バックナンバー103

過去の日記

2006.08.15 :林檎大収穫

盆の送り。

林檎 1215 台の Mac を NetBoot で管理 国内最大規模の情報教育システム(→アップル - 教育
神戸大学 学術情報基盤センター。
某ものすごく縁の濃ゆい人から聞いて今年のはじめには知ってたんですけど、ここまでデカイ話だとは思ってませんでした。いやあまさか学内全域をネットワークで繋いで NetBoot とは。

その彼から聞いた話。今回の Mac 一括導入について、Windows さえ使えればいい世の中なのになんで Mac なんか入れるんですか、などとほざく学生に対する答えが『お前みたいなんがおるからじゃ』だったんだとか。いやあカッコイイねぇひゅーひゅー。
でも少なくとも世の中の経営者の大半も同じ考えなんだろうなあ。メーカーやベンダーの言いなりになって、その結果エライ目に遭っても他の選択肢を知らないから結局同じ間違いを繰り返す。そうならないための杖は、Mac でも LINUX でもいいから用意しておくべきなのさ。勿論ワタシは Mac を強く推奨しますがね。

メモ:DivX Stage6 でみつけたアルゴリズム行進(→http://stage6.divx.com/members/62675/videos/2096)。
誰かやると思ってたけど。いいじゃないか。

メモ:大石まさる『水惑星年代記』について『見事なまでの鶴田謙二との互換性。』アルファ・ラルファ大通りの脇道:水惑星年代記
ああ。なんか既視感があったのはそのせいか… でも画風はまるで違うし。ストーリー内のSF濃度、というか『センス・オブ・ワンダー』含有比率で鶴田健二より数段うすいように感じましたが。あんまり鶴田健二との共通項を感じないのはワタシがだいたい絵で見てる(≒絵でしか見てない)からでしょうか。

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(23)◆ セロビ台地、ソーヘン地下宮殿、ゴルモア大森林などで経験値&ギル稼ぎ。
ソーヘン地下宮殿、モブB『ダークスティール』撃破。
セロビ台地、モブA『ヴィラール』撃破。
パラミナ大渓谷、モブA『トリックスター』撃破。
適当にレベルも上がったしゼルテニアン洞窟に行ってみたら、ほとんど何の下準備もないところに『アドラメレク』と遭遇。非行タイプの敵なので銃か弓あたりでないと攻撃が当たらないうえ、地面からはコープスなどというアンデッドがわらわら沸いてくるw クロスボウ装備のヴァンと与一の弓のフランとアルデバランのバルフレアでなんとか撃破。なに、これは召還獣でしたか。FFXII の召還獣は名前で解らんから難儀ですわ。

2006.08.14 :DS入手

その他 カミさんの実家。
行ったら既に叔父さん(とはいえ義母の妹の配偶者なので血縁はまったくない)が一人でビールを舐めてて、いいところにきたとばかりに酒盛りに突入。それにしても親類縁者20人も集まっててマトモに酒を飲めるのが血縁のない二人だけとゆーのはいかがなものか。久保田なる日本酒を二人で空けました。うわーばちあたり(笑)

ゲーム カミさんのイトコが Nintendo DS Lite 持って来ててみんなで脳年齢チェック。ワタシは60歳。わははは酔っぱらいに何をやらすんじゃ(笑)
ゲームに対する素養はまるでないウチのカミさんもこの脳を鍛えるソフトは気になってるそうで、ポケモンレンジャーをやりたいウチのムスメとファイナルファンタジー III がやりたいワタシの三者で利害が一致、ムスメの誕生日にかこつけて DS Lite を買おうかどうしようか、しかし入手困難と話に聞くからいきなり店に行って買えるものでもないし云々。

と、そのイトコさんの情報によると、このお盆の時期に DS Lite がそこらじゅうに大量入荷してたらしく、片田舎のイオン系スーパーにすら10台かそこら山積みしてあったとのこと。昨日の朝の話だというし、まさかもうないだろうと思いつつも帰途わざわざ遠回りして行ってみたらなんかまだ5台くらい残ってました。おおなんたる幸運。ワタシとしては労せずしてカミさんから予算を引き出せたのも幸運w

サービスカウンターにソフトも何もなしに DS lite だけ置いてあったんだけど、あれじゃ通りすがりの人は気づかない。カミさんの機転で『高額な時計や電子機器の類はサービスカウンターのショーケースに入ってる』ということに気づかなければワタシも見のがしてたわ。ある意味かなり穴場?

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(22)◆ ドラクロア研究所。
過去の因縁とからめてバルフレアがいちいち不機嫌だったり、対照的にヴァンは楽天的に無神経だったり。

研究所内部は少々複雑なパズルのよう。少し考えればわかるし、70階のドクター・シドのとこまで直行すればいいみたいだけど、そこはそれ、ダンジョンは全線走破しないと気が済まない、研究所の隅々まで、必要ないとこまでぜんぶ回って、苦労の割に収穫すくなし。

ドクター・シドと対峙。おお大塚明夫だw
長いムービー。新キャラ、レダス。禿頭に白い顎髭。バーフォンハイムの空賊だそう。
そのままムービーは続き、港町バーフォンハイム、レダスの屋敷。

ドクター・シドの捨て台詞、ギルヴェガンに追ってこい、新しい破魔石を恵んでもらえるかもしれんぞ、という意味を図りかねる。しかし破魔石がドクター・シドの手にあるのは事実で、それは破壊せねばならない。いずれにしても次の目的地はギルヴェガン。

『遥けき時の彼方にて 猛るミストに守られて まどろむ聖地ギルヴェガン 至りし道を誰そ知る』

2006.08.13 :うだうだ

農 害虫防除と肥料散布。
なんか今年は芋虫が大量発生してて葉の中程を食い荒らしてやがる。イネ科の植物は根元から先に向けてまっすぐに葉脈が通ってるのに、その途中を喰われるもんだからそこから先の葉はぜんぶ枯れてしまう。おのれー。

Book 夏の文庫キャンペーン、キャッチコピーだけ見たら新潮社のひとり勝ちだ!(→ある編集者の気になるノート
太宰治:人間失格『この主人公は自分だ、と思う人とそうでない人に、日本人は二分される。』
カフカ:変身『読み始めてすぐに「何故だ?」と思い、読み終えて直後に「何故だ!」と叫ぶ。』

読者視点、もっというと『読了直後の読者の感想』で書かれた新潮のコピー。圧倒的なコトバの威力。

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(21)◆ 帝都アルケイディス到着。
社会的な地位の高さを示すという『リーフ』などという概念を、何の伏線もなしに唐突に提示される。アルケイディスでは情報がなによりも重視されているだとか、情報の有効性をきちんと利用できたらリーフがもらえるとか、リーフ9枚ないとタクシーに乗れない(外界の値が低い=社会的地位が低い=信用がない)とか。しかもこれ(少なくとも現時点で)ゲームの進行としては『タクシーに乗るため』だけのクエスト。サブイベントしても散漫だし、そもそもリーフ集めを人生を目標にしてるような人(そのへんのエキストラ)がゴロゴロいる脇でPCが小一時間でたやすく28枚も集めてしまうリアリティのなさが気にくわない。
いやまあ9枚集めればタクシーには乗れるっていうのに結局ぜんぶ集めてしまいましたけどね、リーフ28枚。そしたらブラックフェザーなんてのと交換して貰いましたけど。売却不能の『おたから』。そのうち何かに役立つんでしょうな。

2006.08.10 :噂に踊る

Gundam 噂。出処は2ちゃんだから信頼性は低いけど。
10月:MGシャア専用ゲルググVer2.0、HGUCザク改、HGスターゲイザー
11月:1/100グフ・イグナイテッド、HGデルタアストレイ、EXネェルアーガマ
12月:PGフリーダム、1/100オオワシアカツキ、HGUC ZZ
1月:MG ビギナ・ギナ
そして12月予定の RRR 第二弾は 1/100エルガイム Mk-II。
実現したらこれは嬉しい。Mk-II とオージェはワタシのトラウマですからな(そのうち挑んでやろうと思って昔の 1/100 を手つかずで持ってる)。
さあどこまで実現するよ。

