調整方法 目次

ハープシコードの調整
1. 一般的な調整の手順
A 鍵盤
B プレクトラム(爪)の長さ
C タイミング
D ボイシング
E スタガリング
F ダンパー
G ジャックレール
H 調整の仕上げ

2. 音の強さ
A 全部の音の場合
B 一部の音の場合
C レジスターが戻ってしまい、全部の音が弱くなる場合

3. 連続打鍵
A ジャックの上下動作が鈍く、スムーズに動作しない
B 鍵盤の動作が鈍い場合
C プレクトラムの長さが適切でない、または裏側にささくれ傷がある場合
D スプリングの強さが適切でない
E ダンパー・フェルトの位置が低すぎる
F タイミングが早すぎる
G タングのあおりどめの位置が近すぎる
H ジャックとレジスターの隙間が多すぎる
I ジャックが曲がっている場合

4. 共鳴、残響
A 全体的な場合
B 部分的な場合
5. 雑音
A ヒッチ・ピンとブリッジの間で共鳴、雑音が発生する場合
B ジャックの背面と弦が接触する場合
C 4'のブリッジ・ピンに8'の弦が接触する場合
D 響板や4'ブリッジが弦に接触する場合
E 雑音ではないが音が伸びない場合
F 鍵盤における雑音

6. 原因不明の場合
原因がよくわからないんだけれど、何だか調子が良くない場合

7.アクシデント
A 断弦
B チューニング・ピンがかなりゆるくなった場合
C タングの穴が大きくなった場合

8.楽器の経年変化
A 響板沈下
B 響板の割れ
C ヒッチ・ピン・レールの接着のはがれ
D ボトムの割れ
E その他

9. 保守

10. 日常必要な工具類


1. 一般的な調整の手順

A 鍵盤
鍵盤の深さは約 8mm。様式により 6mmにする場合もあります。二段鍵盤の場合、下鍵盤と上鍵盤を連結するカプラーが年を経るにつれ次第に摩滅してくることがあります。そのようなときはカプラーも調整しなければなりません。また、鍵盤の上下動は軽動作でなければなりません。

B プレクトラム(爪)の長さ
レジスターを off にしたとき絃に触れず、on にしたとき絃から出すぎないように長さを決めます。めどとしては on の時、絃の太さくらいオーバーラップします。

C タイミング
鍵盤を押してプレクトラムが絃に触れるまでの遊びを調整します。これはジャックの下端を削ったり、木片や紙などを貼ったりして行ないます。

D ボイシング
プレクトラムを程よい形に削ります。大変難しい仕事のようですが、隣接するプレクトラムを観察するとよいと思います。

以上、A から D までをすべてのレジスターに対して行ないます。

E スタガーリング
各レジスターがすべて同時にプレクトラムが絃をはじくようになっていると、タッチが重くなって大変弾きずらくなります(例えば 8' 8' 4' を同時にはじくということです)。そこでレジスター間に少しばかり時差を付けてやります。これをスタガーリングといいます。適切なスタガーリングとは、一列のレジスターで弾いても二列重ねても同じようなタッチで弾けることです。ちなみに撥絃の順序は

二段鍵盤の場合
4' → バック 8' → フロント 8'
一段鍵盤の場合
フロント 8' → バック 8'

とするとよいようです。身構えて弾かなければならないようですと、困った状態といえます。

F ダンパー
鍵盤を戻した時にしっかり音が止まり、かつタングがちゃんと元の位置に戻り、ジャック下端と鍵盤との間に隙間を感じさせないように調整します。

G ジャックレール
ジャックレールの高さを調整します。ジャック頭部がジャックレールに当たり、鍵盤の深さを決めるようにします。

H 調整の仕上げ
良い楽器に接したり、良い楽器の演奏を聴いたりして、良い音、良いタッチを得られるように努力します。優れた調整、良い製音は、奏者の音楽表現を助けてくれることでしょう。当然、弦楽器としての響きを備えた楽器でなくてはなりません。 ただし、すべての楽器に適う良い調整方法、というのは存在しません。ロー・テンションの楽器は、パワーはなくとも少ないエネルギーでよい発音を得られますし、反対にハイ・テンションの楽器は、良い発音を得るためにはより多くのエネルギーを必要とします。
Top
2. 音の強さ

A 全部の音の場合
レジスター・スライドの左右に付いているキャプスタン・スクリューを回して適切な音量が得られる位置を決め直します。プレクトラムの向いている方向のネジを締めると全体に強くなるわけです。時計の針で5分も回せば充分です。→図説参照 レジスター調整

B 一部の音の場合
プレクトラムに原因がありますので、そのジャックを取り出し適切なボイシングを行なったり、プレクトラムを押し込んだり、場合によっては交換したりします。そのとき隣接している音と同様の音色、タッチが得られるように製音してください。

