はみ出し者伝記(1):一戸直蔵(14) 都塵遂に直蔵を追い出すの段

 明治5年10月、岡蒸気が、新橋(つい先日華麗な変身を遂げた汐留)から横浜の間を走って以来、生糸・絹織物など国策物資の陸送手段として、これらの生産地と集散地と横浜を結ぶ、鉄道を手始めに鉄道建設に新政府も躍起でした。 ちょっと代わったことに、江戸末期から庶民の生活の向上があってから、お伊勢参りという徒歩観光旅行が関西関東から起こり全国的ブームとなったが、全行程を物見遊山しながら歩くので、何十日も掛かったが、抜け参りという、雇い主や朋輩にも内緒で奉公先から抜け出してお伊勢参りに行く者も続出してこれから若者が遊びを覚えて悪の道に走るということが起こり始め、浪人不安より抜け参りからのぐれ出しという社会問題が、明治新時代まで持ち越された。 江戸からお伊勢までが遠すぎることが問題ということで庶民の困る姿を心配した明治天皇が伊勢神宮の分社を勧請して、東京に神宮を建立することにした。 明治17年飯田町断崖の上に建設地が決まり天皇が建設には新技術で建設を急ぐよう特別指示したので、中野付近から内藤新宿を通って材木や石を運搬するのに武相鉄道が作られ、市ヶ谷から、飯田町断崖を下って、飯田町から断崖に沿って南進して大神宮大鳥居下まで、小さな蒸気ロコがトロッコ並みの貨車を引いて資材を運んだようだ。 その後も、参宮客を運んだようだが東海道本線と参宮線が開通するに及んで、又本家お伊勢参りをするようになって東京大神宮は忘れられ明治末か大正初期廃線となったようだが、戦後の東京オリンピックの前まで軌道道床は残っていたし、飯田町の駅舎は昭和60年代まで国鉄の遺失物保管取扱所として、ほぼ原型をとどめていた。 これが都内では一番古い鉄道ではなかったろうか。この頃、新橋横浜岡蒸気の中間駅の一つ品川から、お不動さんの目黒、豊多摩郡渋谷村、内藤新宿を通って赤羽の軍営に繋ぐ山手線が、高崎から下ってきて、赤羽を通り上野に来る高崎線と繋がることになった。 軍隊の移動と汽車線路の需要とは当時密接な関係にあった。

 明治26年鉄道敷設法が帝国議会で議決されて施行され、全国的に銀行と地方有志資産家が鉄道を起こすこととなった。 数十社の鉄道会社が設立され、全国を数百の区間に区切って、鉄道の建設が企てられた。 然しこの岡蒸気はまだ庶民とはなじみの薄い、汚い黒い煙を吐き、けたたましい轟音を立てて突進する怪物で、町の近くを通ることは全国何処でも敬遠された時代でした。 それでも、日清戦争に勝って得た2億両の賠償金は鉄道の建設にも拍車を掛けた。 李鴻章様々だったわけだ。10年後の帝国議会で、鉄道院の鉄道買い上げが議論されたが勘定合って銭足らずで見送られた。 そこで、またまた日露戦争、凱旋した兵隊さん達は、赤い夕日の満州で日に焼けて渋紙色の元気な顔で汽車から降りたと伝えられるが、そのおかげ入ったお金で、出来た幹線鉄道は鉄道院が買い上げて、全国を繋ぐ鉄道院線となった。 略して「院線」と呼んだ。 やがて鉄道院は発展的に解消して鉄道省に格上げになり、院線は省線と呼ばれることになる。 明治36年までに東京から明石までで線路が繋がっていなかったのは、浜松の西から豊橋の間、それに野洲付近の2カ所だったと聞いた。 都内は中央線が東京・新宿を結び、両国から千葉へ総武線が出来たりしたが、山手線は御徒町から神田の間が、まだどうにもつなげなかったようです。 更に問題は新宿八王子間がこの怪物を敬遠する住民/地主の反対で用地買収のめどが立たずにいた。 ところが院線になったおかげで官員様の御威光には庶民は弱く、大臣様が地図の上で、東中野から日野の手前まで、丁定規を当てて東西1直線に線を引いておかみの威光で斯う敷け!となって、現在見るごとくあそこが真っ直ぐ引かれたという。

