金の字 本店 (清水・焼き物)

    もつにカレー

  
訪れたときの様子
清水の町で夕方時間ができた。千載一遇のチャンス! うわさに聞いたもつカレーに間に合うかもしれない。
時はおりしも18:00前、はたして、アルマイトの大鍋のカレーにもつの串は存在した。
興奮をおさえつつ、渋めの口調で「瓶ビールにもつのカレー煮(80円)2本」 いくつか選べる瓶ビール(650円)にはサッポロラガーがあり申し分ない。

カレーに沈む串がつままれる。平皿にけっこうたっぷりかけられたカレー、黒い点が浮きながらも意外にスパイスがおさえられているのは、もつの脂か?ラードのせいか?臭みは全く無いもつが、予想外の浅い煮ながらやわらかい。
無味無臭のもつがカレーと好相性で、こいつは実に不思議なつまみだ。ビールのみならず、寿司屋御用達の湯呑みで出されるお酒(シングル!)にも合うのだ。印象は強烈でないものの、つまみとマッチ、しかも他に変わるものが思い浮かばない、こいつは逸品だ。

とりさし(600円)や親子酢みそ和え(450円)も品書きにあるので鳥にも自信があるのだろうと頼んでみた鳥ねぎ間(「中串」と呼ぶ金属串、130円)は塩強めながらもうまい。串とは別にわざわざ「なんこつ焼」(450円?)・「タン焼」(650円?)もあるなんこつ(80円)・タン(中串・130円)を頼むと塩焼きを勧められる。ともに塩強めながら、いける。

僭越ながらもカレー煮の秘密を探ろうとシロ(80円)を塩でいく。やっぱり歯ごたえ十分ながら臭みは無い。もつはじめ肉が新鮮なのはわかったが、あのカレー煮の味はやはり不思議だ。

口開けに入ったと思われるカレー鍋前・ピンの常連さんが「おあいそ」 おおっ、850円だ! 湯呑みのお酒(350円)で数串つまんだにしても安すぎる。次いでやはりカレー鍋そばのピンの客が1800円足らずで帰っていく。いい店だ!! この値段なら毎日でも通える。

そう思うそばから、店先のみやげ客がもつカレー煮を20本・30本と買い求めていく。おみやは10円高くなるようだが(90円)、普通の時間に飲みに来たらなくなっちゃわないのかな? つらいなあ。皆席につくなりの3〜4本注文でおさえているのに・・・
この日注文したもの
瓶ビール(サッポロラガー大・650円)、お酒(熱燗・シングル・350円、「キンシ正宗」?各1、
もつのカレー煮(80円)4、なんこつ串(80円)、タン焼き(中串・130円)、シロ(80円)、鳥ねぎ間(中串・130円)、各1
1人で1740円(1時間弱滞在)
勝手なコメント
もつのカレー煮をご賞味あれ
★★★★(5つ星が最高)
詳しい紹介

「金の字」本店
静岡県静岡市清水真砂町1
17時?からの営業
日祝休み? 

JR東海道本線 清水駅 から徒歩2〜3分
駅を海とは反対方向に下りて線路沿いを左へ。すぐの左手。

http://izakayadaisuki.at.infoseek.co.jp/
(個人作成「jirochoの居酒屋大好き!」内「ある日の居酒屋探訪日記」の「地区別インデックス」から「清水」へ)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~nene/
(個人作成「酔わせて下町」 「特集」→「新 静岡おでん 訪問記」 ※静岡支店の紹介)


この日の次の店(新生丸@清水)へ

店一覧に戻る