ムゼウム・カロリーヌ・アウグステウム

ザルツブルグはにぎやかである。ましてや、モーツアルトにまつわりそうなところはいつ行っても混んでいる。ゲトライデン・ガッセなどとてもじゃないが私には賑やか過ぎてどうも良くない。と、そこから100メートルほど離れたところにこの建物がある。観光客0%、フロアーに人が見えない。嬉しい博物館である。ザルツブルグを本拠地にしたシュミッドの楽器が数台ある。音は出ないが、ペダル鍵盤付きのフォルテピアノもある。シュマールのクラヴィコードもある。何よりとても静かである。 博物館紹介ページはこちら

Museum Calorino Augusteum ;Salzburg

後ろ姿が美しいシュミッド
ケースはこんなに薄い
ごく平均的な初期ウィーン・メカニック
やはり日本では様にならないのかな
シュミッドのプレート
シュマールのゲブンデン(共有弦)・クラヴィコード
Home に戻ります