Top > WAP2.0 > EZweb用XHTML目次 > <object>

WAP2.0

EZweb用XHTMLタグリファレンス

<object>[XB][XM][EZ][W2][cH]

動画像データやその他マルチメディアデータのダウンロードリンクの生成に利用します。
ダウンロードされたデータは端末のデータフォルダに保存されます。同時に<param>要素によりダウンロードに必要なパラメータの指定をしなければなりません。
ただし、インライン再生可能なデータは<img>タグと同じ動作となりますので、BMP/PNG画像など、各端末でサポートするデータを指定した際は、画像表示されます。
本来は、画像・動画・音声・各種プラグインデータ・JAVAアプレット・他のHTML文書等の、様々な形式のデータを文書に埋め込むための汎用要素です。
iモードにおける<object>要素は、ダウンロードするJAVAアプリケーションを指定する機能に固定されているようです。

構文

<object data="URL" type="MIME TYPE" copyright="yes|no" title="ソフトキーラベル">
 <param name="title" value="データフォルダ保存名" valuetype="data" />
 <param name="size" value="データサイズ(bytes)" valuetype="data" />
 <param name="disposition"value="ファイルフォーマット" valuetype="data" />
</object>

必須属性

なし

属性

属性名 対応状況 説明
class
title
xml:lang
nocH ユニバーサル属性」参照
id  
style noXBnocH
name nocH オブジェクトの名前を指定する。
type   ダウンロード、または文書内に含めるファイルの
MYMEタイプを指定する。
archive nocH オブジェクトに関連づけられている書庫ファイルの所在を示す
URIを、空白で区切ったリストとして指定する。
classid nocH 実行ファイルのURIを指定。
データの形式に応じてdata属性と併用したり代用されたりする。
codebase nocH classid属性・data属性・archive属性の基準URIを指定。
classid属性・data属性・archive属性の値が相対パスで
記述されている場合、ここで指定した値が参照される。
codetype nocH classid属性で指定されたダウンロードする実行プログラムの
MIMEタイプを指定。
data   ダウンロード、または、文書内に含めるファイルの
URIを指定する。
declare   値は'declare'固定
この属性があると、オブジェクトはダウンロードされてもすぐには実行されず、
他の<object>から起動されるまで待機状態になる。
height nocH オブジェクトの文書中での高さ(単位:ピクセル)を指定する。
(オブジェクトが画像の場合のみ)
width nocH オブジェクトの文書中での幅(単位:ピクセル)を指定する。
(オブジェクトが画像の場合のみ)
standby nocH ダウンロードを起動する時のリンク文字を指定。
オブジェクトがロードされている間、表示される。
copyright
nocH
'yes'|'no'
対象データに対するcopyright(著作権情報)を指定。
  • yes:添付データ保存、画面メモ禁止
  • no:添付データ保存、画面メモ許可(デフォルト)
EZweb の独自属性
tabindex nocHnoEZ 各リファレンスでは、数値が小さいものから順に位置づけを行う−と
あるが、SDKでは実行されない。
Openwave(TM)SDK5.0以前ではサポートされていない属性なので、
ユニバーサル・エディションでもサポートされないものと思われる。

サンプル

1.ダウンロードリンク生成

<object>要素によって、ダウンロードできるのは、インライン再生できないデータに限られます。
ですから、PNG画像などを<object>要素により、ダウンロードさせることはできません。

param要素

つまんない音を
ダウンロード

  download
「download」を選択
param要素

「つまんない音」
ダウンロードしますか?

いいえ はい
「はい」を選択
param要素

ダウンロード中...


   
param要素

<<ダウンロード完了>>
メロディ
登録しました
「つまんない音」

再生 OK
<object data="sound.qcp" type="audio/vnd.qcelp"
 standby="つまんない音をダウンロード" title="download">

<param name="title" value="つまんない音"
  valuetype="data" />
 <param name="size" value="8052"
  valuetype="data" />
 <param name="disposition"value="dev13anq"
  valuetype="data" />

</object>
2.各種オブジェクトのインライン再生

object要素は、ネストできるので、複数のオブジェクトを階層内に配置し、その階層内でブラウザが処理可能な最初の要素を選択する−という機能の実現が期待されたのですが、どうやら、今回のWAP2.0対応機では、その機能は無いようです。ですから、インライン再生可能なオブジェクトをネストして記述した場合も、img要素を複数配置したのと同様の結果が表示されます。

<object data="some.png" type="image/png" />

<!--以下のようにネストした場合、ブラウザが処理可能な
 すべてのオブジェクトが表示される。もちろんテキストも。-->
<!--ネストした場合、ブラウザが処理可能な最初のオブジェクトを選択する−という
 機能を期待したのですが、残念ながら実現しませんでした。-->
<object data="some.jpg" type="image/jpeg">
 <object data="some.gif" type="image/gif">
  <object data="some.png" type="image/png">
   オブジェクトが再生できません。
  </object>
 </object>
</object>

Go to Top

最終更新日:2005年05月09日
© Kimura