バックナンバー110


過去の日記

2007.03.20〔tue.〕 :工場

すばらしき『工場デート』のすすめ。→デイリーポータルZ(07.03.16)

やはり工場の美しさは他に比肩するものなし。ここにあるのは機能美。いっさい無駄なものはない。すべてに意味があり、無駄なものは存在をゆるされない。すくなくとも建造時には、その構造物の全てに意味をもたされていたものどもの集合体。機能性を追求して建造されているにもかかわらず、総体としては『なんのためにあるのかわからない』非日常の存在になっている、このカオティックな疎外感。工場というのは現実と非現実のハザマに位置するファンタジー世界なのです。
…などと記事を読みながら脳内をへんなものが巡り、ああ工場デート、美しいじゃないか楽しいじゃないかアリじゃないか、と思ってしまい。いま我に返った。このテキスト書いたのがあの住宅都市整理公団の大山顕総裁であることを押さえておかないとただの変な世界になってしまいそう。

参考ブログ→工場萌えな日々

参考書籍
bk1:書影 『工場萌え』
石井哲・大山顕/東京書籍1,995円(19*23cm / 111p)
bk1 / Amazon
内容説明:ブログ『工場萌えな日々』の管理人が贈る、工場好きによる工場好きのための、「工業地帯の歩き方」。工場・コンビナートにぐっとくる全ての人へ、工場写真とおすすめの工場鑑賞スポットを多数収録。

メモ:制限無く無料で商用利用可能な画像を検索するネットサービス「PicFindr」(→ GIGAZINE

2007.03.19〔mon.〕 :ギアス #21

CODE GEASS 学園祭宣言!
戦いは個人の技量で決まります。主に一対一での戦いに於いては、個人戦技に長けた者が勝ち。
戦いは集団の戦術で決まります。同レベルの集団同士の戦いに於いては、有利な陣形、適材適所の戦術に長けたほうが勝ち。
戦いは指揮官の戦略で決まります。数も戦力も拮抗する勢力同士の戦いに於いては、移動と補給と役割分担をきちんと運用できたほうが勝ち。
戦いは数だよ兄貴(ドズル)。それもまた真。個々の力量に劣っていても数で圧倒すれば勝ち。

ユフィの一言はあらゆる戦略を覆します。

それにしても今回もまた細かいネタ/くすぐりが山のよう。にゃあ〜。
失意のC.C. 本国待機のグラストンナイツ。
足元によく知ってる感触が。
アッシュフォード家の『ガニメデ』。
第三世代ナイトメア。閃光のマリアンヌ様も使っていた機体だね。
残念でした。概念は知ってるんだ。
出ませんか、エリア11を。
イレブンになってもいいです。
君にはまだ隠密として租界内にいてもらいたい。

ピザ…。←ここ、動画56枚/約2秒、驚愕の1コマ撮り(かぞえた)。今回もっともチカラはいってるカット。CG+手描き?かな。

とりあえず
『誰が誰の正体を知ってて、誰が誰と面識があって、誰が誰のことを知らなくて、誰が何を隠しているのか』
がしっちゃかめっちゃか。その事情は過去20話で細かく敷かれた伏線であったりするので、全話きちんと見てないとまったくついていけない。そしてここまで複雑怪奇な設定を、わざわざ混乱を助長するような舞台に放り上げて、それぞれのPCにぐちゃぐちゃの決断を迫りまくる。ベテランGMとベテランプレイヤーでも混乱必至、超高難易度シナリオのRPGセッション、しかもキャンペーン終盤、みたいな話。すごいな、大河内一楼。

久々に生徒会副会長ルルーシュだったけど、ミレイさんに対する声と、ナナリーに対する声と、それ以外のゼロの声とをキレイに使い分けてるのを再確認。しかしそれだけならまだしも、それがカズキ@武装錬金とも四月一日@ xxxHolic とも違って聞こえる。やっぱり福山潤おそるべし。

movie ポニョ?
 童話のようなタイトル。金魚姫のポニョと宗介の物語、だそうな。もうこんな話しかせんのかしら。ああ雑想ノートよ今いちど(空気を読まない発言)。
『崖の上のポニョ』原作・脚本・監督:宮崎駿 2008年夏公開(ジブリ

2007.03.17〔sat.〕 :検索ワード

web ひともすなる検索ワード頼みといふものを、椎葉もしてみむと(略。
うちに検索で迷い込んでこられた方々は何を求めていたのでしょう。

BEAST of EAST 3 特装版
気になるよね気になるよね。まだ Amazon にも bk1 にも正確な情報載ってないからね(2月24日/903円とか書かれたまま更新されてない)。
まえ調べたときには通常版と同じ903円と表示していたセブンアンドワイは正しく2,100円になってました。3月24日、ということは来週の土曜。また朝イチに自転車で近所の書店にトツゲキです。ただ現物を見て、特製インテリアフレームなるものを見て我に返ったら買わないかもしれません(笑)。

MOONLIGHT MILE 科学考証
まあアレの科学考証が気になるなら大丈夫でしょう。あの世界は現代の宇宙開発の延長線上じゃないですから鵜呑みにしちゃいけません。考証にかぎったとてSF的には既に周回遅れです。ゆうに2周くらい。

シュナイゼル
よくそれだけのワードでウチに辿り着きましたね(笑)。

枢木 スザク 誕生日
Yahoo! 検索したら10位に入ってました。ただ、書いたのはルルーシュの誕生日ネタなんですけど。

モモタロス ウラタロス 腐女子 妄想
何を探してるか、ものすごいわかりやすさです。ウラちゃんが攻め(いやいや)。
ところで攻めの反意語、つい『守り』じゃないほうを連想するようになったら終わりだと思いませんか、といったことを、どこかで誰かが書いてました(笑)。椎葉、かなりヤバイです。

