太陽フレア by JA2RM氷室さん

 太陽から地球までの光所要時間は499秒、丁度500秒なら覚えやすいのに。 なぜかたった1秒違い。 関係ないか。 太陽風は30時間くらいらしいですね。 ただ、6mは磁気嵐寸前に一度短時間大陸間ほどもよく飛び、ある瞬間パッタリ急に死んでしまうのでご注意。

 子供の頃、少年倶楽部で読んだのですが、17世紀後半から18世紀にかけて、黒点のない時期が約70年間続き、太陽面スケッチ観測が世界中おろそかになってしまったあと、又黒点がいつの間にか見られるようになって、天文台が慌てて、観測を再開し多ところ11年の盛衰が見られそうだと慌てて、ベルリン天文台のウオルフ台長が、「仮に」、黒点数の数え方を決めて提唱し、はれているときに各国でスケッチするように、檄を飛ばした、このときの数え方が今もウオルフの黒点数としてその「仮に」のまま踏襲されているということでした。

 考えてみると、11年周期の理由は判っていません、私見ですが経験則かも。 その前に70年もクワイエット・サンが続いていたのなら、恒久的なモノでなく、そろそろ11年周期が乱れ足り、変わったり、終わったりするのかも知れませんね。 それにしても、フレアの画像、すごかったですねえ。 X線かでしょうが。


(C) Copyright 2003-2004 JA2RM and JA9IFF All right reserved.