シャドームーン(仮面ライダーBlack)


 「仮面ライダーBlack」において、Blackことブラックサンと並び、悪の秘密結社ゴルゴムの次期創世王として改造された世紀王シャドームーン。仮面ライダーシリーズでは、悪の組織によって改造され、脱走して正義の戦士になるというのはよくあるパターンなのだが、全く同じ立場の存在がもう一人いて、それが悪の総帥になるというのは初めてだった。「悪の仮面ライダー」というべきその存在は、仮面ライダーシリーズのライバルキャラとしては最高級に位置するのではないだろうかと思われる。

 その正体は主人公Blackこと南光太郎の親友であり、兄弟同然に育った秋月信彦。信彦の妹杏子と恋人克美がBlackと行動を共にしていることもあり、Blackはシャドームーンを倒すことができない。しかし、シャドームーンは容赦なくBlackを攻め立てる。第47話においてついに決戦となり、一進一退の戦いを繰り広げるが、躊躇したBlackの一瞬の隙をつき、Blackを倒した。しかし、彼もまた、Blackに止めをさすことができなかった。その後、蘇生したBlackとの最終決戦(第51話)では、Blackのマシン・バトルホッパーを奪って攻撃するが、自我意識を取り戻したバトルホッパーの体当たりを受け、さらにその隙をついたBlackのライダーキックを受け、致命傷を負う。したがって、果たしてどちらが強いのか、結論を下すことはできないのである。管理人としては、ライバルキャラはこうあってほしいという、まさに理想像であった。この辺はキカイダーとハカイダーの関係に通じるところがあると思う。

 続編・仮面ライダーBlack RXにおいて復活したが、正直この復活は「余計」であった。管理人は、最終回あたりでRXが二つのキングストーンを手に入れてクライシス皇帝に挑む、という展開への伏線かと期待したが、全然関係なかった。偉大なライバルは復活すると悲惨な末路をたどるという東映ヒーロー物によくあるパターンになってしまった。ZOとJが共演するスペシャルでも、単なる悪のボスとして登場し、あっさり倒されてしまった。名キャラを何回も使いたい気持ちはわからないでもないが、必要以上に使い回して価値を下げるのはやめてほしい。この点でもハカイダーに通じるものがあるのだが。



   雲のコーナーTOPへ