2006.08.09 :ネット系ニウス2題

web DivX Stage6
BBSでみつきくんに教えてもらった。これはすごい。Youtobe などメじゃない。高画質の動画アップローダとして浸透してしまったらエライことになりそう。でも変に普及したら利権にウルサイ連中が横槍を入れてこないとも限らない。それ以前に高画質のムービー素材がそんなにゴロゴロしてないかw 不安要素もあるのでこの先どうなるか生暖かく見守るべし、です。
ざらっと検索したら簡単に紹介してるページを発見。というかひとつの震源なんじゃないか、ここ自体が。→ Divx が動画投稿サイト「Stage6」を試験運用(星を見る人
参考リンク→「DivX 6.3」リリース、動画サイト「Stage6」へのアップロード機能など搭載(→ Internet Watch

web 『国産』検索エンジン sagool
日本語検索がデフォルト。
『オモロアルゴリズム』採用により
1 より「おもしろいもの」を探す
2 表の世界ではなかなか知ることができない、より「ディープな情報」を見つける
3 ツウなら納得な、より「コアなこと」を知る
ための検索エンジン
だそうです。
いろいろ検索して遊んでみましょう。ねらい所が google とはあきらかに違います。けどどのへんをねらってるのかいまいち解らなかったりw
japan. internet.com のWebファイナンスによるインタビュー記事。

台風の気持ち。8月9日はマリア、すなわち日本国内で言う『台風7号』さんのインタビュー。(→台風ステーション

メモ:Microsoft Virtual PC for Macの開発中止 Microsoft は WWDC の会場にて「Microsoft Virtual PC for Mac」の開発中止を明らかにしたという。なんですと。Virtual PC じたい元々は connectix の製品だったのを会社ごと買収したというのに。 Mac と窓の温度差が小さくなってる気がします。むろん Mac がわの温度が最盛期に比べて低くなってる。

2006.08.08 :いさましくてデカいハイエンドマシン

林檎 MacPro 登場。
外見は G5 を踏襲しつつ、ナカミはまるっきり別物です。コードやハーネスの類をまったく見せない美しい内部構造。なんでも HD ドライブも『ケーブルレス』マウントなんだそうですよ。
肝腎の性能ですが、『64ビットデュアルコアIntel Xeon “Woodcrest”プロセッサを搭載、クロックは 2.66GHz 〜最高 3GHz。すべてのモデルがデュアルプロセッサ。4MBのL2キャッシュ搭載。電力消費のパフォーマンスは最高。G5 Quad 比で 1.6〜2.1 倍のスピードアップ。標準で 1GBメモリ(667MHz DDR2 DIMM)最大16GB まで増設可能。バス速度はG5の倍、HDD 4基ぶんのマウントスロットあり。第二の光学ディスクドライブベイあり、工具なしで取り付け可能』。
何に使いましょうか。
既にパソコンじゃありません。アップルのサイトでもこれを『ワークステーション』と書いてますね。

design それにしてもホレボレするデザイン。見慣れた匡体はともかく内部構造の美しさったらもう。ステキに近未来なSFテイストじゃありませんかッ。
アップルのサイトにある誇らしげな内部図解。上段と中段の間、前から後ろにキレイに4つ並んでる小さな金属のパネル、これが HD ドライブベイですって。新しいダイレクト着脱システムだそうで、ドライブベイに HDD をセットして押し込むだけ。
プロセッサなどはフロント下部の箱の中に収まってしまってます。ここだけなら Mac mini くらいのサイズじゃないかい。心臓部をこのスペースに無理なく納めて、そしてこの大きな匡体の余剰スペースを、好き勝手に利用しまくったデザインがこれ、な訳ですね。いやすごい。
Mac Pro Dual 2.66GHz/1GBメモリ/250GB HD/SuperDrive 2,499ドル(日本での価格は319,800円)で本日から発売。コンフィギレーションは固定ではなく、BTOでカスタマイズ可。2GHz の CPU(つまりダウングレード)も選べます。

林檎 ところでいまの Mac OS X 『Tiger』はよくできたシステムです。たかが OS の分際でアホみたいなハイスペックを要求する窓 OS と違い、普通に『パソコンとして』使うぶんには、いまワタシが使ってる G4/867 ですら充分快適に動作します(XP が5年前のマシンで快適に走るかねッ)。
ということは普通に『パソコンとして』使うぶんに、この Mac Pro はあからさまなオーバースペックだということ。
いや勿論ハイエンド DTP とかやるには速いマシンのほうがいいに決まってます。しかしこの Mac Pro のスペックをフルに活かす DTP クリエイションってのを思いつかないのもまた事実。HD ムービーみたいなのを編集する人たちにはこれでも物足りないでしょうけど。ワタシらのやってる DTP くらいなら Mac mini でいい。 むしろ Mac mini のスペックで Mac Pro の拡張性を持った、中間クラスのマシンが欲しいですね。いざというとき拡張ボードの一つも挿せないというのが、なんか Mac mini や MacBook に踏み切れない理由。

Mac OS X 10.5 『Leopard』搭載のまったく新しいバックアップの概念「タイムマシーン」(いまなんか脳裏にターイムマスィーーンというのが去来したがそれはさておき)。日付と時間を指定することで時をさかのぼるバックアップが可能。簡単にファイルを時系列的にもどしたい時に戻せる。サードパーティの製品も同様に機能する。過去の書類も検索できる。
いま .Mac で使ってる BackUp というツールも、大元のバックアップファイルを作成したらそれ以降は差分ファイルを作っていく仕組みになってるけど(おかげでバックアップ用 HDD には既に差分ファイルが数百個)、それをもっと高等にしたものでしょうか。ファイルの無限アンドゥみたいなもの? 上書きしたファイルも元に戻せる? まちがって消したファイルも? 楽しみではあります。
お宝鑑定団の WWDC 基調講演特集

movie いい話:映画関係の代理店さんから思いがけず『UDON』のプレスリリースもらっちゃいました(^.^)
悪い話:その中にストーリーが詳細に書いてあっておもっきしネタバレしちゃってました(;.;)

『TJさぬき』編集部の若手・青木和哉(要潤)は『車好き。得意のドリフトでうどん屋を巡る』ようなアウトドアラーらしい。あわて者とは書いてなかったぞ(笑)。むしろ副編集長・三島憲治郎(ラーメンズ・片桐仁)についてたコメント『うどんコラムでマンガを担当するフィギア好き(原文ママ)』というのが引っかかって。なんかいろんなヒトのええところをシャッフルして再配分してますね。

Udon - Wikipedia

WOWOW が銀英伝を一挙放送だとか (→ WOWOW)。
今週11日(金曜)深夜一時からまずまとめて9本(笑)、以下連日のように深夜枠を占拠して第一期第二期54話を16日まででイッキに放映。HDD の空きを確保しなきゃ、っていつ見る気だ(笑)。徳間系の公式サイト発見したけどここはトップの絵がいまいちね。

2006.08.07 :宇宙を見あげる

bk1:書影 『水惑星年代記』
大石まさる/少年画報社800円(少年画報コミックス)bk1 / Amazon


描かれるストーリーと世界が美しい。途中でやっとこれSFやったんかと「発見」するくらい、自然に軌道エレベータなどの舞台装置が存在してる世界。そのわりに雪の中をトラム(路面電車)が走ってたりもして。近未来と現実と幻想と過去とが奇妙に入り交じった世界。すてきすてき。
あと絵としてもトーンワークをほとんど使わないで、コマの中の陰影をほとんどカケアミで表現してる、その手法がジツに美しい

ネットでもみんなイイと言ってるけど、やはりオススメは『宇宙をむいて歩こう』かな。照れくさいから一人で読むことw ただまあ中学生の少年にとって、こんなシチュエーションはファンタジー以外の何者でもないぞ。いくらトシウエとはいえやりすぎです子獅子さん。

