バックナンバー99

過去の日記

2006.04.06 

ものすごい久しぶりにトップページのアクセスカウンタ見たら90,000超えてました(二週間も放置していて何を今更)。

林檎 FAQ:アップル「Boot Camp」--MacでWindows XPを動かすには( - CNET Japan
アップルのプレスリリース
『2006年4月5日、アップルは本日、IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にする「Boot Camp(ブートキャンプ)」のパブリックベータソフトウェアを発表しました。』

なんですかそれは。

現時点ではパブリックベータの形で提供、正式版は次期 Mac OS『Leopard』に組み込まれるそうな。Intel Mac に Win XP をインストールする試みについてはアマチュアというかヘビーユーザの間でさかんに行われていたけれども、アップル本体がイッキにここまで進んできましたか。

しかし、しかしですよ、これのユーザー層がワタシには理解できないのですよ。いったいどんなユーザーを想定してるんですか。以前に BBS にも書きましたけど、ワタシにしてみれば『何を好きこのんで Windows なんかで Mac を動かしたいんだ』としか言えないんです。Macintosh の(ハードウェア的な)スタイルってそんなに魅力的なんでしょうか。スタイリッシュに持ち歩く MacBook PRO なり iBook なりの中身が実は Windows、ってのをやりたいんでしょうか。それは Mac である価値を、ハードウェアの『ガワ』だけにしか認めてない事になります。見栄をはるとかウケをとるとかにはいいかも。でも実用性とコストパフォーマンス考えたら DELL のサブノートでも使った方がいい。

ひるがえって Mac ユーザが自分の Mac を Win XP とのデュアルブートにするメリット、というのもイマイチわかりません。
そもそも Mac OS 以外の OS から Mac 用のファイルにアクセスするのは、不可能ではないけど障害が多すぎます。ファイル名の制限とか拡張子の制限とかEPSファイルならなんでも Photoshop で開こうとするとか。Mac を使い慣れてる人にとって windows はデータをコンバートするための補助ソフトにすぎない。Mac OS X + Virtual PC を走らせた上で Win XP を起動したほうが、データの互換性など考えると実は有利なのです。こんなワタシにはデュアルブートのありがたみはないでしょう。

Windows のゲームが Mac でできる? そんな用途なら最初から wintel マシンを買います。

SF “鉄のよろい”持つ巻き貝、世界で初めて展示(→読売
海洋研究開発機構のプレスリリース(06.03.30)。
以前(このへん)にメモしてたので覚えてたのですが。日本の研究チームが調査に行ったんですね。新江ノ島水族館で世界で初めて標本展示されているそうです。

メモ:ボーイズ・ラブ大手出版社ビブロスが倒産(Excite エキサイト ブックス
超人ロックを出す出版社はいつか潰れる(笑)という噂が現実に。関連会社倒産のアオリを受けた形らしい。破産申請ってことはもう再生のメドなしか。保有していた大量のコンテンツの行方が気になるところ。メジャー作品なら作家ごと他の出版社に移動でしょうか。

メモ:瞬時に焦点が変わる、液晶を使った遠近両用メガネレンズ(CNET Japan

2006.03.30 

SF レム逝去。
実はソラリスは高校時代に読んで、そのまったりした展開に乗りきれなかった記憶しかないような不精者なのですが。
トシとった今ならもうちょっとまともな読み方が出来るだろうから、そのうちきちんと読まなきゃならんと思っていたところ。何かのキッカケがないとなかなか踏み出せないワタシのことだから、いまこのタイミングで見逃したら一生読まないかもしれない。もうちょっとヒマになったら近所の図書館にでも行ってみるかしら。

2006.03.20 

ゴミ ソフトバンク、ボーダフォン日本法人買収で英本社と合意
旧聞ではあるけれど。デジタルツーカー時代から使っているけどまた変わるのか。しかも孫か。

音楽 ファイナルファンタジー XII サウンドトラック。今すぐチェック(iTMS 直結)
試聴しているうちにおもわず購入ボタンを押してしまった。やばい。音楽だけでも無闇にカッコいい。FFXII はスルーする気だったんだけど、聴いてるうちにだんだんその気になってきた。

