お 文 (友部、銘酒処)

    「地酒 郷乃誉」

          
訪れたときの様子
友部の町に途中下車したのは他でもない、「地酒 郷乃誉」の看板を目にしたからだ。全量純米(しかも純米吟醸以上)・無濾過を標榜し、細心の注意を払った製法と瓶詰めで「生々」を謳う須藤本家(蔵元)。通例普通酒をさす、駅前の「地酒」看板には最も似つかわしくない酒だろう。ひょっとして、地元にはまだ普通酒があるのか?

飲んでみたい、という妙な期待は逆の意味で裏切られた。「東一」「醸し人九平次」「天明」「十四代」「酔鯨」と良い酒が並び、地元の酒としては「府中誉」と「霧筑波」。そして「郷乃誉」が全種、しかも「郷乃誉」500円から「花薫光」2000円まで(ともに1合)まで、良心的な値段だ。

めずらしく燗にできるようなので「霞山」(火入れ、550円)を飲む。嫌味のかけらもなくきれいで、ビロードのようになめらかなタッチの旨みながら、やきとりにも負けない。これが蔵で出しているうち二番目に安い酒(1升2500円)だというのだから恐れ入る。
あっという間に飲み干し、大将に聞いてみる。「次、何がいいですかね?」

「霞山がいいんじゃないかな? 今度は生で」
ほう、これは意外な。これだけの酒がありながら同じ銘柄を指定してくるとは。おもしろい、のってみよう。
今度はグラスに冷やされた酒が注がれる。「どっちがうまい?」 そうか、やはりそれが言いたいのか。「やっぱりこの蔵は生のほうがうまいですね」 わざわざ「生々」というくらいだ、このきれいな口当たりは生のほうが当然生きる。

閉店時間が近くなり大将も手すきになってきたようだ。弟子に刺身を注文して自らも席につく。「これ、食ってよ」 合わせる酒は「正雪」(吟醸、600円?)。んっ? いい酒だがちょっとすっきり過ぎるかな?
「(刺身に)わさびたっぷりのせてから飲んでみてよ」 おっ、食い合わせだ。やってみると、酒だけの時には感じられなかった甘味がでてきて、わさびの辛さですっとひけて、魚の味が際立つ。そうか、鮨屋やそば屋の「端麗な酒」を飲むときにこの手は使えるぞ。

これもどう、と言われた「霧筑波」(つくば市)。茨城県ではよく見かける銘柄だが飲むのは初めてだ。けっこう飲める。杜氏さんが以前「郷乃誉」にいたとかで置いているらしい。石岡市内に蔵があった「府中誉」もうまい。

店の棚にずらっと並べられた空の瓶、はじっこに「郷乃誉 本醸造」があった。「あの酒はうまかったよ」と大将が言う。(アル添なので今は造られていないが)飲んでみたかったなあ。
この日注文したもの
お通し
たこ?ぶつ切り

「霞山」(純米吟醸・無濾過・火入れ、「郷乃誉」の蔵、燗、550円)、「霞山」(純米吟醸・無濾過・生、冷や、550円)、「正雪」(吟醸、650円?)、「太平海」(無濾過・純米・生、「府中誉」の蔵、600円?)、「霧筑波」(特別純米、600円?)、各1、
つまみ
焼鳥(ささみ・レバ・すきみ?・つくね各 230円位、手羽先 430円?)
おまけ
刺身(カンパチ、まぐろ、わさび添え)
1人で4300円(2時間弱滞在)
勝手なコメント
友部に注目店あり。「郷乃誉」を飲むならここ。
★★★★(5つ星が最高)
公式ページ 詳しい紹介
「お文」
茨城県西茨城郡友部町駅前4-16
17時から24時(焼き物は23時まで)
日曜定休
 

JR常磐線 友部駅 ロータリー沿い
駅を出てロータリーの左側を見ると暖簾が見えるのが「お文」。

これだけの酒なのに、地元では必ずしも飲まれていないそうで、「郷乃誉 全種あります」といっても反応しない人も少なくないという。(この町には他にも蔵があったと思う) もったいない話だと思う。なお、「山川草木」については有志を集めて飲む会を開くそう。

http://www1.ocn.ne.jp/~ofumi/
 (店の公式ページ)


この日の次の店(@)へ

店一覧に戻る