ご本人のサイト(→大石工画店)によると、既刊コミックスは2桁に達するようなベテランの方でございまして。この方の絵をなんとなく見たような気がするのも、決してデジャビュではなくて、じっさい今までにどこかで遭遇してるかもしれません。

けっこう人気らしく店頭からもほとんど姿を消してたりします(ワタシの行った書店では最後の1冊でしたw)。刷り数が少ないとか言ってはならねえ。

2006.08.05〜06 :日常もろもろ

その他 さいきん家に帰るとカミさんが山のような締切を抱えて Mac を占領したままうんうん唸ってることが多い。夜遅くに帰ってきたワタシは一人でもそもそと酒のんでメシ喰ってTV見て、あー今日は Mac 使わせてもらえそーにないなー、と諦めて寝る。そんな日がしばしば。

というパターンとは無関係に、土曜日は蓄積した一週間の疲労にやられて帰宅するなりバッタリ。
なのに日曜日は朝ッぱらから墓掃除に駆り出されて 4:30 に起きなきゃならなかったり。4:30 だなんてうっかり夜更かししたときの就寝時間だぞ。
墓掃除から帰ってきたら丁度ボウケンジャーとかカブトとかの時間だからもう寝てられないw。さらにムスメと一緒に地元の遊園地などに行くことになって、午後の直射日光降り注ぐ炎天下を歩き回り。
夕方には帰ったけどそれでもまだ明るいから先日刈った草をようやく焼いてみたら、いまだに乾いてないところが多くてことのほか手間取ったり。
以上がこの土日のわたくし。まったく Mac に向かってません(これも月曜に書いてる)。

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(20)◆ 
日曜日の夜にそれでもがんばって帝都アルケイディスを目指す。ツィッタ大草原→ソーヘン地下宮殿→アルケイディス旧市街。
地下迷宮では謎のボンクラーズもといマンドラーズと遭遇。マンドラゴラとかパンプキンヘッドとかの植物系が5匹セットで登場するのだけど、わらわら走り回って散発的に殴りかかってくるだけなので各個撃破で楽勝。ただ、フォーン海岸のハンターズショップで防具は揃えたけど武器を買ってなかったのでw、ぜんぜん攻撃力が足りなくて苦戦。

地下迷宮にボス戦が二度もあるとは思ってなかった。なんの準備もしてないところに『アーリマン』と遭遇。名前はアーリマンだけど以前の FF シリーズにいた『バグベアードに羽根とシッポが生えたような』姿ではない。前にも似たようなモブ『レイス』と戦ったけど、コイツも同じようにワープするわ分裂するわ。ステータス変化を伴う魔法や攻撃は鬱陶しいし、ミストナック連発→リザーブメンバーと入れ替え→さらにミストナック連発でどうにか殲滅。
力つきた。以上ここまで。

2006.08.04 :ぶつぶつ

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(19)◆ 夜に少しイヴァリース探検。
装備を調えて、フォーン海岸からツィッタ大草原。クァールやモルボルの変種がウロウロしてくるくらいでとくに見るべきものはなし。
フォーン海岸の端っこのほうにトレジャーが整然と並んでるところがある、けどナカミは錆のカタマリか200ギルか。つまらん。すげー激レアアイテムのためのフラグになってるとかウワサに聞いたけど、調べ直すのも億劫だからもういいです。

メモ:クルマのCM、夢と現実(朝日:イタリア発アモーレ!モトーレ!)

たいがい iPod 関連(あるいは便乗)の商品も出尽くしたみたいで、某所でこんなもんが話題になってました→OhMiBod iPod Vibrator。iPodに接続可能な大人のバイブレーター、70ドル。既に iPod である必然性がわかりませんが。ページのツクリが妙に Apple っぽくて良き哉(笑)。

2006.08.03 :造形の進歩

模型 スカンクワークスが航空機製作の新技術を開発、3次元プリンターで飛行機を「印刷」 (→テクノバーン
ガンダム系プラモの試作品画像などでさいきん頻繁にみる『ラピッドプロト』、これが『3次元プリンタ』による『印刷』であるというのは、初めて聞いたときにはインパクト強かったすね。パソコン用プリンタのおかげでインクジェットの技術が進歩して、プリンタヘッドからインク以外のものも出せるようになった。そこで ABS 樹脂を使って『印刷』すると、樹脂の乗ったところに厚みができ、それを積層していくことで立体になるわけで。精度としては少し低めではあるけど、わずか数時間で立体の試作品ができるそのスピードは何物にも代え難い。
ただ『ラピッドプロト』は文字通り『即席試作』品。素材にもよるんでしょうが、経時変化が激しくて数日でヘタる、と聞いたこともあります。

だからこんな記事を読むと、スカンクワークス何考えとるんや、ということになるわけで。いや剛性とか耐久性とかどうなん? 消耗品のミサイルくらいならまだしも、航空機にしちゃう発想がスゴイわ。や、無人機ってことは使い捨てにするつもりでもいいのでしょうか。耐用年数も1年くらいにして、既存の航空機よりじゅうぶんに安ければモノになりますか。

参考→3次元プリンターを利用したラピッドプロト(wikipedia:ラピッドプロトタイピング
参考→スカンクワークス(wikipedia:スカンクワークス

SF SEGWAY 四輪、Concept Centaur。見た目が四輪バギーなんでいまひとつ『これが SEGWAY な理由』が直感的に判らないのが難点かと。
参考→テクノバーンの記事
日本語で『コンセプト・センター』と表記されてますがセンターは center でなく Centaur。ケンタウロスですね。むしろセントールと読みたい。記事中には Sagittarius を英語読みしたらセンターになるとか書いてるけどそりゃなかろー。サジタリアスはどう読んでもサジタリアスで、セントールの語源ではあろうけれども、読みとしてセントールとするのは、GUNDAM という表記をジ・アニメージと読ませるくらい無謀だと思う。

【レポート】宇宙研一般公開 - まだまだ続く「はやぶさ」の話題、後継機に関する新情報も(→ MYCOM ジャーナル
書いてある内容そのものは非常に興味ぶかいけれど、書いてるライターさんの文体が中途半端にうれしげなオタク文なのが痛い。宇宙開発の最前線レポートで『通常の三倍』とかいうフレーズ(←非現実的な軌道運動の象徴だよ)に過剰に反応しないで欲しい。

2006.08.01 :Fly me to The Moon

SF JAXA:20年に日本人が月面着陸… 30年ごろ基地建設(毎日
月周回衛星セレーネ(SELENE)シンポジウムで発表された構想。
今後10年間で無人探査機を3機投入、その後2020年頃に有人月着陸、2030年には滞在型月面基地を設けるという構想。すばらしい。『第六大陸』実現かッ。

ただ問題は、まだこれが『構想』に過ぎなくて、どっちに転ぶか予断を許さないところ。ふじプロジェクト(→裳華房)を筆頭に、ここ数年の間にいろんな報道が『30年をメドに有人宇宙探査を目指す』だの『有人往還機=日本版スペースシャトル実現へ』だのいろんなことを言ってきてることを(そんしてその大半が埋もれて消えてしまったことを)、ああハラカラよ忘れまじ。
これからプロジェクトとして細部を煮詰めて国の承認を得、具体的な話は予算を獲得してから。実現したら素晴らしいけど、このままの形で実現までこぎ着けるかが不安。と野次馬の意見。

そこでワタシよりもっと鋭い野次馬の集団→ /.J のトピックにもリンクしておきます。

メモ:ファイルリネームツール、Shupapan 4.8Sunskysoft
フリーウェア(1.7MB)。連番変換、拡張子の追加/削除、文字列の検索/置換、半角全角変換、ローマ字変換、機種依存文字の削除などが可能。復元機能も便利。処理速度を改善。
検索置換のインターフェイスがこの手のソフトのキモだと思う(Perl かなんかでスクリプト書いた方が早そうな気も)。