C レジスターが戻ってしまい、全部の音が弱くなる場合
レジスターを入れ直します。それでも戻るようでしたらダンパーが弦を押しているので、その場所を捜してダンパーを調整します。まれに、レジスター・レバーのネジが緩くなっていることもあります。
Top
3. 連続打鍵
A ジャックの上下動作が鈍く、スムーズに動作しない
よくある現象ですが、原因は様々です。

1 レジスターまたはロアーガイドがきつい場合 きついと思われる箇所を精密ヤスリで軽く削ります。
2 タングのピンが突出している場合 押し込むか、ヤスリで削ります。
3 タングの動きが鈍い場合 ジャックがタングを挟んでいるときは、ジャックの頭部を広げてやります。タングのピンがきついときは、ピンを抜き取りタングの穴をリーマでごく僅か広げてやります。リーマは新しいピンにキズを付けることで作れます。
4 ごみがジャックとレジスターの間に挟まっている場合 ごみをとりましょう。

B 鍵盤の動作が鈍い場合
ジャックをつまみあげて鍵盤を上下させて動きを見ます。キー・レバーのバランス・ホールがきつくなっていることが多いので、適切な処置を施します。技術者に相談。

C プレクトラムの長さが適切でない、または裏側にささくれ傷がある場合
長すぎるときは弦の下に戻らないときがあるので、適切な長さに切ります。鳥の羽を使用している場合、裏側のスポンジ状の部分はすべて取り去るようにしてください。また、定期的にシリコン・グリスかオリーブオイルを塗布する必要があります。

D スプリングの強さが適切でない
強すぎるとジャックが降りてこないことがあります。弱すぎるとタングが安定せずタッチにムラが出ます。そのようなときはスプリングを適切なものに取り替えます。プラスティックや金属のスプリングのときは、しごいて強さを調整します。

E ダンパー・フェルトの位置が低すぎる
適切な位置に調整します。

F タイミングが早すぎる
ジャック下端を削ります。

G タングのあおりどめの位置が近すぎる
プレクトラムが長すぎてタングがあおりどめの糸にあたってしまい、プレクトラムが弦の下に戻らないこともあります。そのときはプレクトラムを切りますが、そうでないときはあおりどめの位置を少し下げます。

H ジャックとレジスターの隙間が多すぎる
レジスターにカンナ屑か紙を貼ります。

I ジャックが曲がっている場合
アイロンをあてて真直にすることもできます。
Top
4. 共鳴、残響

A 全体的な場合
全体的に残響が増えるのは、響板が下がり弦がダンパーから遠ざかっていくのが原因です。タイミングの調整をする必要がありますので、技術者に相談。また 4' のダンパーはレジスターが off の時には効かせてない状態にありますので、4' が全体的に共鳴して困る場合は、off でも効くようにダンパーを調整してやります。

B 部分的な場合
ダンパー・フェルトが動いたのです。ちょっと下げてやります。また、倍音系列で共鳴する場合もありますので、倍音のダンパーも見てください。ダンパー・フェルトは軽く接触する程度が望ましいです。
Top
5. 雑音

A ヒッチ・ピンとブリッジの間で共鳴、雑音が発生する場合
クイルか爪先で弦をはじいて雑音を発生する弦を見つけ、弦の「玉」の部分をマイナス・ドライバーで弦に平行に押し込んで、ヒッチ・ピン・レールに密着させます。弦と直交するように押し込むと、断弦する可能性があります。それでもまだ雑音が発生するときは、弦とヒッチ・ピン・レールの間に薄い布片もしくは皮片を挟み込みます。

B ジャックの背面と弦が接触する場合
レジスター off の位置を調整し直します。もしくは弦の位置を移動させます。プレクトラムの後側が出ている場合もあります。そのときは、ニッパーで切断します。

C 4' のブリッジ・ピンに 8' の弦が接触する場合
ピンの頭を削るか、位置を変更します。

D 響板や 4' ブリッジが弦に接触する場合
修理が必要です。

E 雑音ではないが音が伸びない場合
隣接するダンパー・フェルトが接触していることがあります。

F 鍵盤における雑音
相談が必要です。
Top
6. 原因不明の場合

原因がよくわからないんだけれど、何だか調子が良くない場合
まずジャックを抜き取ります(二段鍵盤の楽器の場合フロント 8' のジャックは残しておいてもよいです)。そして鍵盤を引っ張り出して、鍵盤が軽く動くかどうかを確認します。動作が鈍いようでしたら、バランス・ホールの調整またはバック・ピン、ラックのガイド溝の調整が必要です。次に鍵盤の動作が良いようでしたら、問題はジャックにありますので、連続打鍵の項目を根気よく調べてください。
Top
7. アクシデント