コードギアス 学園祭宣言 ガニメデ
これは何かな。いま時点(17日夕方)で google に 35件しかリザルトがなくて、ウチは6番目。まだ未放映の地方もある『#21 学園祭宣言!』に関するネタ。

ルルーシュが皇族に見つかる
そんな文章で検索してウチに来られるの? と思ったら、Yahoo!検索で5位に入ってしまいました。ただし『南極の氷棚の下から未知の生物が多数見つかる』みたいなワードとの合わせ技なので(笑)、きっと望み通りの結果ではなかったことでしょう。

なんでも ボルネオで新種のヒョウが発見、世界自然保護基金が発表(→テクノバーン
いきなり記事に関係ない話をしますけど、日本語で『ヒョウ』って言ったとき、どこからどこまでを含むのでしょう? 虎やライオンでない大型の食肉目ネコ科動物って、日本語だとおおむね『ヒョウ』になっちゃうような。
レオパルドもヒョウだし、パンターもヒョウだし、ジャガーもヒョウだし。
チーターやピューマは日本語にてきとうな訳語がなさそうだけど、印象としてはやっぱりヒョウ。

林檎 言うまでもないけど、レオパルド= 10.5 、パンター= 10.3、ジャガー= 10.2、チーター= 10.1、ピューマ= 10.0です。その前のパブリックベータは Siam で、これシャム猫のこと。現行 10.4 はティーガー。

2007.03.14〔wed.〕 :細部を詰める

QuickTime 水曜日はあいかわらずの午前さまでロケガは留守録でないと見られません。つか午前零時からの番組を『留守録』しなきゃならない事態ってなによ(笑)。
今回はずいぶん簡単に噛み砕いた話でしたね。推力が圧力容器が触媒が、と、それなりに飛び交うジャーゴンはあるものの、本筋=ゆかりにはほとんど関係なくて、雰囲気作りのための背景雑音みたい。20分の物語にしては情報量が少ないように思いまする。

CODE GEASS たまったフラストレーションを持てあまし、ロケガの後さらに『#20 キュウシュウ戦役』をもういちど見返したりして(←寝ろ)。
見ていてふと気がついた。ランスロットを阻む航空機の、翼端灯がきちんと右=青/左=赤になってる。
武装錬金で飛んでた輸送機は機首と後端と両翼端の四ヶ所で赤い光を同時に灯していたりして。あんたたちヒコーキ知らないわね、と思ってしまったことがあって。ほかにも細かい部分で違和感を感じることが多く、武装錬金のスタッフはミリタリ関係の知識があまりないんじゃないかい(推定)。
でも、このへんの差が制作側のクオリティ、あるいは演出の力量。航空機の翼端灯などの細部を、省略しようと思えばできるけど、そこを敢えて、どれだけ正しく描写できるか。
神は細部に宿る。プラネテスでも徹底的に宇宙を無音で演出した谷口監督らしい、リアリティの追求だよね。

この場合のリアリティというのは、たとえば『誰も見たことのない』ナイトメアフレームのアクションなどではなく、誰もが日常的に目にする電車やクルマの演出にウソはつけない、ということ。だからナイトメアフレームが空を飛んでることを指して『リアリティがない』などと謗るのはまるで見当はずれなのです。

中華連邦の『ガン・ルー』、何かに似てると思った。ムーンレィスのちっちゃいモビルスーツだ。

2007.03.13〔tue.〕 :水を信じる者

その他 職場で、とりあえず常識人だと思っていた(過去形)男がおりまして。
『あるある』みたいなウソ情報には騙されないようにしないとね、みたいなことを常日頃から主張するヤツだったからいちおう安心してたんだけど。
ふと見たらそいつがなにやらペットボトルに、水といっしょに、白い筒状のプラスチックケースを入れてる。ケースの細かいスリットからは砂粒のようなものが見えてて、なにこれ?
そしたらそいつの言いだしたのが、水素水がどーしたこーした、これを入れとくと水に水素が含まれてあーたらかーたら orz。
お前もかー
何もないところからそんな簡単に水素が出てくるわけないじゃないの。なんでそんな簡単に信じるの? メディアリテラシーがどうとか言うてるその同じ口が科学リテラシーのなさを暴露してるぞ。それともおまえもアイアンキングだったのか(笑)?
ためしに通販サイトのひとつをちょろりと覗いてみたら『体内に入った水素は活性水素となり活性酸素と結合して無害安全な水に戻します』とかすごいことが書いてありまして。そーだったのか(笑)。活性水素(笑)。H+ のことか? ふつうそれ酸って言うんだぞ(笑)。

QuickTime 大気圏突入シーンという極限状態ではやることなすこと全て意味が変わってくるもんだなあ。普通に話すコトバでも極限状態だと重みが違う。大月さんカミングアウト、月城さん赤面の抱擁、二人の台詞の印象的なこと。
何をいってるかというと要するに月面兎兵器ミーナだったりするんだけど、『君はどこに落ちたい?』というセリフを同時多発的に数カ所で目にしたのが、みんな考えることは同じなんだなあ(笑)と思うことだよ。

なんでも 高知空港で全日空のターボプロップ機が胴体着陸をやらかしたそうで、運悪くテレビのワイドショーがそれをほぼ生中継状態で報道したとかなんとか、なんだか急に悪名の轟いてしまったボンバルディア哀れ。
DHC8-400 型、というけどこれ元をただせば旧デハビランドカナダ時代の飛行機 DHC-8 、通称ダッシュ・エイト。いろいろ更新されてきてはいるけども基本設計は20年くらい前。…って、そんなに古くないな。767 や DC10 なんかよりずっと新しいじゃないか。