movie アップル QuickTime ムービートレーラーのページにも FFXII の予告ムービーが上がってるんですが、これ、ウチのキカイだとコマ落ちします。いや、音も飛ぶからコマ落ちよりひどい。じゃあ middle サイズのほうでガマンするか、と思ったら、ファイルサイズはこっちのほうが大きいのね(高解像度版 ff-xii_640.mov が 48.1 MB なのに対し、中解像度版 ff-xii_320.mov は 49.6 MB)。これはアレか、エンコードの方法が違うのか。ラージサイズのほうが圧縮率が高いのにキレイだと。
気になるので google さんにいくつかキーワードを投入、『H.264/AVCによるエンコード 』とか『MPEG-4 CODECを上回る圧縮率』とかいう文を拾い出して Apple のサイト内を再検索、『アップル - QuickTime - テクノロジー - H.264』なるところに辿り着きました。ようするに『MPEG-2 の半分以下の容量で実現する高画質高圧縮の最新技術』だそう。はあそういや Quicktime 7 の発表の時にそんなこと言ってたような気がする。いままで気付いてなかっただけで。
でもそれだけ高度なエンコードをされるとデコードの時にも相当なマシンパワーが必要なわけだ。じっさい、OS X のパフォーマンスモニタ見ながら CPU 占有率みてたら、リソースの95%ちかくまで再生に割り当てていながら、まだコマ落ちしてる。こういうのを見せられると、もう自分のマシンは時代ハズレになったんだなあと思い知らされますわ。
参考:【IT用語】動画圧縮技術 〜高圧縮率を実現したH.264/AVC〜  H.264 - Wikipedia

ちなみに職場のマシン(自宅のキカイと同世代)で、Mac OS 9 / Quicktime 5 で再生したらストレスなく再生しやがんのw

謎のブックマーク:岩崎電子出版
いやブックマークの理由はリンク先を見てもらえれば一目瞭然なのですが。どのタイミングで何を考えてブックマークしたのかが謎。おぼえてない。

2006.03.19(03.11〜12) 

 3/11・12の土日かけて、イトコの結婚式のために東下り(上京とは京都に向かうことを指す言葉だと逆らってみる田舎者)。東海下りでも可。
一週間も前の話をいまごろ更新してるのは、しばらく患っている発熱と咳がちっともおさまらず仕事以外に振り向ける気力がなかったせい。ほんとのところ言うとこの東下りのあいだもずっとゲホゲホいってたんですがキャラとハートでおおむねカバー。

鉄道 運良く窓側の席だったので(進行方向左/山側)、本を読むばかりでは勿体ない、鉄属性のタシナミとして車窓風景も堪能しなければなりません(もはや義務)。とんと遠出をしなくなったから東海道もご無沙汰、しっかり見ておきましょう。
とか言いながら京都滋賀あたりはまだ見慣れてるから本を読みながらちらちらと外を伺う程度。さて関ヶ原を抜けた、大垣を過ぎた、本を読みながらふと顔を上げたら、安八町役場、というのが見えて、でもそのまま本に目を戻して、安八町、はてどっかで聞いた地名だけどなんだったか、10秒ほど考えて、そうだ三洋電機の太陽電池科学館だっ、とはたと気付いて窓を見たら、いままさに全長三百メートルのソーラーアークが車窓を飛び過ぎるところでございました。初めて見ました。あんがい近くて予想外に大きく、驚きました。距離感が狂ってるのかもしれないと思うほど。

富士川越しに富士山 名古屋を過ぎてしばらくうとうとして、ふと車窓を見たら蒲原トンネルを抜けたところ。ということはあのあたりにてっぺんが …見えました。雲の上に白頭巾を被った富士山の姿。右→はケータイのカメラで撮った絵(デジカメはカバンの奥底にしまってた)なんで画質が甘いのはご容赦。富士川ごしに、雲上に白い頭だけ出てます。すぐ霞にけぶって見えなくなりましたから運がよかった。撮影時のシャッター音で周囲の人たちも気付いたようで、一斉に窓のほう向きました。だれも窓の外なんか見てません(車窓風景マメにチェックするのは鉄の人くらいだ)。

同じ列車の別の車輌(7号車と12号車)に乗っていた叔父叔母と東京駅のホームで合流、そこから呆れるほど長い(そのくせダンジョン的な非日常を全く感じない)地下道を通って京葉線乗り換え、舞浜駅。

目的地は舞浜駅から歩いていける距離にあるホテル。舞浜駅と言えば固有名詞を出さない原則がどうとかいうタテマエが空しいくらい有名な某遊興施設の最寄り駅ですが、その周辺に建っている中で、唯一その名を冠したホテルです。

本当は夕方までに着いていればよかったのですが、そこはほれワタシら周辺の地理にあかるくないもんですから、あまりウロウロしてはなりません。そうでなくても東京近辺は5キロの移動に予想外の時間と手間がかかるので、下手にうろついて帰って来れなくなっても困る。個人的には神田の交通博物館とか行きたかったんですが(ムリすればそのくらいの時間は捻出できたと思う)。

なんでも 教会式そのものはあまり詳しく書く気はないのですが(身内の話ですし、そんな晒すもんではないでしょう)。
チャペルの結婚式のあと、セレモニーと称して『黒鼠のつがいがお祝いに駆けつけて』くれるようなイベントもあり。
後から思ったんですが、黒鼠のつがいを『独占』して写真に収まる機会なんか一生に一度あるかないかですよねえ。ふつうは人がごったがえしてるようなところでしか遭遇しないんだし。なるほどこれは一生のセレモニーに相応しい演出。

