トップ

タイピング練習ソフト

キーボード入力を練習するためのソフト(typing.exe)。
「小説家になろう」(https://syosetu.com/) 等から得たテキストファイルを使って、ひたすら写経の如くキーボード入力を練習するために開発しました。

typing.zip と typing.iso の中にある typing.zip は全く同じものです。

Windows 8 以降ならば typing.iso の方が便利です。

typing.iso をダウンロードした場合は、それをダブルクリックしてマウントし、 出現した typing.zip をデスクトップなどにドラッグしてコピーします。 その後、マイコンピュータ(PC)を開き、【DVD ドライブ(?:) TYPING】を右クリックして 【取り出し(J)】を実行して アンマウントします。('?:'は環境によって'D:'や'E:'や'F:'のように変わります。 マイコンピュータ(PC)に【DVD ドライブ(?:) TYPING】が表示されない場合は、 [F5]キーを押すか、右クリックして【最新の情報に更新(E)】実行してください。)

typing.zip をダウンロードした場合は、それをデスクトップなどに置きます。


デスクトップに typing.zip を置いたならば、それを右クリックして 【全て展開(T)...】を実行し【展開(E)】をクリックします。新しく作成された typing という フォルダを開いて typing.exe ファイルを実行すれば、練習を開始できます。

ローマ字入力の場合(配列リスト:"QWERTY.list.txt")

かな入力の場合(配列リスト:"Kana.list.txt")

ミズナラ配列で例題フォントのサイズを小さくした場合(配列リスト:"Mizunara-sjis.list.txt")

オプションのテキスト行数を3にした場合(配列リスト:"LongLine.list.txt")

このように、配列表を変えることもできますし、例題フォントのサイズを小さくしたり、 テキスト行数を増やすことで、長い文字列を一気に入力することも可能です。

Windows95〜10 と Ubuntu + Wine に対応しています。
新しいOSなら Unicode 文字やサロゲートペア文字にも対応します。
古くて低スペックなマシンでも、1ギガバイトを超える大きなテキストファイルを 読み込む事ができます。
64ビットOSで typing64.exe を実行すれば、メモリをたくさん積んでいればいるほど、 より大きなテキストファイルをメモリ上で高速に読み込むことができます。
興味のある小説や関心のある記事などをテキストファイルにすれば、 楽しみながらキーボード入力の練習をすることができます。

MS Office 97、MS Office 2000、MS Office XP に付属するブックシェルフが起動していれば、 練習用のテキストに読みが分からない漢字があったときに、 F1〜F9 キーを押すことでブックシェルフに転送して調べることができます。
ブックシェルフが起動していないときに F1〜F9 を押すと、 ブラウザを起動してその漢字を検索して調べることができます。

ミズナラ配列(http://keybor.web.fc2.com/mizunara-v1.0.html)は、 S,D,K,L の4つのキーをシフトキーとして入力する配列です。 これは慣れると効率が良くなります。ミズナラ配列の作者に感謝します。 このリンクには、ATOKをミズナラ配列に設定するファイルが置いてあります。
typing.zip にはミズナラ配列をMS−IMEとGoogle日本語入力に設定するプログラムも付いています。
私はローマ字入力を約2年間、JISかな入力を約24年間、 ブナ配列v1.1を約3年間、ミズナラ配列を2015年5月1日から使用しています。

マイクロソフト・オフィスで、ミズナラ配列を設定するプログラム