2007.03.12〔mon.〕 :ギアス #20

CODE GEASS キュウシュウ戦役
イエス、ユア ハイネス。

今回の感想はこれだけ。これで充分。あとは何書いてもネタバレになるから黙っておきます。

以下コネタ。
んあ。『ガウェイン』コクピットのタンデム配置って、ゼロが後ろでふんぞり返る演出のためか(笑)。まるでドロンジョ様のよーだ。
ハドロン砲の収束。未完成というのはそういうことだったのね。ゲフィオン・ディスターバーの応用で制御に成功したとかなんとか。ボクが完成させるはずだったのに、と歯噛みして悔しがるロイド、いつも飄々としている彼がこんなに露骨に感情を出したのはひょっとして初めてだよね。でもラクシャータも、フロートシステムの完成はロイドさんの勝ち、と悔しがってる。…プリン伯爵、って。誰のことかと思ったぞラクシャータ(ロイドの好物はプリン)。

Lancelot with float system フロートシステムてのも謎なカラクリで、AVALON みたいな空中戦艦を浮かせるだけでなく、ナイトメアフレームを戦闘機並みのスピードでふっ飛ばすとか、ガウェインをほとんど浮遊砲台同然に使ったりとか、たいがい現実離れした運用が描かれてるんですが。作劇上の要請とはいえ、ちょっとやりすぎの感あり。
でもなあ。谷口&大河内コンビでならその『無闇な高性能』そのものさえ重要な伏線にしかねない気もするのですよ。単に『ロボットが飛んだらカッコイイ』とか、単純にそれだけの理由ではないと思うのです。

で、次回 #21 は『学園祭宣言』ですって? そんな話を挟んでダイジョブなんですかい、あるいはこのままのテンションで中途半端に引く気かな

2007.03.11〔sun.〕 

web MicrosoftがJPEG対抗の静止画フォーマット「HD Photo」の仕様を正式発表(→ スラッシュドット
いつぞや軽くぼやいた HD photo フォーマットなるものについて。
一般の記事などではおおむね『JPEG 対抗』という報道をされてるんですが、そんな安直なものではないみたい。
どうも画像コンテナとその中に含まれるコーデック一切合切をひっくるめたメタファイルになるようで(←よく解らずに書いてます)、その正体は旧 Windows Media Photo コンテナと WMPhoto コーデック。だから『JPEG より高品質な非可逆圧縮』と『TIFF/PNG に劣らぬ、可搬性を損なわない可逆圧縮』と『生データのみならず+補正パラメータも含む RAW データ』の全てを、コンテナの中に含むことのできるフォーマット、ということ、らしいです。
/.J ではわりと好印象で語られていたりするのがやや意外。そんなに現状の画像フォーマットに不満を持ってる人が多いとは思わなかった(←デフォルトで Photoshop しか使ってない者の歪んだ言い分)。

CODE GEASS 既にみんな規定事項として語っていた『あのまま終わるはずがない』コードギアスの続編、公式サイト www.geass.jp に発表がどでーんと。 TV 第二期シリーズだとばかり思っていたけれども、劇場とか OVA とかにも言及してミスディレクションを誘っておりますw ここに来て OVA なんてアホなこと言われたら暴れるぞw
ただ、まずは STAGE24・25 の TV オンエアは決定(ただし日時未定)らしく、とりあえず23話で決着しないのは間違いなさそう。
しかし総集編など挟んだおかげでわからなくなったのだけれど。総集編は元々の25話に含んでいたのかと思っていたけど、これは本当に制作の遅れをリカバリするために挟んだ予定外のものだったのかしらん。

メモ:インターレース解除!

2007.03.09〔fri.〕 :裸身

Amazon:DVD 『コードギアス 反逆のルルーシュ 2』
バンダイビジュアル/6,300円(2007/2/23) 〔Amazon

 ピクチャードラマ STAGE 3.25 って、なんだあれ(笑)。いや今ごろ見たんだけど。実質7枚くらいの絵を使いまわす、ミレイさん=大原さやか主役の、絵つきラジオドラマ。妙に照れくせぇ。

でもアッシュフォード家の来歴とか、元々アッシュフォードでもガニメデとかイオとかいうナイトメアのシリーズを開発してたとか、そんな話もちょろりと入ってくるのであなどれない。ニーナの祖父もそこで働いてたとか。
は、もしやロイドさんって、そこらへんの事情ぜんぶ知ったうえで、ミレイさんと見合いしたりニーナにコナかけたりしてたのかっ。

ときに、公式設定見るまで知らなかったんだけど、ニーナの姓はアインシュタインなのね。もしやニーナの祖父って、アルバート、とかいうんじゃ、いやいやそんなはずはあるめえ。

あと、女性キャラの裸身をどかんと見せてるけど、あんまりエロく思わないんですわこれが。先日の #19『神の島』もうらわかき女性の裸体を不必要にさらす演出があったけど、椎葉の主張としては、パイロットスーツを着たスザクくんの尻のほうがよっぽどエロいとゆーかそそるとゆーか(ショタ/腐女子モード)。

2007.03.08〔thu.〕 :快眠

なんでも 完璧な執事のモーニングコールはいかが?(→エキサイト / 07.03.07)