A 断弦
コンサートの直前でしたら、なるべくその切れた弦を使用します。ほとんどの場合チューニング・ピンの近くで切れます。そのときはチューニング・ピンに二巻できるくらいにしておき、ヒッチ・ピンは通常の場所から 2〜3 音ほど高い場所のものを使えば間に合います。ちなみに、新しい弦(鉄弦や真鍮弦の場合)を張った場合安定するまで一週間近くかかります。スチール弦の場合は2〜3日で安定します。
また、弦が中ほどで切れることはおよそないことですが、万が一そのような状況に置かれたときは、天に祈ってよい知恵を授けてもらってください。→図説参照 張弦

B チューニング・ピンがかなりゆるくなった場合
まず金槌でチューニング・ピンを少し打ち込んでみます。それでも音高を保てなくて調律も不自由なときは、ピンを抜き、カバやブナなど堅い広葉樹のかんな屑を 3〜4mm ぐらいのタンザクに切り、ピンとともに打ち込めば少しは安定します。

C タングの穴が大きくなった場合
プレクトラムをホールドしてくれなくなったからといって、より幅広のプレクトラムを使用してはいけません。そんなことをすると、止めどなく穴は大きくなっていくでしょう。このタングの穴はクサビで開けてあるので、水分を与えると穴は小さくなります。ですから、プレクトラムを交換するとき、少々なめてからタングの穴に軽く差し込むことで十分解決できます。鳥の羽を使用している場合は、なめてはいけません。爪楊枝などタングの穴に水滴を与えた後、乾くまで待ちます。その後ちょうど良いクイルを使用してください。
Top
8. 楽器の経年変化

A 響板沈下
湿度が高すぎる状態が長く続くと起こります。ハープシコードの響板の厚さは 2〜4mm 程度のものですので、ブリッジを上から押すとフワフワ動いてしまうくらいです。それが湿って体積を増やすので、当然、上か下かに膨らんできてしまうのです。8' や 4' の弦が響板に接触したり、8' の弦が 4' のブリッジや 4' のヒッチ・ピンに接触したりするのが主ですが、いずれの場合も除湿して解決できなかったときは、修理が必要になります。湿度が低すぎた場合も、同様な問題を生じます。

B 響板の割れ
湿度が低すぎる状態が長く続くと起こります。最も多いのが 8' の最高音のあたりで、響板材の接着がはがれたり割れたりしてくるものです。この場合音には影響がないので、下手にいじらないほうが良いでしょう。低音部に割れが生じたり、また雑音の原因になったりした場合は、修理が必要になります。

C ヒッチ・ピン・レールの接着のはがれ
低音部でヒッチ・ピン・レールとテールの接着がはがれたり、高音部でヒッチ・ピン・レールとベントサイドの接着がはがれたりすることがありますが、機会があれば修理する程度の気持で、あまり気にしなくてもかまいません。調律の保持が悪くなれば、修理が必要です。

D ボトムの割れ
これも心配はありませんが、修理してもかまいません。

E その他
ハープシコードはすべて木で作られています。そのため、年月を経ると木が痩せてきます。また一弦当たり 3〜8kg/重の張力がかかっているため、楽器に歪みも出てきます。ガタが生じたり、曲がったからといって心配することはありません。時間的に当然発生してくることなのです。
Top
9. 保守

梅雨のとき、秋雨のとき、冬の厳寒のときは湿度に注意してください。湿度の高い雨季は除湿器が必需品となります。ただ、除湿器は室温が 30℃ 近くなると、機能が落ちますから、冷房を併用すれば効果が上がります。もしこの時期にシベリア高気圧が張り出してきたら、すかさず室内の空気を入れ替えてください。除湿器やエアコンなどよりもはるかに効果的です。ちなみに、太平洋高気圧はそれほど乾いているわけではありませんので、シベリア高気圧と同様には考えないでください。一方、厳寒のときは加湿器が必要になる場合もあります。特に暖房設備の良い部屋では、加湿器だけでは不足する場合も出てきます。そんなときは、観葉植物などを取り入れて水分を補給するのも良いでしょう。また、ビルの高いところは、厳寒期に限らず湿度が低いようですから留意しておいてください。
Top
10. 日常必要な工具類

チューニング・ハンマー
ボイシングナイフ(医療用メスが良い)
ボイシングブロック
プラスチック用および金属用ニッパー
口細ペンチ
ドライバー・セット
小型の金槌
マイクロメーター(弦の計測用)
音叉、チューナー
除湿器、加湿器、精密温度湿度計

Home に戻ります