 まあそんなこんな状態で、金と仕事が全国的に動いて、汽車ポッポが走り出した。 水は井戸を掘れば何処でも大丈夫だったが。 燃料は石炭である。 外国から無煙炭ばかり買っているわけには行かない、特に、ガス灯がつき、電気を起こすとなると、石炭が要る、鉄鋼製鉄業も拡大してくると、石炭をコークスにしなければならない、九州・北海道の炭坑は元より、常磐炭坑も,,,

 ♪アアー朝もはよからヨオー、 カンテラア下げて、ナイ
♪坑内通いも、ええ、ドントぬしの為、ナイ

 と活気づき、東京の周りにも汽車がそこら中走りだしたのである。 そのほかに斯うした石炭焚き需要が増え、工業地帯、炭坑、機関区周辺、駅周辺に人口が加速的に増えて、住宅地も増え、石炭の煙を始めとする煤塵が空を覆うようになってきた。 斯うして、2度の戦争は日本の近代化に漸く拍車を掛けたのでした。 明治天皇はそうした中で、明治45年7月30日没し新しい時代大正がやってきたのでした。

 直蔵が、2度目の台湾行を敢行している間に、実は、東京では麻布の天文台は都塵と生活灯明明かりで限界だから、都塵を離れて早晩移転が必要だろうとの話が持ち上がっていて、寺尾台長は南多摩郡三鷹村の野川から大沢の辺りを物色に行っていた。 まだ狐狸が棲み騙された人は深大寺が2-3町は位置が変わりどちらに歩いても深大寺があるのだと噂された草深い三鷹であった。 寺尾台長はその気になっていたところへ、ふらりと気楽に風来坊を決め込んで帰ってきた一戸直蔵が若い者からこの移転話を聞くや、三鷹も早晩同じこと、直ぐ追い出されることは同じ、移転するなら赤城山頂だと、若い者を焚き付けているのを寺尾が耳にしてしまった。 前回のことがあり、寺尾も怒り心頭に発した。学界の聴聞会形式で、長老の意見陳述など検討が行われたが、一戸は若い研究者らを率いて対抗し発言して、長老組の家族持ちはどうせ三鷹へでもよう引っ越ししまい、ヘナチョコ野郎共にとっては赤城山も同じこととまで云ってしまった。 一戸も既に妻子はあった筈なのだが。 更にこの時に、実は某長老に向かって反射望遠鏡を知らない天文学者がいるなら仮に屈折でもいいと見下したようなことまで言ったらしい。 これらの発言が長老の逆鱗に触れた。 聴聞会は中断閉会され、三鷹移転は寺尾台長の専権行使で決定された。

 斯うして、いずれ東京天文台は三鷹に移転と決まってしまったのだが、決定から移転完了して台員が三鷹に転居するまでに実に17年、昭和の初めまで一戸直蔵が喝破したとおり家族が三鷹に移ることを拒否するため、勤める者が直ぐ止めることが相次いだようである。 大正時代は移転したんだかしないのか判らないひどい状態の連続だったようだ。 当然、一戸直蔵は長老諸氏を侮辱したかどで馘になったばかりか天文学分野からも追放処分されてしまった。 はみ出し者がこの上ない無礼を働いたというわけである。 後藤新平もあきれ果て、直蔵の取りなしには手を貸さず、時に天皇崩御と同じ明治45年7月 ,一戸直蔵は万策尽きて野に下った。 直蔵時に34歳。

 一戸直蔵の気持ちを忖度してみるに、彼がヤーキス天文台に行ったときも、ロバ2頭にしっかり食料と油を積んで2日ほどの行程を歩いていったようだし、ヘール博士の、ウイルソン山天文台も、天文台員が上がるときは、乗馬できる者は荷駄馬共騎馬で、乗れない者は荷駄驢馬2-3頭を連れてサボテンの原を昼野営して炎天を避け寝て夜歩いて上がったりするのが当時の天文台員の常識だと聞かされていたのだったのだから。 それに比べれば三鷹はまだ煙や明かりが来るホンの庭先だし、赤城山もヤーキスよりは町や都会に近いという感覚だったのでしょう。

 

