Top > WAP2.0 > EZweb用XHTML目次 > <a>

WAP2.0

EZweb用XHTMLタグリファレンス

<a>[XB][XM][EZ][W2][cH]※記号の説明

ハイパーリンク要素。リンク先・リンク元の情報を与える要素で、画像やテキストなど、ほとんどのコンテンツに適用できます。指定される属性に応じて、別の場所へのリンクとして使用されるか、ポイント先となる別のリンクへのマーカーとして使用されます。
<a>要素にはすべての標準属性を指定することができます。ただし、1つの<a>要素内に別の<a>要素をネストすることはできません。また、ブロック要素を<a>要素のコンテンツとして使用することはできません。

構文

<a href="someurl.html">リンク文字列</a>
<a href="someurl.html"><img src="linkgif.gif" alt="代替テキスト"></a>

間違った構造(ブロック要素をコンテンツとして使用することは不可)

<a href="someurl.html"><h1>リンク文字列</h1></a>

正しい構造(ブロック要素内では使用可)

<h1><a href="someurl.html">リンク文字列</a></h1>

必須属性

id,href のいずれか1つ

属性

属性名 対応状況 説明
id
class
xml:lang
nocH ユニバーサル属性」参照
style noXBnocH
title nocH [EZ]のみの機能としてソフトキーに表示される文字列を指定する。
例: <a href="home.html" title="Home">ホームページ</a>
下記「<a>要素内title属性使用時の注意」をご覧下さい
href   コンテンツが選択された時に、どこに移動するのかを
URIで指示する。
<a>要素内では、このhref属性かid属性どちらかを必ず指定する。
charset nocH リンク先文書で使用される文字コードセットを指定。
例: <a href="next.html" charset="Shift_JIS">次へ</a>
type nocH リンク先リソースのMIMEタイプ。
リンク先の実態と異なったMIMEタイプを指定すると、ブラウザの
挙動をおかしくする可能性があるので、わからない場合は下手に
指定しないこと。
例: <a href="next.hdml" type="text/x-hdml">次へ</a>
hreflang nocH リンク先文書の言語を指定。
href属性が指定されていて、必要な場合のみ使用すること。
例: <a href="next.html" hreflang="ja">次へ</a>
rel nocH 当文書から見たリンク先文書の関係を指定する。
※「関係」を表す値については、「rel/revの値」をご覧下さい。
rev nocH リンク先文書から見た当文書の関係を指定する。
※「関係」を表す値については、「rel/revの値」をご覧下さい。
accesskey   0〜9,*,# を半角1文字で指定する。デバイスのキーパッドで該当キー
を押すと、そのリンクを実行する。
各リファレンスによると、リンクの左隣に指定した番号(記号)キーが表示される
とあるが、SDKでは表示されない。<ol>要素等と組み合わせることを想定して
そのような仕様になっているのかもしれない。
WAP2.0対応機以前の機種では、<a>タグ内のaccesskey属性について
「0」及び「*」、「#」指定をサポートしていません。
tabindex nocHnoEZ 各リファレンスでは、数値が小さいものから順に位置づけを行う−と
あるが、SDKでは実行されない。
Openwave(TM)SDK5.0以前ではサポートされていない属性なので、
ユニバーサル・エディションでもサポートされないものと思われる。

サンプル

1.mailto:

電子メールを送信するために、デバイスのメールソフトを起動します。
mailto:について、より詳しくは、〔WAP全般〕 > 「mailto:について」をご覧下さい。

<!--送信先メールアドレスのみを指定-->
<a href="mailto:xxx@foo.ne.jp" title="Mail"></a>
 
<!--送信先メールアドレスと件名を指定-->
<a href="mailto:xxx@foo.ne.jp?subject=From+ezSite" title="Mail">
 メール送信</a>

<!--送信先メールアドレス他指定できるものをすべて指定-->
<!--実際には下記のように「href=」の途中で改行しないこと-->
<a href="mailto:xxx@foo.ne.jp?subject=From+ezSite&amp;body=Message+Please
 &amp;cc=yyy@hoo.com&amp;bcc=xxx.@foo.ne.jp" title="Mail">
 メール送信</a>

mailto:使用時の注意
mailto:〜によるメールソフト起動は、EZweb全機種でサポートされていますが、件名や本文・CCなどは、機種によりサポートされるものが違います(下記表参照)。