2006.07.31 :新聞離れが加速しないかな

web 凸版印刷 6月のアクセス1000万に急伸 安売りチラシをネットでも(→フジサンケイビジネスアイ
新聞折り込みをネットで公開。郵便番号を入れたら最寄りの店舗がガッツリ出てきます。基本的に PDF 。店舗だけじゃなく DHC とか大人組などのBBチラシ(要 Flash Player)なんかも。チラシを載せるだけなら1店舗あたり月額5万円だそう。
それで、今年3月に100万だったアクセス数が6月には1000万になってるという話。
『さらに7月下旬から、利用者がクリックした電子チラシ内の位置、クリック履歴、閲覧時間などのデータから、興味をもった商品、曜日や時間帯別の動向といった効果測定が行える新サービスも追加した。』
なんかすごいことになっとります。

http://www.shufoo.net/

メモ:「日本沈没」の質問に真面目に答える東大地震研究所(→ /.J
こんな FAQ が映画と無関係(でもないけど)の第三者機関によって作成されてるのはいかがなものか。N2 爆雷なんか樋口監督に聞かなきゃわからんでしょうに真面目に答えてるし。

2006.07.30 :道具雑感

農 あまりに暑いので、そう日差しのキツくない朝のうちに野良仕事を少々。と思っていたのに、結局『まだ時間があるからもうちょっとやるべか』『どうせなら昼メシまで』などと、昼前になって一番日差しのきついときに、こないだとは別の畦を刈払い機でがりがりやったりして。なんのために早起きしたやらw

全備重量の刈払い機って5キロ超えてるんですが(←ウチのは古いから)、これを胸の真ん中にぶら下げてるとなんかバスターランチャーかスマートガンかという気になってしまいます。対戦車ライフルぶら下げてるのってこんなのかな、でもあれは照準器のぞくから撃つときはけっきょく地面に脚たてるんだよな、じゃあ照準システムを銃身に直づけしたら腰ダメで撃ってもいいのかな、ライフルと身体の重心部分を相互に繋いで固定すれば踏ん張りのきかない軌道上での運用でも安定するし、これこそ Ex-S のビームスマートガンの運用だな。などと、ぎゃるぎゃる刈りながら思ったことだよ。

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(18)◆ ボムキングを倒した先にあるのは、ナブラディア王国の首都だった『死都ナブディス』。
『嘘だろ? たった2年でこんなになるのかよ!?』
瘴気に満ちた廃墟の姿にうろたえたヴァンの台詞。いまは立ち入るべきでない、とフランに言われて後退。たぶんそのまま侵入しようとすればできるんじゃないかと思う、けど今の目的地はそっちじゃない。

たいして労することなくさぼりモーグリを集めて門を開き、フォーン海岸に到着。きらめく陽光、抜けるような青空、白い砂浜。そして編隊を組んで上空を飛ぶ軽哨戒艇。

『地道に歩いて来た甲斐があったろ
楽して空から帝国領に侵入したらあいつら防空隊がお出迎えってわけさ』

こないだからやたら訳知りな発言を繰り返す、妙にアルケイディア帝国に詳しいバルフレア。いろいろ因縁を語る長尺のムービー。
『破魔石に囚われたヤツを一人知ってる 破魔石に夢中になって他には何も見えなくなって…』
『お前はあんなふうになるな』

FinalFantasy フォーン海岸に着いたはいいけど、どうもこの先に進むのが不安だ。海岸のハンター・キャンプで装備品を揃えないとなるまい、いったん経験点&ギル稼ぎのために後退。

ラバナスタまで戻り、ガラムサイズ水路でモブランクA『オルトロス』討伐。だけどその隣のブロックにいるモブランクA『ホワイトムース』は、取り巻きの雑魚がうっとうしいので戦術的撤退。
ブルオミシェイスで依頼を聞いて、パラミナ大峡谷のモブランクC『チョッパー』討伐。しかし同じくパラミナ大峡谷にいるモブランクA『トリックスター』には、ええようにあしらわれてあえなく敗退。
サリカ樹林でモブランクB『ブライ』討伐。そのあと依頼人のいるモスフォーラ山地のキャンプに移動、そこにある仕掛けを動かしてたらどんどん道が開けてゆくので、調子に乗って奥へ奥へ向かっていったらエクスデス(召喚獣のごついぶん)に遭遇して瞬殺されたり。

2006.07.29 :ラヂヲのじかん

ゴミ 田尾和俊率いる麺通団の『うどラヂ』なる番組がFM香川にあって、これのポッドキャスト版が約1週遅れで公開されてるのを土曜日に聴くのが楽しみになってるんですが、これ想定リスナーは身内以外ないやろ(笑)。メインで語ってるのが田尾さんやいうのはともかく、相方で喋ってる『ごん』て誰や(笑)とか、基本的に登場人物の説明は一切ないままもう12回、これ映画『UDON』公開までの1クール企画と聞いた気がするけど、最後まで身内のうだうだ話で終始してますなあ。
あと、時折、聞き慣れた合いの手/爆笑/ツッコミが聞こえるんですけど→しの腹さん(笑)。

と書きながら Wikipedia みてたら田尾和俊はおろか『ゲリラうどん通ごっこ軍団』なんて単語まであるのを発見して吃驚。Wikipedia なんでもありじゃなあ(笑)。

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(17)◆ 
この先の行程の長さに気後れして、依頼を受けたまま放置気味になってるモブ退治を先に片づけとくことにする。
既にPCのレベルは35前後、こないだ『モブランクD』のケロゲロスを倒したときより装備品も格段に強化されてるし、ランクCくらい大丈夫、ひょっとしたらランクBでもイケルやも。

ナム・エンサでランクD『ワイバーンロード』討伐。
西ダルマスカ砂漠でランクC『リングドラゴン』討伐。
ヘネ魔石鉱でランクD『イシュタム』討伐、そのまま深部に入り込んで勢いでランクB『マインドフレア』も討伐。マインドフレアはさすがランクB、瀕死状態になると突然攻撃が強力になるうえ『ドレイン』連発するので通常攻撃だけではHPがなかなか削れない。最後はミストナック連携6発でイッキにたたみかけ。
ゴルモア大森林でランクC『ボーパルバニー』。しょっちゅう走り回ってすぐ射程外に逃げる、うっかり逃がすとHPリセットでまた最初からやりなおし。ヴァンにクロスボウ、フランに弓、バルフレアに銃、長射程の武器で固めて、あとはひたすらおっかけっこ。
雨期のギーザ草原でランクC『ギルガメ』。たどり着くまでのパズルにやや手こずる。倒したあとトレジャーポットにおたから。笑える。
ナルビナでモブ依頼の話を聞いて『モスフォーラ山地』に突撃、最深部にちかいところにいたランクCのモブ『アトモス』討伐。
そのままあまり深く考えずに先に進んだら、行かなくてもいいサリカ樹林の奥のほうに迷い込んで、ボムキングなるボスキャラと何の支度もないまま対決するハメに。とりまきの雑魚ボムをまず一掃し、なんとか半分くらいまでHP削ったら『復活』はするわ『仲間呼び』でボムが増えるわ、うわあ勝てないよそんなのー。とか言いながら、ミストナック連携10発が運良く決まって(←ワタシの反射神経ではかなり奇跡的な数字である)追加効果『土のカクタラズム』も発動、どうにか攻略。疲れた、今日はここまで。最寄りのワープクリスタルでセーブ。
さぼりモーグリ? モーグリは勤勉に働くんじゃないのか。
クランランクはブレイブアーミー。

2006.07.28 :鎧袖一触とはこのことか

模型 なんか HGUC の新製品 GP02 サイサリスが、別件で訪れたヤマダ電機で1,450円の値札をつけていたので思わず衝動買いしてしまいました。
こんなゲテモノMSはワタシの好みからはかなり外れているのですが。さいきんの模型誌、ことにモデグラなどの手放しの絶賛ぶりにすっかりほだされてしまっていて、『これなら買ってもいいかな』的な気分になってたのかも。そこへもってきて定価2,100円が約3割引、この機を逃すともう一生買わないぞとゴーストが囁き、ほぼ脊髄反射でレジに持っていきました。
さていつ造るヒマがあるのかと自問しながらハコの中身を確認。けっこうギッシリとパーツが詰まって密度感たっぷり。各所ギミックもよくできてて、ことに肩後部の核バズーカマウント基部など5軸の自由度を持つ驚嘆の構成。いやすげえ。
あと、眺めてて気づきましたが、ランナーの配置にすこし違和感あります。でかいシールドやバズーカのパーツが別のランナーになってるんですけど。GP02 にバリエーション展開なんかあり得ませんよねぇ?

