張弦の方法

用意する工具
ニッパ(弦を切るため)、金槌、チューニングハンマー、それと交換用の弦、だけです。
1. 「ジャックレール」をはずします。ジャックレールはFig.1にあるようにジャックの上にあるカヴァーです。左右に手を添えて、ゆっくりとはずします。なるべく弦の上に落ちないようにして取り外します。楽器によっては高音側と低音側の区別が付きにくいものもあります。取り外したら、どちらが高音側であったかを確かめましょう。通常「T」と書いてある方が高音側です。元に戻すときに反対にしないように。

2. 次に、切れた弦を取り除きます。それにはまず、切れた弦の所のジャックを抜いておいた方がよいです。その後、チューニングハンマーを回して弦が切れたピンを抜きます。ある程度回したところで、弦を取ってしまいましょう。

3. 交換用の弦は片側に「玉」が作ってあります(Fig.2)。チューニングピンと反対側のピンに引っかけるためです。これを所定のピン(捜してください)にしっかりとかけます。

 

4. そのまま手前に引っ張ってきて、適当なところで、ニッパーで切ります。どのくらい適当かは、Fig.3 を見てください。
5. 切ったもう一方の端は、Fig.4 のようにチューニングピンの穴に入れます。穴から2ミリぐらい出しても良いです。(本当はほとんどでてない方がよいのですが、ちょっと難しいでしょう) その後、「ココ」で少し折り目を付けます。
Fig.5 に移り、左手はチューニングピンの左側を持ち、右手は右側を持ち、少し手前に引っ張りながら弦を巻いていきます。
6. 頑張って巻いていき、ゆるまないように手前に引っ張りながらチューニングピンの穴に差し込みます。軽く金槌でたたき込みます。まだ全部はたたき込みません。響板の駒のピンと、手前のチューニングピンがあるところの駒のピンそれぞれに弦をかけます。このときジャックを抜いていないと、少々不便です。他のチューニングピンを見ながら、金槌でたたき込んで高さをそろえます。
Fig.6 の角度が他の弦と比べてあまりに違っているようならば Fig.3 の所まで戻って、弦の長さを調整します。特に、低音の場合は、15センチではなく5センチぐらいにします。

7. 後はジャックとジャックレールを元に戻して調律すればおしまいです。が、真鍮弦や錬鉄は帳弦後どんどんのびます。調律しても調律してもどんどんのびます。通常落ち着くまでに2,3日、完全に伸びきるまでには1週間かかります。

Home に戻ります