小 島 屋 (堀切、大衆酒場)
ビールに負けない「酎ハイ」(「元祖ハイ」)
       
訪れたときの様子
堀切菖蒲園という駅は降りたことがなかったが、某サイトをみると飲むにはいい街らしい。地図付きのページをプリントアウトして行ったが、駅降りたらすぐだった。

広がりのある店内はもあっとした明かりが暖かく、複雑多角形のカウンターがでこぼこしている。たくさんある角に陣取れば2人を超えても話がしやすいというものだ。

今回は常連氏が一緒だったので、手加減無くお好み焼きみたいな奴から入る。焼けるまでのアテはポテトサラダ、あっさり味でいける。(もちろん手作り!) 添えられてきたからしがベストマッチで酎ハイ(「元祖ハイ」、290円)が進む。

このあたりに来るたんびに驚くのだが、氷無しwith「元祖の素」equal「元祖ハイ」がこれほど旨いとは。おまけにこの店では割る炭酸が「名門ニホンシトロンだから・・」と氏が熱く語る。はじめは何のことかわからなかったが、瓶から注がれた炭酸は強く、立ち上る泡のシュワシュワ感が見た目から違う。

お好み焼きみたいな奴が焼きあがった。山芋が混ぜられているらしく、ふわふわであつあつ、これはビールが止まらん!の味なのだが、ここの「元祖ハイ」はシュワシュワが喉にさわやか、ソースの香りをはふはふしながらいくと、これは止まらん! う〜ん、ビールに匹敵して、しかも安い。甘ったるさはかけらも無いのでかけつけ3杯の勢いで飲んでしまうが後にも残らない。氷が入っていないので薄まらず、変に体が冷えることも無く・・(うるさいかな)

手作り惣菜もののつまみにも合う酎ハイ、このあたりの店はどこもおいしいのだが、店毎に少しずつ違うのが奥深い。
再び言おう、「下町の酎ハイ、おそるべし」。これを飲まずして酎ハイを語る無かれ。

※雑文 「後追いジャンキー」
すでに居酒屋(飲める店)については実に優れたサイトが複数あり、全くの趣味で作成しているものもあるようです。「ジャンキー」でもそれらを見て「いいなあ〜」と思った店に行くことが多いのです。店の発掘・紹介についてはそれらのサイトに尽きているわけで、いつ「後追いジャンキー」に改題しようか、と思ったりもするのですが、もし「ジャンキー」を読んで「くすっ」とでも笑ってもらえれば本望、と共に先達の諸サイトに深く感謝しています。
今回のお店もそういったもののうちの一つでした。
この日注文したもの
酎ハイ(「元祖ハイ」、氷無し、290円)
湯豆腐、ポテトサラダ、タコ刺し、などだいたい300円前後
お好み焼きみたいなやつ(裏メニューらしい)
1人あたりで1500円くらいかな(ゆっくり滞在できる)
勝手なコメント
惣菜ものをつまみに「酎ハイ」(氷無しandシュワシュワ「ニホンシトロン」)
★★★★(5つ星が最高)
詳しい紹介

「小島屋」
葛飾区堀切5-3?
17時から21時まで
日祝定休 

京成本線 堀切菖蒲園駅 から徒歩1分
駅の改札を出て、横断歩道は渡らずに右へ。歩道が鉤型に曲がっている所を左へ入るとすぐの左側
(北側に出てすぐの一角、大通りからは1本入った場所)

カウンターのみの店だが、数十人は入れそうな広さ。角がいっぱいあるので4〜5人でも話しやすい。
「裏メニュー」らしいお好み焼きらしいものが無くても、他のつまみで十分楽しめるのでご安心あれ。あくまで「ビールに負けない酎ハイ」を強調したくて書きました。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~nene/
(個人作成「酔わせて下町」→「京成沿線」→「堀切」
                       →「特集」→「酎ハイ地位向上委員会」)


この日の次の店(@)へ

再訪(2004年秋)

店一覧に戻る