歌と詩の解釈、通奏低音のセミナー
概要および目的
バロック時代の声楽曲を中心にテーマを設定します。音楽大学などの専攻レッスンで学習する機会の少ない専門的な知識や演奏実技に関して、各講師がそれぞれの分野で講義をおこないます。

また、授業形態は受講者全員参加の公開レッスン形式ですが、より個人的な問題にも対応できるように募集人数を少数に限定します。募集対象者は音楽大学卒業程度としますが、内容に興味を持ちある程度の実力を有する方であれば、プロ、アマチュア、経験の有無、年齢は問いません。

当セミナーは、古い時代の音楽を演奏するための専門的な知識、技術などを教え、優れた演奏家を育てるためだけではなく、「これらの音楽に興味はあるが、どのように勉強したらよいかわからない」というような初歩的状況から適切に導き、専門的かつ理解しやすい内容をもって、広く一般に知らしめることを目的としています。
授業形態
声楽  受講者全員参加の公開レッスン形式ですが、一人一人の歌う時間を十分にとり、実技習得の完成度を高めます。発声法、発音などの基礎的な内容から専門的なテクニックに至るまで、細かい点にまでレッスン項目を設け、また講師と受講生、受講生同士のディスカッションなどの時間を作り多角的に授業を進めます。

通奏低音  声楽受講者による演奏を伴った上で、通奏低音受講者のレッスン時間を十分に取ります。特に旋律と歌詞に応じた右手の付け方、およびバス声部の歌い方を重点的に指導します。

理論  実技の時間と深い関連性を持たせ、特に詩の解釈などにおいては実技の課題曲を取り上げ理解度を高めます。そのほか時代的な様式、作曲家作品研究などの幅広いテーマで授業を進めますが、一方的な解説に留まることなく可能な限り「歌わせる、弾かせる」実践的授業をおこないます。
申し込み方法 2017年1月5日日更新
1 できるだけホームページの予約問い合わせフォームをご利用ください。
2 ご予約承りの電話、もしくはメールにて参加費、お振り込み先などをご連絡いたします。お振り込みは10日以内にお願いいたします。その期間が過ぎたときは、キャンセル扱いさせていただくことがあります。なお楽譜コピー代(受講生の方は送料も含めます)は当日実費にていただきます。
3 お振り込み確認後、資料、楽譜などを送付いたします。聴講生の方への楽譜配布は、原則として当日になります。
4 セミナー受講生になられた方は、次回講義の優先予約が可能となります。ただしその場合でも、正式なお申し込みは予約申込書、または予約問い合わせフォームをご利用ください。
5 定員オーバーの時は、キャンセル待ち、次回同じテーマの講義の優先予約となります。ご了承ください。

参加費(2017年1月5日現在)
受講生 受講料1日 12000円(設備費を含む) 楽譜コピー代および送料(メール便、または定形外郵便で発送します)は実費(当日払い)
聴講生 聴講料1日 6000円 楽譜コピー代は実費(当日払い)

納入方法 受講テーマ回数分 指定日までに一括納入にてゆうちょ銀行にお振り込み願います。セミナー当日は事務作業ができませんので、受講料、聴講料の現金でのお受け取り、および領収書の発行はできません。事前にお振り込みできるかどうか各自お確かめください。また、同行からと他の金融機関からとでは振り込み方法が異なりますのでご注意ください。ただし、楽譜コピー代の実費については当日精算です。

参加費振込先 予約申し込み後、メールにてお知らせいたします。または郵送の予約申込書をご覧ください。

その他

申し込みの締め切りについて--定員は声楽10名程度、チェンバロ5名程度とします。定員に達し次第締め切らせていただきます。

申し込み受付・優先順位--申し込み受付は先着順とします。この場合優先順位は電話予約の順番を優先します。口頭で次回以降のテーマへの参加希望を伝えた場合も、必ず事務局に予約問い合わせフォーム、メールもしくは電話予約をしてください。

