じじ怪説:チモール島ってどんな島?

 西マレーシアの半島の南から、これに沿って、大きい順にスマトラ、ジャワ、バリ・・と西イリアンめがけて東へ行儀良く弧を描いて並んでいるスンダ列島の列から南に行儀悪くはみ出していやいやしている傾いた大きな島が、チモール島です。大航海時代の植民地獲得ゲームではオランダの東インド会社(実は国営)が、チラチラさせて他国の他の地の権益との取引道具に使おうとした島、結局半分をポルトガルに割譲して20世紀に至り、日本敗戦後ポルトガルが統治放棄して、インドネシア独立後インドネシアに併呑された。

 現在の紛争の種は、この政治統治のやり取り遺恨に目が行き勝ちだが、インドネシアの苦しいときに、何時もこのお荷物の島をインドネシアに背負わせたくせに今更独立させよとは胴欲な!の、この「お荷物差加減」に目が行ってないのじゃないかな?文部省の地理の教科書見てもまるで十把 一からげで何のこっただが、このスンダ列島は簡単に済まないのです。東へ行くほど1島毎に性格が違って来、このチモール島に至ってはジャワ島やバリ島のような、鬱蒼とした熱帯特有のジャングルなどは見たくてもない、ヒョットしたら大昔に丸木船や筏にするとて木という木を根こそぎ切り取ってしまったんじゃないかと言う説も登場したほどの変わり様、殆ど草原とブッシュ、まあサヴァンナと言ったほうが良く、作物も育たず、コーヒー栽培が時々細々と試行される程度で、非生産的な島であるらしい、ポルトガル時代は駆逐艦と専用タンカーが食糧と水をピストン輸送していたらしい。そんな島。インドネシヤの砂浜になけなしの水を打つような投資と言うよりは金のつぎこみで、ようよう喰うには困らなくなったから独立したい、させろ!では「そりゃちと連れなかろうぜ、国連殿」と言うのがインドネシア政府国民の気持ちでしょう。独立した後どうやって生きていくの?国連がピストン輸送係するのかな?そんならまあいいや、が政府の割り切りかな?

 昨晩実は、東チモールのハムと普通の交信が出来た、ポルトガルからの派遣軍人「水がないのにビーより大きい蚊がいっぱいいる、ジャングルはないのだが---コーヒー園も畑も荒れ地に戻っている。雨が少ないオールモストノーレインだ」と。薬で、イグアナや蛙等がいなくなったので蚊が大発生するらしい。バランスが崩れてしまっているらしい。で又薬を撒く。きりがない。

 私がSWLを始めた50年前チモールは、世界中でも珍しい2文字+2数字のプリフィックス CR10 だった。オランダ領インドシナはPK、今なら差し折りサッカーファンにモテモテだろう、CRは、5が、サン・トーマ、CR6がモザンビーク7,8は忘れた、CR9がマカオ今XX9に9だけが名残をとどめている。CR10も 4W10と名残をとどめたら面白かっただろうに。序でに言っておくと二桁数字 のプリフィックスは、フランスにもある。F11@@@デス。@はアルファベットREF連盟のSWLメンバーの会員呼称。番号じゃないのです。


(C) Copyright 2000-2004 JA2RM and JA9IFF All right reserved.