSF系雑記
泡沫の日々黒書刊行会さま経由。
あるのは書き出しの引用だけなのですが、昼休みのワタシをしてメシ粒をディスプレイに噴かせしめた狂喜のパロディ。冬コミに出てたらしいけど、現物が見たくもあり見たくもなし。
「クリアエーテル」
「クリアエーテル」
さわやかな朝の挨拶が、澄み切った青空にこだまする。
アリシア様のお庭に集う乙女たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐりぬけていく。
汚れを知らない手首を包むのは、深い色のレンズ。
やや。鮎方マスターもネタにしておられる。

2005.01.02 

web 新年あけました。おめでとうございます。
去年の暮れあたりからなんかぱたぱたして更新停止状態に陥っていましたが、ぼちぼち再開していこーかと思っております。

ってこれ↑去年の1月2日の書き出しそのまんま。なんだ、1年前も同じ時期に同じように更新停止してたんか。

web 今日ぼけーっとこの日記の HTML ソースみてたら、日付のところのアンカータグを閉じてないのを発見。おお。
いまどきのブラウザではほとんど問題にはならないんでしょうが、 XHTML への移行を目指すときには(←目指すだけ)閉じてないタグは致命的と言われます。しかもこれが、いままでずっとコピー&ペーストでやってきたから過去のものもぜんぶ閉じてないんでないか。あれま。
とりあえず検索/置換のScript書いて対処、ずんずん遡っていったら最初の1回は去年の1月2日でした。
もちろん修正しましたからいまはもう大丈夫なんですが、いやあ、ジャスト1年後に発見されるエラーってのも、ほら、なにか運命的なものを感じないかい(←なんか湧いてる模様)。

ゴミ 紅白の視聴率は40%を割ったそうな。
でもそんなことはおかまいなく、ワタシの頭の中ではキラキラ!@氣志團がぐるぐる。
よっけおった怪しいバックダンサーの中でもとくにニコヤカに歩いていたぺ・ヨンジュンもどき(例のコートとマフラー付)×6が忘れられません。


椎葉戯文堂バナー