はみ出し者伝記(1):一戸直蔵(15)一文無し直蔵の段

 専門に勉強してきた天文分野からも追放されてしまった一戸直蔵は、早く云えば身ぐるみはがれたも同然。 一文無しになったのだった。 後藤新平からも見放されたということは、社会の上層部を構成する人全部が彼から手を引いてしまうと言う時代であったのです。 そこで身過ぎ世過ぎの術を見出すのは容易ではない「そこで武蔵は考えた!」というフレーズが私の子供の頃には流行ったが、この時は「そこで一戸直蔵は考えた」わけだ。 生活の糧を先ず得ねばならない。 2年半のヤーキス天文台ながら洋行の経験があるので翻訳業をしようと出版業者を軒並み訪問したが、翻訳物はよほど珍しいモノか、誰かが褒め上げたモノしか売れないから、翻訳者から持ち込まれてもおいそれとは買わないと言われて辟易して諦めたと告白している。 後に自分自身で4−5年間定期雑誌を発行して、外国の啓蒙科学雑誌の翻訳をしているが、大人向けには難しいと見て、少年向けの啓蒙をねらっ多のだと自身で言っている。 その雑誌の中で、日本の学会について、強烈な批判を込めて、少年達に学会というモノはもっと開かれて、研究に向かって若さをぶつけていかなければ日本の学問の将来の進展は望めないと吹き込んでいる。 彼はおそらくこの言葉を書きたかったのか、先ず出版印刷業の間を渡り歩いて、今で云う、マーケットリサーチのようなことをやった挙げ句、自分で、なけなしの金で少年向けの「現代之科学」と言う季刊誌を発行したのでした。 時々翻訳物の増刊号を発行しているがこの時代にしては早すぎ、その対象年代層の購買力が全く伴わず、マーケットリサーチをしたらしい割には比較的早期に不振に陥って、発行間隔を伸ばし足りしている。 一つの理由をその雑誌にも述べているそうだが、自分は天文学会を作ったほどのモノだが実はその学会から天文について深く書くことを禁じられたので、この雑誌に少年諸君が多大の興味を抱く筈の天文や星学について書くわけに行かぬので、諸君の期待に反して買って貰えぬ状態にある云々、と不平をこぼしているという。 そんな目に遭いながら、大正の始めを生きている。 やがて、この時代の業病、肺結核を病み、精根尽き果てて、火の気もない病床に伏し大正9年人知れず他界。 享年43歳。

 彼は、云って見れば、タイムマシンに乗って、後の世から、この明治20年代の日本に生まれるためにやってきた男だったとしか考えられない。 封建時代の奉公の感覚と無縁に育ったようなところが見える。 何処で小学・中学時代を習ったか知れぬのに、いきなり東京の最高学府に入学している。 津軽弁と、アメリカ英語で、お雇い米人教師から結構留学に値する評価を受けている。 語学の素養があったのかも知れぬ。 当時の世界的な天文学者で、天体望遠鏡の権威だったヘール博士から見処ある青年と見込まれている。 墨入れ製図・読図の素養がある。 報告書の量産センスがある。 更に瞠目すべきは封建の世が崩れ始めてはいたモノのしっかり、上下関係主従関係は続いていた階級社会の秩序に逆らって、天文台長をさしおいて、地方の素封家銀行幹部等に、天文台計画に応分の寄付を勧誘して歩くなどは、この時代殆ど想像を絶する所行であり、タイムマシン・ワープした人間以外に考えられなかったのではあるまいか。 更に、いかに自分が設立に尽力した天文学会であろうとも、一旦会長副会長に立てた以上、それ以上の長老と共に、一応、立てるべきで、いかに激昂したとは云え自説に反対の立場だからと云え嘲弄したりこきおろすなどは、現代の成人式じゃあるまいし、とても当時のこととは信じられない出来事なのです。

 確かに、三鷹では、都塵と都光の障害により観測不能に陥り、東京大学天文台と共に、岡山金光町付近の山上や、埼玉県の堂平山の山頂に引っ越したのは戦後割と間もなくの事だが50年は先走ったことになる。 今から百年近い前に斯うした考えが出来る人間が日本に既に生まれていたという事が驚異である。

 寺尾台長が当時、東京天文台を文部省に直轄を仰いで報時・編暦などを通じて業務的事業的要素拡大を図るとしたとき、一戸直蔵は大反対し、これらは現業官庁水路部に委ねるべきで天文台は大学直結的な純粋研究機関であるべきと正論を主張しておおかたの賛同を得たこともあるにはあるのである。

