す み た (昼)  (十条、讃岐うどん)

    天ぷらで酒飲んで、うどんでしめられれば最高

    
訪れたときの様子
1時前にして仕事があがったぞ、昼間っから飲むか。今いるのは京浜東北線沿線、まっすぐいけば「すみた」に間に合うかもしれない。

なにしろ何度となくふられている店。定休日訪問(以前は月曜定休だった)に始まって、雑誌の「うどん特集」に載った時期には夜7時前に行っても「支度中」(うどん売り切れ)、本当は2軒目か3軒目に使いたいのだがそんなのは夢のまた夢だった。昼も行列と聞いていたが、今日はうまく入れそうだ。

ここはうどんもさることながら、品書きをみるに「凱陣」はじめ四国4県の酒がそろう日本酒も楽しみ。おねえさんが注文とりにくる。飲めるかなあ? 昼はいちいち聞かないといけないのがめんどくさい。「お酒、飲めますか?」

さして抵抗が無いようなので「凱陣」(750円)を頼む。ちょっと高いなあと思ってたら、ウイスキーをころがすような大きなグラスでお新香付きだ。かなり旨みというか甘味が強いが、同じく甘さが強いおでんにも負けない。なかなかいい酒だなあ。
やけに長いおでんの串でお新香つまみつつまわりの注文(うどんのみ)と聞いていると、やはりかしわがいいようだ。本当はもう1杯いきたいところだが、時間も時間なのでかしわざる(750円)を頼む。

うどんの横に揚げられた鶏肉がゴロゴロ。ぎりぎり一口の大きさをほおばれば、うまい、うまい。なんて上品に揚がっていて、ほのかな塩味がわずかに残っていた「凱陣」に合う。しまった、これなら酒と一緒に頼んでおいてつまみにすればよかった。はじっこにのるししとうも実にからっといい味で、天ぷらつまみに飲むのもありかな。

うどんも噂どおりけっこううまい。天ぷらとおでんで酒飲んで、うどんで締めたら完璧だろうなあ、夜に。
この日注文したもの
うどんの前に
「悦凱陣」(山廃純米?無濾過、十分に1合あるグラスにお新香付き、750円)1、
おでん盛(牛すじ・平天・玉子・こんにゃく・大根が各1本、500円)1、
うどん
かしわざる(750円)1、
1人で2000円(30分ほど滞在)
勝手なコメント
夜に何杯か飲んでからうどんで締めたい(が、売り切れ終いが怖い)
★★★★(5つ星が最高)
公認ページ 詳しい紹介

「すみた」
北区中十条2-5
火曜から金曜の昼は11時から14時、夜は18時から21時ラストオーダー
土曜祝日は11時から15時
(但しうどん売り切れ次第閉店)
下記公認ページによれば、2004年4月から日月定休になるそうです
(以前の日祝定休から変更)

JR埼京線 十条駅 又はJR京浜東北線 東十条駅 から徒歩5分ほど
十条駅からは、ロータリーと反対方向(南口)にでて赤羽方向に歩くと「演芸場通り」(道に旗あり)に出るので進む。篠原演芸場を通り過ぎてさらに進んだ右手。
東十条駅からは、東京寄りの出口に出て右へ。郵便局のある交差点から「演芸場通り」のアーチがある通りを進んだ左手。(篠原演芸場の手前)
http://eclat.gaiax.com/home/hiaudio1/
 (「寿庵」、お店名刺の裏にものっている応援ページ)

日本酒は「悦凱陣」(香川県)のほか、「川鶴」(香川県、純吟)、「酔鯨」(高知県、純吟)、「土佐鶴」(高知県、純米)、「旭若松」(徳島県)、「森の翠」(愛媛県、純吟・原酒)の四国勢と「風の森」(奈良県)があった。「土佐鶴」は500円、他は650円から750円。
日本酒3種で1000円というお試しセットもあったので、酒を飲むことも歓迎されているのかな。
「ビール(中)」(500円)もあった。

天ぷら単品は、かしわ(700円)のほか、野菜(750円?)、盛り(1000円)などがあった。醤油豆(300円)もあり。おでんは単品150円か100円。


この日の次の店(山田屋@王子)へ

夜の「すみた」

店一覧に戻る