『良い執事は朝に二日酔いの主人を起こす方法を知っているものだが、誰でも完璧な執事の声で起こされて贅沢気分を味わうことができるようになった』
『見た目もクラシックなこの時計には50種類近いメッセージが入っている』
売ってるサイト→ fanpop!
さすが英国。言い回しが素晴らしい。甘美な執事の声というのももちろん萌えだし、この『不愉快にならない起こし方』を心得てるっぽい執事の言い回しが素晴らしい。すがすがしい朝の目覚めを約束されたも同然。そもそも、コムスメなメイドなんぞに『ごしゅじんさま』などと鼻にかかった甘ったるい声で言われるよりは、ダンディな執事の『旦那様』という甘美な呼びかけのほうがゼイタク度も高いというもの。ま、贅沢の定義も人それぞれございましょうが。
少なくとも普通の目覚まし時計の攻撃的な音は朝からストレスたまる。執事の雇える身分になりたい(ムチャ言わんでください)。

メモ:Second Life“不”人気、7つの理由(→ ITmedia/ 07.03.07)

2007.03.07〔wed.〕 :衰退

web bk1 がブリーダープログラム終了のご案内なんてメールを寄越してきました。2007年7月。あらら。
Amazon 登場で第二線に退いて以降も、判官贔屓でずっとブリーダーを続けてきたけど。これも世の趨勢。
とはいえ Amazon だけに本の購入を限定するのは正しくない、つねに第二・第三の選択肢を用意しておくべし。bk1 を見捨てる訳じゃないけど、7&Y のアカウントも持っておくことにしよう。為念。

その他 それにしてもまた午前様だわよ。さっき録画のロケガ(踏韻w)見たわよ。ああもう、このくらいリアルタイムでみたいものだわよ。つーことで今ヤケ酒のみながらこれ書いてますが。
今回のツボは『夢にのっかるのもいいんじゃないか』というセリフだわね。原作はかなり淡泊な描写だったと思うんだけど、やっぱり実際にヒトが喋ってるのを聞くと、なんか、深いセリフに聞こえますねえ。
それと、予告を見るかぎりアキラカに次回は作画傾向が違うぞ。

音楽 酔っぱらいのザレゴト:酔ったアタマで木村カエラ聴いてると、いい具合にトリップできて実に気持ちいいぞ。いやべつに誰に勧めてるわけでも同意を求めているわけでもないけれどもw

2007.03.06〔tue.〕 :カエラ

音楽 通勤中の FM で聴いた Magic Music /木村カエラに一目惚れした、見たのでなく聞いたのだけれど一目惚れと表現したくなるくらいとつぜんファンになった、そもそも音楽の場合どういう言い回しがあるだ、ということで一目惚れしたので速攻『SCRATCH』借りて帰って iTunes でヘビーローテーション=エンドレスリフレイン。つかなんで iTMS で売ってないかな。『KAERA』と『リルラ リルハ』くらいしかない。

いやあカエラいいねえカエラ。こないだ空耳アワード 2007@タモリ倶楽部にも出てたしw サブカル系の露出が増えるのはこちらとしても大歓迎だ。まだ若いのにサディスティックミカバンドとコラボったりして一般ウケを敢えて外した音楽活動をしつつ、でも正統派の女声ロックを歌うカエラ。いいキャラだなあ。
しかしタモリ倶楽部に出るようなタレントはみんな変だという先入観を持ち、同時に問答無用で妙な親近感を得てしまうのは、どこか脳内回路が変に短絡してるのと違うか、椎葉は。

なんでも 桜 2007 日曜日にアップし損ねてた桜の写真。咲き始めの花に、はやくもミツバチが顔を埋めておりました。
ガレージ横の桜、ソメイヨシノなんていう遺伝的奇形種ではない、山桜の雑種(品種忘れた)だから、平年でも3月なかばには咲くんだけど、今年の暖冬の異様なこと。平年より二週間以上はやい…と思って過去日記を漁ってみたけど、去年も一昨年も日記には桜のこと書いてないわw。
ちなみに撮影は4日(日曜日)の午後。朝はまだ蕾だったのが昼には開花してました。

CODE GEASS 昨日のつづき。妄想暴走はてしなく。
ギアスというコトバからしてRPG的だと思っていたけど、今回の話をみてよりいっそうその思いを強くした。
  コードギアス、この話、まるでよくできたRPGのようだ。
GMがシチュエーションを設定して、PCに判断( or 決断)を要求( or 強要)する、プレイヤーはそのシナリオに乗っかる形で、でも意外な解決法を見出す。
本当に、とても上手な人たちのプレイするRPGのセッションを見ているようだ。

現実離れした世界設定、ありえない偶然と突飛なシチュエーション、それを力業で成立させる脚本。そういう物語そのものには文句つけ放題だと思うし、じっさいそこらへんを重視するSFの人たちにはあんまりアピールしてないみたいなんだけど、
『PC(=ルルーシュやスザク)をいろんな条件に置いて判断を迫る』
というRPGのシナリオ手法だと思うと、とても納得できる。

なにより、どれだけ物語世界が突飛であろうが、その設定と語られるストーリーに矛盾がなければ、なんら瑕疵とはならない。御都合主義的な辻褄合わせはほとんど見られないし(全くないとは言わない)、巧妙な伏線の張り方も見事だし。

回を負うごとに語りたいことが増えてゆく。これはいま、けっこう得難い体験をしているのかもしれない。たぶん後からまとめて見たのではこうはいかないだろう。
いま実際に『まとめ見』してるガン×ソードとか、あれもリアルタイムで追っかけてたらもっと楽しかっただろうなー、と思う。いま10話で止まってるけど。