披露宴では、新婦のお色直しを新郎の父親がエスコートしたり。
新郎のお色直しは新郎新婦の母親ふたりを両手に従えて退場したり。
新郎新婦だけでなく、その両親二組によるケーキカットとかいう前代未聞の出し物までありまして。
どうやらそのすべてがサプライズイベントだったらしい。
いちいち驚かされてた叔父様(新郎の父)が妙に嬉しそうでした。証拠の写真ありますw

あとは実兄にして数学者の rosso さんによるプレゼン(ちがう)。
新郎の昔の写真をプロジェクタに映しながらエピソードを語ります。かなり緊張していた模様。学会発表のようなもんですねと後で聞いたら『普段はネクタイしめて発表なんかしません』と返されました。どうもあの業界の人たちは、学会んときですらも、きわめて普段着に近いスタイルでウロウロしてるらしい。院生や学部生は言うに及ばず、どんなえらい先生でもそうらしい。どんな集会であれその格好で紛れ込んだらめちゃくちゃ目立つこと請け合いの秋山仁先生の落ち武者スタイルが、数学界ではちっとも異質でないんだそうです。なんとですか。

あとウチの母と姉と姪、三世代による女性三部合唱。
母は最後の合同練習のためと称して前日から姉のところに泊まっていたというのに、聞けば『いっぺん合わせてみて、もうこりゃムリだと悟ったからロクに練習してない』などと言う。何やってんの…。『酒の勢いで歌ってくるわ』とか『私ゃ適当にやるから、祖母抜き母子の二部合唱だと思っといてんか』とか、不安をかき立てるようなことばかり言ってたわりに、本番になったらきちんと歌ってて、なんだ単なる照れ隠しか(笑)。さらに、ふだんはハスキーな姪が意外にもキレイなソプラノヴォイスで驚いたり。

泊まったのは手配して貰った提携ホテル。埋め立て地の端のほうに建ってる新しいホテル(1周年とかどっかに書いてあったような)でしたが、宿泊客は小さな子供づれの若いファミリーばっかりw  客室もベッド2+ソファーベッド2、デフォルトで4人まで対応した広さで、子供の使い勝手を考えた細かい気配りがそこかしこに見られます。バス/トイレもちゃんと別になってて、子供といっしょの入浴パターンにかなってます(子連れでユニットバスなんか入れたもんじゃない)。こういうホテルって子供連れで泊まってこそ有意義だ。つぎ来るときはムスメの引率だ(ムスメをダシにしないともう来る機会はない)。

なんでも シンデレラ城 ということで翌日、折角だからということで行って来ました TDL。
伏せ字にしても意味がないうえ読みにくくなるばかりですから、さすがにここだけは実名でやります。

不思議なところです。演出される非日常が、ぜんぜん嫌味じゃない不思議さ。
『ウェスタぁン・リバー鉄道ォより、さァいしゅうのご連絡をォ』。芝居がかったアナウンスとかも『アリ』に思えてくる不思議さ。
ぜんぶディズニーで完結して、ディズニー以外のものが存在していないことがちっとも不自然でない不思議さ。
つくられた庭園、つくられた緑、木や花や池や山の、そのことごとくが非現実的にツクリモノめいているのに。
ディズニーだけで作られた、ディズニーのための世界。まさしくディズニーワールドというがごとく。ひょっとして葉っぱの裏や花びらの付け根や、泳いでる魚の眼底を覗き込んだらそこにも、ぜんぶ©マークがついてるんじゃないかしら。神林長平のSFのように。

感心したのは園内どこからでもかなりの高確率で見ることのできる『シンデレラ城』のスケール感。いくら遠くても現実の距離はせいぜい数百メートルのはずなのに、いくら高くても現実の高さは30メートルくらいでしょうに。ずいぶん遠くに、巨大なお城が、でーんとそびえ立ってるようにしか見えません。レッドキング効果 *1 と空気遠近法 *2 のトリックだと、アタマで解ってはいても、視覚情報はやっぱり騙されてしまいます。

その前に放送されてた『ビーバップ! ハイヒール』で岡田斗司夫が『テーマパーク運営の法則』『ディズニーランドがウケつづけている理由』を説明してたけど(そのうち半分くらいは過去どっかで彼が披瀝していた筈)、それをまさしく体験して参りました。

ゴミ 帰ってから思いついたんだけど、ディズニーランドには背の高いアトラクションが皆無でした。観覧車やジェットコースターのような、園の外が見えるようなアトラクションが存在できないんですね。高いところから落ちるアトラクションもないわけではないけれど、かならず園の内側に向いていて、余計なものが見えないようになっています。
隣の葛西臨海公園に巨大な観覧車が回ってたのが対照的。