メモ:全長100mの深海魚(デイリーポータルZ:ちしきの金曜日)
大山顕。例の住宅都市整理公団の総裁だな。あいかわらずムチャな視点だなあ。

メモ:どうかしてる仏様めぐり(デイリーポータルZ:再録)
『仏像のひみつ』を読んだ俺様ならきっと違った鑑賞ポイントが見えてくるにちがいないぞ、さあどんな仏像でもかかって来るがよい、と勇んで見に行ったものの、像になってる仏がほとんどおらんではないか orz

2006.07.27 :しゃべるゲーム

ゲーム ずいぶん前の戯れ文で感心して見せた 『Quartett! 』。
普段のワタシの嗜好からすれば見向きもしない『美少女ゲーム』と呼ばれるカテゴリに於いて、唯一これはと思ったゲーム。その PS2 版が 9月28日発売予定ですって(→Quartett!)。
去年の今頃にも PS2 版が出るらしいことはメモしてたんですけど(その頃はまだ 2005 年発売と書いてあった)、まあ本当に出るんだ。初回限定版にはスペシャルアンソロジー同梱だそうですが、そのアンソロジーの執筆陣を誰一人知らないのでそれはスルー。まあでも定価で買うには通常版の7,140円もいささか高いかと。
あれ、キャラクター紹介のところに声優の名前が書いてあるぞ。PC 版にはたしかそんなもんなくて、イマドキの主流から敢えて外してきたかと、そこんとこもワタシのツボだったんですけど、なんだ PS2 版は喋るんですか。それは減点1ですなあ。
参考:ファミ通の紹介ページ

ゲーム いまやってる FINAL FANTASY XII ですら、棒読みとまでは言わんけど、セリフの内容と声の芝居があってないところが見受けられる。たとえば政治的な話を語るアルシドとか、PCに対して大見得を切るジャッジ・ベルガとか。なんというか、難しい小説の朗読を聞かされてるようなのだ。ひとりの人間が頭で考えて(いわばアドリブで)喋ってるセリフじゃないぞ、と。若本規夫のアルシドの芝居ですら朗読っぽく聞こえるんだ。

そのくらい私は声の芝居に厳しい。おかげでさいきんのジブリアニメがつまんなくてもう…w

web 超簡単 Mac OS XのローカルでCGI (SSIもPHPも)とむねこのページ
Max OS X で Apache サーバを立てよう - Mac OS X の前知識(futomi's CGI Cafe
Perl はじめに(Wikibooks

フリー教科書 Wikibooks。フリー百科事典 Wikipedia はつとに有名ですが、Wiki で簡易マニュアルを作ろうという試みがあるのですか。しかし簡単に説明するだけなら wikipedia で事足りる、ディープに説明するには Wiki 1ページやそこらでは紙幅(←ちがう)が足りず語り尽くせない。ちょっと中途半端な印象。導入のとっかかりにはいいでしょう。
しかしまだライターの数も多くないみたいで、今回は Perl の実装環境を調べていてたまたま発見したのですが、これも書きかけのまま2005年9月の時点で止まってます。

web ということで、こないだ知らない間にリンク切れになってて驚いた『幻灯夢想宮 2nd(← Not Found)』が、いつのまにか wiki になって復活していたりもして、そうか wiki にはそういう使い方もあるんですな。プレイヤもGMも関係なく、できる人が随時コンテンツを編集しまくれるわけだ(←でも現時点ではまだリンク貼っていいかどうか判らないのでとりあえず放置の方向で。公式アナウンスもないのに勝手にリンクはできんです)

模型 バンダイの 1/35 新シリーズ U.C. HARDGRAPH /略称 UCHG の第一弾、『ワッパ』こと、ジオン公国軍 機動偵察セット。TVシリーズでも『時間よとまれ』に出てきただけ、劇場版にも登場しなかった歩兵用の機動兵器。

これがまさか草なぎ琢仁画伯のコンセプトデザインによるものだったとは。
今月のHJに見開きのインタビュー記事が写真つきで載ってて目を剥きましたよ。
あわてて検索してみたら川口名人のブログにこんな記述を発見。なんとまあそーなんですか。大昔の模型情報にミリタリ系のネタで連載してた頃を知ってるから、なんだかものすごく納得できる人選だと思ってしまうのでした。
→ U.C. HARDGRAPH 公式

2006.07.26 :パンク

web 『サーバの空きがありません』。
今朝7時すぎにサイト更新、 FTP ソフト経由でサーバに接続してファイルを投げたら↑こんなこと言われた。なんてこった。

So-net のサイトサービス無料分10MB を使い切ったのか。ウチのサイトどうせ文字ばかりだから容量など気にせずとも大丈夫さ、と高をくくっていたが、さいきんは確かに画像の比率が上がっている。というかちまたのブログに影響されて、なんかアイキャッチになる画像を入れておかねばならないような強迫観念に囚われかけていたようだ。画像を入れてる『image』フォルダのナカミが気付かぬうちに 7MB に達しているではないか(ファイル数は300弱)。それとは別に本の紹介に使っている書影もあって、こっちも218項目/3MB。画像だけで既に 10MB ぶん溢れかえっておるわい。のはー。

So-net のサイトサービスは10MB まで無料、それ以上は 5MB 増設毎に105円。しかしこの調子でいくと早晩10MB20MBに達するのは目に見えており、仮に最大 50MB まで増設してしまうと 840円/月、年間で10,800円もふんだくられることになる。冗談じゃない .Mac と同じぐらいかかるじゃないか。だったら .Mac の空き領域を使うよ

ということで古いコンテンツのいくつかを .Mac に移行。リンクを貼り直しました。

なんでも ホンダ、小型ジェット機事業に参入(→ 日経/.J
参考リンク:ホンダテクノロジー・ダイジェストHondaJet(英文)

ホンダは25日、米国で小型ジェット機事業に参入すると発表。2006年秋にも受注開始、3〜4年で量産のための認定を取得、2010年までに実機引き渡しを目指すという。

飛行試験を開始したときの過去戯れ文2003.12.17
ジェットエンジン「HF118」を GE と共同事業化したときの過去戯れ文2004.02.17

リンク先に画像やムービーがあるのであれこれ眺めてたけど、これ意外なぐらい小さいですね。キャビンの広さはせいぜいミニバンクラスというところ。全長×全幅×全高は 12.7 × 12.2 × 4.1m、自衛隊の T-4 練習機(全長12m)くらいしかない。主翼の形やアスペクト比なんかのせいでもっと大きいと思いこんでたみたい。

2006.07.25 :小ネタぽろぽろ

Book BBS にみつきくんから情報が。
YASUOMI UMEZU KEY ANIMATION DRAWING 2
梅津泰臣公認同人誌、第二弾。
『MEZZO第13話、MEZZO FORTE vol.1の他、この春話題のあの作品の絵コンテや原画をはじめ、TVシリーズのレイアウト修正など多数収録。』 だそうです。Illustrator で164ページ作ったってw 入稿データ何百メガになるやらw
コミケでみかけたらよろしく。8月13日 東地区/Z-01a だそうです。