キャンセル待ちについて--定員満席の場合は「キャンセル待ち」ができます。開講前にキャンセルが出た場合は、申し込み順で繰り上げます。

参加費などの返却について--申し込み後、振り込まれた受講料、聴講料については、当該テーマの開講日1週間前以降は返却できません。あらかじめご了承ください。

予約問い合わせフォームへ
会場
会場はいずれもスペース415です。
講義開始時間10分前には会場入りして下さい。なおホール内は飲食可です。
JR中野駅北口より徒歩12分、西武新宿線野方駅よりバスで5分。詳しいアクセスはスペース415ホームページを参考にしてください。
165-0026 東京都中野区新井2-48-12
Tel 03-5380-2430


第66期 講義テーマ
モンテヴェルディの "Scherzi musicali" 《音楽の諧謔》
今年はクラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1643)の生誕450年に当たる年です。今回は彼の独唱曲が収められた曲集 "Scherzi musicali" 《音楽の諧謔》(1632)を中心に学びます。ルネサンスからバロックにかけて音楽は大きく変化しました。モンテヴェルディはその過渡期に活躍し、新しいスタイルを次々に生み出した作曲家です。特にバスの上に独唱声部を置き、言葉の表現をより可能にした「モノディ様式」はバロック時代の始まりとしてその後の音楽に大きな影響を与えました。この頃から声楽と器楽はそれぞれに発達していき通奏低音も誕生します。通奏低音の上で歌がどのように歌われるべきか、また歌に自由を与えるためにバスはどのような役割を果たせば良いかに焦点を当て学んでいきます。

"Scherzi musicali" (1632)より以下5曲
"Maledetto sia l’aspetto", SV 246
"Quel sguardo sdegnosetto", SV 247
"Eri già tutta mia", SV 248
"Ecco di dolci raggi il sol armato", SV 249
"Et è pur dunque vero", SV 250
***
"Ohimé ch'io cado", SV 316 (1624)
"Sì dolce è'l tormento", SV 332 (1624)

使用楽譜は右→からダウンロードして各自印刷してください。セミナー使用楽譜

なお、参考のためそれぞれの初版譜は以下から手に入れてください。
Scherzi musicali, SV 246-251 (Monteverdi, Claudio) First edition
Sì dolce è'l tormento, SV 332 (Monteverdi, Claudio) Venice: Alessandro Vincenti, 1624

担当講師
<鈴木 美登里>(声楽)
京都市立芸術大学声楽科大学院修了後、兵庫県芸術文化海外留学助成金を受け オランダに留学。グレゴリオ聖歌からバロック期に至る古楽声楽とアンサンブ ルをDr. レベッカ・スチュワート、マックス・ファン・エグモントの各師に学 ぶ。留学中より国内外の古楽グループのソリストとしてコンサートツアー及び レコーディング活動に参加。2000 年に帰国してからは、特に初期バロック期 のソロ声楽曲及びマドリガーレの研究に力を注ぎ、コンサートや講習会など積 極的な活動を展開している。2002年に結成した声楽アンサンブル「ラ・フォン テヴェルデ」において、2013年より「クラウディオ・モンテヴェルディマドリ ガーレ集全曲演奏シリーズ」を開始し、注目を集めている。

<岩淵 恵美子>(通奏低音)
上野学園大学音楽学部器楽学科チェンバロ専攻卒業。1983年ベルギーのモンス王立音学院に留学、プルミエ・プリを得て卒業。国立音楽大学音楽研究所に1994年より1999年まで勤務。第5回古楽コンクール・チェンバロ部門最高位入賞。沖縄県立芸術大学講師。

鈴木美登里 Scherzi musicali 音楽の諧謔 17世紀イタリアン・バロック名曲選 CD発売コンサートのご案内
PDFファイルです。Adobe Acrobat Reader などでごらんください。
チラシ表 チラシ裏

2017年9月22日(金)、23日(土、祝)
11:00 - 12:00 13:10 -14:50 15:00 - 16:40
予約問い合わせフォームへ


  時間 11:00 - 12:00   13:10 - 14:50   15:00 - 16:40
22日 内容 講義 昼食 レッスン 休憩 レッスン
講師 鈴木 鈴木、岩淵 鈴木、岩淵
23日 内容 講義 昼食 レッスン 休憩 レッスン
講師 岩淵 鈴木、岩淵 鈴木、岩淵








Home に戻ります