2007.03.05〔mon.〕 :ギアス #19

CODE GEASS 神の島
『ルルーシュ、ルルーシュなのでしょう?』
ゼロと再会したユフィの第一声。前に会ったホテルジャック事件のときから気付いていた、という。皇族の義兄妹。幼なじみ。繋がる糸。切れない糸。それでもルルーシュは決断しなきゃならない。『帝国をぶっつぶす』決意の、責任をとらなければならない。
それにしてもユフィは頭がいい。直感と状況証拠だけでゼロの正体を見破っていたとは(いよいよ他の連中が何で気付かないんだという話もあるけどそこはそれ)。見ている者にはこういうユフィの利発さを解らせつつ、でも帝国の軍人には『お飾りの副総督』みたいな台詞を言わせる。鳳凰のヒナをあなどる愚を、帝国はおかしている。これはきっと、もう一回、ユフィの見せ場が来る。ひょっとしたら次回。予告編にニーナと語るシーンがあったし。

シュナイゼル殿下とセシルさんにもなんか因縁があるのね。…と見てたら、その後ろから出てきたのは失脚したハズのバドレー将軍ではないか。クロヴィス時代の実績を買われ、殿下に拾われたらしい。さらに、スザクを見殺しにするような戦術指揮の意図をセシルに問われた際の、実に巧みな、説得力のある、それでいて本心を隠蔽した詭弁で返答するシュナイゼル殿下。2分ほどの間にこれだけの情報を詰め込み、よどみなく物語をドライヴし、かぎられた数少ない台詞でシュナイゼルのカリスマ性の高さまで見せる。この脚本の妙、演出の力量はどうよ。も、この1シーンで世の中の婦女子の八割はクロヴィスから乗り換えたね(笑)。

CODE GEASS #19 黒の騎士団の要はゼロ。ゼロを欠いて黒の騎士団はない。内部にくすぶる火種。ところで誰と話してるんだ、C.C.?
発掘? というのはどうも皇帝に内緒で進めているらしい。ギアスに関する遺跡なのは間違いないけど、ここ以外の世界各地の遺跡はぜんぶ皇帝の直轄領、とか。シュナイゼルとクロヴィスは結託していたようだけど、他の皇族がどれだけ関与してるんだか不明。
さらに謎、かつてクロヴィスの語った『第三皇女コーネリアと第二皇子シュナイゼル、彼らが知っている』。コーネリアの本心はどっちだ。さあクロマクは誰だ。

ガウェインのドルイドシステム? あはぁ♪ って嬉しそうだなあロイドさん。

ちなみに今回のキャプチャ画像は OP にわずか8フレームだけ映るジェレミア卿(笑)。いやあなんだか凶悪そうな形相におなりで。シュナイゼル殿下と一緒にでてくるかと思ってましたが、まだもうすこしオアズケみたいです(笑)。

Book 近刊情報。
ロケットガール 4 魔法使いとランデヴー(角川
野尻抱介/富士見書房588円(富士見ファンタジア文庫)
野尻ボードの本人書き込みによると5月に延びたそうです。

Book BEAST of EAST 3 特装版
山田章博/幻冬舎903円(バーズコミックス デラックス)発売予定日 2007年03月24日
(ISBN:978-4-344-80925-3)

 2巻が出たのが2002年9月でそのまま忘れ果てていた3巻、ようやく発売のアナウンス。でも今朝の時点で登録されてるのはセブンアンドワイくらいで、bk1 も Amazon も未掲載。
その セブンアンドワイによると通常版(903円)のほか特装版というのも出るらしい。セブンアンドワイでは同じ903円と書いてあるけど、山田画伯公式サイトの情報では『特製インテリアフレームとポストカードセット(4枚・うち1枚は描き下ろし)付き/2,100円』というものだそうな。
そんな、さんざん待たされて飢餓感を通り越し砂漠を彷徨っているかのようなマニアに与えるコップ一杯の水のほかに頼みもしないハチミツ入り高級ドリンク飲料もご用意いたしましたどちらがよろしいですか、なんて商売をするたぁえげつないねえ幻冬舎。両方飲むに決まってるじゃないか(笑)。
しかし1巻がスコラで2巻がソニーマガジンズ、3巻が幻冬社。4巻がまた違う出版社からでたら(笑)…いや笑えないこれは。

2007.03.04〔sun.〕 :嘘つき

QuickTime 前日の良太郎の行動を不審に思う喫茶店の常連二人を一言でケムに巻くウラタロス。砂の味しかしない唇を噛み(このへんの関さまの芝居が実によい♪)…とか貰い涙で話すモモタロス。それをハナに即座に否定されて怒り狂うモモタロス。水中でもがく良太郎=モモタロスに『嘘じゃない』一言で救いを申し出るウラタロス。もうサスガ。巧いなあ小林靖子さん。

あと、ハナに『それは落ちついてから』と一言で先延ばしにされてしまった『特異点』。
まあイマジンの連中が実体化できるのと似たリクツで、『良太郎を媒介にすれば思った通りのモノが具現化できる』くらいの意味じゃないかな。いきなりカメ列車が出てきて何の矛盾もなくあざやかにデンライナーと連係攻撃をしたあたり、御都合主義を通り越したSF的なバイアスがあるとしか見えない。『見られている間は現実』『想いのある世界が現実』『誰にも見られていない間は存在していないのと同じ』。良太郎の思い描く世界が現実。神林長平のSF世界みたいな。
しかし今までのライダーだったらこんなこと思わないんだけどね。今のところ矛盾すくなく物語が進行してるから、ついつい『すべての事象に意味と設定がある』んじゃないかと勘ぐってみるのですけどね。