林檎 ワイヤレスになった Maighty Mouse。(→ アップル - Mighty Mouseプレスリリース
『すべてを備えているマウスをさらに良くするには、しっぽをなくせばいい』。
とは仰いますがシッポのないマウスは既にマウスではなくむしろタマゴです。余計な線のいっさい入ってないシンプルきわまるタマゴ。8,600円。ちなみに既存のシッポつきタマゴは5,670円。

SF 水面のS 水面に絵・文字くっきり ホテルなどに売り込み 三井造船と大阪大(→フジサンケイビジネスアイ
これすげー。写真で見てもなんかよくわかんない。リクツを聞くと、いちおう納得は出来るけど、でも不思議な現象には違いない。

「水面に波で絵や文字を描く」技術。
直径 1.6m、水深 0.3m の水槽をぐるりと50個の造波装置で囲み、波の干渉を利用して水面にピンポイントで盛り上がったところ(円筒波)をつくる、というもの。一見しただけでは水槽の壁にしか見えないこれがぜんぶ造波装置か(驚嘆)。制御は「ベッセル関数」と呼ぶ計算式による。点を繋ぐことで線になり『全てのアルファベットと、簡単な漢字くらいまでは描ける』という。
以前から開発していた『波で文字を映す』技術が、ソフトウェアの進化により表現力が格段に向上し、『水面に浮かび上がるのは一瞬だが、3秒おきに違った絵を連続的に浮かび上がらせることができる』ようになったのだそうな。ディスプレイ装置としては非力だと思うけど、アミューズメント系に用途を絞ればじゅうぶん面白いものができるだろうね。

なんでも 新日石とトヨタ、09年度から植物由来の燃料を試験生産(日経
ヤシ由来のパーム油からディーゼル燃料を試験生産。軽油並の性能確保にメド、という。
この試みの問題は生産力でしょう。どう考えても大量生産向きとは思えない。補助的に、省エネと CO2 排出抑制にちょっとでも役に立てばいいかな、的な考え方のものでないかな。たとえばディーゼル燃料をすべてリプレースするために必要なヤシ畑の面積とか考えたら、まだ宇宙に太陽電池衛星つくるほうが現実的なんではなかろうか(とは喩えが極端ですな)。しかし太陽電池衛星じゃ新日石もトヨタも儲からんからなw

なんでも ヒマラヤのケシ、「究極の青」解明へ 日本と現地の学者(朝日
ブータン西部のチョモラーリ山、標高4200メートル地点で採取した青いケシ。植物学の世界で曰く『究極の青』。アントシアニンと特定の金属が結びついて青くなる、そこまでは解っているが、生息環境などでかなり個体差が出るそうで、その関連性を解明するのが目的。
調査結果の一部は来年3月から国立科学博物館で開催予定の「花展(仮称)」(同博物館、朝日新聞社主催)で展示。

植物色素の青としては鮮やかすぎる青。リンク先に写真あります。念のため保存。
構造色の青だともっと鮮やかですよ(そういう話じゃない)

movie 映画「時をかける少女」イメージガール選定 アニメでも「共感」して(フジサンケイビジネスアイ
『人気SF小説「時をかける少女」を題材としたアニメ映画の公開を記念し、22日、大阪市北区のテアトル梅田でイメージガールグランプリ決定戦が開催され、京都市の高校3年生、高原愛さん(17)が選ばれた。』
テアトル梅田じゃないかw そんな面白げなことがあったとですか。

2006.07.23 :たとえがたい快楽

農 先週の続き。ビオトープというか見事な湿原になりかけている苗代(いちおう休耕田あつかい)の草を、刈払い機でぎゃるぎゃると刈る。実をつけてたり穂を出してたりするヤツを、種が熟して落ちる前に刈り払うのだ。
なんか、スゴイ勢いで回転する刃が、蔓延る草という草を、当たるを幸い、たたっ斬ってはなぎ払い。草原を蹂躙するこの快感。雑草といえど生物の一個体、冷静に見ればこれは大殺戮に近いのに、えも言われぬ、途轍もないカタルシスをおぼえましたよ。もうたとえるコトバが見つかりません。
なに、どうせあと一週間もすればまたしぶといヤツがまた生えてくるのだ。いまのうちに我が世の夏を謳歌しておくがよい。秋口、お前たちが実をつける前にもういっぺん刈ってやるからな。ふははは。

気分はすっかり悪の帝国。

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(16)◆ ミリアム遺跡。『破魔石を砕く』といわれる『覇王の剣』入手。
遺跡の中は比較的まっとうなパズル型ダンジョン。何だか中途半端なところにボス敵がいたりしたけど、こっちのレベルが高くなってるからか、あまり苦労せずに撃破。さらに最深部のボスも比較的簡単に攻略、召還獣《マティウス》入手。

ヴァン『こいつで本当に破魔石が壊せるのか、「暁の断片」で試してみたら?』
バルフレア『ヴァンにしちゃいい案だ。「暁の断片」は役立たずなんだろ?』

FinalFantasy 遺跡から出たところで、神都ブルオミシェイスに帝国が侵攻したという話を聞く。ワープクリスタルで一足飛びに神都へ。
アナスタシス猊下死亡。ジャッジ・ベルガ&とりまきのジャッジ4人と対決。
ジャッジ・ベルガは《ドンムブガ》とか使って移動を封じてくるけど、相手も攻撃してくるときにこっちの射程に入るから、そこを殴り返せばいいだけですねw あと攻撃魔法、金属鎧だからか《サンダラ》がよく効く。わりと楽勝。

国内のタカ派を抑えるためにロザリアに亡命してくれ、というアルシド・マルガラスの誘いを、アーシェは断る。安全なところで保護されるより、私にはやるべきことがある。覇王の剣で『黄昏の断片』を壊しに行くという。場所は帝都アルケイディス・ドラクロア研究所。そこなら案内する、というバルフレアによると、帝国の防衛線をかいくぐって飛空挺で入るのはほぼ不可能、海からもたぶん上陸できないだろう、ナルビナから『サリカ樹林』を抜けて陸路を通るのが唯一のルート、だという。
また長旅になりそうですなあ。

いったんラバナスタに帰ってショップを覗くと商品ラインナップが更新されてる。予算の範囲内で装備品強化、10万ちかくあったギルを使い切る。クランショップで『テレポストーン』が売られはじめたのが有難い。

2006.07.22 :国内SF超有名作品映画化

movie あ、奇妙愛博士が『時をかける少女』を絶賛してる。
原作リスペクトはどこへ行ったと(へんな意味で)話題になってる日本沈没に落胆した今年の夏の、もう楽しみはこれしか残ってない。日本以外全部沈没? あれは違う意味で楽しみな映画だから別腹でw
原作通りなのはタイトルだけの完全オリジナルと思った方がよいみたいだけど、映画好きの方々の前評判は予想以上。カネの力で大手メディアが大作ばかり持ち上げてる中で、ビジネスのしがらみに関係しないメディアがこぞって取り上げてるのが、本当の面白さを語ってるような。
ということで、やはりなんと言っても最大の問題は上映館のすくなさですだ。さてもよりの上映館は …テアトル梅田。ロフトの地下ですか。109シネマズHAT神戸でもやってるけど交通の便(乗り継ぎが面倒くさいうえそもそもここは行ったことがない)を考えたら梅田まで出た方がいいかなあ。でもテアトル梅田ってちっちゃいよ? ううーんん悩みどころじゃ(←とか言って結局行かないと思う)

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(15)◆ パラミナ大峡谷→ミリアム遺跡。
今日はミリアム遺跡にたどり着いたところまで、べつに特筆すべきモノはなし。
吹雪のパラミナ大峡谷でスピリットがウロウロしてるのを知ってたのにうっかり【ガンビット:プロテス】を使ってしまったヤツがいてあわや全滅の危機に追い込まれたりもしましたが。表に出てる三人がぱたぱた倒れ、リザーブメンバーに切り替えても逃げ切る前に二人倒れw 
前にもゴルモア大森林から間違えて『幻妖の森』に迷い込んでキラートマトにフクロにされたり、こないだはオズモーネ平原から『ゼルテニアン洞窟』の奥まで踏み込んでしまって逃げようとした退路をナイトメアの眷属(ワープして先回りするんである)に断たれかけたこともあるけど。今回も危なかった。レベル差が10あると、勝てないどころか瞬殺されてしまうのは昔からの FF の伝統ですなあ。

