Top > WAP2.0 > EZweb用XHTML目次 > <link>

WAP2.0

EZweb用XHTMLタグリファレンス

<link>[XB][XM][EZ][W2][cH]

主に外部スタイルシートファイルを、XHTMLファイルに関連づける用途に使用します。
本来は、他のページのアドレスを、URLの形式で指定する伝達手段として用いられる要素です。
例えば、サイト上の任意のページの位置づけを記述するために使用します。
<head>〜</head>内に記述します。空要素ですので「/>」で閉じます。

構文

<head>
 <link href="リンクの宛先ファイル> 各属性 />
</head>

必須属性

href

属性

属性名 対応状況 説明
id
class
title
xml:lang
  ユニバーサル属性」参照
style noXB
href   リンクの宛先ファイルのURLを指定する
hreflang   リンク宛先文書の言語を指定。
:[ja(日本語),en(英語),fr(フランス語),es(スペイン語),zh(中国語)]
charset   リンク先文書で使用される文字セットを指定。
:[Shift_JIS]
type   リンク先文書のMIMEタイプを指定。
:[text/css,text/html]
media   主に外部スタイルシートを対象メディアに関連づける用途で記述する。
  • media="all"・・・すべてのメディア(デフォルト)
  • media="screen"・・・PCなどの画面
  • media="print"・・・プリンタ等
  • media="handheld"・・・モバイル機器(携帯電話はこれに当たる)
media=all(デフォルト)か、media=handheldであれば、
EZweb携帯電話で適用されるスタイルシートとなる
rel   当文書から見たリンク先文書の関係を指定する。
※「関係」を表す値については、「rel/revの値」をご覧下さい。
rev   リンク先文書から見た当文書の関係を指定する。
※「関係」を表す値については、「rel/revの値」をご覧下さい。

サンプル

1.外部スタイルシートを読み込む
<head>
 <link href="style.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
</head>
2.次に読み込む(アクセスする)文書を先読みしてキャッシュに保存する

これは、HDMLの<A>,<ACTION>,<CE>タグのオプション、「REL="NEXT"」と同様の働きをするものです。
通常のテキストファイルの他、画像ファイルも指定できるので、次に読み込むことがほぼ確実なファイル内に、容量の大きな画像が含まれている場合など、事前にキャッシュに保存しますので、読込みが早くなります。

<head>
 <link href="next.html" rel="next" type="text/html" />
 <link href="next.png" rel="next" type="image/png" />
</head>
3.外部スタイルシートを適用する対象メディアを限定する

ひとつのhtml文書をPCと携帯電話で共有する際などに使用します。
このようにすることで、文書が同じでも、表示を変えることができます。

<head>
 <link href="wap.css" media="handheld" rel="stylesheet" type="text/css" />
 <link href="pc.css" media="screen" rel="stylesheet" type="text/css" />
</head>

Go to Top

最終更新日:2002年05月09日
© Kimura