クルマを車検に出したらブレーキオイルの漏出が見つかったかとか云々。小一時間で終わるはずがそのまま入院。

シゴトに追い立てられるカミさんに Mac 占領されて、この土日はろくに何もできないまま終わってしまいました。やっぱりもう一台いるわ Mac。

web あれ、金曜日のぶんを3月3日の日付で書いてますわ。ちがいますがな。金曜は2日、土曜日が3日。土曜日の早朝に更新したからだな。それ以降の土曜日に何も書いてないからよかったものの。
とか思ってたら奇妙愛博士からリンクもらってるし(笑)。すみません3日付ですが本当は2日です。どっちでもいい話ですけど(笑)。

2007.03.03〔fri.〕 :古典

その他 ムスメが言う――『おどろきももの木さんしょの木』
反射的に応える――『ブリキにたぬきにせんたっき』
『ほんまや、かーちゃんが言うた通りや』
ほっとけ。とーちゃんの反応で遊ぶな(笑)。

どうも学校で習ってきたらしい。卒業生を送る会かなんかでやる出し物の一節なんだそうな。ほかにも『その手は桑名の焼きはまぐりよ』とか『何かようか九日十日』とか、古典落語みたいな言葉遊びを大量に仕入れてきよりました。

なんでも 数日前の CNN の記事「温暖化で南極の氷が溶解、未知の生物が多数見つかる
その見出しは不正確です。氷の中からケッタイな生物でも出てきたのかと思うじゃないですか。生物どころか『物体X』だったり『大いなる種族』だったりしたら SAN 値が下がって(同意見多数につき以下自粛)
じっさいには、洋上の棚氷が崩壊したから、その下に隠されていた海底の調査がやりやすくなって、新種がたくさん見つかりました、というものです。

それはそれとして、記事中で気になったのは「赤血球を持たない魚」。赤血球がなければヘモグロビンもありえず、ということはもうひとつの酸素運搬蛋白ヘモシアニンしかないではないか。そんな脊椎動物がおるとは不勉強にして知りませんでした。

気にはなりますが記事中に手がかりになる固有名詞が少なすぎて調べ切れず。それが今日になって産経に同じ記事を発見、こちらに『コオリウオの一種』と書いてありました。

なんでも コオリウオ。赤血球がないから血漿に酸素を溶かして云々。
はあ、エビカニどもと同じく血漿中のヘモシアニンが酸素を運んでるのか、と早合点しかけたけど、いろいろ調べてみるとどうもヘモシアニンすら持ってないようで、本当に血漿中に溶けている酸素を利用してるみたい。てことはわざわざ血液を媒介しなくても、皮膚呼吸で海水中の酸素を直接とりこんでもいい(効率に差がない)ことになりますよ? じつにそのとおり。皮膚呼吸でもガス交換してるそうです。
南極くらい水温の低いところなら水溶液中の溶存酸素量が大きくなるのでなんとかなってるみたい。ん、ではコオリウオの体温もかぎりなく零度に近いってことですか。バクテリアや軟体動物ならいざ知らず、脊椎動物がよくその状態で生存していられるもの。体液中に含まれる糖ペプチドが不凍液になってるそうな。いやそれにしても。

さらに調べていると、かつて銀ムツ、いまではメロという名前でパック売りされてる魚の切り身がありますが、あれがコオリウオ科なんだとか。なんと。メロってそんな魚なんですか。

QuickTime メモ:精霊の守り人(もりびと) →公式NHK 公式
NHK BS2 で4月7日(土)8:06 AM〜。25分×全26話。製作:Production I.G 、監督・脚本:神山健治。
原作は上橋菜穂子、1996年刊。野間児童文芸賞新人賞・産経児童出版文化賞・ニッポン放送賞・路傍の石文学賞を受賞。

Gundam  4月、HGUC アッガイ 1,470円
サシカエで腕の伸縮を再現、モノアイ可動、ディティールは08小隊版とファーストのちゃんぽんだそうで。
しかし3月の新作はブルー2号機だというし、そうなるとバリエーションで陸ジムなどもありえて、なんか HGUC が 08小隊系にシフトしつつあるような。でもあのシリーズ、MS-07B3 くらいしか魅力を感じない。量産型 RX-75 とか面白いとは思うけど、まあまず出ないでしょうし。

2007.03.01〔thu.〕 :誤記

その他 エステシャンとエステティシャンのどっちが正しい、みたなハナシが職場であって、ナニを迷ってるのかな、そんなんテが二本ある方にきまってるやん、みたいなトンチ問答をやらかしたんですが。

でも椎葉もとっさのときに迷う『ハンググライダー』というのがございまして。
日本語の表記としては『ハング - グライダー』の意を明確に示すためにグをふたつ書きますけれども、椎葉、これを長い間『ハングライダー』で覚えてました。たぶん日本でハンググライダーが紹介されはじめた黎明期に、雑誌でみた誤植か誤記かを鵜呑みにしたのが原因だと思いますけど。けど結構な比率で『ハングライダー』と書いてあった気がしますよ。

しかし英語ではじっさい『ハン - グライダー』、てカンジの発音をしますよね。グふたつどころか、そもそもほとんど聞こえなかったり。そういうのを耳で聞いてそのままカタカナ表記したのが、初期の混乱の元だったのかも、と思いつつ、結局いまだに混乱している椎葉なのでした。

林檎 メモ:「QuarkXPress6優待アップグレードキャンペーン」開始のお知らせ(→プレスリリース
バージョン6を買うと次期バージョンへのアップグレードが5,250円(税込)。
投げ売りだよもう。この値段。QuoakXPress 、というかクオークジャパン、なりふりかまわなくなってきたなあ(笑)。
…でも6年前に正規版を買ったときは、優待クロスグレードで49,000円だったか。