*1 レッドキング効果:もうちょっと一般的なコトバだと思っていたが google で探したら2件しかヒットしなかった。
上のほうほど構造物を小さくすることで巨大感と安定感を出すデザイン手法。ウルトラ怪獣のデザイナー・成田亨氏が、そういう効果を狙ってレッドキングをデザインした故事にちなむ。

*2空気遠近法:
風景画などで、遠くのものほど色あせた薄い色彩で描く手法。じっさいの風景の見え方で、近くの山より遠くの山のほうが彩度を欠いた白っぽい色に見えるのを再現している。遠くから見ると『空気』の層をたくさん通すことになるので彩度が落ちる、という遠近法。逆に近くのものは彩度の高い、あざやかな色彩になる。模型的手法でもそれを応用して、例えば戦艦などが全長200メートルを超える大きな構造物であることを表現するために、実物の色よりずっと明るいグレイで塗ったりする。
ただ実際には経験則による感性の部分のほうが大きい。例えば宇宙戦艦のスケール感を出すために彩度を下げるのは単に視覚のトリックでしかない(空気なんかないから)。

ところで帰途、ワタシはのぞみの指定席、母はひかりの自由席でした。説明しないけど合理的な理由に依ります。
東京駅で別れて、ワタシだけひとりで先に帰宅した(駅まではカミさんにクルマで迎えに来て貰った)のですが、40分遅れくらいで着くひかりに乗ったはずの母から『着いたぞ駅まで迎えにこい』という呼び出しがこない。新幹線の到着時刻、のりかえの電車の時刻、最寄り駅の到着時刻、いつまで待っても電話がこない。はてどうした、あの人のことだから乗り過ごしたとか迷ったとか列車間違えたとかの可能性はきわめて低い、健康そのものだから倒れたとかいう心配もしないけど、来るはずの連絡がこないと気になるし、待機時間が伸びていくから何もできん。さあ順当にいったらもう家に帰り着いててもいい時間になったぞ、と、こちらからケータイに電話しても留守電。
本気で心配になりかけたところで、本人、ひょっこりと帰ってきましたがな。タクシーにでも乗ったん?
母曰く『隣の姉(その2)夫婦宅に電話した』んだと。たまたま電話をとったのが姉(2)で、もともと声のトーンや声質や喋り方が似ているうえ、ケータイでは声の区別がつかなかったらしく、『何分に駅に着くから迎えにきて』『わたしが行くん?』『来たらええがな』みたいな会話を、相手をワタシだと思いこんだ上で交わして、実際に駅に迎えに行った姉(2)に向かって『なんであんたが迎えにきたん』とかのたもうたらしい。

もう心配したらん(笑)。ほんま元気やでなあ。

2006.03.09 

なんでも 公道を走れるジェットビートル(→ネタもと:いつもの黒書刊行会様)

なんと誤解を招きやすい写真でしょう。本当にジェット推進で進んでるように見えます。が、エンジンが『ヘリコプター用ターボシャフトエンジン』だというのを見逃してはなりません。これは一般に『ガスタービンエンジン』とも呼ばれているもので、 M1エイブラムスに搭載されてるのと同種の、軸の回転力を取り出して駆動するエンジンなのですから。
あのノズルから出てる噴射炎は、実際にはたいした推進力を発生してないはず。ハデなバックファイアみたいなもんでしょう(笑)。

2006.03.08 

ゴミ 執事喫茶 Swallowtail
ネタ元は夏目房之介氏のブログ
あー。でもそのニーズめちゃくちゃ解る。たとえば執事といえばギャリソン時田(あとエイリアン通りのバトラーさんもアリだ)、あんなロマンスグレーのおじさまが『おかえりなさいませ、お嬢様』とか言ってくれたらそりゃクラリときますよ。バーテンでもソムリエでもなく、執事なんですよ。白磁のティーセットにバラの紅茶ですよ。この良さは腐女子属性を持たぬ方にはなかなか理解されないでしょうねえ。

そういやさいきんのメイドカフェは萌えも何も知らんような風俗系の事業主がテキトウに作るような粗末な店が乱立したあげく自然淘汰を待つまでもなくばたばた倒れたりしてるらしい。高松に初のメイドカフェが! とか言うてたのは2月の話だったと思うけど、なんやしらん、そこももう店たたむとかいうウワサを聞き込んだり。
少なくともメイドさんで商売をするには、最初こそ話題性と物珍しさだけでも通用したでしょうけど今はもう無理です。あれはもうブームなんかじゃなくなってるんですもの。落ち着くとこに落ち着いた、定番になってしまったんです。や、どのへんの定番かはべつに書きませんが。

2006.03.07 


椎葉戯文堂バナー