【機種によるmailto:対応の違い】

機種 / サポート機能
mailto: 件名
(subject)
本文
(body)
同報宛先
(cc)
匿名同報
(bcc)
au cdmaOne2xx/3xx
TUKA 0x(TP11/TK11含)
×
au cdmaOne4xx/100x
TUKA 1x
× × × ×
au cdmaOne300x/500x
(○→ゲートウェイ変換で対応 / ◎→デバイス内のメールソフト自体が対応 / ×→未対応)
2.電話をかける
<a href="tel:090xxxxyyyy" title="Call">電話をかける</a>

※<a href="tel:〜の記述はiモードとも互換です。

3.お気に入りに追加
<!--url= → お気に入りに追加させたいページのURL-->
<!--title= → お気に入りに追加させたいページのタイトル-->
<!--実際には下記のように「href=」の途中で改行しないこと-->
<a href="device:home/bookmark?url=http://miyaki.ssi-n.com/
 &amp;title=My+First+HDML">
 お気に入りに追加</a>

title=の値は、URLエスケープする必要があります(上記例では、スペースを「+(プラス)」に変換しています)。URLエスケープしたい文字列がありましたら、こちらでどうぞ。

4.id属性を使用した宛先指定

XHTMLの仕様では、HTMLのname属性をサポートしません。代わりにid属性を使用します。
ただし、EZwebではname属性についても認識しますので、HTMLブラウザや、cHTMLブラウザ用との互換を考え、name属性指定しておいても今のところは大丈夫のようです。

<!--本来、XHTMLではid属性のみを使用する-->
<!--宛先側-->
<a id="top"></a>

<!--ポイント側 -->
<a href="#top" title="Top">ページトップへ</a>

<!--今のところ、name属性も認識する-->
<!--宛先側-->
<a name="top"></a>

<!--ポイント側 -->
<a href="#top" title="Top">ページトップへ</a>
5.<a>要素内title属性使用時の注意

XHTML→HDML変換の際、<body>要素のすぐ後に<a>要素があり、その中でtitle属性を指定している場合、HDML対応機では、そのtitle属性値をデッキ(カード)の「タイトル」として認識してしまうようです。
これを避けるには、

ようにする必要があります。
このような場面はあまりないでしょうが、一応ご報告まで。

【下記のようなXHTML文書をHDML文書に変換してみる】

<html>
 <head>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=Shift_JIS" />
  <title>My First HDML</title>
 </head>
 <body>
  <a href="index.hdml" title="戻る"><small>目次へ戻る</small></a><br />
  <p>XHTMLサンプル</p>
 </body>
</html>

※変換には、Openwave社の「XHTML to HDML トランスレーションサービス」(現在サービス終了)を利用

【HDMLへ変換後のソース】

<HDML VERSION="3.0" PUBLIC="TRUE" MARKABLE="TRUE" TTL="0">
 <DISPLAY TITLE="戻る" NAME="__card1">
  <ACTION TYPE="ACCEPT" TASK="GO" DEST="#__card2">
  <A TASK="GOSUB" DEST="http://a.b.c:1234/index.hdml" LABEL="戻る">
   [目次へ戻る]</A>
  <WRAP>XHTMLサンプル
  </DISPLAY>
  <CHOICE NAME="__card2">
  <ACTION TYPE="ACCEPT" TASK="GO" DEST="#__card3">
  <WRAP>ページの終わり
  <CE TASK="GO" DEST="#__card3">
  <WRAP>URL を入力
  </CE>
  <CE TASK="GO" DEST="#__card1">
  <WRAP>トップへ戻る
  </CE>
 </CHOICE>
 <ENTRY KEY="__endofPageURL" NAME="__card3">
  <ACTION TYPE="ACCEPT" TASK="GO" DEST="http://$(__endofPageURL:esc)">
  <WRAP>URL を入力
 </ENTRY>
</HDML>

DISPLAYカードのTITLEオプション値に「My First HDML」でなく、「戻る」が入っている

Go to Top

最終更新日:2002年06月07日
© Kimura