2007.02.28〔wed.〕 :逼迫

SF あーしんど。帰宅したのが午前1時。まさかロケガに間に合わないとは思わなかった(笑)。
いやもちろん録画してあるから、帰宅後にきちんと見たんだけど。
OP がほぼ本編のバンク映像で構成されててちょっと吃驚。つまり OP アニメーションすら作れないくらい逼迫してるのか(笑)というオドロキ。
本編はなかなかテンポも良くてイイかんじ。ゆかりは全編ほぼ叫ぶようなシーンばかりで仙台エリ熱演、マツリの訛った珍妙な日本語とか生天目さんも熱演。本当に大道具以上のものがほとんど CG なのが悔やまれます。あと、セリフで聞くと、小説ではいまいち実感のなかった SAS の連中のコトバが妙にリアルでした。死ぬ寸前まで鍛える、とか、二度と普通の電卓が使えないカラダにしてやる、とか。いやあソロモン宇宙協会っておっかないとこなんだなあ(笑)。

買わなならん本ラッシュ。

Book ところで『鏖』といえば、SF者に知らぬものなし、グレッグ・ベアの、酒井昭伸による名訳SF『鏖戦(おうせん)』というのがございましてですね。
グレッグ・ベアの原文はかなりフツーに英文なのに、サービス精神の旺盛すぎる翻訳者の手により、日本語の可能性をとことん追求され、徹底的に脚色され、短編でありながらも異常な情報密度を獲得した、翻訳SFの(ある意味で)金字塔と噂される名品。といいつつ椎葉、『特盛!SF翻訳講座』(大森望/研究社1,890円)でそのへんの事情、――ベアじゃなくて本当は酒井昭伸がすごかったんだ、って知ったんですけど。

2007.02.27〔tue.〕 :妄想@SFオタ

CODE GEASS 昨日かいた『ロイドの切り札』だけどさ。
ウラン 235 の核分裂って、その現象そのものはきっと発見されてるんでしょうね、あの世界。でなければ、いかなロイドといえどシミュレーション見ただけでは判らんでしょう。
問題は、ニーナの言うように『天然資源としてのウラン 235 が非常に少ない』ということくらいで、サクラダイトは逆に『ウランなどに比べはるかに採掘しやすく安定供給しうるもの』とも言えます。ただし核分裂よりエントロピーは高い。だから、よりエントロピーの低いエネルギーとして、核分裂にロイドは目をつける。しかし現実の世界(こっちのリアル世界)ではウラン235を手に入れるために、小国の予算を喰ってしまうほどに莫大なリソースを費やして『ウラン濃縮』に向かったんですけど。ロイドさんどうする気かな。
で、仮に『核分裂』が手に入ったとして、それをランスロットの秘密兵器にするか、あるいはサクラダイトに代わるエネルギー源にするか。実際には兵器として使うのがせいぜいではないかしら。ナイトメアフレームの寸法で原子炉を搭載するわけないだろうし。
まーあの世界の素粒子物理学/量子物理学はどれくらい立ちおくれているのか、ケータイをはじめとした半導体素子のカタマリみたいなデバイスがゴロゴロしてるのになんで核分裂が実用化されないのか、とか、科学考証的なツッコミは入れ放題なんだけど。

でも最初ッから『世界唯一の超大国である神聖帝国』なんていう非現実的きわまる設定をどてーんと提示されてしまってる世界に、そんな細かいことは全く無意味なんでありましょう。「皇帝」若本の声で一蹴されて終わり(笑)。

CODE GEASS ランスロットとガウェイン以外の『円卓の騎士』って、いまいち馴染みがない。というか馴染んでる理由の9割は『ライジングインパクト』だけど(笑)。

と思って円卓の騎士を調べてみたけど、アーサー王伝説でとくに名を知られてる騎士は、あとせいぜい『パーシヴァル卿』と『ガラハッド卿』くらい。ガウェインと並び、聖杯の発見者として名を連ねる伝説の人物。ただし異説が多いのでものによって記述が異なる。トリスタン卿は『トリスタンとイゾルデ』ばかりが有名で、実際に騎士として何やったか判らない(笑)。

ちなみに肝腎のアーサー王は、生徒会で飼われている『あの』猫の名前に既に使われていたり(笑)。

メモ: Neo Office /J →http://download.neooffice.org/neojava/ja/
# Mac OS X 10.3以降
# 384 MBのメモリ
# 400 MBの空きディスク容量

bk1:書影 『Model Graphix 2007年04月号』
大日本絵画780円 Amazon

巻頭からヤマト一色。初っぱなの高橋昌也による熱い熱いアオリ文句からして、もう若い読者かんぜんに置いてけぼり。
いままでほとんど表舞台で語られることのなかったヤマトをここまでフィーチャーしてしまう企画も、もしかして空前絶後なのかも。
辛うじて椎葉は TV シリーズ放映に間に合ってた世代で、裏番組のハイジや猿の軍団よりもずっと濃いSF臭を嗅ぎつけてすっかりはまりこんでいたものでございました。が、今回の特集に名を連ねている面々は高校生や大学生の頃にヤマトに転んだとかいう筋金入りの世代。まだ日本SFと日本のアニメが芽吹きかけたばかりのころに、損得勘定ヌキでブームを牽引した第一世代。彼らは『さらば』すら認めていない、ゴリゴリのヤマト主義者たちなんでございますよ。

ほんで、どうでもいいんだけど、あのー、牛久保孝一に螺子頭ボンドがインタビューするページがあったりするのは、いったいナニ?


