さしみや五坪 (蒲田・立ち飲み)

   魚貝のうまい立ち飲み

   
訪れたときの様子
待ち合わせの時間、案内人と合流。魚が食べたいと希望をだしていたら、ここが待ち合わせ場所となった。

酎ハイで乾杯の後、無難に盛り合わせ(500円)と、この時期食べたくなるしゃこ(400円)。魚屋さんが出している店らしく、値段の割にものが良くて量がある。やたら高級な関あじも500円を切り、3人で楽しめる量、築地の魚というからには、こりゃまぐろもいこう。

「今日はあまりいいのが入らなかったから、トロ(400円前後)はやめたほうがいいよ」 なんて正直な女将さんだ。ぶつはどう?と聞いたらまあまあだというので頼むと、180円で小皿いっぱい、味も悪くない。こりゃたこぶつもいかなきゃ、酒飲みの基本は、安い「ぶつ・ぶつ」攻撃だ!

こりゃなかなかええわい、と思ってるところに、うわっ、なんだ?Tシャツ姿の兄さんが入ってきたぞ。酒のコップを持ってて手ぶら、赤ら顔だから2階(同じ店の椅子あり版)から下りてきたようだ。目はらんらんと輝いているが、蟹の足くわえてる・・・ 女将や店のなじみ客たちが「しょうがねえなあ」という感じだから、きっと困った常連だな。こういうのはほっとくに限る、くわばら、くわばら。

揚げ物(250円)もいい感じ、300円くらいまででいろいろおいしく選べる店はいいなあ、酎ハイはじめ酒はまあまあみたいだが、つまみはとても良い。こりゃ1人で来ても軽く一杯1000円で楽しめるぞ。
2階からの注文が(皿だけがのる)エレベーターで運ばれていく。私たちは3人連れのせいか2階をすすめられたが、立ち飲みのほうが隣り合ってしゃべりやすいし、適度に居られて良さそうだ。

常連?がざるにのった見事な蟹(たらばか?)を買って帰ると言いだした。ここの常連はわがままだなあ、飲み屋の食材を買っていくなんて反則だぞ、いや魚屋だからいいのか、(いやちょっと待て、自分にもうまい日本酒飲んで「譲ってくれ」と言った過去があるぞ・・・)

女将はいいですよと言っているが、値段は店長に聞かないと、と。と、先ほどの兄さんが「5000円でいいよ」 おいおい、あんたが店長かい? 6時前から赤い顔して、蟹の足くわえて乱入するなんて、ありかよ。
この日注文したもの
刺身三種盛り(鰹・ほたるいか・黒鯛?、500円)、子持ちしゃこ(400円)、関あじ(480円)、めばる揚げ(250円)、まぐろぶつ(180円)、たこぶつ(180円)、各1
チューハイ(300円?)5、
3人で3490円(1時間くらい滞在)
勝手なコメント
魚貝が安くてうまくて量もある
★★★★(5つ星が最高)
詳しい紹介
「さしみや五坪」
大田区蒲田5-23
17時から22時の営業
ランチもやっているらしい
日祝定休 

JR・東急線 蒲田駅 から徒歩5分弱
駅東口に出て、ロータリー沿いにあるメガネ屋さん(「メガネドラッグ?」)の筋に入る。ずーとまっすぐ歩き、あれあれっと思い始めたころ、左手角地に店が見つかる。同じ建物の1階は「かるちゃん」という店のほうが目立つ。
http://www.osk.3web.ne.jp/~h2onishi/index.html 
(「大阪立ち飲みページ」→「蒲田の立ち飲み店情報 NEW」)
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/tokyo/index.html
(「FUKUSHI’s Web Page」内 「Tokyo Now and Then」→「東京立ち飲み事情」(山手線など)→「蒲田・池上」)
⇒「週刊プレイボーイ」2004年5月25日号 (集英社)


更に飲む×3(@蒲田)へ

店一覧に戻る