 大正時代は2代目平山台長が、苦労して三鷹移転拡張拡充を進めるが、いかんせん、インフラの整備が伴わない三鷹村なので台員が居着かず昭和になって電灯、水道が整備されて始めて機能するようになり、昭和5年平山が病で長期休養、気象台長が後見時代にツアイスに65cm屈折望遠鏡を注文してしまい、当然これを使いこなせず、20cm屈折の方が役立ったという事になってしまったのは、日本の天文学界にとって返す返すも残念なことであった。 この稿の読者の方々ならその理由は既に良く理解されたことと思います。 当時世界の方向は既に、一戸直蔵が、ヘール博士からネジを巻かれてきたように、反射大口径鏡の時代で、アメリカでは既に、ウイルソン山の257cmは素晴らしい写真を世界に公開していたし、更に、パロマー山に、ヘール博士が口径504cmの反射望遠鏡を設置すべく、コーニンググラス社と、パイレックス耐熱ガラスでの鋳込みの研究を終了した頃だったのです。 冷静に世界の情報を網羅してきちんと整理する人がいればもう屈折の時代ではないと当然気付かなければならなかった。 たまたま、ドイツの賠償金ドイツマルクが目の前にあったから、又、ツアイス社が一次大戦前に、既に65cm屈折を2台は作って納めていたことを調べているなら、その出来具合を購入者側に聞くぐらいの調査があっても良かったのではないか、既に国際電信網はほぼ完成した昭和5年だったのだから。 何よりも、追放した一戸のレポートだからと、オクラに入れてしまった帰朝報告書を活かさなかった天文台長の責任は大きいと言わざるを得ない。 何のために、一戸をヤーキス天文台に留学させたのか全く解せないことである。極言すれば国費の浪費である。

 「現代之科学」の読者だった筈の年齢層からは、一人の、天文少年への本を書いた人の名が思い浮かぶ。 木辺成麿(このべしげまろ)著「反射望遠鏡の作り方」と言う本が、戦前天文少年には垂涎の名著であった。 15mm以上の厚手のガラスを円く切るのは素人には出来ない。 これさえ克服出来れば、反射鏡の回転放物面鏡を磨くことは少年にとっても根気さえあれば決して難しいことではない、2枚の厚手のガラス円盤を重ねて、金剛砂の水簸したので磨いていると、上か下かどちらかが自然に凸に、反対が必ず凹になって来るというのである。 それを更にそのまま磨くと地球重力の作用によって、回転放物面に近づいて磨かれていくのだそうだ。機械ドリルなどで押しつけて磨くと余計な回転面になり直せなくなるので必ず気長に順を追って、ゆっくり手磨きが必要とあったのを今も記憶している。 本物はアルミニウムのメッキをするが、こればかりは大きな機械と溶融炉が要るので、とても出来ない。 その前まで実用された無電解銀メッキをしよう。 と硝酸銀、アセトアルデヒド、硝酸アンモニウムを使ったメッキ浴組成が紹介されていた。 少年の時にこの本で読んだこの無電解メッキ浴組成をおぼろげに、50歳まで覚えていて、台湾で電解銅箔工場建設の際、誤作部品の修正部分に現場銀メッキが必要になって、この記憶が見事に役立って、まるで魔術師だと面目を施したことがある。 著者に大感謝であった。

 カミオカンデで、昨年ノーベル賞を受賞した、ニュートリノ天文学の手法開発をしてのけた小柴教授は「天文学は日本の庶民にも世界の人にも明日の生活の改善や豊かさには関係ない研究だから、出来るだけ血税の無駄遣いを避けなければならない、そう考えてやってきたらカミオカンデに行き着いた。 然し最初にやろうとした水素原子の老化寿命崩壊検出は3年間経っても検出できず、どうしようかと思っていたとき、文字通り天の助けマゼラン雲と言う近い天体で超新星爆発が起こってくれた。 贅沢なことやっていたら、天の助けがあったかどうだったか。」と。 この小柴さんも、カミオカンデの次世代のスーパーカミオカンデでは、スタート前の水張り方法でプリミテイヴな失敗して、血税の無駄遣いをしてしまった。 22億5千5百万円という額は、半端じゃない。 ノーベル賞でチームの下々まで有頂天にならず勝って兜の緒を締めて戴きたいモノです。