2006.07.21 :V2への歴史がまた1ページ

模型 既にネットに流れている情報によると、今月の模型誌に9月発売のMG新作として F97 こと Xボーン X1 が発表されたそうで。しかも Ver.Ka 。いきなり真打ちですやん。3,675円。
長谷川裕一は嫌いじゃないけど、良くも悪くも『長谷川マンガに最適化された線』で描かれるXボーンに隔靴掻痒、もどかしい想いを抑えつけてカトキデザインのディティールを補完しながら読んだ遠い日よ。いつか来ると予想はしていましたが、やっとインジェクションキットで立体化ですか。
ということでバンダイの次の一手は間違いなく F91 ハリソン機ですな(X2、X3 は当然として)。色替えで済むお手軽バリエーションだし、Xボーンの地味なバイプレイヤーとして、出さないはずがありませぬ。

2006.07.19 :うだうだ新刊チェック

2006.07.18 :休み明け火曜日

月曜休みの週は火曜日からいきなり全開になるので大変。こんなのが今年まだ何度かあるのかー(2回です)。

農 Slashdotに聞け!: 代替燃料には何が有利なの?(→ /.J
関連記事
「バイオエタノール、利点少ない」米大学が分析(読売
マーガリンに値上げ圧力 菜種油、自動車と取り合い(朝日

スラドの本文でも書かれているとおり、代替燃料はあくまで急場しのぎでしかありません。しかも食物として栽培しているものを燃料に転用するなんざ本末転倒もいいところです。そのうち大豆由来のディーゼル油で発電してメロンの温室栽培とか、異様なことになるんぢゃないかとワタシなんぞは思いますな。
これがあながち冗談でないところがアメリカ人の(もしくは資本主義社会の)けったいなとこ、なにせそのままヒトの食糧になるトウモロコシをわざわざ家畜用飼料にして、『牛肉』という超高コストの食糧として流通させているんだから。キロ当たりの肉の生産コストは小さな動物ほど小さくなります。ウシなど食糧生産の効率だけで論じるなら、何トンものエサで数百キロの肉にしかならない超粗悪品です。
ちなみに一番効率がいいのはミミズだそうでw 前に聞いた話では4キロのエサで1キロの肉がとれるとかw(証拠になるモノを提示できないので話半分以下にしといてください)

2006.07.17 :雨読の日

ゆうべから雨のかすかに降ったりやんだり、刈払い機は出動できず。

FinalFantasy イヴァリース物見遊山(14)◆ 
『ヘネ魔石鉱』でティアマット退治、ミュリン救出→『エルトの里』で入手→『ゴルモア大森林』深部→神都『ブルオミシェイス』。

地道にレベル上げ。ゴルモア大森林でパンサー退治したりヘネ魔石鉱でゼリー退治したり、とりあえず先立つものがないので徹底的にトレジャーを集め、クァールの毛皮99枚、黄色い液体99個、その他諸々まとめて売り払ったら10万ギル超えたので武器防具を全員分ひと揃い確保。その後オズモーネ平原のモブ『エンケドラス』討伐、やはり防具がしっかりしてると敵の攻撃が痛くない。
ところで土星の衛星ってエンケラドス(エンケラドゥス→ Wikipedia)だよね。こっちの『エンケドラス』ってのはワザと? それとも勘違いがそのまま正式名になった?

エルトの里で「レンテの涙」入手。

フラン『私の代わりに声を聞いて。森は私を憎んでる?』
ヨーテ『森は去っていったお前を懐かしんでいるだけだ』

ゴルモア大森林の深部でエルダードラゴンも退治。なんかボス級の敵の HP がアホみたいに大きくて時間がかかる。相手もこちらも一回当てたダメージは数百の単位なのに、ボス敵のHPばかり数万のオーダーになってる。まともにやったら100回斬らんと倒れてくれない勘定。面倒なのでバッシュに風属性の『グラディウス』装備(ライセンスはその場で習得)、ヴァンとフランに魔法《エアロ》とガンビットを設定しなおして凌ぐ。

FinalFantasy 神都ブルオミシェイス到着。長いムービー。
新キャラ登場、アルシド・マルガラス。若本規夫だw。すげー粘っこい芝居するからすぐわかる。サスガ強力わかもとw。声も深いがムービーの芝居も濃ゆい、いきなりグラサン外すところの芝居なんかまるで洋画のような、バルフレアに輪をかけた大袈裟でキザな立ち居振る舞い。これ一昔前だったら野沢那智だ、こっちも無言で付き従う女性副官みたいの連れてるし、バルフレアよりコブラっぽいぞ。
ロザリア帝国を治めているマルガラス家の者だという。ロザリアはアルケイディア帝国の敵のハズだがアルシド自身は友好的。ラーサー様ともお友達?ぽい。アーシェの身の振り方とかを含め、戦争回避のための方策を画策している模様。

アルシド『よお、次期皇帝陛下。呼び出されてやったぞ』
ラーサー『これでもロザリア帝国を治めるマルガラス家の者なんです』
アルシド『山ほどいるうちの一人ですがね』

あのー、ほんと、PCらがムチャクチャ苦労してゴルモア大森林抜けてきてるのに、アンタたちいったいどこ通ってブルオミシェイスに来てるの?

2006.07.16 :刈り払い機

農 物置の隅に置きっぱなしになってるエンジン付の草刈機(正確には刈り払い機)を、さていつから置いてあるんだか、そもそも誰が置いてったんだかw、父が使ってた記憶はないから叔父か誰かが置きっぱなしにしてたんだと思うけど、それでも誰も使わないままもう十年くらいホコリをかぶってたヤツを引っぱり出してきて、先日からの懸案であるビオトープ防止計画のために動かしてみようとしたのであります。
プラグ外してガソリンもオイルも抜いた状態で置いてあったから保管状態は悪くない、1:25の混合油いれて、チョーク戻してアクセル開けて、スターターのヒモ引っぱってみる、けどまあフツーは動きませんわなw。

まあ古い重いキカイだし、刃もかなりすり減ってるし、新品に買い換えるのも手かなあ、と園芸/農業系の充実したホームセンターで物色してみたけど、さあイマドキのキカイはどれがいいのか判らない。下は9,800円くらいから上は40,000円くらいまで、いったい何が違うんだか。むろん9,800円のはツクリが安っぽいなあ、くらいは判るんですけど、ワタシの用途にコレで足りるのかどうか判断できません。そもそもホームセンターでは店員がモノを知らないから、どれがいいかと訊いてみても一向に要領を得ません。こらあきまへん。買う方に知識があればホームセンターで買うのもアリでしょうけど、こと草刈機に関してはワタシはシロート。ちゃんとプロに訊いてみにゃ。

ということで母の知人の伝手を辿って草刈機などの小型農機を扱ってる農機屋へ。いきなり新品を買うほど経済的に余裕のあるでなし、いまの機械を直せるものなら直して貰おうと、クルマに積んで持っていったら、アンタいまどきこんなの使ってるの、30年前のエンジンだよ、とか言われて驚愕w そんな古いものでしたかw
それでもエアクリーナーからキャブあたりをバラして洗浄してもらったら調子よく回るようになりました(4,000円ほど)。お店のおっちゃんに、いきなりこれ使う気かな、扱いが難しいよ、重いよ、とかさんざん脅かされつつw、もう5時だけどまだ陽は高い、帰ってちょっとやってみるか、と思ったら、

