源 さ ん (新橋、沖縄料理)

    宴会の人たちが三線で踊ってた

    
訪れたときの様子
住所は銀座ながら新橋のほうが近かった店からまたふらふら歩く。最近ちょっと関心のある泡盛、たしか「源さん」って店、聞いたことあるな、と足を止めると、炒め物らしきすごくいい匂いが漂ってくる。ちょうど小腹もすいてることだし、かるくやっていくか。

1人ですが、と入るとここでも「相席なら・・(しかも団体のいる大テーブルに)」とあまり歓迎されない。責任者らしき人がとりなしてくれてカウンター席に座れたが、3人掛けのここにも2人の予約客が来るという。週末には予約しなきゃいけないのかな?

カウンターには梅酒を漬けるような瓶がならび、ハブ酒・アロエ酒・ウコン酒と一緒になんと島とうがらし(唐辛子を泡盛で漬けた調味料・コーレグースとかいろんな呼び名がある)がこの大きさであるのが圧巻だ。(もちろん泡盛古酒の甕も並ぶ)
麺類が恋しいのでチャンプルーはソーミン(素麺、650円)にして、つまみは食べてみたかった島らっきょう(450円?)。泡盛は1合売りでけっこういい値段(1000円くらいから、但し古酒が揃う)だったので、店オリジナル(500円)で。おっ、お通しがラフテーなのはちょっと得した気分。しかもうまい。

ちょっと辛めの泡盛をなめつつ、これまた辛味が強い島らっきょうをかじる。ラフテーが無くなると辛いもんどおしだよ、なんて思ってるところへチャンプルー登場。こいつは島とうがらしかけたほうがうまいんだよな、とじゃんじゃんふりかける。(またまたピリ辛) 安心できる味。周りは団体の宴会が多いし、ここに来るなら食い重視だな。

もともと飲んだ後のラーメン代わりだったので早々に引き上げる。う〜ん、後でレシート見るとちょっと値段が違うぞ〜。
この日注文したもの
お通し
ラフテー(350円)
食べ物
島らっきょう(580円)、←店の公式ページや表の看板ととは値段が違ったのは?
ソーミンチャンプルー(650円)、各1
泡盛
樽酒(店オリジナル、500円)1、←間違えてシークワサ割(600円)で打たれていた
1人で2300円(30分くらい滞在)
勝手なコメント
食い物が安心できる味なので、食い重視・宴会向きか
★★★(5つ星が最高)
公式ページ 詳しい紹介

「源さん」
港区新橋3-21 ビルの1階
17時から23時の営業(ランチは11時半から14時)
日祝定休
 

JR山手線他 新橋駅 から徒歩3〜4分
駅の烏森口を出て、「セレクト・イン・キムラヤ」(家電等量販店)の脇の「新橋西口通り」(アーチあり)に入る。左手に「天狗」があったら手前を左折。すぐの左手が店。

10人以上座れるカウンターにやはり10人くらい座れそうなテーブル、奥もあり席はたくさんあったが、週末はいっぱいだった。活気があってわいわいできるので、(夜は)人数が多いほうが楽しめそう。
この間通りかかったら、三線?の音とともにテーブル席の人が踊っていて、カウンターのお客さんがびっくりしながらも楽しそうだった。

http://www.ne.jp/asahi/machida/gen-san/index.htm
(店作成公式ページ)


この日の一軒目(元酒屋@銀座)へ

店一覧に戻る