 

はみ出し者伝記(1):一戸直蔵(16)補遺と蛇足

 関係あるか無いか書いた方が良かったかも、、、の事項など。

 (1)路面電車:尾崎顎堂市長の時代に建設が始まった。 一戸直蔵が帰国したとき既に東京市電が走っていた。 汽車だけでなく。 然し始め車両は輸入したモノで、各路線、1両が、日に数回ピストンするだけであった。 都電になってからでも、路線番号は代わっていない。 この番号の順序に出来ていった。 明治時代には3番までと聞いている。

 (2)イースター島が日本領になり損ねた:弱小後進国「日本」が赤色革命のせいもあったが、兎に角も、強大国ロシアとの戦争に勝ったことは、当時の世界の弱小国をとても勇気付ける事件でした。 それらの国はこぞって、心からなる拍手を送りました。 中でも感激したチリ国の議会は、その感激を是非にも形に表そうと日本に一番近い太平洋の小島を日本に贈ろうと議決したのです。 スペイン語では何とか言う「復活祭」の意味の名の小島でした。 当時の日本人には馴染みのないスペイン語名前の孤島でした。 日本から洋上1万キロほども離れた小島。 とても管理できないので、気持ちだけは有り難く戴くことにして、領有権は謝絶したのでした。 後で、スペイン語の地図と英語の地図を見比べたチリ(地理)の先生が、地タン駄踏んで悔しがったが、政府が公式にお断りした後。 そうですわねえ。 そこはあのモアイ石像で有名な、文化遺産の島、イースター島のことだったのでした。 それでかな?先日モアイ像に名前を落書して捕まった観光客は日本の観光客だった由。 困った者だ。

 (3)ドイツ・ツアイス社が作った65cm口径屈折望遠鏡:三鷹のなまくら65cm口径屈折望遠鏡を買うことになった、囮とも言うべき望遠鏡は、、、、

 


天文台口径口径比
1919Babelsburg-Berlinドイツ65cm16
1925Johanesburug南ア66cm15.7
1929Beogradユーゴ65cm16
1935東京三鷹日本65cm15.6

 

 (4)ツアイス社の反射鏡:ツアイス社も屈折望遠鏡の限界を理解、その後反射鏡の回転放物面鏡の自動研磨法の研究は怠らなかったが、第二次大戦で中断。 実際に磨いたのは東ドイツになった戦後いきなりチェコスロバキア、プラハ天文台の200cm口径反射望遠鏡、1967年に完成、ヨーロッパ天文学者が群がった、高性能鏡と言われた。

 (5)新暦と旧暦: グレゴリオ暦での新暦への移行は、明治新政府が明治6年が陰暦では給料を13ヶ月分負担せねばならぬと言う切実な問題回避の理由だけで、極めて急いだ移行となった。 世間が転向できる余裕などはとても。 しかも、日本各地の農業の仕事の指標はしっかり旧暦とリンクして気候も作物の生育も不思議に陰暦と良く合っていた。 昭和20年、戦争に負けて新しい時代が来ても、未だ、旧正月が、全国賑わいを見せていたのでした。 昭和28年旧正月過ぎ、白黒テレビの本放送が始まったが、未だ、庶民がテレビを買える時代ではなかった。 昭和30年代に入っても、力道山が、プロレス人気を煽っても、それを庶民が見るには、テレビのある喫茶店・甘いモノやにはいるか、街頭テレビをつま先立って見るしかなかった時代は、旧正月でした。 それが東京オリンピックが白黒テレビながら、テレビで見れるとあって、ボーナス2つを纏めて、キヨブタして一家でオリンピック桟敷しようとなって新幹線の走った昭和39年暮れの紅白から、行く年来る年をつき合うことになって、漸く、「あっ、お正月は新暦かあ!」と日本全国気付いて以後急速に全国的に新暦正月に纏まっていったのでした。 カラーテレビになった頃はもう殆ど全国新正月風景でした。 テレビの感化力かくの如し。

(終)


(C) Copyright 2003 JA2RM and JA9IFF All right reserved.