2007.02.26〔mon.〕 :ギアス #18

CODE GEASS 枢木スザクに命じる
枢木スザクは騎士の叙勲を受ける。とうぜん風当たりは強い。

キョウト経由で加わった技術開発担当・ラクシャータのお陰で潜水艦まで手に入れた黒の騎士団。
情報全般、広報・諜報・渉外の総責任者となったディートハルト。多少過激な思想もあるが本質的にジャーナリスト、というよりトップ屋、パパラッチにちかい価値観みたい。ゼロを所謂『特ダネ』として見ているよう。ゼロを最も近いところで取材したい。そういう行動原理。だけどこれは最終回までにきっともう一度くらいは先走る/暴発するんでないかな。もしかしてゼロすら裏切るかも。

スザクの騎士叙勲を祝してアッシュフォード学園の生徒会主催のパーティが開かれているその片隅で、パソコンを見ているニーナのところにロイド登場。ディスプレイのシミュレーションを見て
『こんにちは。面白そうなことやってるんだね』『わかるんですか』『ウランでしょう。質量数 235 のほう』。
そんな話をさらりとここで振ってくるか
なんでコードギアスの世界に(作劇上の理由として)『第二次世界大戦』がなかったのか。アメリカという国が存在しなかったのか。核兵器が存在しないのか。
そしてこれがきっとロイドの切り札になる。

ナイトメアの駆動系に使われるサクラダイトに干渉するゲシオン・ディスターバー(?巧く聞き取れない)
フロートシステム搭載の飛行戦艦アヴァロン。
わずかに見える、これが噂のガウェイン?
帝国側も黒の騎士団も、相手を出し抜くべく、なんか新しいガジェットてんこ盛り。
そして第二皇子シュナイゼル登場。まだ喋ってないけど。

総集編あけで OP のアニメが目を見張るクオリティアップを見せました。あのヴォーカルにはあいかわらず馴染めないけど、旋律の切り返しごとに細かいカットバックを多用する今回の OP ムービーは高く評価されるべきものでしょう。
その OP の新作カットに愛しの(笑)ジェレミア卿が。彼はナリタで元バトレー将軍の研究班に拾われてるハズなので、ラスト数話でどういう復活を果たすのか俄然たのしみになってまいりました。

web 指定26日午前、アクセスカウンタの6桁目が回りました。すなわち10万ヒット。
毎日更新ならいざしらず、たいがいにせえっちゅーくらい最近はトビトビ日記だし、なかば惰性で続けてきたような雑文サイトが、10万を達成したからといって褒められたものではないと思いますが。

むかし鳴神さんか GB さんか(どぶろくの)どちらでしたか、当時のサイト“幻灯夢想宮”に関して『10万アクセスの達成を区切りとして畳むことも考えてた』みたいな話を聞いたことがありまして。

そうか、10万というのは記録の達成であると同時に、過去と決別するためのひとつの区切りにもなり得るのだな、と思い、それ以来、椎葉も『10万』をひとつの目標にしていたところがあります。
 10万というキリ番はひとつのモチベーションを与えてくれるもの。でもそれは、何かを為そうとする目的についてのマイルストーン。通過点。そのずっと先にも、道は続きます。

まあ余裕がなくて準備に手が回らなかったので今更のことですが、実は椎葉も10万あたりを気にブログに移行してもよいかなと思っていたこともあったり(←当分やらないでしょう)。

2007.02.25〔sun.〕 :小ネタ

その他 今日の仮面ライダー電王でいちばん印象に残っているのは、取り憑かれるイマジンによって髪の毛の一房が色違いになることでも、変身直後のポーズ決めるときに隣に立ってたハナに向かってジャマだとばかり「ちょっとどいてろ」とか文句つけたことでもなく、OP 前の書店のシーンででかでかと『本なら何でもそろう』M脇書店の看板が大写しになったことです。
見ていた香川県民の10人中15人がひっくり返ったにちがいない ←なんで5割り増しだい ←椎葉みたいな元香川県民を含んでみました。計算がオカシイ、は、まあその、細かいことは、ほれ。

なんでも ワンフェスで「装甲騎兵ボトムズ」新シリーズ記念トークショーが開催(→ ロボット Watch
模型誌関係でも既に話題ですが、ボトムズは新作アニメが本決まりなんだそうで。むー。オリジナルのスタッフが集結、とはいうけど、 高橋良輔監督・塩山紀生画伯はじめ、もう皆さん還暦を超えてらっしゃるのに。

2007.02.24〔sat.〕 :厄年

その他 おどろくべきことに、もう厄払いのご案内が地元の神社から舞い込むようなトシになってしまった椎葉です。

つことで今日は朝から神社。村の鎮守。というか村の裏山の、100段ほども石段を登った先にあるお社。社殿は立派ですが生活施設はなく普段は無人です。神主は、市街地中心部にある市内一番の神社が兼務。村の、卒寿・米寿・古希の祝いと、本厄の払いを兼ねて、まあ年寄りばかりでございました。厄払いの男は椎葉含め三人、一人は同級生だけど父親が代参、もう一人は外から来た人で見ず知らず。
だけどその人が椎葉と同い年と思えないくらい老けててですね。というか椎葉の見た目がたぶん若いのか。
椎葉、職場でも若い連中ばかり相手にしてて、気だけは若い自信がありますぞ。…いやしかしお灸さんにしろたっけんにしろ、大学時代の友人連中はみんな若く見えてるよなあ。rosso さんも助教授なのに学生に間違われるとかなんとか…。周りに若い人ばっかりいると老けないのか、もしくは何か人智を越えたフィールドが作用して(妄想に走りつつオチもなくフェードアウト)

メモというか軽い疑問: otaku と geek の違いって、ナニ? つか、どういう意味で使い分けてるの?(笑)

SF ロケットは無事にあがったみたい(JAXA プレスリリース、宇宙作家クラブニュース掲示板)。


椎葉戯文堂バナー