家に帰り着くと同時に滝のような夕立に降られました。

あとふて寝w

ゲーム  Super Mario Bros. NES in 07:02 Without the B button(→YouTube
B ボタンダッシュなしでの最速クリア映像。基本的に十字ボタンの右押しっぱなし。7分あまり呆然と見惚れておりました。パタパタを正面から蹴り落とすワザ、飛んでくるハンマーをかいくぐって正面からハンマーブロスを踏みに行くワザ、落ちかけた穴の壁を蹴って登り直すワザなど、スーパープレイの連続です。

2006.07.15 :お礼メール

Book 6月26日付で紹介した『仏像のひみつ』という本の作者さんからお礼のメールをいただきました(←実は spam フィルタにひっかかって埋もれていた中から2日遅れで引っ張り出した)。
いやぁマサカご本人からメールなどとは思いもよらず。なんだかうろたえた内容のお返事を書いてしまった気がするのが昨夜の話。

ワタシ自身はじつのところ仏像に深い知識もなくあまり鑑賞する趣味もない、たんなる日本史のなかの蘊蓄、知ってると面白い雑学のうちのひとつ、程度にしか認識しておりません(失礼ながら)。
実際にお寺巡りをされる方々には遠く及びません。ただ、朝日新聞の南伸坊氏の書評がとても興味深い書き方であったこと、出版に至る経緯などが、ネットと出版の双方を見ている者にとって気になったから紹介した、というのが理由です。
わかりにくいですね。

ひとつだけ確かなことは、ワタシら在野の凡人にとっては、どんな分野であれ膨大な資料に埋もれてらっしゃる『研究者』の方は、本来は非常に縁遠い方たちなのですね。
それが、こういう書籍が出版されることで、そのジャンルで研究している方の、膨大な研究(のごく表面的な部分だけですけれども)を、つまみ食いして面白がることができるのです。
この『つまみ食いで面白がる』ための本を書いてくださる研究者さんは、その『面白い話』を抽出するために、膨大な資料を濾過しているはず。そこで濃縮されたエッセンスの質と、濃縮を成し遂げた労力は、最大限の賛辞を以て賞されるべきでしょう。
だからワタシは、こういうノンフィクション系/科学系/学術系エンタテインメントの本は、たいがい無条件で褒めてしまうのです。

2006.07.14 :小ネタぶつぶつ

農 稲作全自動化システム:ボタン一つで耕作から田植え、収穫まで−−中央農業総合研究センター(→毎日
『「米作りも全自動−−GPS活用、10年後完成」
日本人の主食は米。自給率は95%前後と高いが、稲作を支える農業人口は減り、高齢化が進む。そんな中、究極の省力化を狙い中央農業総合研究センター(茨城県つくば市)が、稲作を全自動化するシステムの研究を始めた。水田の耕作から田植え、収穫までの一連の作業を無人で行う。GPS(全地球測位システム)を組み込んだ無人田植え機を開発済みで、低コストでスピーディーなシステムを目指す。』

詳細はリンク先参照。
農薬まくのにラジコンヘリ飛ばすのと同レベルで『無人化に成功』してる、というふうに、記事読む限りは思えます。200万の田植機に GPS センサつけて600万、田んぼの中でもヒトがセッティングする要素が多く、汎用性に乏しい、まだまだ実験室レベルのもの。その段階を『ボタン一つで』と見出しつけるのはあきらかに誇張表現。ムチャいわんで下さい毎日さん。

メモ:四国を正しく書ける人はどれくらいいるのか(デイリーポータルZ 7/13)
後半どんどん凄惨をきわめてゆく四国の地図。しゃあないわね。大阪在住の人でも高知と高松と徳島がごっちゃになっとったりするけんね。

いっぽう世界レベルで日本の地図を調べたネタもあり(手抜き日本地図を鑑賞する→デイリーポータルZ 7/14)。

メモ:グランシャトーの URL って www.kyo-bashi.com なんやて(笑)。京橋てw

2006.07.13 :星雲賞

地上波でリベリオンやってたのでつい最後まで見てしまう(何度も見とるやろ ←何度見てもええもんはええんや ← DVD もっとるやろ)。

SF 今年の星雲賞。ずんこん(第45回日本SF大会)は7日9日だったから少し遅れのメモ。

〈日本長編部門〉新城カズマ『サマー/タイム/トラベラー』
〈日本短編部門〉小川一水「漂った男」(『老ヴォールの惑星』所収)
〈海外長編部門〉グレッグ・イーガン『ディアスポラ』
〈海外短編部門〉ケン・マクラウド「人類戦線」(SFマガジン2005年8月号)
〈コミック部門〉夢枕獏/岡野玲子『陰陽師』
〈メディア部門〉『特捜戦隊デカレンジャー』
〈アート部門〉村田蓮爾
〈ノンフィクション部門〉吾妻ひでお『失踪日記』
〈自由部門〉MUSES-C「はやぶさ」サンプルリターンミッションにおけるイトカワ着陸

おおむね前評判通り。というか他の選択肢がないくらい、昨年の話題をさらいまくったものばかり。
小川一水は去年の長編部門を『第六大陸』で獲り、今年は『漂った男』が短編部門受賞。昨年の短編部門にエントリされながら惜しくも受賞を逃した『老ヴォールの惑星』といい、今年の短編部門にもうひとつエントリされてる『フリーランチの時代』といい。打率の異様な高さに感嘆。小川一水に外れなし。
『失踪』は、ちょっと祭りの熱狂に浮かされてるんじゃないかと思わないでもないけど、作品の『質』だけじゃなく『現象』も含めての〈ノンフィクション部門〉エントリだと思えば、受賞は当然のことかもしれませんね。
ローレライや攻殻機動隊あたりを抑えてデカレンジャーがほんまにメディア部門とってしまうんもすごい話w。でも戦隊ものとしては前代未聞・空前絶後・驚天動地・首位独走の面白さだったことは疑いありません。いまやってるボウケンジャーも、職業的プロフェッショナルを描いてる点でデカレンジャーに近くはあるけど、5人のキャラがいまいち立ってない。意外とみんな無表情で、感情を表に出すような芝居をしてないし。だから6人目の『高丘映士』みたいな、感情表現豊かで、しかもあるジャンルのエキスパート、みたいなキャラが出ると主役を喰ってしまうw いや高丘、おまえは他の連中と同列の6人目なんかに埋もれずに、孤高のヒーローであっておくれよ(話題がずれてるぞ)。

2006.07.12 :オペランドの数が正しくないとか言われても

林檎 脱力するときー。メールで送られてきた .ai データがブッ壊れてるときーッ。

(1)新規ファイルを作成 
(2)《ファイル》→《配置》で、壊れたファイルを選択。要『全てのファイルを表示』オプション。

これでちゃんと再編集可能な状態に復旧します(運がよければ)。運が悪ければ途中までしか復旧しません。
あと、Illustrator のバージョンは高いほうが復旧の可能性も高いみたい(8 ではムリだが 10 なら OK とか)。
参考→ Adobe サポートデータベース『ファイルを開く際に「不正なオペレータ」/「不当なオペランド」が表示される場合のトラブルシューティング

そもそも ai 形式や eps 形式のナカミはただのプレーンテキストなんでメールに生データ添付されると非常に高い確率でブッ壊れる、添付するときには .sit なり.lzh なり .zip なり圧縮ファイルにするのが業界的なマナーだろうに、それを知らないシロートさんがゴミのような何十 MB ものデータを送ってよこすのもどうかと思うが、それにしても 2cm×3cm ていどに過ぎない配置画像が、圧縮して13MB 展開して 48MB の EPS データであることに疑問を持たないかね、実に不思議、長いことこの仕事やってきたけどここまでオロカなのは初めて見た。使ってるソフトは CS らしい(ウチの営業が先方にバージョンを訊いたら11と答えやがったそうな)。が、復旧したデータは CS の機能をなんにも使っていない、文字と写真を並べただけのシンプルなデータ。それでどうしてトータル130MB になるんかなあ。こんなん Illustrator 5 で充分、むしろ word で作ってきて『これを見本に作ってください』いうてくれた方がよっぽどマシです。


椎葉戯文堂バナー